誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    Beautiful World

Beautiful World

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「Beautiful World」のブログを一覧表示!「Beautiful World」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「Beautiful World」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「Beautiful World」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

朱い鳥舞う空ーA Wig of Curseーstage 4ー
遠くから波の音が聞こえる。金色に輝く水平線の彼方、黄昏色を帯び始めた空に朱金の太陽の姿が浮かんでいる。ぴたりと身を寄せた彼女がふるり、と微かに肩を震わせた。「よろしければどうぞ。」「え?でも....」「レディに寒い思いをさせるわ ... » more

朱い鳥舞う空ーA Wig of Curseーstage 3ー
どこからか聞こえてくる賑やかな音楽。威勢良く走り抜ける子供達。遊具の順番待ちの表示が切り替わる度に動く人の波。冬だというのに花に囲まれた遊園地の中は人の熱気もあって常春の様相だった。そこに若い恋人達の姿はあった。週末という事もあり同じような ... » more

朱い鳥舞う空ーA Wig of Curseーstage 2ー
ピコン、と聞こえた軽快な音に顔を上げるとアーニャが携帯電話を構えていた。「な....なんだ?」「3回目。」「へ?」「溜息の数。」わかりやすいから、という理由で指定された待ち合わせ場所は政庁の一角にあるカフェテラスだった。 ... » more

朱い鳥舞う空ーA Wig of Curseーstage 1ー
たっぷり30秒間沈黙した後、最初に口を開いたのはカレンだった。「....えと.....ルルーシュ?.....なに?なんか食べた?」「...え?」ひく、とひきつったカレンの顔にややおびえる様子を見せるルルーシュに、カレンは事の重大 ... » more

朱い鳥舞う空ーA Wig of CurseーPrologueー
「....?」シュン、と司令室の扉が開き、足を踏み入れたルルーシュはそこにある黒髪の後ろ姿に足を止めた。侵入者を含め28通りの可能性が頭を巡ったところでそれはくるりと振り返った。「どうだ?似合うか?」「...なんの真似だ。」 ... » more

朱い鳥舞う空White Blessーa sequel ーstage 2
明かりの消えた部屋はしんと冷えきっていた。ルルーシュがこちらに滞在する間に使っている部屋まではいささか遠かったので、迷った挙句自分の部屋に連れてきた。(ジノあたりにばれたらやましいこと考えたろ、と指摘されそうだが決してそうでは無い。多分。) ... » more

朱い鳥舞う空White Blessーa sequel ーstage 1
「そぉーれがなんだってのよぉ。私はルルちゃんがアッシュフォードに来た時から知ってんですからねぇ!」「それはあくまで学生として、でしょう。私はゼロが例のオレンジ事件で鮮烈にデビューした時から追っているのですよ。」非公式インタビューと称 ... » more

幕が下りた舞台には静寂だけがあった。静まり返った客席からは何の物音もしない。それが不気味なほどだった。「....おい。いい加減に離せ。」「うん。」「うん、じゃないだろ。最後まで台本無視して突っ走りやがって。見ろ、客が引いてる。」 ... » more

魔女は再び移り変わる映像を見上げていた。そこに映し出されているのは皇子を追ってきた騎士の姿。門番達と剣を交え、少女の姿の眷属達に翻弄される騎士を、魔女はじっとみつめる。「....私にはわからない。」ぽつり、と落とされた呟き。「あ ... » more

遠く吹雪の音が聞こえる。氷の柱が並ぶ蒼い宮殿の中央に、移り変わる映像。それは人類の歴史そのものだった。戦乱、進歩、つかの間の平和。過ぎ去るいくつもの顔。ゆっくりと、進み出た魔女はそれを無感動にみつめていた。「....人間とは愚かしい ... » more

休憩時間の終了が近づくと、まばらだった客席がまた埋まっていく。売店から慌ただしく戻った若者がドアから滑り込んだとき、第二幕開演のベルが鳴った。『...力ある者が全てを掴むのが帝国の掟。その地位の低さ故に力なき皇子は力を求め、魔女 ... » more

舞台は再び王宮に移っていた。陽気な音楽と笑いさざめく人々、優雅に踊る紳士淑女達。宴の中に姿を現した騎士に、人々が口々に賞賛の声を送る。それにどこか上の空で答える騎士の視線はただ一人の人物を捜していた。と、ファンファーレが鳴り響き、人 ... » more

そこは戦場だった。横たわる名も無い兵士達の屍。爆ぜる炎。遠くからは鬨の声。人馬の叫び。走り抜ける男達。もつれ合うように剣をぶつけあい、また一つ、二つと物言わぬ屍が増えていく。「奴だ!『白の死神』だぞ!」畏怖に満ちた声が上がる。兵士達 ... » more

再び幕が上がったとき、そこはきらびやかな王宮に様変わりしていた。豪奢な衣装に身を包み密やかに会話を交わす人々。彼らの言葉はしかし冷たい悪意に満ちていた。「お聞きになりましたか『黒の皇子』の噂を」「あの皇子の策でまた一つ、国が我らが軍 ... » more

「行くぞカレン。出番だ。」すっくと立ち上がったC.C.に腕を取られ、台本を睨んでいたカレンはぎょっと顔を上げた。「え?え!?ちょ、ちょっと待って!もうちょっと、」「なんだ。この期に及んでまだ台詞の確認か。情けない。」「な.. ... » more

その日ブリタニアはこの冬の最低気温を記録していたにも関わらず、国立オペラ座の前は熱気に包まれていた。物々しいSP達が囲む中を車から降り立つ各国のVIP達、それとは対照的に賑やかに笑いさざめく子供達。彼らは皆今宵一晩限りの祭典の為に集まっ ... » more

「はぁいOK。ま、風邪でしょ。薬飲んでゆっくり寝てればすぐ治るわよ。」はい寝た寝た、と促され、素直に頷いて横になるルルーシュの頭をわしわし、と撫でたラクシャータはじゃお大事にねぇ、と告げて去っていった。少し前までは想像もつかなかった ... » more

朱い鳥舞う空Memoirs:tender tyrant-stage 2-
「とにかく!!それ間違ってるわ!なんだってアンタ一人で綺麗に片付けようとしてんのよ!!バっカじゃない!?」「そうですわ!私を未亡人になさるおつもりですの!?」「ゼロぉ!!俺達親友だろぉお!!水臭ぇじゃねぇかぁあああ!!!」「そ. ... » more

朱い鳥舞う空Memoirs:tender tyrant-stage 1-
まったくあの女は人の話を聞かん奴だはぁ、と溜息をついた魔女はどんよりと曇った空を見上げた。この空の上では恐らくどこかのファンタジーとはほど遠い天空要塞とKMFが攻防を繰り広げているのだろう。自分を打ち負かしたあの紅い女戦士も参戦するに違 ... » more

ピピッ、と短い電子音に体温計を目の前にかざしたルルーシュは眉を寄せた。非常にマズい。失態だ。意識すると頭は痛いわ体はだるいわ、正直起きたくない。だがそうも言っていられない。今日は騎士団主要幹部による定例会議の日だ。トップが欠席など洒 ... » more

朱い鳥舞う空Ullambana -after that-
ちりーん、とどこかで風鈴の音がする。演習場に集まった騎士団メンバーはいつもの制服を脱いで各々浴衣や甚平で寛いでいる。あちこちで鉄板が並べられ焼きそばやらお好み焼きやらを作っている様はキャンプか夏祭りの様相を呈していた。どこかでは早くも酒 ... » more

朱い鳥舞う空Ullambana -stage 8-
テレビでは京都で開催されているイベントの最終日の様子が実況中継されていた。マイクを手にカメラの前に立つミレイがいつになく張り切っているように見えるのは気のせいか。これで妙なイベンター魂に火をつけないでほしい、と切に願う。昨夜ようやく連絡 ... » more

朱い鳥舞う空Ullambana -stage 7-
突然目の前に立ちはだかった深紅の影に、咄嗟に制動をかけたランスロットが間を取って対峙する。現時点で唯一の第九世代KMFランスロット・アルビオンの動きを補捉できるのはただ一機。しかしそのパイロットは斑鳩のデッキで固まっている。「ラクシャー ... » more

朱い鳥舞う空Ullambana -stage 6-
朝の騒動の後、ハドロン砲他機器類の整備が行われていた斑鳩のブリッジ周辺には、それとは別の人だかりができていた。ざわざわと新旧入り乱れた騎士団メンバーが注目するのは黒髪の美しい女性。誰だあれ、ゼロのかーちゃんだって、うそ、若い、すげぇ美人 ... » more

朱い鳥舞う空Ullambana -stage 5-
『愛しい愛しいゼロ様暑中お見舞い申し上げます。いかがお過ごしでしょうか?早いもので季節はもう夏の盛りも過ぎてゆこうとしておりますわ。折角買っておいた新作水着も今年は着られそうにありませんの。ゼロ様と二人きりで湘南の砂浜で夏の ... » more

朱い鳥舞う空Ullambana -stage4-
品の良い紅茶の香りが漂う室内には、楽しげに笑い合う声が響いている。同席しているのはシュナイゼル、コーネリア、ユーフェミア、そしてナナリーの4人。一見したところそれは兄妹の和やかなお茶会に見えた。「驚いたねユフィ。でも元気そうでなによりだ ... » more

朱い鳥舞う空Ullambana -stage3-
ざっ、と後ずさったカレンの背が壁にぶつかり、ばん、と音を立てた。結構な衝撃だったが本人は気づいていないのか、顔を強ばらせて目の前の光景を凝視している。なんで。どうなってんの。質問に答える者は無い。玉城の火遊びのせいで朝から紅蓮で出撃 ... » more

朱い鳥舞う空Ullambana -stage2-
その日。黒の騎士団本部中央司令室は非常に険悪な空気が漂っていた。「そうクサるな。ピザがまずくなる。」なら他所で食え、と言ったところで魔女には馬耳東風だろう。「いいじゃないか。日本の文化とやらを存分に味わってみるのも。ブリタニ ... » more

朱い鳥舞う空Ullambana -stage1-
盆(盂蘭盆):7月15日を中心に祖先を供養し倒懸の苦を救うという行事。安居の終わった人々が衆僧に飲食などを供養した行事が転じて祖先の霊を供養する行事となったとされる。「スザク。これなに?」夏のある日、ピコ ... » more

朱い鳥舞う空1 OH!? 1 stage8
「......っっっっわああああああああぁぁぁあああああああああああああっっっっっっ!!!!!!!!」「えっ!!?な、何!!??」すぐ近くで聞こえたすさまじい叫び声に慌てて飛び起きると、ベッドの端でルルーシュが真っ赤になっていた。ど ... » more

 

最終更新日: 2016/12/02 04:14

「Beautiful World」のブログ関連商品

» 「Beautiful World」のブログレビュー をもっと探す

「Beautiful World」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る