誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    教師

教師

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「教師」のブログを一覧表示!「教師」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「教師」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「教師」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「別れる事は、辛い事」「優しい人に出会える事は、うれしい事」「今度の事業は難しい事」 「うちの子は、困った子」・・・私たちは、目の前に起きる出来事についていろいろと感じることがあります。その時にこのような言い方をすることがあります。 ... » more

苦手な人、嫌いな人、考えが合わない人などがいると嫌な感じを受けることがあると思います。そういう人と一緒に仕事をすると、思い通りの成果がでないと感じることがあります。この嫌な感じがなければ、いいなあと考えるかもしれません。 ... » more

出来事の解釈は自分次第でどうにでもなります。よい事だと考えればよい事になり、悪い事だと考えれば悪い事になります。失敗は誰でもあります。そして、失敗をプラスで考えるか、マイナスで考えるかによってその後の歩みが変わることは、誰もがわ ... » more

出来事が起こると感情が動きます。その時の感情は、心地よいものであったり、逆に悪いものであったりします。これは、自分の意思で決めているというよりも、自然にその出来事に反応しているように思いませんか?例えば、友人との別れると ... » more

日々いろいろな出来事が起こります。 中には、 「今日は、何も起きないといいな。」 「今日は、楽しい事がありますように。」 「今日も、家族が幸せに暮らせますように。」 などと願って一日を過ごそうとしている人がいます。 ... » more

私たちは、人と関わりなく生活することはできません。助け合い、支え合い、補い合いながら生きています。これは、同時に他者の影響を受けやすいということにもなります。「どう思われるか、気になる。」「〜と見られたら、どうしよう。」 ... » more

視野を広げると見方が変わることは、私が述べるまでもなく、すでに体験されていると思います。例えば、・子どもを育てるようになって、「母親になって、初めて母親の苦労がわかるようになった。」から、子どものわがままも多少聞けるようにな ... » more

視野を広げることがストレス緩和に役立つことを前回述べました。私たちは、広い視野から行動する人の姿を見たり、本を読んだり、話を聞いたり、修行したり、体験したり、真似たり、いろいろな努力をします。しかし、この努力は、現実の状況の ... » more

遊びに夢中になっているとつい約束の時間を忘れることがあります。読書をしている時に話しかけられても気づかないことがあります。これは、脳のはたらきによるものです。集中したことにエネルギーを費やしているために、他にエネルギーが流れ ... » more

依存していることで、様々なプレッシャーを感じることがあります。例えば、「無責任に思われるのが嫌だ。」「能力がないと思われないか。」この思いがあると、素直に頼れなくなります。すると、頼りたいけど頼れないと葛藤を生み ... » more

依存することが自立するために必要だと前回述べました。 しかし、依存しすぎると今度は、なかなか自立ができず、自立を妨げることになります。 頼りたいと思った時は、依存したい時です。 辛い事があると頼りたくなる気持ちは誰もが ... » more
テーマ 教師 子育て

仕事でも趣味でも、少しでも一人前にできるようにしようと努力します。特に仕事は、責任が伴うために、少しでも早く自立したいと思います。特に他人から期待されると拍車がかかります。教員は、経験年数に関係なく、一人前の教師として、教師 ... » more

ストレスを抱えた時、「気持ちを早く切り替えたい。」「簡単にできる解消の仕方があったらいいなあ。」「時間をかけずにストレスを解消できないのかな。」など考えることはないでしょうか。意識的にストレスを解消しようとし ... » more

楽天的な人と悲観的な人との違いは、原体験から生まれた価値観の違いによるものだと前回述べました。ただ、この原体験を探り出すのは、なかなか難しいようです。それは、無意識の力が働くからです。無意識は、己の安全安心を最優先にはたらき ... » more

人と会話をしている時、自分の思いとずれた時、様々な思いが頭の中を巡ることがあります。例えば、自分の意にそぐわない時、「そう言われても、腹が立つ。」とか、実力が出せないと思った時、「力がないから、仕方がない。」「だめかもしれない。」と ... » more

思い出にしたい写真は大事にとっておくことがあります。そして、写真を見れば、あたかも現実に起こっているかのように懐かしい思い出が現実のように鮮明に浮かんできます。私たちが身につけた価値観もそれに似ています。例えば、時間 ... » more

感情が現れる時の自分を見つめていると様々な心をもった自分が現れます。 深い部分の自分を見つめていると、自尊心、虚栄心、依存心・・・いろいろ出てきます。 これは、あまり胸を張って見せたいものではないかもしれません。 「 ... » more

私たちは、日常的に様々な出来事に出会います。そして、その時々に様々な感情が湧き上がります。心地よい時には、あまりストレスを感じることはありませんが、居心地が悪ければ、不満を感じたり、イライラしたり、悩んだり、苦しんだり、あまり好ましくない感 ... » more

私たちは、よりよく生きるために、出来事が1つ終わると、よく成果と課題に分けて整理することがあります。 そして、 「うまくいったから、これからもこうしよう。」 「うまくいかなかったから、これからはやめよう。」 と判断す ... » more

よりよく生きたいと願っている人は多いと思います。例えば、夢や願いをもつことは、その表れだと思います。夢や願いがあると、夢や願いをかなえるため努力をします。そして、なかなか夢や願いが実現できないとつらくなることがあり、「なぜ実 ... » more

変化するか変化しないか、最後の決定は自分で決めることになります。最後の決定に至るまでにどんな自分が現れるのでしょう。「こんな自分ではいけない。でも、しかたない。」「もっと時間がほしい。でも、時間がない。」「もっとよい方法 ... » more

節目節目を作り、新たな気持ちで目標を立て前向きに生きようとすることがあります。これは、今の自分よりももう少し成長した自分を築こうとする心のはたらきになります。言い換えると今の自分を変化させようとする働きになります。しかし一方で、変化を嫌 ... » more

苦手意識をもっている事に挑戦し、乗り越えた時に味わう充実感は、何とも言えない心地よさがあります。 「誰でも苦手なことの一つや二つはある。」 「失敗は、成功の元だ。」 「私は、こうやって苦手なことを乗り越えた。」 「乗り越 ... » more

苦手意識を深く見つめていくと、コインの裏表のように、苦手意識の裏には、本当は苦手にしたくなかった自分のよさが隠れていることがわかります。そこで、苦手意識が現れた時に、「本当は、違うかもしれない。」「もし、努力を重ねれば、楽し ... » more

感情が湧き上がった過去の体験や経験を元に考えていくと、深い所で苦手意識がどのように生まれてきたのかが、わかってくることがあります。例えば、人と話をすることが苦手なC先生は、保護者との会話もうまくできません。この時、C先生は、苦手 ... » more

自分の苦手な事を他人に「苦手だ。」となかなか言えない事があります。その時の思いを探ってみると「人に苦手意識を知られたくない。」「苦手意識がある自分を見られたくない。」「苦手意識を知られたら恥ずかしい。」「苦手意識のある ... » more

苦手意識があると、そこから逃れたいために 「苦手な仕事には、時間がかかる。」 「他にしなければならないことがある。」「やる気がなかなか湧いてこない。」などと、避けるための言い訳をいろいろ考えることになります。 ... » more

仕事には責任がつきものです。そのため、苦手意識がある仕事はできれば、避けて、自分の責任を回避したいと思うことがあります。「苦手な私がやるよりも、できる人がいれば、その人に任せた方がいい仕事ができる。」 「組織として、支え合いが大 ... » more

苦手意識があると、「苦手な事だからやりたくない。」「苦手な事に時間をかけるよりも、得意な事に時間をかけたい。」「私には責任を負えない。無理だ。」などと苦手な事を避けたい気持ちが、湧き上がってくることがあります。職場で ... » more

仕事をしていると自分の得意な事ばかりすることはできません。組織として動かなければならないため、苦手な仕事でもしなければなりません。 教師の場合、 ・保護者とうまく関わる自信がないにも関わらず、生徒指導主事をしなければならない。 ... » more

 

最終更新日: 2017/02/21 14:32

「教師」のブログ関連商品

» 「教師」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る