誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    歌舞伎

歌舞伎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「歌舞伎」のブログを一覧表示!「歌舞伎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「歌舞伎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「歌舞伎」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

挽話§團菊祭五月大歌舞伎夜の部 先々週の昼の部に引き続き、團菊祭五月大歌舞伎夜の部を観てきた。八代目坂東彦三郎が初代楽善に、長男の五代目亀三郎が九代目彦三郎を、次男の初代亀寿が三代目亀蔵、五代目亀三郎の息子が六代目亀三郎を、それぞれ襲名。壽曽我 ... » more

番外編【鑑賞日記】氷艶hyoen2017破沙羅 バレエじゃない事はここには書かないつもりでしたが、今回は番外編ということで。ワタシはバレエが一番好きですが、いわゆる「身体表現」というものが好きなのです。なのでバレエ以外にも観に行きます。音楽(ライブ)も好きです。と、前置き ... » more
テーマ 歌舞伎 アイスショー 鑑賞日記

挽話§今日は團菊祭五月大歌舞伎夜の部 連休明けに観た昼の部に続いて、今日は夜の部を観てくる。まずは初代坂東楽善、九代目坂東彦三郎、三代坂東亀蔵、六代目坂東亀三郎の襲名披露狂言として『壽曽我対面』の劇中で披露口上が行われる。次は『伽羅先代萩』は菊之助が ... » more

歌舞伎を観に行きました(5月19日) 2017年5月19日(金)東京・中央区にある明治座で歌舞伎を観ました。明治座は芝居や歌謡ショーを行うのが通常ですが、明治座でも歌舞伎を行うんですね。(歌舞伎も芝居ですね)のぼり旗チケット(半券)私の席からは、この ... » more

五月花形歌舞伎 観て来ました 夜の部の『新版歌祭文野崎村』と『怪談乳房榎』を観ました。1番前の席でした。しかも花道のすぐ横…近っ!近すぎる!舞台袖がちらっと見えてます(; ... » more

手話§五月大歌舞伎昼の部〜彦三郎襲名〜 五月大歌舞伎は恒例の團菊祭で、何とも賑やかな興行になっている。七世尾上梅幸の二十三回忌、十七世市村羽左衛門の十七回忌に加え、八代目坂東彦三郎が初代楽善に、長男の五代目亀三郎が九代目彦三郎を、次男の初代亀寿が三代目亀蔵、五代目 ... » more

初めてのこんぴら歌舞伎 春の風物詩的なこんぴら歌舞伎大芝居が催される琴平町にある芝居小屋、金丸座。近いのである、行くのに30分もかからないくらい。ただ、こんぴら歌舞伎といえば、県外からの観光客(と旅行会社など)のためのもの、 ... » more
テーマ 歌舞伎

皐話§5月の予定あれこれ 今月は盛りだくさんの予定である。その前に、今月の日の出&日の入時刻を貼り付けておかなくては……来月の夏至まで、日没が19時頃まで遅くなっていく。クラシックのコンサートが2回、弦楽四重奏とオーケストラ。それに五月大歌舞 ... » more

「村上海賊の娘」は歌舞伎芝居だ 小説「村上海賊の娘」(和田竜著)を読みました。5月1日から5日まで瀬戸内を旅するので、そこが舞台の小説でも読もうと思い、あまり考えも無しに手に取ったのですが・・・、やられてしまいました。物語は、織田と毛利が大坂本願寺(後に石山本願寺 ... » more
テーマ 歌舞伎 小説 旅行

松竹座『コメディトゥナイト』観て来ました 片岡愛之助丈主演、宮本亜門演出の、ブロードウェイ作品の江戸版です。(すごく古い作品だったんですね。1960年代からやってたみたい)ラッキーなことに、またキルトの先生からお誘いを受けて一緒に ... » more
テーマ 歌舞伎 舞台

歌舞伎「夢幻恋双紙」 赤坂皆勤賞@赤坂ACTシアター切ないパラレルワールド結末、ちょっとびっくり。至近距離で中村屋の息遣いに触れる席、満足。 ... » more
テーマ 歌舞伎 日記

御話§四月大歌舞伎夜の部〜吉右衛門〜 四月大歌舞伎夜の部を観てきた……16時30分開演、20時30分終演と、ちょうど4時間の見ごたえある舞台。おめあてはもちろん、吉右衛門が浮世又平を務める『傾城反魂香』の一幕。これが、脇を固める役者との見事なアンサンブルを堪 ... » more

新春歌舞伎公演 開かれる  4月8日(土) 全国的にも有名になった『檜枝岐歌舞伎』は、日頃の練習の成果を披露する目的で10年ほど前からこの時期に村民向けに 上演されます。『舞殿』はまだ雪に覆われているため、新春公演は村内公民館“東雲館”で開かれました。暖房のきいた屋内 ... » more
テーマ 尾瀬桧枝岐温泉 そばの宿 丸 屋 歌舞伎

週話§日曜片々〜四月大歌舞伎夜の部〜 今日の午後は、ゆっくりと出ていって歌舞伎座夜の部へ。『傾城反魂香』は吉右衛門の浮世又平である。菊之助が女房おとくで岳父と共演しているのが見もの……おとくは初役だろうか。二本目、藤十郎の『桂川連理柵(かつらがわれんりの ... » more

好対照・深夜のTBSアニメ「カブキブ」「クロックワーク・プラネット」 4月から始まった深夜時間帯のTBSアニメ・・・先ずは、SF大作「クロックワーク・プラネット」1000年前に「滅んでしまった」地球は、天才時計技師が残した仕掛で何とか命脈を保っている。そのシステムもそろそろオーバーフォール ... » more

四月大歌舞伎へ 急に歌舞伎座の招待券をいただき夜の部へ。近松門左衛門作の「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」吃音気味の絵師が御影石の手水鉢に自画像を描くと、その絵が石を貫いて裏側に抜ける。以前に観ている演目だが、歌舞伎は同じ演目でも演 ... » more
テーマ 歌舞伎

週話§日曜片々〜今月の予定あれこれ〜 4月になり、活動しやすくなるのでお出かけも多めである。今月の目玉は、東京・春・音楽祭『神々の黄昏』で、4年かけて四部作『ニーベルングの指環』最終年に出かけることにしているが、これまでの演奏を考えれば十分に期待できるだろう。 ... » more

錨話§三月大歌舞伎昼の部〜仁左衛門〜 今月の歌舞伎座は、仁左衛門の碇知盛が観たくて昼の部のチケットを買っていたのだ。昼の部はその他に『明君行状記』と『神楽諷雲井曲毬〜どんつく〜』の三本立て。一本目『明君行状記』は苦手な真山青果ものだったが、意外な拾い物で ... » more

週話§土曜片々〜週末が存在していた頃〜 ところで今日は、三月大歌舞伎昼の部を観る。片岡仁左衛門の碇知盛目当てなのだ。日々の仕事に追われ、週に3、4日の午前様や朝帰りなど常態だった宮仕え時代は、土日2日間の到来が待ち遠しく楽しみだったことは、言うを待たぬこと ... » more

週話§土曜片々〜3月のお出かけ予定〜 今月、都心に出かける回数は10回くらいになることが確定している。そのうち、コンサートが1回と歌舞伎が1回……色々取り混ぜて3回から4回は行きたいところだが、まあぼちぼちと動いていくつもり。あとは頼まれ仕事だったり会食だっ ... » more

うーん……特に膝に爆弾などを抱えているわけではないのだけれど、このところ正座をするのが億劫であるし、わざわざ座布団の上にきちんと正座をしたことがない。たぶん、こういうところから関節の老化も始まっているということであろう。 ... » more
テーマ 歌舞伎 健康 老化

歌舞伎「門出二人桃太郎」 きゃわいいーーーーーーーっ!「猿若祭二月大歌舞伎」@歌舞伎座◆門出二人桃太郎口上の8分間はハラハラ。お兄ちゃんは目をつぶってウトウト?弟は右手がピクピク…。でも、ご挨拶はよくできました!こ ... » more
テーマ 歌舞伎

暇話§平日の演奏会や歌舞伎 NHK交響楽団(N響)がミューザ川崎でコンサートをするというので5月のチケットをインターネット予約した。このコンサートの開演は何と平日の15時というもの。そんな時間にコンサートを聴きに行くという悠長な人間は、我々のような ... » more

☆2月23日久しぶりの歌舞伎観劇です。新橋演舞場の傍には、「正直しんどい」で海老蔵さんと剛君が行った「成富」さんが有りますが、今回は歌舞伎の前に寄る所が有って目一杯忙しかったのでパスです。しかし週に何回も行き、泊まる事さえ有ったその場所 ... » more
テーマ 歌舞伎

継話§猿若祭二月大歌舞伎〜二人桃太郎〜 あれこれの理屈を並べるのは野暮なので、楽しい舞台だったと一言。だけど、彼らが父親の年齢になる時の我々は九十代だと気がついて、そこまでがんばって観ることができるだろうかとは無理もないこと。初日の様子はテレビで散々見たが、一 ... » more

かんげんちゃんの言葉に感動! ★喜【かんげんちゃんの言葉】市川海老蔵さんのご長男、かんげんちゃん3歳は、とても優しいお子さんです。朝起きて最初にやるのが、ベランダの草花への水まき。命令されたり、指示されたりする前に、自分で率先してやります。そ ... » more
テーマ 歌舞伎 「喜怒哀楽日記」

季語は・・・春芝居春芝居 門出二人 初舞台【去年の今日】週話§日曜些事〜理事会ラストスパート〜 ... » more
テーマ 俳句 歌舞伎

継話§猿若祭二月大歌舞伎夜の部 今年は京から江戸に歌舞伎が下ってきて三百九十年なのだそうだ。ということよりも勘九郎の息子二人の初舞台を観るために、今日は、2月も早々というのに夜の部へと出かけるのである。さすがに、この先30年も我が身が生きるなどとは ... » more

あまり出かける予定のない2月が始まった……お金を払って出かけるのは、歌舞伎座の猿若祭二月大歌舞伎くらいのものである。六代目中村勘九郎の長男と次男――十八代目中村勘三郎の孫――が、父や祖父が演じたのと同じ『門出二人桃太郎』で初 ... » more
テーマ 歌舞伎 日常 私事

大阪松竹座 二月花形歌舞伎 観て来ました おととい、キルトの先生から電話がかかってきて、歌舞伎のチケットが余ってるからとお誘いをいただきました。うおーこいつぁ春から縁起がいいわぇ〜(*´▽`*)(↑これは歌 ... » more

 

最終更新日: 2017/08/11 09:49

「歌舞伎」のブログ関連商品

» 「歌舞伎」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る