誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    教師

教師

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「教師」のブログを一覧表示!「教師」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「教師」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「教師」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

私たちは、いろいろな言葉を投げかけています。相手にとってその言葉が、どれだけ影響を与えているのか、あまり意識せずに使っていることが多いと思います。この言葉をもっと意識し、意図的に使えるようになると言葉が効果的に働くことは、間違いありませ ... » more

子どもたちのそのままの存在を受け止めることです。一生懸命生きているそのままを、嬉しく見護り、これが出来た、頑張っているということ全部を、暖かい眼差しで頷いて、聞くことです。子どもや学生は親や教師を超えていく存在です。そこを忘 ... » more
テーマ 教師 使命 生き方、考え方

出来事があるとそれに反応し、いろいろな感情が湧き上がります。この感情をいつまでも引きずっていると、次に起きる出来事に様々な影響を与えます。気持ちの切り替えを早くすることは、感情をうまくコントロールできることにつながります。例 ... » more

私は、心を豊かにしようと様々な体験をします。自分の世界を広げ、多くの人と関わりをもちながら、努力しています。しかし、最近思うのですが、体験から何を学ぶかは、自分次第だということです。自分の枠でもって、何を学ぶかを決めていると ... » more

慣れてくると、当たり前にしてしまうことがあります。子どもを見る目もそうです。「あの子は、こんな子だ。」「こんないいところがある。」「ここは、もう少し努力しないといけないな。」などと考えることがあります。長く関わるとその思い込みも ... » more

子どもは、大人と比べると、体験が少なく、語彙も豊かではありません。そのため、至らない事がたくさんあります。そのため、対等に接することは難しいと思われがちです。話をするときでも、言葉を選んで噛み砕いてわかりやすく話そうと努力する人もいます ... » more

もうすぐ2月です。学級経営の仕上げの時期になります。この1年間に子どもたちと関わり、子どもたちにどんな力をつけたのだろうと振り返り、次年度の準備を始める重要な時期でもあります。「わかること」と「できること」とは異なります。 ... » more

子どもが勉強をしている時、時々、漢字の書き順を間違えたり、計算ミスをしたりする姿を発見することがあります。そんな時、どのような言葉かけをされますか?間違っているので正さなければなりません。そこで、「それ、違っているよ。」と言 ... » more

先日、雪が降り、その雪解けのために、屋根にはしごをかけ、はしごに登り屋根に水をまきました。(一面太陽光発電なので、除雪して太陽に当てたかったのです。)その時、はしごがずれ、はしごの上からベランダに落ちました。2.5mほどの高さから上 ... » more

地域の住民として、月に1度の挨拶運動で、校門の前に立つ機会があります。挨拶を返してくる子もいれば、挨拶を返せない子もいます。挨拶は、コミュニケーションにとってとても大事なものです。これは、社会人になっても必要になります。 ... » more

3学期は、1年間のまとめの時期となります。1年間の子どもとの関わりも最後になります。 この1年間で子どもたちがどれほど成長したのか振り返り、次の学年につなぐ大切な時期になります。 1年間の成長は、子どもの変化として現れますが ... » more

私たちは、自分の道を究めるために、自分を磨きます。磨くためには、余分なものをそぎ落として光輝くようにします。見た姿が光って見えますが、自分の道を究める場合は、表面だけでなく、その内面さえも磨かれていきますから、深い理解が伴ってい ... » more

子どもに問題行動があった時に、その原因をいろいろ探ります。その原因がはっきりしない時は、不安を感じます。しかし、その原因が見つかると安心します。これは、脳のはたらきによるものです。空白の原理と言って、脳は、空白を嫌います。( ... » more

私たちは、今を生きています。同じような日々を過ごしているように感じている人もいるかもしれませんが、出会う人も出会う人から受け取る言葉も、交わす会話も常に同じではありません。今の自分の状態も全く昨日と同じではありません。こ ... » more

人が生涯にわたり学び・学習の活動を続けていくこと・・・・・生涯学習は、社会教育の分野でよく使われます。学校教育は、社会に出るまでの役割を担っていますが、実際には、この生涯にわたり学び・学習の活動を続けていくための基礎・基本を学ぶこと ... » more

8月下旬からメール相談をしている不登校のお子さんをもつ親さんから、先日、次のようなメッセージをいただきました。 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 息子の情緒が最近、少しずつ落ち着 ... » more

日々生活している中で、まだまだ至らない自分を感じることがたくさんあります。そして、至らない自分を感じた時に自分で課題を作り、課題解決のために努力をします。その努力をして、課題を一つ一つクリアしていけば、未熟な自分が多少、改善されることに ... » more

仕事から帰宅した時「ママに怒られた。・・・。」と泣いてきた娘さんへの対応に困っている父親からの相談メールが届きました。子どもさんに理由を聞くと、「せっかく習い事(見学会、体験会)に連れて行ったのに、1時間半も無駄にした。」と母親から怒ら ... » more

「三つ子の魂百まで」と言う言葉をよく聞きます。 また、3歳までに脳は80%発達すると言われ、10歳までに90%とも言われます。 この事から考えると、昔の人は、経験的に脳の発達をとらえていたのだろうと思います。 となると、 ... » more

いよいよ12月に入りました。学校生活もいよいよ2学期のまとめの時期に入ってきます。12月は、1年の締めくくりと新しい年を迎える準備の時期になります。ここで大切にしたい事は、「めあて」を立てることになります。子どもが立てるめあては ... » more

将来を担う子どもたちを育てる教員は、世間の厳しい批判を真摯に受け止めながら、日々子どもたちの健全育成に努力してなくてはなりません。自分にとって無縁だと感じる批判であっても、実は、無縁でないこともあります。そう感じるのは、今の ... » more

子ども同志でトラブルを起こすことは、日常茶飯事です。そして、その時、子ども同士で解決できないときに、子どもが大人に助けを求めてくる事があります。「お母さん、〇〇さんが、〜をした。」「先生、私が〜をしたのに、〇〇さんは、やってくれ ... » more

私たちの周りには、日々多くの情報が流れています。そして、その情報は、好むと好まざるとに関わらず、五感を通して入ってきます。 そして、その情報の中には、自分にとって大切だと思うものもあれば、そうでないものもあります。 その大切 ... » more

幸福を強く感じる人ほど右脳の特定部位が大きいことを、京都大学で解明されました。科学の進歩は素晴らしいと思います。実生活でどのように生きてくるのかわかりませんが、幸せを感じる人が増えるといいなあと思っています。幸せな人とは ... » more

不登校を1か月続けた子どもをもつ母親から、喜びのメールをいただきました。 お子さんが、毎日登校するようになったということです。 メール相談の中では、学校との関係、子どもとの関係、過去の辛い体験等が話題となりました。 その中で、い ... » more

私たちは、言葉を通して、相手に自分の意図を伝えようとします。例えば、親が、子どもに言葉で表現できるように子どもを躾ける時には、「ちゃんとその事を言葉で伝えなさい。」「それでは相手に伝わらないよ。」などという事があります。 ... » more

私たちは、子どもを育てる大人として、教えたり、諭したり、褒めたり、時には叱ったりしています。殆どの場合、子どもに主導権を渡すことなく、大人が主導権を握っています。しかし、「そんなこと、わかっている。」「それなら、 ... » more

私たちは、目の前の子どもに対してこんな姿になってほしいと願うことがあります。思いが強ければ強いほど、行動は明確になります。綺麗好きな子になってほしいと思えば、常に綺麗な環境を整えたり、綺麗に整える技を教えたり、整っていない環境に対して、 ... » more

テレビや新聞での報道を見ていると、子どもたちによる犯罪が近年増加し、悪質化しているように感じます。このように感じるのは私だけでしょうか。その原因の一つは、子どもが育つ環境にあるのではないかと考えています。子どもは、与えられた刺激 ... » more

私たちは、子どもを育てるために自らの価値観を高める努力をします。そして、身につけた価値観を大切にしたいという思いから、全力で子どもたちにぶつけます。 「あの先生は、〜については厳しい。」「絶対に許してくれない。」などと子どもたちがとらえ ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 15:40

「教師」のブログ関連商品

» 「教師」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る