誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    本について

本について

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「本について」のブログを一覧表示!「本について」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「本について」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「本について」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

透明なゆりかごの17話から〜置き去りにされた子 週末にダウンロードした「透明なゆりかご」(沖田×華さんの著書:講談社コミックス)から。http://kc.kodansha.co.jp/title?code=1000025620正直私が一番泣けた章です。3巻からです。 ... » more

はざまのコドモから・・・軽度の悩みを改めて知る 週末楽○ポイントで電子書籍をオトナ読み。透明なゆりかご+作者さんのアシスタントさんのお子様をモデルにした作品「はざまのコドモ」(ぶんか社)をダウンロード。http://www.bunkasha.co.jp/book/b21402 ... » more

親のせい?それとも高機能?少年Aに関する記述から ちょっと前のころ、コロロさんの発達プログラムが届きました。創始者の石井聖先生の記事。少年Aのことです。(あの神戸の連続殺人のサカキバラと名乗った少年のこと)アップしようとの矢先でしたが、竜ケ崎でも猟奇的殺人があったので、(その加 ... » more

自閉症児を描いた漫画〜格闘探偵団から かの『What's Michael?』(ホワッツ マイケル?)の作者の小林まこと氏。今何描いているのかな?とパパとなんとなくネット検索。パパが見つけたのは、格闘探偵団というタイトルで「自閉症児」が登場しているもの。すでに掲載 ... » more

常陸の国から療育日記生命倫理
生命倫理 今年度の講義のお仕事は今日で最後。(正確には来週は試験します。こちらは平和。学生さんには悪いなぁ〜)せっかくなので生命倫理をちょっと話してきました。真面目な本はとっつきにくいので漫画を紹介しました。化学同人の「マンガ ... » more

つみきの会発行のABA実践マニュアルが届きました 10月半ばに発売予定だった表記の本、今日やっとでゲット。遅過ぎっ!といっても、今イツがいるわけでもなく、完全に興味と今後の為、知識の整理で購入です。http://www.godo-shuppan.co.jp ... » more

ナラティブ(自閉症経験本?)3読本 エビデンスは科学的根拠のあるもの・・・ナラティブは経験者の語り。ターゲットは病気に関して・・・・です。急にお勉強したくなりまして・・ではなく、通信大学の「市民のための健康情報学」という第3、第4回目の講座のコト。先週第3回はエビ ... » more

天地を拓く〜本の紹介 GW中はお片づけ&読書(・・・とシゴト準備)。以前日本知的障害者福祉協会からの案内で知っていましたタイトルの「天地を拓く」表紙の字は金澤翔子さんによります(ダウン症で、書家の方です)。目次は裏表紙から・ ... » more
テーマ 本について 自閉症 療育施設

アートびっくり箱 障がいのある子どもの絵画指導〜本の紹介 何年も前に買った本です。いっちゃんがなにか書けると良いな、と思って。でもその頃はこの本を見ても「どうせムリムリ」と潜在意識から排除。先日絵本の本棚に死蔵していたのを発掘した。アートびっくり箱障がいのある子どもの絵画指 ... » more

ABA応用行動分析学 スクールシャドー入門〜本の紹介 シャドーと言いつつもこの本のこと、失念していました。ABA スクールシャドー入門山本淳一監修吉野智富美著学苑社http://www.gakuensha.co.jp/cn68/pg357.html帯から転載「先生も ... » more

本の紹介〜自閉っ子のための道徳入門 偶然検索である方のコラムから知りました。自閉っ子のための道徳入門社会(みんな)の中で生きるこどもを育む会-著花風社http://www.kafusha.com/shuppan/shuppan.html出版社から引用↓ ... » more

あの日あの時〜竹内昌彦氏著・・・PTA運営委員会の研修会報告で知りました 最近PTA運営委員会では、渉外部の先生方や本部役員様方が出席された研修会の報告をしていただけます。これがちょっと楽しみですが、今回全知P連研修会の「私の歩んだ道〜見えないから見えたもの〜岡山県立岡山盲学校竹内昌彦先生」のご講演の内容報告を聴 ... » more

心(ホンネ)の代弁・・・母よ嘆くなかれ〜パール・バック著 偶然にして知った本。パールバック「母よ嘆くなかれ」伊藤隆二訳法政大学出版局http://www.h-up.com/books/isbn978-4-588-68220-9.html1日で一気に読んでしまいました。この本ほど我が ... » more

お気に絵本を大人買い?! 金曜日、荒れ気味いっちゃんを学校に直送?し、その時に先生から出していただき、いっちゃん自身が楽しんでいた本。洋書でしたが・・・(日本語も怪しい母子)、しっかり写真撮ってきました。 ... » more

聴覚的構造化?学校との共有出来るものはありがたい 勝手な造語「聴覚的構造化」。「構造化」とは自閉症児が適切で自立した行動が行えるように環境を分かりやすく整えること(実践障害児教育2014年、4月号「構造化」とはなにか、から引用)。最近朝、いっちゃん、大黒摩季さん ... » more

本の紹介〜やっぱりすごい!!新子どもの脳にいいこと〜 新聞の広告を見て注文し、法事の道中で一気に読み終わりました。やっぱりすごい!!新子どもの脳にいいこと向後利昭鈴木昭平著コスモトウーワンhttp://www.cos21.com/books/978-4-87795-202- ... » more

本の紹介〜自閉症スペクトラムとこだわり行動への対処法 白石雅一著 いっちゃん看病中に添い寝して、ごろ寝して1冊読みました。自閉症スペクトラムとこだわり行動への対処法白石雅一著https://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/80798/(東京書籍)出版社の ... » more

本について〜新訂 自閉症の謎を解き明かす 今日は家族中、幾分か調子が悪く、コンサート観賞の上京は断念。明日のイベントに備えるべし!さて、先日ローナ・ウイング女史の本を読みましたが、その文中に紹介されていた本を購入。(・・・といってもパパが買って ... » more

常に先輩お母様に余暇のことを聞いてしまう傾向のある、ワタシです。そういう中、意外と学校の先生、児童デイさんやパパはいっちゃんの好きそうなことを上手に見つけてくださいます。最近の当たり余暇学校:大洗水族館パパ:射撃などのゲーム ... » more
テーマ 本について 自閉症 療育施設  コメント(2)

正月読書〜自閉症スペクトル〜ローナ・ウイング著 実は珍しくも正月夜更かしして一気に読み終えた本。自閉症スペクトル〜ローナ・ウイング著東京書籍http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/76168/著者のローナ・ウイ ... » more

宛てのない旅桜ほうさら
桜ほうさら 大好きな作家、宮部みゆきさん著書『桜ほうさら』が、NHKで今日、放送されます。楽しみにしていますが、本で読んだイメージとテレビドラマで観るのとの違いも興味深いですね〜。 ... » more
テーマ 本について

視覚的構造化の環境 先日25日、いっちゃん抜きでワタシのみ、ひたちなか病院へ行き、以前の発達検査の結果と合わせた支援方法を御教授頂きました。いろいろなところでいっちゃんは(エコラリアやモザイクメモリーもよくでるので)「聴覚優位」と思われることも多いので ... » more

本:自閉症への親の支援 以前からネットなどで親のサバイバルということで気になっていました。(去年の夏、夜中にいっちゃんが突然つねる、蹴るをしてきたので、参って検索で見つけたのはこのページ)エリック・ショプラー(編)「親のサヴァイ ... » more

本のこと・・ふたたび「母親やめてもいいですか」のツッコミと自分とかぶったこと このタイトルの本、実は私がこのテの障害児本で一番インパクトを受けました。数日前もブログにアップしました。そしてアマゾンでのレビューが余りに真っ二つに分かれたので他の方のブログなども見ました。レビューアさんには、自分の子供が同じ障害か、そ ... » more

本「母親やめてもいいですか」・・・ツッコミも思うことも沢山 月刊「実践障害児教育」5月号で紹介がありました。娘が発達障害と診断されて母親やめてもいいですか山口かこ著かもがわ出版紹介文から(引用開始)毎日子育てに追われる保護者は、ときには「我が子がかわいくない!」と ... » more

最近妙に本を買って読む頻度が上がっています。いっちゃん病気以降。いっちゃん寝床の傍らで読む癖がついてしまったのですが、読書は我ながらいい習慣。片付けたいということから断捨離関係{%火we ... » more

ABAファーストブックを読んで・・・ 今日もいっちゃんはインフルエンザでお休み。すでにタミフルの効果も出てきたので妙に元気。薬のおかげなんてことはいっちゃんには関係ない。おやつ欲しい、お外行きたい、車乗りたいの「クレクレ」星人になって、さすがの鬼母も参ってきました。 ... » more

高橋みかわ先生の御本〜重い自閉症のサポートブック 仕事の昼休みに読んだ本。ぶどう社さんから出版されています。http://www.budousha.co.jp/booklist/book/sappot.htm目次もこのページで紹介されています。本のタイトルだけではサポー ... » more

汎化のためのアプローチ実践障害児教育9月号より いつも困ること、家でできて、学校でできない(逆もあり)。いつでも、どこでも、だれとでも(←コロロでいうところ)「汎化」がいっちゃんも苦手です。今回定期購読雑誌の「実践障害児教育」で紹介されています。今月号はこういう感じ ... » more

手を上げそうになったときに、この本〜ぼく、あいにいたよ〜 最近自分の周りで、MLでも(障害者・児の)虐待の話を聞くことが多いです。全く虐待防止週間・・・というのでしょうか。ただよく、この類のお子様は家でも虐待を受けることが多いとのこと。言葉があいまい(ない場合も)なことも多く、癇癪やパニックも ... » more

 

最終更新日: 2016/12/02 02:43

「本について」のブログ関連商品

» 「本について」のブログレビュー をもっと探す

「本について」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る