誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    邦画

邦画

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 映画
類似テーマ: 邦画 日本映画
子テーマ: 東京国際映画祭 東映
テーマ「邦画」のブログを一覧表示!「邦画」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「邦画」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「邦画」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

『Wの悲劇』:劇中と現実の二重構造・女優誕生物語 @DVD・レンタル ことしは角川映画40周年。夏には映画祭も企画されていますね。そんな中、観たのが『Wの悲劇』。初公開時に劇場で観ていますが、「観ていない」という妻が借りてきたDVDを一緒に観ました。さて、映画。大手新劇劇団の研究生・三 ... » more
テーマ 女性のドラマ 日本映画 80年代

16-117「燐寸少女 マッチショウジョ」(日本) 妄想は自由で果てしない寿命1年と引き換えに妄想を具現化する“妄想燐寸”を売る謎の少女リン。高校で“ウジ虫”と呼ばれ、イジメを受けている氏家治は、リンからもらった燐寸を擦り、女子たちにモテたいと妄想する。一方、美大生の岸田叶人は周 ... » more

日本映画祭「ニッポン・コネクション」2016@フランクフルト 受賞結果! フランクフルトで毎年開催されている日本映画祭「ニッポン・コネクション」(第16回:5月24日-29日)の各賞が発表になりました。この映画祭は、この種の映画祭では珍しくコンペティション形式になっていて、3つのコンペティションを設けてい ... » more

『海よりもまだ深く』:なりたくない大人にだけはならないでおこう @ロードショウ・シネコン 近年、最も安心して観れる監督のひとり、是枝裕和監督の最新作『海よりもまだ深く』、ロードショウで鑑賞しました。是枝監督の映画タイトルには、「も」という語感を持つ作品が多い。過去作品『誰も知らない』『花よりもなほ』『歩いても歩いても ... » more

yukkun's cafeさよなら渓谷
さよなら渓谷 ★★★☆☆出演: 真木よう子, 大西信満, 大森南朋, 鈴木杏, 井浦新監督: 大森立嗣尾崎俊介と妻のかなこは、緑豊かな渓谷で暮らしている。そんな長閑な町で起こった幼児殺害事件は、その実母が実行犯として逮捕される ... » more
テーマ 邦画

おもしろいもの太陽の蓋
3.11のドキュメンタリー風映画です。官邸につめる新聞記者の立場で地震・福島原発に対応する人々を描いています。議員会館の会議室で行われました。元首相の菅さんも挨拶されました。人間の無力さを感じさせる作品です。ひたむきな人々の努力 ... » more
テーマ 邦画 映画 試写会

ふしぎなクニの憲法(2016) 二〇一五年夏、いわゆる安全保障関連法案が国会で強行採決され、国内に憲法論議が盛んに行われるようになった。それからの動きの中で、様々な立場の人の連邦に関する思いをインタビュー形式で浮き彫りにするドキュメンタリー。松井久子監督作品。憲法 ... » more

16-111「あやしい彼女」(日本) 自分らしく生きていく73歳の瀬山カツはワガママで無神経な毒舌おばあちゃん。地元商店街ではいつもトラブルの元凶となる鼻つまみ者。女手一つで育て上げた娘の幸恵とバンド活動をしている孫・翼の自慢話に周囲は辟易。そんなカツの唯一の理解者が、 ... » more

お月様が見ている母親を病気で亡くし、ひとりぼっちとなった少女みどりは、赤猫サーカス団の団長・嵐鯉治郎に拾われる。一癖も二癖もある団員たちのイジメに耐えながらも、女優になる夢を見て毎日を送るみどり。そんなある日、ワンダー正光という西洋 ... » more
テーマ 日本映画 映画

16-108「闇金ドッグス3」(日本) 俺、女の味方ですから元ヤクザの安藤忠臣が経営する闇金会社ラストファイナンスで働く元ホストの須藤司。女性専用の金融システムを作り、順調に実績を上げていく。そんな彼の顧客には、夢を諦めきれない元アイドルや、芸能プロダクションに所属する娘 ... » more
テーマ 日本映画 映画

16-106「64 ロクヨン 前編」(日本) 昭和の7日間に取り残された人を救ってやってくれわずか7日間でその幕を閉じた昭和64年。その間に管内で発生した少女誘拐殺人事件。いまも未解決のその事件を県警内部では“ロクヨン”と呼んでいた。刑事部で長く活躍しロクヨンの捜査にも関わった ... » more

16-105「亜人 第2部 −衝突−」(日本) スーハイって、麻雀用語?交通事故をきっかけに“亜人”であることが発覚した高校生の永井圭。帽子の男・佐藤の策略で政府機関に捕まるも、今度はその佐藤の助けで恐ろしい実験施設からの脱走を果たす。その後、圭は佐藤と決別し身を隠す。一方、 ... » more

「その男凶暴につき」〜「ソナチネ」 WOWOWで北野映画の特集をしていた。・・・先ず、「その男、凶暴につき」と「ソナチネ」を見た。東映のやくざ映画路線が終焉を向えたのは何時か?1979年に「その後の仁義なき戦い」が撮られて以降、毎年複数の作品が作られ事は無くなり、一つ ... » more

『海よりもまだ深く』 in カンヌ国際映画祭2016 ◆Photocall◆レッド・カーペット◆プレミア上映◆ポスター(インターナショナル版)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ... » more

『レッドタートル ある島の物語』 in カンヌ国際映画祭2016 ◆Photocall・鈴木敏夫プロデューサー(スタジオジブリ)、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット(監督)◆プレミア上映−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ... » more

江戸川乱歩の陰獣(1977) 探偵小説か(あおい輝彦)は、偶然知り合った実業家夫人(香山美子)の大江春泥という探偵小説家から脅迫されているという相談を受ける。彼女を脅かすような事件が次々と起こる中、主人(大友柳太朗)が殺される。・・・江戸川乱歩の原作を加藤泰監督 ... » more

『淵に立つ』 in カンヌ国際映画祭2016 ◆Photocall・古舘寛治、筒井真理子、深田晃司(監督)・筒井真理子◆パク・チャヌクの“The Handmaiden(아가씨/Agassi)”のプレミ ... » more

16-102「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」(日本) 元を辿れば、根は同じ怪談雑誌で読者の体験談をもとにした短編を連載している小説家の「私」。ある日、読者の女子大生・久保さんから“今住んでいる部屋で奇妙な音がする”という手紙を受け取る。興味を持った「私」は彼女と連絡をとり、一緒に調 ... » more

『沖縄 うりずんの雨』『大地を受け継ぐ』:沖縄と福島、2本のドキュメンタリー @名画座 『ゾンビスクール!』『ゾンビーバー』を観たのと同じ名画座での沖縄と福島のドキュメンタリー2本立て。恐ろべし、このバラエティ。極端から極端と言えなくもないけど・・・鑑賞したのはゴールデンウィークのはじめの方なので、鑑賞から少々時間 ... » more
テーマ 2015年以降 ドキュメンタリー 日本映画

男の必修科目 痴女の誕生 安田理央著 『痴女の誕生』 太田出版☆全国紙の書評でも取り上げられ、高橋源一郎の帯にも背中を押されて購入。同じ著者の『AVレビュー大全 1987-2012』は電子書籍で読んだことがあるが、このときはあまり面白いとは思 ... » more
テーマ 日本映画 映画

『世界から猫が消えたなら』:消えていくものはすべて大切なもの @試写会 まもなく公開の「2016年最も泣ける映画」(というフレコミの)『世界から猫が消えたなら』、試写会で鑑賞しました。いやぁ、こういうフレコミ・惹句って、かなり苦手・・・だけど、猫は好きだし、ポスターのネコくん可愛いし。ということ ... » more

さようならCP(1972) 横浜の町で暮らしながら障害者運動をしているCP(脳性麻痺)の人達の生活と、周囲の人間との様々な軋轢を追う。・・・原一男監督のデビュー作。障害者運動の中で異彩を放ち当事者運動の魁となった「青い芝の会」の活動の様子を収めた貴重な記録とし ... » more

脳腫瘍を宣告された主人公(佐藤健)が自分にそっくりの悪魔が生きる時間1日と引き換えに電話、映画、時計、猫と世界から消していくと・・・・・全く性格の違う悪魔と話すシーンが秀逸です。佐藤健の演技が素晴らしいです。人の一生で大切なものが消 ... » more
テーマ 邦画 映画 試写会

邦画大好き異邦人の河(1975)
異邦人の河(1975) 自動車修理工(朴雲煥(ジョニー・大倉))は、在日朝鮮人であることを隠して働いていた。ある日、自殺しようとした女性(大関優子、現佳那晃子)を助けるが、彼女も在日朝鮮人だった。李学仁監督作品。自らも在日二世である監督が独立プロダクション ... » more

16-100「僕だけがいない街」(日本) この手で救えると信じているピザ屋でアルバイトする売れない漫画家の藤沼悟。彼は、事件や事故に遭遇すると、その原因が発生する直前の時点に時間が巻き戻る不思議な能力を持っていた。しかし自ら“リバイバル”と呼ぶその現象はいつ起こるかも分から ... » more

「世界から猫が消えたなら」@109シネマズ二子玉川 私は「109シネマズ二子玉川」開館一周年記念試写会に招かれた。客入りは最前列以外満席だ、映画上映後には原作者・川村元気さんを招き、伊藤さとりさん司会でトークショーと観客とのQ&Aが行われた。映画の話ある日、余命いくばくも ... » more
テーマ 邦画 試写会2016 映画  トラックバック(6)

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』:手練の金子監督による異色娯楽ミステリー@ロードショウ・シネコン 野村萬斎主演の異色ミステリー『スキャナー記憶のカケラをよむ男』、ロードショウで鑑賞しました。残留思念と呼ばれる物や場所に残る人間の記憶を読み取れる特殊能力をもつ男が主人公。通常の、優れた観察眼・推理力をもつ男によるミステリーでな ... » more
テーマ ミステリー 2015年以降 日本映画

16-098「テラフォーマーズ」(日本) 火星のゴキブリを駆除してください21世紀、人口爆発が深刻化する地球では火星移住が計画され、火星の過酷な環境を地球化するためにコケとゴキブリが移植された。それから500年。計画の仕上げのため、小町小吉たち15人のワケあり日本人が火星に ... » more

邦画大好き誘拐報道(1982)
誘拐報道(1982) 経営していた喫茶店を手放し、借金に苦しんだ男(萩原健一)は、娘(高橋かおり)の同級生(和田求由)を誘拐する。身代金を両親(岡本富士太、秋吉久美子)に要求するが、受け渡し現場に警察が張っていて、接触できない。・・・一九八〇年に発生した ... » more

キューバの恋人(1969) 船員(津川雅彦)は、休暇中に立ち寄ったキューバのハバナで、政府軍の若き女民兵(ジュリー・プラセンシア)に一目惚れする。故郷へ帰る彼女を追いかけた彼の前には、戦いに倒れた彼女の家族の墓があった。・・・処女作「とべない沈黙」がキューバで ... » more

 

最終更新日: 2016/12/01 17:22

「邦画」のブログ関連商品

» 「邦画」のブログレビュー をもっと探す

「邦画」ブログの人気商品

テーマのトップに戻る