誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    教師

教師

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「教師」のブログを一覧表示!「教師」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「教師」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「教師」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

多くの人数を抱える学級の中には、自分の思いがなかなか伝わらない子どもや何とかしなければならないと感じる子どもが一人や二人はいるものです。 そういう子がいると、「この子がいなければ、もっとスムーズに授業が進むのに。」とか、「もっと自分でや ... » more

授業では、「〜ができるようになる。」とか、「〜がわかるようになる。」とか必ず出口の子どもの姿を作ります。そして、授業のねらいに合った具体的な姿が明らかになっていれば、評価は、可能です。これが曖昧だと評価も曖昧になります。子どもに力をつけるに ... » more

子どもたちが、学校で見せる姿が、子どものすべてではありません。子どもは、子どもなりに自分らしく学校生活で生きるための姿を表しています。それは、教師が好む姿になるか、それとも好まざる姿になるかは、別です。学級経営は、そんな子どもた ... » more

「躾」・・・・しつけ「身」が「美しい」という字ですが、これは日本人が作り出した国字です。習慣化したことが身についていると揺れや乱れがなく、美しく見えるものです。素敵な言葉です。 「仕付け」・・・裁縫でいう「仕付け糸」を連想すると「躾 ... » more

私たちは、子どもが健全に育つために様々な価値観を学校生活を通して学ばせる努力をしています。ここで扱う社会に出ても役立つための大切な価値観です。ただ、「こうすべきだ。」とするのではなく、それができるようになるまでの心の揺れや葛藤、様々な決意を ... » more

「何かトラブルがあった時、子どもが、親に向かって、「お母さんの馬鹿」「大っ嫌い」などと嫌な言葉を言うことがあります。そして、まだ、興奮が冷めやらないうちに母「これ好きでしょ、食べなさい。」と、言っても子「そんな不 ... » more

子どもは、親の姿を見て育ちます。子どもは、刺激に反応していることが多くあります。刺激が重要です。子どもにとって、安心・安全な刺激ならば、受け入れることができます。危険であれば、避けようとします。時には、嘘をついたり、ごまかしたり、逃げ出した ... » more

言葉は、自分の体験・経験から作られます。同じ言葉でも、人によってイメージが異なります。 このイメージの違いが、誤解を生む原因になります。 私たちは、自分しか体験できないため、自分が理解したように他人も理解するはずだと感じてい ... » more

私たちは、健全な子どもを育てようと日々努力しています。それは、投げかける言葉や行動として子どもの刺激になっています。 子どもが素直に反応すれば、心地よくなりますが、そうでないときは、イライラしたり、腹が立ったり、ストレスを抱えること ... » more

子育てに悩む保護者へのアドバイスをするときに役立てていただけるとありがたいと思います。<保護者の方へ>私たちにも、幼い時代はありました。意識的・無意識的かどうかはわかりませんが、親の一挙手一投足から影響を受け、成長しました。その ... » more

一人として同じ人間が存在しないのに自分の考えが常識だと固く信じていると生きにくいですね。 授業はこうあるべき、男は、女はこうじゃなくちゃとか決めつけるとそうじゃないことをしている人を責めることになります。人によって態度を変え ... » more
テーマ 教育 教師 生き方、考え方

インターネット上で、悩みをもつ保護者がいろいろなコミュニティーの場に集まっています。その場限りのストレス解消だけに留めるには、もったいないと思います。そんな保護者に少し視点を変える助言ができるように思います。新年度を迎え、新しい ... » more

高校までの教員もかなり変な人もいましたが、彼らは教育心理学などの生徒指導のための講義の単位を合格し、かなり長い期間、教育実習に行っています。そこで学生たちにこき下ろされたり、無視されたりすると教職を断念する人もいます。これはこれでふるいの役 ... » more
テーマ 教育 教師 生き方、考え方

物事にポジティブに立ち向かう人とネガティブに対応する人がいます。そして、断然ポジティブに生きた方がよいと考えている人の方が多いようです。でも、ネガティブに生きている人の方が多いのが現実です。 今の時代、そのように生きざるを得ないのか ... » more

よく「子どもから学べ」と言われます。このことは、具体的にどういうことなのか、わかりづらいと思います。例えば、指導を進める上で、子どもとの信頼関係が必要だということは当然と考えています。この信頼関係が必要だという考え方一つとっても ... » more
テーマ 教師 子育て

幼い頃の体験は、子どもの血や肉になっていきます。その意味から考えると、わが子にどんな体験をさせるかは、とても重要になります。 体験の裏には、保護者の強い願いがあります。これが重要です。習い事を始めると、その習い事で「すること」に振り回さ ... » more

褒めることは、大事だということは、誰もがわかっています。でも、なかなか褒められないという人がいます。厳しく育てられた人は、人参を目の前にぶら下げられた馬のように常に新しい価値観を目の前にぶら下げられ、いつも走らされています。そのため、今 ... » more

「先生」が離島を「離島」・・  -1490 馬鹿なタイトルをつけてしまいました・・。先日の屋久島観光をしている途中、バスガイドから、この話題を聞きました。その日は3月30日だったと思います。屋久島の学校に勤務していた教員で、この春、本土の学校に転勤となる教員が一斉に離島す ... » more
テーマ 教師 屋久島

千葉県の高校教師が生まれたての子猫を生き埋めにしたという事件があった。教師以前に人として、命の重さを知らない恐ろしい人間だ。いわゆるサイコパスなのだろう。私がもっと恐ろしいと思ったのは、このような教師について、その校長はとても信頼で ... » more
テーマ 教師 事件 子猫生き埋め

何か挑戦しようとしたとき、必ずしもうまくいくことばかりではありません。うまくいかに時には、何か足りないものがあるはずです。それをつかむことが、うまくいくための学びになります。うまくいかなかったときに、どんな心の声が聞こえるのでし ... » more

保護者とうまく関わりたいと誰もが思っています。でも、中には「どうしても、この人とはうまくいかない。」と感じることもあるかもしれません。誰にでも人の好き嫌いは、あります。相手の行いが気に入らないと嫌な感じをもち、相手の行為が気に入ると ... » more

私たちは、子どもたちを育てる仕事です。育てた証拠は、子ども状態の変化となって現れます。私たちは、この変化を見て、「この子は育った。」と判断しています。つまり、変化のとらえ方次第では、成長のとらえ方が違ってくるということになります。 ... » more

反抗期を迎えた子どもとどのように関わっていけばよいのか、悩みを抱えている保護者は多いと思います。そんな保護者にどんなメッセージを伝えるとよいのでしょうか。私は、こんな風に保護者に伝えます。反抗期を迎えられたことは、順調に ... » more

反日判断するテストならありなような感じもする。 <教員採用>心理テスト、受験生ら募る不信 毎日新聞11月16日(日)9時30分http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1116/mai_141116_8265149907.html ... » more

子どもたちと毎日格闘しながら、私たちは生活をしています。なかなか成長しないと思って、指導することはたくさんあります。でも、本当に成長していないでしょうか。「なかなか成長しない」というのは、思い込みではないでしょうか。この思い込は、脳 ... » more
テーマ 教師 子育て

2冊目となる本がもうすぐ店頭に並びます。今回の本は、指導者向けの本です。この本に対する思いを伝えたいと思います。私たちが育った頃とは社会が大きく異なり、指導される側は、私たちのようには、育ちません。私たちが育った頃の社会は、 ... » more

子どもに勉強しなさいと言ってもなかなか言うことをきかないと悩む保護者は、多いと思います。子どもが勉強したくなるように声をかければよいのでしょうが、なかなかその答えが見つからないというところでしょう。子どもにしても、しなければなら ... » more

現代社会は、私たち人間にとって、かなりストレスを抱えやすい時代です。心を病む人が増えています。私たちは、ストレス解消のために、ストレスの原因を探り、その原因を取り除こうとします。しかし、これでは、ストレス解消までにかなりの時間が必要 ... » more

子どものよいところを紹介し合うときの保護者の顔は、輝いています。話す側も聞く側も笑顔で一杯です。話す内容は、否定されることがなく、お互いに認め合うことになるため、次第に心が開かれていきます。心が開かれると、関係が密になります。相手を受け入れ ... » more

私たちは、目標をもって生活をし、新たな自分作りに挑戦しています。子どもに対しても同様に接しています。成果と課題を作り、課題から目標を作ることは日常的に行われています。しかし、この課題の扱い方が問題です。多くの場合、で ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 15:40

「教師」のブログ関連商品

» 「教師」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る