誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    教師

教師

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「教師」のブログを一覧表示!「教師」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「教師」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「教師」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

褒めることは、大事だということは、誰もがわかっています。でも、なかなか褒められないという人がいます。厳しく育てられた人は、人参を目の前にぶら下げられた馬のように常に新しい価値観を目の前にぶら下げられ、いつも走らされています。そのため、今 ... » more

「先生」が離島を「離島」・・  -1490 馬鹿なタイトルをつけてしまいました・・。先日の屋久島観光をしている途中、バスガイドから、この話題を聞きました。その日は3月30日だったと思います。屋久島の学校に勤務していた教員で、この春、本土の学校に転勤となる教員が一斉に離島す ... » more
テーマ 教師 屋久島

千葉県の高校教師が生まれたての子猫を生き埋めにしたという事件があった。教師以前に人として、命の重さを知らない恐ろしい人間だ。いわゆるサイコパスなのだろう。私がもっと恐ろしいと思ったのは、このような教師について、その校長はとても信頼で ... » more
テーマ 教師 事件 子猫生き埋め

何か挑戦しようとしたとき、必ずしもうまくいくことばかりではありません。うまくいかに時には、何か足りないものがあるはずです。それをつかむことが、うまくいくための学びになります。うまくいかなかったときに、どんな心の声が聞こえるのでし ... » more

保護者とうまく関わりたいと誰もが思っています。でも、中には「どうしても、この人とはうまくいかない。」と感じることもあるかもしれません。誰にでも人の好き嫌いは、あります。相手の行いが気に入らないと嫌な感じをもち、相手の行為が気に入ると ... » more

私たちは、子どもたちを育てる仕事です。育てた証拠は、子ども状態の変化となって現れます。私たちは、この変化を見て、「この子は育った。」と判断しています。つまり、変化のとらえ方次第では、成長のとらえ方が違ってくるということになります。 ... » more

反抗期を迎えた子どもとどのように関わっていけばよいのか、悩みを抱えている保護者は多いと思います。そんな保護者にどんなメッセージを伝えるとよいのでしょうか。私は、こんな風に保護者に伝えます。反抗期を迎えられたことは、順調に ... » more

反日判断するテストならありなような感じもする。 <教員採用>心理テスト、受験生ら募る不信 毎日新聞11月16日(日)9時30分http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1116/mai_141116_8265149907.html ... » more

子どもたちと毎日格闘しながら、私たちは生活をしています。なかなか成長しないと思って、指導することはたくさんあります。でも、本当に成長していないでしょうか。「なかなか成長しない」というのは、思い込みではないでしょうか。この思い込は、脳 ... » more
テーマ 教師 子育て

2冊目となる本がもうすぐ店頭に並びます。今回の本は、指導者向けの本です。この本に対する思いを伝えたいと思います。私たちが育った頃とは社会が大きく異なり、指導される側は、私たちのようには、育ちません。私たちが育った頃の社会は、 ... » more

子どもに勉強しなさいと言ってもなかなか言うことをきかないと悩む保護者は、多いと思います。子どもが勉強したくなるように声をかければよいのでしょうが、なかなかその答えが見つからないというところでしょう。子どもにしても、しなければなら ... » more

現代社会は、私たち人間にとって、かなりストレスを抱えやすい時代です。心を病む人が増えています。私たちは、ストレス解消のために、ストレスの原因を探り、その原因を取り除こうとします。しかし、これでは、ストレス解消までにかなりの時間が必要 ... » more

子どものよいところを紹介し合うときの保護者の顔は、輝いています。話す側も聞く側も笑顔で一杯です。話す内容は、否定されることがなく、お互いに認め合うことになるため、次第に心が開かれていきます。心が開かれると、関係が密になります。相手を受け入れ ... » more

私たちは、目標をもって生活をし、新たな自分作りに挑戦しています。子どもに対しても同様に接しています。成果と課題を作り、課題から目標を作ることは日常的に行われています。しかし、この課題の扱い方が問題です。多くの場合、で ... » more

私たちの日常生活を振り返ってみると、意識して何かをするということよりも無意識のうちにしていることの方がかなり多いことに気づくはずです。新しいことを身に付ける時は、かなり意識的に行動しますが、慣れてくると次第に意識せず、無意識のうちに ... » more

私たちが日頃交わしている会話の中で使われる言葉は、共通の言葉であっても、そのバックにある体験が異なるため、人によって理解の違いがあります。自分の体験しか経験できない私たちは、相手の言葉を受け取った時に、自分の解釈で受け取ることになります ... » more

子どもは、私たちよりも多く失敗を経験します。これは、経験が少ないために、仕方ないことです。 失敗しながら、いろいろな価値を身に付けていきます。その価値は、社会に適応するために、必要な学びになります。 ただ、だからと言って、正しい ... » more

新年度が始まり、子どもたちの様子は、いかがでしょうか。新しい学級について、どう見ているかによって今後の学級経営の質が決まります。次のどちらに課題を感じるやりやすさを感じる課題を感じるといういうことは、学級の状 ... » more

卒業式に向けて、どの学校でも練習を行っています。この練習に向けて、どんなことを子どもたちに語っているのでしょう。 子どもたちには、最高の姿で卒業式を迎えるために、姿勢や声、動きについてかなり徹底する指導が行われます。 ただ、 ... » more

日教組の輩よりマシかと。 実は“ニセ教諭”だった「アイデア先生」、15年間も授業…バレた顛末はhttp://news.biglobe.ne.jp/domestic/0311/san_140311_2192560089.html産経新聞3月11日(火)12 ... » more
テーマ 教師 偽教師 ニュース

学期末の評価の時期となり、自分の教育実践を子どもの姿で振り返る時期になりました。この時期になると、やり残したことが気になったり、伸ばしきれなかった子どもの姿に悔いたりすることがあります。 残り少ないが、精一杯伸ばそうという気持ちで取 ... » more

日頃、子どもたちが教師にかけてくる言葉に「〜してもいいですか。」という言葉があります。許可をもらいながら、自分で前に進もうとしています。先日、ある学級に入った時に、「先生、トイレに行ってもいいですか。」「先生、トイレに行 ... » more

頻繁に使っている言葉は何でしょう。言葉を受け取る相手が心地よくなったり、安心したり、親しみを感じたりする言葉を伝え続けると、関係がとてもよくなります。相手を責める言葉は、相手との距離を作ります。自分を守る言葉は、相手との壁を築きます ... » more

【禁句に真実あり・1】 日本社会(主に役所系)の悪弊に 『建前ときれいごとでごまかす』 といのがある。最もそれが悪用されているのが教育学校関係だ。教員の都合で建前ときれいごとを利用されると、父母やマスコミは言いたいことを言えなくなる。 ... » more
テーマ 教師 禁句に真実あり 公立中学校  コメント(15)

今、気になっていることは何でしょう。気になり始めるとそこから抜け出られなくなっている自分を発見することがあります。ダイエットをしている人は、ダイエットの効果が気になって仕方ありません。自分の欠点が気になる人は、欠点が現れないか気にな ... » more

教員対象の特別講座を開きました。希望者を募り、20名ほどの会になりました。日ごろ聴くことのできないNLP心理学について山崎啓支氏の講演です。NLP心理学と日ごろ関わりのない先生方が多い状況ですが、これだけの方が集まっていただいたこと ... » more

子どもの発する少ない言葉から、本当に伝えたいことを読み取ることは、なかなか難しいと思います。 多くの場合、言葉をそのまま受け取り、解釈することになります。 「学校に行きたくない」「勉強したくない」「○○さんが嫌いだ。」などと言えば、 ... » more

○少年少女のためのスッタニパータ345.・・・神々も人間も欲に支配されています。ブッダは欲を克服したので、神々と人間の教師になったのです。スッタニパータ345.第2小さな章12.ヴァンギーサ経3.○中 ... » more
テーマ 教師 ヴァンギーサ経 一切智者  コメント(1)

○少年少女のためのスッタニパータ343.・・・お坊さん、聞きたいことがあります。私のおじいさんが亡くなりました。彼はどこに行ったのでしょうか?スッタニパータ343.第2小さな章12.ヴァンギーサ経1. ... » more
テーマ 教師 智慧 ヴァンギーサ経  コメント(1)

子どもたちの成長に一喜一憂しながら、毎日を過ごしています。この時に動く感情は、誰でも同じかと言えば、かなり異なっています。例えば、思い通りに動いたとしても、「できて当たり前」と思っていれば、あまり感情は出てきません。しかし、「できたこと ... » more

 

最終更新日: 2017/01/15 09:53

「教師」のブログ関連商品

» 「教師」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る