誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    少子化

少子化

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「少子化」のブログを一覧表示!「少子化」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「少子化」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「少子化」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

これまで拙ブログでは、安宅川佳之氏の著書「家族と福祉の社会経済学」や松田茂樹氏の著書「少子化論」をご紹介しながら、少子化問題について考えてきましたが、今日の産経新聞に長谷川三千子先生の正論「年頭にあたり『あたり前』を以て人口減を制す」が掲載 ... » more

猫のつぶやき(みんなの声が聞きたい) 友達とさよならしたんだ。外に出て姿が見えなくなると、ポカーンと大きな空洞ができたような気がした。いつものことなのに、今日はちょっとばかりセンチになったんだ。きっと空模様のせいだろう。昔からそうだった。透き通るようなスカイブル ... » more
テーマ 少子化 猫のつぶやき 友達を送って

内閣府が発行している広報誌「共同参画」の平成25年9月号の巻頭言に、男女共同参画会議の議員でいらっしゃる明星大学の高橋史朗先生が「親子が向き合う『家族の絆』を深めるという視点から男女共同参画のあり方について根本的に見直す必要が」あると指摘さ ... » more

前回まで、松田茂樹氏の「少子化論」の中の家族は変わったか、そして未婚化についてみてきました。「少子化論」では、この後、父親の育児参加や企業の両立支援、或いは、都市と地方の少子化、国際比較からみる日本の少子化、などについて論じていますが、拙ブ ... » more

前回まで松田氏の「少子化論」をご紹介しながら、我が国の家族形態が現状でも夫が仕事、妻が家庭という典型的家族が多いことや、更に家族志向が強くなっていること、そして、そうした状況で少子化を解消するためには、少数派の働く女性のための支援ではなく、 ... » more
テーマ 少子化 家族

前回、「少子化論」の第1章「家族は変わったか」において、家族の形態が分業戦略(夫は仕事、妻は家庭)をとる典型的家族が多数で安定していることや、家族は変わってはいなく、逆に家族志向が強まっていることをみてきましたが、今回は第1章の「X典型的家 ... » more
テーマ 少子化 家族

前回、松田茂樹氏の著書「少子化論」の序章で、これまでの少子化に関わる要因分析や政策では少子化が解消されていないことを指摘されていることをご紹介しましたが、今回は、家族について、松田氏がどのように分析されているのかをみてみたいと思います。 ... » more
テーマ 少子化 家族

以前、拙ブログで少子化問題について取り上げてみたことがありました。その時は、これまでの我が国の少子化対策の流れを確認して、日本福祉大学教授・安宅川佳之氏の著書「家族と福祉の社会経済学」をご紹介しながら、社会保障制度と少子化について考えてみま ... » more
テーマ 少子化 家族

「5時に帰る社会にしよう」ゼクシィ編集長の少子化対策 そうは言っても、そんな時間に帰られるのは『公務員』くらいしかいないでしょう![朝日新聞デジタル 2012年12月7日23時7分より]【赤田康和】新年企画班は、フェイスブックの特設ページで、日本が抱える課題を解消するためのユニ ... » more
テーマ 少子化 解決策

子どもを持つということ(1)日本のセックスレスの驚くべき実態 20代であれだけ積極的だったのに、今は「なくても」なんら問題ないという現実。若者よ、早めに子どもを持ったほうがいいぞ!体力のあるうちに[livedoorNews 2012年11月22日 より]年の瀬の衆議院解散総 ... » more

独り言インドネシア(^_-)-☆大胆な方法
(^_-)-☆大胆な方法 1435日本の地盤沈下の流れは終わらない、まだまだ、下流まで到達していない。多少、途中、淀み(踊り場)は、あるにしても。下り階段の下まで行っていない。そこには人口構成のピラミッド型の始まり、明らかに子供の出生率が上昇したときです。その最 ... » more
テーマ 少子化 歯止め 回復

戦後から、さまざまな社会制度が整い、法改正を繰り返し、現在に至ってます。近年は高齢化社会と少子化という問題を抱えていますが、生活困窮者も増えていたりと、戦後と比べ、生活環境も多様に変化しています。今回は、社会福祉の制度に ... » more
テーマ 少子化 高齢化社会 社会福祉の制度

金川研究室子どもを取り巻く環境
兵庫県にある私の実家の近くに阪急西宮北口駅がある。ここは、中学受験、高校受験の進学塾がひしめいている塾銀座と言われる。特に、阪神間では、中高一貫の私学に進学する傾向が強い。夏休みに入っているが、小学生達は塾の夏期講習に余念がない。私は、阪急 ... » more

ママは大先生なでしこ
昨日7月23日の日経新聞に「なでしこ」の出番です。という記事が載っていました。今オリンピックで注目を浴びている、「なでしこジャパン」の事ではなく、実は「失われた20年」にもがく日本経済の希望の星も、なでしこ=日本の女子力だという記事です ... » more

このところ、少子化についてブログを更新してきましたが、6月7日の東京新聞に「〈集めて分ける社会保障と税・人口問題編〉少子化に歯止めをかけるには?」という記事がありました。その中で、江戸川区の出生率が高いことが紹介されています。江戸川 ... » more
テーマ 少子化 子育て

保育園ではお昼ご飯も出ますのでお弁当を作る手間が省け、母親は助かりますしこのお金は国から支給されます。親が保育園に支払うお金は一律一ヶ月30ユーロ(30 ... » more

3.幼稚園3歳から7歳の子供全員行く1年生3,4歳2年生4,5歳3年生5,6歳4年生(準備学年)6、7歳朝7時半から夜7時半頃まで。1クラス25名{%学校 ... » more

先日ブルガリアを旅してきました。農業が盛んな大変緑あふれる美しい国でした。今日本で一番問題になっている少子化の原因はいろいろ考えられ ... » more

前回、子ども手当が子育て家庭を支援するものであれば、少子化対策として有効であることを見てみました。安宅川氏は著書「家族と福祉の社会経済学」の中で、「子ども手当は、出産・保育・家庭教育に伴う家事労働などの経済的価値を社会的・経済的に正 ... » more

前回の記事で、社会保障制度の充実によって家族制度が弱体化し、少子化を招いたことを見てみましたが、引き続き、家族機能の回復が少子化対策に必要なことについて、安宅川佳之氏の論考を紹介しながら考えてみたいと思います。安宅川氏は社会保障制度 ... » more

前々回まで我が国の少子化対策について見てきましたが、今回は、日本福祉大学教授・安宅川佳之氏の著書「家族と福祉の社会経済学」をご紹介しながら、社会保障制度と少子化について考えてみたいと思います。前々回の記事で、「こうした少子化対策の流 ... » more
テーマ 少子化

前の記事で、少子化対策として策定されたエンゼルプランや少子化対策推進基本方針では、少子化の原因として晩婚化や未婚率の上昇を掲げつつも、「結婚や出産は、当事者の自由な選択に委ねられるべきものであること」とされたことを見てみましたが、今回は、新 ... » more

拙ブログでは、子育てに関する記事として、子ども手当や幼保一元化、保育ママなどを取り上げ、また家族に関する記事もいくつか掲載させて頂きましたが、今回は少子化問題について考えてみたいと思います。我が国における少子化問題は、1.57ショッ ... » more

廃止された「子ども手当」出生率上昇させる成果あげていた - BIGLOBEニュース全てが子ども手当の成果かどうかは、疑問もあるが、数字上は出生率の上昇という結果が見えています。まぁ、この手の成果を確認しようとすると、最低5年ぐらいは ... » more

山田時の流れ
我が中川区戸田には、旧と新とがある。新には伊勢湾台風後に旧が田畑を手放した土地に新しい住宅が建てられ転居してきた人達が住んでいる。私の家は旧地区にある。旧には町内会が5つある。町内会をそれぞれ、1の割から5の割まで、「割」と言っている。私の ... » more

東京都1世帯あたり1・99人石原知事「ショック…家族バラバラ」2012.3.16 02:00他人のせいにするな石原さん「今の高齢者が生産・育成者であった年代にサボったからだ。」 .東京都内の1世帯当たりの人数が1・99人とな ... » more
テーマ 少子化 甲状腺被ばく

那覇市議、女性蔑視発言を謝罪 那覇市議会(永山盛廣議長)2月定例会で、少子化対策には女性の早婚こそ適切とする持論を述べた與儀實司市議(57)=自民・無所属・改革の会=が6日、「女性に対する人権侵害や蔑視といわれかねない発言があった」など ... » more
テーマ 少子化 沖縄 人権

山田ボリビア旅行 15 子どもたち
ボリビアの、と言うより私たちが訪ねた地域の子どもたちは実によく働きます。親孝行というより立派な労働力です。家計を助けています。2月29日の「ボリビア旅行7ウユニ塩湖までは遠い」の最後に次のように書きました。「8時半にホテルへ着きました。塩で ... » more

“電撃強行入籍”が話題となった歌手の赤西仁(27)と黒木メイサ(23)。スポンサーや仕事先など関係各位への調整は後回し、赤西にいたっては所属事務所に事後報告だったことで問題視する向きもあるが、ちょっと角度を変えて見ると、少子化に悩むニッポン ... » more

ご存知でしたか?こんなに差があるんですよ。子供が幼稚園から高校まで、すべて私立に通った場合の学習費総額は平均約1702万円に上り、すべて公立だった場合(平均約504万円)と比較し3,4倍の開き ... » more

 

最終更新日: 2017/08/21 07:20

「少子化」のブログ関連商品

» 「少子化」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る