誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    教師

教師

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「教師」のブログを一覧表示!「教師」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「教師」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「教師」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

春休みになると子どもたちは、自由な時間が増えます。その自由な時間をどのように使うかは、自分次第です。することがはっきりしていると充実した時間を過ごすことができますが、することが曖昧だと、1つの事にかける時間が長くなったり、刺激をくれ ... » more

相手の気持ちを大事にしたいと思う気持ちが強いと主張したいことでも、一端胸の内にとどめておき、相手の思いを聞くことになります。そして、その思いがわかると、主張しようと思っていたことでも、言わないで内に秘めておくことがあります。 ... » more

1つ決めた事でも続けるにはかなりのエネルギーが必要になります。そのためには、モチベーションが必要だと言う考え方もあります。したい事ならば、それでもよいかもしれませんが、しなければならないことは、それでは通用しません。 ... » more

今日は小学校の卒業式に招かれて参加することになりました。 卒業式は、子どもにとって大きな節目になります。 小学校生活を終え、中学校に向かうための自分を見つめ直し、整理する時間になります。 私たちの人生には様々な節目があり ... » more

意欲的になっている時には、少し力が入りすぎることがあります。 この少し力が入り過ぎた時に決めた取り組みには、少し無理があるかもしれないと考えて取り組んだ方がよいかもしれません。 それは、力が入っている今だから、それにかける ... » more

私は、「人に迷惑をかけてはいけない。」とか、「自分の事は自分でしなければいけない。」という思いを大事にしながら、生きてきたように思います。そして、これが相手に対する思いやりのある姿勢だとも思っていました。まるで、これが真実か ... » more

いよいよ年度末となり、あわただしい毎日を過ごしている方も多いのではないでしょうか。この年度末につきものが、「別れ」です。親しい人との別れは、とても辛いものです。できれば避けたいと思うのが私たちです。避けたい理由は、 ... » more

「不易と流行」について、前回述べましたが、流行については、感情が動きやすいのでわかりやすいと思います。それに比べ「不易」は、わかりにくいと思います。物事の本質を探っていくには、意思が必要になります。本当にこれが、本質 ... » more

自分を見つめる機会を増やしていくと、好きな自分と嫌いな自分を見つけることになります。 ただし、この「好きな自分、嫌いな自分」という判断は正しいでしょうか?これこそ最大の思い込みになります。 幼い時に身につけた価値観 ... » more

意味づけをして、意思をもって動くことは、人間だからできることです。ただ、その意味づけが、本当に自分のためになっているかどうかはわかりません。例えば、一つの職業をし続けるには、それなりの意味付けをして続けていると思います。 ... » more

感情のコントロールには、意思の強さが必要になります。この意思を強くするには、どのようにすればよいのでしょう。意欲があるときには、意思が強く働いているように感じます。でも、これは、感情に頼ることになり、いったん意欲が削がれ ... » more

出来事のとらえ方は、人それぞれです。その出来事を感情でとらえると、辛い事や苦しい事になったり、楽しい事やうれしい事になったりします。ただし、その感情に合わせて動く事が、自分にとってよい事なのか、それともよくない事なのかは別で ... » more

自分をダメにする思い込みはたくさんあります。この自分をダメにする思い込みを耳にする時、「あなたは、自分を愛していますか?」と訊ねたくなります。「こんな私は嫌い」・・・・・・こんな答えが聞こえてきそうです。価値 ... » more

思い込みも使い方によっては、今の自分を進化発展させることもできます。逆に自分をダメにしてしまうこともできます。 今回は、自分をダメにする思い込みの例を紹介します。 ・できないなんて、私は無責任だ。 ・私には、やりきる自信 ... » more

できない自分を責めるということは、できない自分を認めることができないということになります。認めることができれば、できない自分だと言われてもそうなのだから、仕方がないと諦めることができます。それができないのは、できる自分への思 ... » more

いったん思い込むと、あたかもそれが真実かのように私たちは疑うことはありません。そして、それが、真実ではないと否定しても、なかなか変えることは難しいと話をしました。それは、感情が思い込みの味方をしているからです。思 ... » more

思い込みを変えることは、なかなか難しいことです。これは、今まで真実だと思っていたことを否定することになるので、かなりの抵抗があります。しかし、これも繰り返し体験することで、変えやすくなります。そのためには、まず真実だと思 ... » more

思い込みは、他人だけでなく自分への思い込みもかなり強いものがあります。これが、今までの自分の人生を決めてきたと言っても過言ではありません。「私は、うまく子どもを育てることができない。」「私には、人を動かす能力がない。」「 ... » more

「別れる事は、辛い事」「優しい人に出会える事は、うれしい事」「今度の事業は難しい事」 「うちの子は、困った子」・・・私たちは、目の前に起きる出来事についていろいろと感じることがあります。その時にこのような言い方をすることがあります。 ... » more

苦手な人、嫌いな人、考えが合わない人などがいると嫌な感じを受けることがあると思います。そういう人と一緒に仕事をすると、思い通りの成果がでないと感じることがあります。この嫌な感じがなければ、いいなあと考えるかもしれません。 ... » more

出来事の解釈は自分次第でどうにでもなります。よい事だと考えればよい事になり、悪い事だと考えれば悪い事になります。失敗は誰でもあります。そして、失敗をプラスで考えるか、マイナスで考えるかによってその後の歩みが変わることは、誰もがわ ... » more

出来事が起こると感情が動きます。その時の感情は、心地よいものであったり、逆に悪いものであったりします。これは、自分の意思で決めているというよりも、自然にその出来事に反応しているように思いませんか?例えば、友人との別れると ... » more

日々いろいろな出来事が起こります。 中には、 「今日は、何も起きないといいな。」 「今日は、楽しい事がありますように。」 「今日も、家族が幸せに暮らせますように。」 などと願って一日を過ごそうとしている人がいます。 ... » more

私たちは、人と関わりなく生活することはできません。助け合い、支え合い、補い合いながら生きています。これは、同時に他者の影響を受けやすいということにもなります。「どう思われるか、気になる。」「〜と見られたら、どうしよう。」 ... » more

視野を広げると見方が変わることは、私が述べるまでもなく、すでに体験されていると思います。例えば、・子どもを育てるようになって、「母親になって、初めて母親の苦労がわかるようになった。」から、子どものわがままも多少聞けるようにな ... » more

視野を広げることがストレス緩和に役立つことを前回述べました。私たちは、広い視野から行動する人の姿を見たり、本を読んだり、話を聞いたり、修行したり、体験したり、真似たり、いろいろな努力をします。しかし、この努力は、現実の状況の ... » more

遊びに夢中になっているとつい約束の時間を忘れることがあります。読書をしている時に話しかけられても気づかないことがあります。これは、脳のはたらきによるものです。集中したことにエネルギーを費やしているために、他にエネルギーが流れ ... » more

依存していることで、様々なプレッシャーを感じることがあります。例えば、「無責任に思われるのが嫌だ。」「能力がないと思われないか。」この思いがあると、素直に頼れなくなります。すると、頼りたいけど頼れないと葛藤を生み ... » more

依存することが自立するために必要だと前回述べました。 しかし、依存しすぎると今度は、なかなか自立ができず、自立を妨げることになります。 頼りたいと思った時は、依存したい時です。 辛い事があると頼りたくなる気持ちは誰もが ... » more
テーマ 教師 子育て

仕事でも趣味でも、少しでも一人前にできるようにしようと努力します。特に仕事は、責任が伴うために、少しでも早く自立したいと思います。特に他人から期待されると拍車がかかります。教員は、経験年数に関係なく、一人前の教師として、教師 ... » more

 

最終更新日: 2017/03/27 09:45

「教師」のブログ関連商品

» 「教師」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る