誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    知恵

知恵

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「知恵」のブログを一覧表示!「知恵」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「知恵」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「知恵」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

≪七つの回廊≫首位優位の原則
≪・・・・競争のあるところ、必ず、首位にたつものがあらわれる。首位が生まれる過程はいろいろだが、いずれにしても、トップに立ってからが本当の勝負である。確かに、自由で実験的なアイデアの試みや、新しいオリジナルなものへの挑戦も、首位だからこそ、 ... » more
テーマ 知恵

空のまま寂し気な傘立てが写っている。駅の貸傘が返却されないと言う。駅が善意で貸し出した傘が返却されずに有名無実になってしまっている様子が報道された。もう何十年も昔の記憶だが私の父が地元の駅で傘を借りてきた事がある。 ... » more

さて、国そのものを「善くする」ことを目標として、それを実現するための手段を「政治」に求めるとするならば、(ことに、民主制においては)国民そのものにと「テコ入れ」する必要がある。「職業としての政治家」が大半である、現代の日本では、「多 ... » more
テーマ 知恵

19本入り390円の「ラークスマートプラス1」は、売れているですかね。 2016年11月4日今年2016年5月6日に発売された。どんな入れ方しているんだろうと気になりました。フィリップモリス社が『ラーク・スマートプラス・1mg・ボックス』. LARK SMART PLUS 1 mg BOX. 1 ... » more
テーマ 知恵

現代の日本の政治(国政)は、国民の代表として「選ばれた者」が、行う仕組みにとなっている。まぁ、体裁的には「民主制」ということにと、なるのだろうか?このように国民によって「選ばれた者」が、国民から税金を徴収し、それを元に、外国との「バ ... » more
テーマ 知恵

≪七つの回廊≫シュメール人
≪・・・・(アメリカのNASAの宇宙工学技師である)シャトランは、シュメール人が異星から訪れた知的生物から、その知識を授けられたのだと主張する。そう言えば、シュメール文明の発祥には、大きな謎がある。シュメール人がどこから来たのかも不明だし、 ... » more
テーマ 知恵

意識を集中して、じーっと、このユリアヌスを観ていると、彼の様々な「過去世」における「遍歴」が観えてくる。軍事にも長けており、感化力もあるゆえ、「政治家」としての成功実績がかなりの数ある。かと思えば、ある過去世においては、晩年にいたる ... » more
テーマ 知恵

≪・・・・ユリアヌスは、331年の生まれ。生後まもなく母を失い、338年には、従兄コンスタンティウス二世の策謀による宮廷革命で、父や一族のほとんどを失った。生き残ったのは、彼と異母兄のガルスだけだった。孤独で不遇な少年時代を強いられ ... » more
テーマ 知恵

≪・・・・名誉心と復讐心に溢れた皇帝コンスタンティヌスの甥として生まれたユリアヌスは、すでに、子どもの頃に兄弟に殺されかけましたが、殺してしまったら、騒ぎが大きくなりすぎるだろうし、ユリアヌスが何をやろうと、いつでも抑え込めるだろう、と思わ ... » more
テーマ 知恵

≪七つの回廊≫創世神話について
19世紀半ばに、ある研究者が、「フィンランドの山奥の村に伝わる民族詩」を、物語風にまとめたものがあった。その民族詩は、『カレワラ』というそうであるけれども、「世界」が「はじまる頃」のことを、「神話的に」述べたもののようである。≪・・ ... » more
テーマ 知恵

エラスムスと言えば、かなりの「皮肉屋の毒舌家」というイメージがあるけれども、「ヒューマニズム」が台頭する世の中にあって、以外と「中立的な立場」に立って、物事を見れる人物であったように思う。エラスムスは、ローマを訪れて数年の後、教皇ユ ... » more
テーマ 知恵

≪七つの回廊≫哲学と詩
「詩」は、ほとんど、真実を語ることがない。時には、真実を元に、話を膨らませて、何か、芸術的な作品を作り上げた気でいるけれども、「抽象」という、「ごまかし」の手法で、何かを悟り得ているように語って、「虚栄」の道具としている。そこに真実はなく、 ... » more
テーマ 知恵

≪・・・・ある夜、(徳川)吉宗は、二人の同年八歳の小姓に、「湯殿で剃刀を使って、そのまま忘れてきてしまった。二人でとりに行って刳るに」と命じた。湯殿へ行った二人のうちの一人が言った、「どうやってさがそうか」すると、もう一人が ... » more
テーマ 知恵

≪・・・・武者修行のため、諸国を漫遊していた頃、とある渡し場の舟の中で、一人の武芸者と口論になった。相手がしきりに武芸の自慢をするので、卜伝が、「わしも、若い時から、修業しているが、人にまけまいという工夫ばかりやってきた」と、答えたところ、 ... » more
テーマ 知恵

≪・・・・ある日、マカリオスがシュロの葉を刈り取り、自分の庵室に持って帰ろうとすると、悪魔がナイフを持って、待ち伏せていた。悪魔はマカリオスを襲おうとしたが、失敗した。悪魔は嘆いて言った、「マカリオス、私はあなたには全くかなわない。 ... » more
テーマ 知恵

≪七つの回廊≫逃げてはならない
≪・・・・信厳(しんごん)禅師は、和泉国(大阪府の南部)の泉郡の郡長で、血沼県主倭麻呂(ちぬのあがたぬしやまとまろ)といった人である。聖武天皇の御代の人であった。この郡長の家の門の所に、大木があった。烏が巣を作って卵を産み、卵をあた ... » more
テーマ 知恵

≪・・・・ガリレオ・ガリレイがピサ大学に赴任した頃の中世の諸大学は、大なり小なり、先人の既成研究の受け売りに終始して進歩がなかった。講義は古い理論のくり返しで新鮮さわ失い、権威化していた。教授はろくに勉強もせずに地位を利用して悪徳を重ねた。 ... » more
テーマ 知恵

以前より、メールなどで、あるいは、直接、お会いした時などに、いろいろな方々から、私のブログの記事中に出てくる「観るに」という言い方に関して、「どんなふうに観えているのか」というご質問を、かなりの数いただいております。そこで、暫定的に ... » more
テーマ 知恵

≪・・・・古代ギリシャの科学者アルキメデス(前287年頃〜前212年)は、シシリーのシラクサ人で、その王ヒエロン二世(前306年頃〜前215年)から、「最近つくらせた黄金の王冠が、はたして純金製か混ぜものが入っているかを、王冠を壊さずに調べ ... » more
テーマ 知恵

≪七つの回廊≫哲学とは何か
フリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービという人物は、非常に、直観的、かつ、啓示的な思想家である。ある意味、弁証法的とも言えるかも知れないけれども、自身の思想が継起的に生じてきたことを伺わせるように、以下のように述べている。≪・・・・学校 ... » more
テーマ 知恵

≪・・・・おれは、これまでずいぶん外交の難局に当たったが、しかし、幸い一度も失敗はしなかったよ。外交に就いては、一つの秘訣があるのだ。心は明鏡止水のごとし、という事は、若い時に習った「剣術の極意」だが、外交にもこの極意を応用して、少 ... » more
テーマ 知恵

≪七つの回廊≫喧伝の巧みさ
≪・・・・昔、ある男が、王の命令で、千里の馬(一日に千里を走る名馬)を買い求めに行ったところ、馬はすでに死んでいた。男は、馬の骨を五百金で買い取り、帰って、王に報告した。「死んだ馬に、五百金も出す馬鹿があるか」と、王が叱り付ける。 ... » more
テーマ 知恵

誰が(Who)モバイルバッテリーという商品を発明したのか? 過去を知らずして未来は語れない。モバイルバッテリーは、結構流行っていますが、使っている人も多いです。しかし、モバイルバッテリーの歴史について、ご存知の方は少ないと思います。2001年のCES(Consumer Elect ... » more
テーマ 知恵

≪七つの回廊≫「争い」の原因
すべての「争い」の根底には、「欲望」をコントロールできない者同士の意識が働いている。まわりのことを考えずに、自分の「欲望」のみを実現させることに奔走している者同士の意識が働いている。どちらかが、自分の「欲望」を抑えて、両者が実現でき ... » more
テーマ 知恵

≪七つの回廊≫知恵の本質
「知恵の完成」とは、端的に言えば、「正しく物事を知る」ということである。それゆえ、知恵を完成させるための「方法」というものを「知らなければ」、そこに至ることはできない。『八千頌般若経』には、随所に「同じ論法」によって、「知恵の完成へ ... » more
テーマ 知恵

学校の教科書は言うに及ばず、小さな講習会や勉強会に至るまで、教材は必要なものであることは分かっていますが、実際に作るとなると、専門知識以外の知恵や経験が必要となってきます。Aさんは、社会生活の開始がオフィスソフト系のインスト ... » more
テーマ 知恵 パソコン教材 USB

≪七つの回廊≫「真」とは何か
老子が孔子に説教をする、というシチュエーションが、『荘子』の中にある。老子は漁夫となって、以下のように、孔子に説教をしている。≪・・・・孔子は、恥じ入って、顔を赤らめながら言った、「おうかがいしますが、どういうことを『真』というので ... » more
テーマ 知恵

≪七つの回廊≫「赦す」とは その二
「人」というものを、理解していれば、「赦す」以前に、「人」を憎んだり、恨んだりすることはない。この世にいる「人」は、「往々にして、過ちを犯しやすい」ということを理解していれば、「理不尽な行為」に対しても、「心、静か」でいられる。「人 ... » more
テーマ 知恵

≪七つの回廊≫「赦す」とは その一
≪・・・・20世紀初頭、大英帝国の植民地・インドでは、3億5千万のインドの民衆が、圧制と重税による貧困に苦しんでいました。裕福な階級の家に生まれたガンジーは、エリートとして育ち、19歳でイギリスに渡り、弁護士となりますが、仕事のため ... » more
テーマ 知恵

この世にある「人間」は、本来、自分が持っている能力の百分の一も発揮していない。そんな「眠っている能力」を目覚めさせるためにも、「読書」は最適である。けれども、単に多く読めばよい、というものでもないことを、ショウペンハウエルは、以下のように、 ... » more
テーマ 知恵

 

最終更新日: 2016/12/09 08:12

「知恵」のブログ関連商品

» 「知恵」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る