誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    教師

教師

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「教師」のブログを一覧表示!「教師」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「教師」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「教師」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

私たちは、常に子どもをよりよく育てたいという思いから、日々努力を重ねています。すんなりできるようになることもあれば、なかなかできないこともあります。力として身につけるためには、かなり時間が必要なこともあります。中には、どうしてもこの ... » more

叱ることはできても、なかなか褒められないという人は意外に多いようです。私もその一人です。褒められた時の心地よさは、誰でも体験しています。ですから、叱られることよりも褒められた方がよいことはわかっているけれど、なかなか褒められません。 ... » more

NPOの概要・事業計画が出来て、いくつかのコンクールに応募しています。弁護士や心理士などの専門家といじめやモラハラなどの各種ハラスメントでお困りの方をの相談のマッチングサービスや緊急避難できる下宿の斡旋などを中心に、教員や保育士を引退さ ... » more

このこと一つを伝えたい熱を伝えたい持てる力を出し切りたいこういう覚悟が無くなったとき、教師はもはや死んでいます。教壇を去らないとなりません。定年は年齢ではありません。気持ちが衰えたときが、教師としての終焉です ... » more
テーマ 教師 使命 生き方、考え方

教頭がカンニング、校長登用試験に紙2枚 ダメだな、この国の教育者は・・・道教委の処分も甘あまだし。停職3か月の懲戒処分(信用失墜行為)って管理職としての教頭の立場からして、懲戒免職処分だろう!(退職金出すんだぜ!)[読売新聞 10月3日(水)20時40 ... » more

特別に支援を要する子が増えている。一人の教師ではなかなか対応できず、複数の教師で支えなければならない状況になっているのが現状です。ここで陥りやすいのが、それぞれの教師が役割分担をしてしまうことです。本来、特別に支援を要する子 ... » more

私たちは、子どもによい子になって欲しい、できる子になって欲しいと願っています。その願いを様々な形で子どもたちに伝えようと日々努力しています。子どもたちが育つということは、この日々の努力の成果だと思います。その行き先は、学校が掲げ ... » more

楽しい思い出を誰もが経験していると思います。その時の事を思い出すと、楽しい感情が今、わき上がってきます。悲しい事でも、苦しいことでも同じです。あたかも今その事が起きているように、感情がわき上がってきます。この事が、よい意味でも悪い意 ... » more

いよいよ2学期が始まります。この時期は、新学期に向けて新たな目標を立てて頑張ろうという前向きな気持ちをもって歩み出す子が多くなります。節目を作ることは、気持ちを切り替える上でとても大切な機会になります。しかし、その気持ちとは別に、夏 ... » more

最近、特に思うのですが、人との関わりや自分の状態管理に関わっても願望実現と同様に、自分次第だということを実感するようになってきました。相手の刺激に反応している自分があります。そして、その自分は、常に価値観に合った反応をしているのです ... » more

もうしばらく、先生を擁護します。先生ってホントに忙しいんだよ〜。特に、今、問題になることが多い中学校。残業の量、つまり時間数は、小学校や高等学校より1日平均で1時間近く多いんです。当然、家庭の関係で残業しない ... » more
テーマ 教育 教師 勤務実態

昨日、教職員向けの研修会をしました。「心地よい人間関係を築くために」という演題で、ワークショップです。 特にコミュニケーション能力を高めるための基礎的な構えづくりという意味で行いました。 私たちは、日常的に日本語を使って、人とコ ... » more

教員免許状更新講習を受講しています。この8月に4回、11月に1回、受講します。すでに、昨日までで3回受講しました。忙しい中、先生方の中には眠気と戦う先生もいるのかな、と思ったけど、ほとんどの先生方はしっかり目を開いて ... » more
テーマ 教育 教師 教員免許状更新講習

私たちはいろいろな顔をもっています。学校では教師としての自分、家庭では家族の一員としての顔、そして、地域の一人としての顔があります。職場と家庭との往復で一日が終わるという教師も多いと思います。趣味があれば、そのつながりがあり、その顔 ... » more

何だか、教育界が大変だ。「いじめ」問題とか、教師の猥褻事件とか、他にも教師の窃盗事件とか。「いじめ」問題は、あちこちに波紋が広がっている。大津の事件とは関係のない人がネット上で、さも関係者のごとく名指しで批判されているとか。 ... » more
テーマ 教育 教師

「現代の教師に求められるもの」 7月12日、法政大学教職課程センター開設記念シンポジウムが、法政大学市ヶ谷キャンパスであり、参加してきました。シンポジウムは、「現代の教師に求められるもの−私立大学における教員養成を考える−」というテーマで、尾木直樹さん(法 ... » more
テーマ 教育 教師 大学

私たちは、教師である前に人間です。教師というのは、私という人間のほんの一面でしかありえません。しかし、教師になった以上、その顔をはずす訳にはいきません。自分の意志とは別に教師として見られている自分があります。何か問題が起こった時に、 ... » more

オールスター戦・MVPは中村紀洋。天国と地獄を行ったり来たり、不思議な野球選手。近鉄時代に待遇改善を求めて、経営陣からブラックリスト入り。どこの球団からも拒否された。中日の落合監督に拾われた。それこそ草履取りから ... » more
テーマ 教師 自力救済 オールスター

仕事には単純作業とサービスなどがあります。単純作業なら一例として、製品を作って梱包して出荷したら終わりです。しかしながら、サービス業にはどこで終了したという出口が分からないこともあります。日常のサービス業務なら、お客様や利用者を ... » more

子どもたちが安心して授業に参加できるように、どの発言の後にも拍手を送ったり、賞賛の言葉を送ったりすることがあります。どんな発言でも互いに認め合える仲間になることが前提ですから、これはとても大事なことです。ただし、認め合うというのは、 ... » more

現在も含めて私は素晴らしい先生に恵まれています。反面教師のような人とも長く、何度も関わりましたが、それ以上に御恩のあるお世話になった方々が多数いてくださいました。教師という立場でも同じ人間です。教える側、教えられる側というハッキ ... » more
テーマ 教師 生き方、考え方 つながり

わたしたちの目の前で、子どもたちは様々な姿を見せてくれます。そして、その一つ一つに価値判断をし、子どもを評価しています。人が話をしているときに、話をよく聞こうとしている子どももいれば、そうでない子もいます。もし、私たちが、話をよ ... » more

今年、還暦のマロ。を見に行ったら、子供が出来て、おめでたいことになった。無事に育つのを祈っています。パンダへの愛情を人間愛にも向けたいものだ。「いじめ自殺事件」の続報を聞くたびに、腹が立つ。教師は ... » more
テーマ 将棋 教師 いじめ

モラハラとアスペルガー症候群 最近、ある人のドキュメントを見て考えることがありました。それは大人のアスペルガー症候群の方の取り組みでした。その方は東京大学を卒業して大学院まで進んだらしいのですが、仕事で周りとのコミュニケーションが上手く取れないことで、アスペルガ ... » more

子どもや生徒から教えてもらう 大人や教師は子どもや生徒に教えるだけが、仕事だと思っていませんか?初めはそれで構いません。しばらくたったら、ときどきわざと分からない振りをして、彼らに教えてもらいましょう。これなんだったっけ?これが思い出せないんだけど? ... » more
テーマ 教師 子ども 生き方、考え方

私たちは、子どもに力を付けようと日々の教育活動を行っています。この時に大事にしたいのが、学習の4つの段階です。若い頃は、何を教えたらよいかということを知り、それを子どもに与えるだけで精一杯の時期がありました。次第にそれだけではいけな ... » more

よりよい授業づくりをしていく中で、よく子どもを見なさいと先輩に言われることがありました。この子どもをよく見るということは、授業で様々な刺激を与えている授業者に反応するのが子どもだから当然といえば、当然のことです。いくら教師がよい授業観を ... » more

私たちは、時間と共に生きています。その時間は誰にでも平等に流れていますが、その時間に対するイメージは人によって異なります。過去を振り返ることなく、前向きに生きている人もいれば、過去を大切にしながら、今を生きている人もいます。今という時間 ... » more

私たちは、褒めたり、叱ったりしながら子どもを育てています。よく褒めて育てましょうなどと言う人もいます。また、褒め方や叱り方の本を参考にしながら、言葉を選んでいる人もいます。どんな言葉を選んで子どもに対応しているかということは、と ... » more

子どもを育てる時にその子らしさを大事に育てたいと思います。その子らしさは、他の子どもと比較して素晴らしいわけではありません。その子のもつ独特の素晴らしさです。教師の価値観に合うから素晴らしいわけでもありません。学級づくりをする上 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 15:40

「教師」のブログ関連商品

» 「教師」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る