誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    分子生物学

分子生物学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「分子生物学」のブログを一覧表示!「分子生物学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「分子生物学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「分子生物学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

やっぱりこれからは 木材屋もどんどんこちらに向かわざるを得ないでしょうね。じじいはついて行けませんから、あきらめるしかありませんな。ITと同じで、分からなくても生きていけますからね。 ... » more

日の出5:22日の入り18:06@東京曇り ... » more
テーマ 突然変異 分子生物学 ショウジョウバエ

日の出6:00日の入り17:43@東京曇り ... » more
テーマ 突然変異 分子生物学 生物物理学

HSP90阻害剤ganetespib(STA-9090)が進行性非小細胞肺癌に有望な可能性 まだよく理解できていませんが、違ったタイプの薬剤のようです。期待しましょう。癌Expertsニュース2011. 3. 3米Synta Pharmaceuticals社は2月26日、ヒートショック蛋白90(HSP90)の阻害剤であ ... » more
テーマ 分子生物学 分子標的薬 肺がん  コメント(2)

ぬらり(のらり)肺がん記医療の基本
医療の基本 医療の基本は、患者に適切な情報を与えることと、患者自身の自然治癒力を手助けすることにある。たとえ外科手術でけりがつくような簡単な症例であったとしても、最終的には患者自身の組織が「元通り」に戻る力を発揮しない限り、病気は治らない。現在 ... » more
テーマ 分子生物学 複雑系 医療

101003日経ゲノム革命、医・食変える?―がん治療法、味の良いコメ開発(日曜版)によれば、2003年にヒトゲノム(人間の全遺伝情報)の解読が完了して7年。研究の現場が様変わりしている。生物の設計図に相当する塩基配列を読み取る速度が格段 ... » more
テーマ 分子生物学 遺伝子変異 システム生物学

分子生物学の進歩により「イレッサ」のような画期的な薬剤が開発された。しかし、イレッサ耐性に対する有効な薬剤の開発は、うまく進んでいるとは言えない。これは、生体内のたんぱく質や、細胞内で作られた代謝物の影響、遺伝子同士の関連までシミュ ... » more
テーマ 分子生物学 システム生物学 イレッサ  コメント(4)

世界は分けてもわからない 福岡伸一先生の「世界は分けてもわからない」(講談社現代新書)を読むと、著者は分子生物学者として卓越しているだけでなく、まさに詩人だと唸ってしまいます。イタリアのパドヴァで開催された国際トリプトファン研究会に出席するところから始まった物語は、 ... » more

だれか…居ます?私のような境遇の生物系研究者。40前。目つきが怖いのか、学生さんは私のまわりから逃げていきます。先月のお給料。2万円ちょい。貯金を切り崩して生きてます。「いやあ、君みたいな境遇 ... » more

○ 日記ダイエット・・・分子生物学
昨日に続きまして、分子生物学のお話です。モノを食べるとその量に応じて、比例的に吸収も増えるというイメージがあります。私もそうです。比例的というのは、まっすぐ直線的に右上がりに上 ... » more

先日、同僚とはなしをしていて、「あの、彼、xxxさん。ここのOBの。今、どんな実験してるの?」と聞いたら、「あれっ、お前は知らんかった?彼の大学の生物系の学部がつぶれちゃって、彼は一時その大学のポスドク研究員をしていたけど、 ... » more

やっと、留学先での論文がまとまりました。感涙を禁じ得ません。谷あり谷ありでしたから…。私の研究がうまくいってなかったとき、笑い者にしていた一部先輩同僚後輩の連中。態度が豹変する輩が出てくるでしょう。急によそよ ... » more

手のひらにピペットマン百花繚乱
辞書によるとその意味は1、いろいろの花が咲き乱れる事2、すぐれた業績や人物が一時期に数多く現れる事ですが。最近先輩からもらったメールはいささか諧謔と風刺に富んだものでした。近頃、別の先輩の結婚式で研究室のOBが集 ... » more

現在論文執筆中。競争相手がわらわらと出てきて、激しいデッドヒートを繰り返しています。よく分からない敵と競争するのは、いささか気分の良いものではありません。が、一刻を争う状況である事にかわりはありません。ボスと私でメールを使っ ... » more

手のひらにピペットマンきつい。
転職の準備中です。悩みます。仮にうまくいったとして、今まで、私の全く知らない実験系に飛び込んで行く事になります。恐らく今の私だと、そこのラボで学部生からの叩き上げの博士課程院生よりも実験技術で劣るでしょう。 ... » more

最近、こちらの日本人ポスドクの間で議論する事がありました。「データは「出る」ものか「出す」ものか?」というお題ですが、そもそも言葉の定義が極めて曖昧なので、この議論自体、科学の俎上の問題ではありません。感情的・独善的 ... » more

最近、日本人の研究者と話す機会があったのですが。テーマは「夫婦が同じところに在籍している研究室」についてです。ほぼ隠語で、めおと実験とか、めおと研究室と呼ばれている様です。まあ…うまくいっているところもあるのでしょう ... » more

手のひらにピペットマン研究と人生
先日、とある学会に参加してきたのですが、私は何度か、今のポジションは何ですか?と質問されました。その都度、いや〜、まだまだ、下っ端の一(いち)ポスドクですよ。生活面で苦労したり、ラボの同僚から足引っ張られたりして、心身の健康 ... » more

なんだか今回のノーベル賞に関して、なぜギャ○博士がもれたのか、とかイタリアの○○博士が物理学賞でないのはおかしいとか、報道があるようです。私の近しい分野のところでは、数年前の医学生理学賞で増○博士やRa○博士が選ばれ ... » more

最近、大学の人事が随分とオープンになって、実力主義になってきたとはいえ、やはりコネ、と言いますか、人脈、が大切なようです。やはり、研究の世界は一つのことを黙々と突き詰める世界だし、エラくなるとそれなりの権力や権威が付随するので、 ... » more

手のひらにピペットマン大腸菌の培地
自分の実験に全く必要ではないのですが、大腸菌を如何に健康に、高密度で培養するか、その方法をいろいろと調べています。情報によると、SOBでOD10〜15位まで培養出来る。TBでOD8〜10くらいまで。ある会社が、条件を ... » more

科学と言う概念がほとんど無い、遥か昔の時代にも、人類はたくましく生きてきました。天災や疫病が起ころうとも。なので、「科学技術は必要ない」、という極論も、まあ一理あります。けれどなぜ私は研究しているのでしょう?大学、大学院にま ... » more

自分がのるかそるかのような、学界の底辺部にいる人間なので、偉そうなことを言う気はないのですが。長く分子生物系の研究をしているので、いろんな人を見てきています。やはり人生ハッピーに自分の思う通り、うまく行く人ばかりじゃないです。 ... » more

手のひらにピペットマン皮肉
最近、分子生物学分野の科学史に興味を持っており、ちょくちょくつまみ読みやネットで情報を検索するのですが、なんとも皮肉に満ちているな…と思います。あまりに急激な進歩のため、「分子生物学は終わった」と言ってしまったステント博士。神経に走 ... » more

印象深い話だからでしょうか、下のような事を複数回、全く異なる情報筋から聞きました。PCRで使う耐熱性ポリメラーゼ(Taq)。知り合いのとある研究室では、其の耐熱性ポリメラーゼを自分たちで精製している。どうやって精製するか知っ ... » more

腫瘍分子生物学の進歩により、がんの増殖・浸潤・転移の分子メカニズムが明らかにされつつある。しかし、実際に作られ使用されている分子標的治療薬には、多くの課題が山積している。例えば、イレッサ・タルセバの疑問には、次のようなものがあげ ... » more
テーマ 分子生物学 肺がん イレッサ

 

最終更新日: 2016/12/02 02:37

「分子生物学」のブログ関連商品

» 「分子生物学」のブログレビュー をもっと探す

「分子生物学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る