誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    歌舞伎

歌舞伎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「歌舞伎」のブログを一覧表示!「歌舞伎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「歌舞伎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「歌舞伎」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

琵話§吉例顔見世大歌舞伎昼の部〜直侍〜 吉例顔見世大歌舞伎昼の部に行ってきた。本水を使った『鯉つかみ』に始まり、吉右衛門と雀右衛門の『奥州安達原』と、最後に菊五郎の『雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりやのあぜみち)』の三本である。歌舞伎座通いが始まって15年、おおよ ... » more

秋話§本日吉例顔見世大歌舞伎昼の部 今日は、十一月吉例顔見世大歌舞伎昼の部を観てくる。歌舞伎見物もようよう15年を超えてきたが、昼の部最後の演目『雪暮夜入谷畦道』の“直侍”を観るのは今回が初めて……なかなかタイミングが合わず、ひょっとしたら観る機会がないま ... » more

全国芝居小屋錦秋特別公演2017 #金丸座 春にはいつも大歌舞伎が行われてその雰囲気を味わってみたいと思いながらチケットとるのを忘れて気付いたら完売とか日程が合わないとかで縁のなかった金丸座やっと中に入ることができました。今回は全国芝居小屋錦秋特別公演 ... » more
テーマ 歌舞伎 日記 金丸座

歌舞伎を見に行ってきました。2017 こんばんは。10月のお話になるんですが、当社はサ○ワパートナーズという会に入っているのですが、それの「奥様会」というもので、歌舞伎を観に行ってきました。いつもは、日頃迷惑をかけている、父母や祖母に行ってもらっているの ... » more
テーマ 歌舞伎 電材屋 観劇会

年金生活者にしては多忙ともいえる10月であった。コンサートや歌舞伎の数も多かったが、中旬は衆議院議員選挙にかまけてもいたのだ。かくしてバタバタの10月が終わり、11月に入って少しは呑気な日常が戻ってきそうである。とこ ... » more
テーマ 歌舞伎 日常

過話§11月ですよ〜今年もあと2か月〜 霜月十一月となった。今年も残すところ、正真正銘の2か月である。毎月のことながら、東京における日の出&日没時刻を貼っておこう。日の出は6時台に入り、月末には6時半を過ぎてしまう。そして日没だが、月末には最も早い16時28分 ... » more

歌舞伎見物記2017 芸術祭十月大歌舞伎 今月は夜の部観劇です。 1.沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)坪内逍遥作。明治の歌舞伎。大坂夏の陣。大坂城落城の場面。淀の方役は玉さん。秀頼の奥方である徳川出身の千姫が脱走をたくらんでいるとして、ののしり怒 ... » more
テーマ 歌舞伎 東京

季語は・・・秋芝居歌舞伎座は 印度叙事詩の 秋芝居【去年の今日】欧話§老後旅事始〜一年ぶりの再会〜 ... » more
テーマ 俳句 歌舞伎

印話§十月大歌舞伎『マハーバーラタ戦記』 というわけで、芸術祭十月大歌舞伎昼の部『マハーバーラタ戦記』を観てきた。序幕、幕開きは重々しくゆっくりである。これは記憶があるぞと見ていたら、舞台に並んだ金色の神々は全員うつむいていて『仮名手本忠臣蔵』大序そのままの ... » more

アラフィフの徒然日記よだいめ怪我
大好きな猿之助の昨日夕方に飛び込んできた大ニュース!「左腕骨折」今朝の報道では全治6ヶ月とか・・・。もう悲しくて悲しくて・・・。でもね、たった今、1、2月の歌舞伎座から復帰するとか!嬉しいいい ... » more
テーマ 歌舞伎 日常

印話§今日は十月大歌舞伎昼の部 というわけで今日は“菊之助プロデュース”による、インドの古代叙事詩を歌舞伎化した『マハーバーラタ戦記』を観てくるのだが……。それにしても登場人物が多い。そこに台詞をあてがっていくわけだから、脚本を書くのも一苦労だろう。お ... » more

歌舞伎見物記2017 八月納涼歌舞伎 毎年八月は三部立ての公演です。時間的にはいつもより短め。2時間くらいで楽ですね。それに三部目だと仕事終わってからでも間に合うので日にちの選択肢が広がって助かります。八月はおなじみの歌舞伎演目というより、新作歌舞伎や挑戦的な?歌舞伎が ... » more
テーマ 歌舞伎 東京

季語は・・・稲架(はさ)稲架の奥 定めは知らず 定九郎【去年の今日】週話§日曜些事〜一年前は事務雑務〜 ... » more
テーマ 俳句 歌舞伎

週話§日曜片々〜こんちは十月の予定〜 秋の音楽シーズンということであるが、何と!弦楽四重奏の演奏会が4回も入っている。ドビュッシー弦楽四重奏団に始まり、エベーヌ弦楽四重奏団、鶴クァルテット、ウェールズ弦楽四重奏団と鈴なりなのだ。しかもそれぞれ演奏会場が違って ... » more

9月の歌舞伎座昼の部二番目の演目は、藤十郎の戸無瀬、壱太郎の小浪で、「仮名手本忠臣蔵 八段目 道行旅路の嫁入」でした。この演目、正直言って退屈な演目です。観客が退屈と感じる作品というのは、演じる側にとっても、実は、大変難しいのではないかと思 ... » more
テーマ 歌舞伎

9月に見た歌舞伎 その1:吉右衛門・染五郎の「御存知 幡随長兵衛」 9月は歌舞伎座に行くつもりはあまり無かったのですが、チケットWeb松竹で3階東側の席が空いているのを見つけてしまって、吉右衛門の幡随長兵衛がカッコよく花道にかけ上げって、悪モノをやっつける姿が見たいばっかりに、行ってしまいました。3 ... » more
テーマ 歌舞伎

歌舞伎を観に行きました(9月12日) 2017年9月12日(火)東京・銀座にある歌舞伎座で歌舞伎を観ました。歌舞伎を観るのがマイ・ブームになっております。歌舞伎座外観チケット半券1等席で前から3列目ですが右端の席です(実際には右に通路があり、その右に一番高価 ... » more

秋話§秀山祭九月大歌舞伎〜逆櫓〜夜の部 日曜日に秀山祭九月大歌舞伎を観てきたので簡単に感想を書き記す。すっきりとした2本立てで『ひらかな盛衰記』から“逆櫓”と『再桜遇清水(さいかいざくらみそめのきよみず)』“桜にまよふ破戒清玄”という出し物。逆櫓は数年 ... » more

季語は・・・秋芝居秋芝居 秀山祭や 吉右衛門【去年の今日】週話§日曜些事〜いくつもの台風が〜 ... » more
テーマ 俳句 歌舞伎

週話§日曜片々〜秀山祭九月大歌舞伎〜 今月は10年目を迎える恒例の秀山祭だが、今回は夜の部だけを観る。言うまでもなくおめあては『ひらかな盛衰記』“逆櫓”で、吉右衛門の船頭松右衛門実は樋口次郎兼光である。これまでに1回か2回は観ているはずだが、どうにも筋がつか ... » more

Mon journal- 海波-そう言えば、東銀座
そう言えば、東銀座 ものすごく暑かった7月に所用があり東銀座へ出かけたのであった。写真整理をしていた時に歌舞伎座を写した写真が何枚も出てきたので、考えてみればあの日は約束の時刻までまだたっぷりと時間があったので、それならばひょっとして運が良けれ ... » more
テーマ 歌舞伎 東銀座 銀座百点

9月3日(日)久しぶりに更新 最近、サボってばかりのブログだけど色々と忙しい。8月19日には、自治区恒例の麻雀大会に参加した。半荘5回の合計で競うのだが、半荘3回終了時点ではトップだった。スタート直後、配牌、自摸に関しては申し分なかったのだが、トップを取 ... » more
テーマ 歌舞伎 麻雀

熟話§長月九月あれこれ 9月がやって来た。月半ばの17日には定年退職して丸2年を迎える。恒例に従って東京の日の出&日没時刻をお知らせしておかなくては。5時過ぎてすぐだった日の出は月末には5時半を過ぎ、18時台だった日没は17時半を切ってしまう……か ... » more
テーマ 歌舞伎 日本 定年

1590年8月30日、徳川家康が江戸城に入城。ちなみに1945年には、連合国軍最高司令官のダグラス・マッカーサー元帥が厚木飛行場に到着している。マッカーサーが滞在したのは、東京ではなく横浜だったが、4世紀近く時代は違えど、日 ... » more

昨晩、フレンズオンアイス2017楽から帰宅して間も置かずに「氷艶2017 破沙羅」のBSプレミアム放送を見て…どっちから先に書けばよいのか混沌としていますが(今日、月曜日にFOI燃え尽き休暇を取っておいた私は勝ち組 ドヤァ)、今の心境を一 ... » more

愉話§納涼歌舞伎〜第一部、第二部、第三部〜 というわけで、先週は納涼歌舞伎週間であった。火曜日に第一部、第二部を続けて、木曜日に第三部を観てきた。以下簡単にまとめおく。【第一部】『刺青奇偶(いれずみちょうはん)』は中車の半太郎、七之助のお仲、それに染五郎の鮫の ... » more

歌舞伎「七月大歌舞伎」 ショー・マスト・ゴー・オン!楽日前日、ぎりぎりまで仕事して夜の部に参戦!(ほんとは1日休んで銀座満喫しようと思ってたんだけどさ…)4歳じゃ訳が分からんかもしれない。でも1ヶ月間、座頭の親父に抱かれて毎日、空を ... » more
テーマ 歌舞伎 日記

愉話§納涼歌舞伎〜昨日と今日〜歌舞伎座 納涼歌舞伎週間である。昨日、第一部と第二部を連続して観たが、明日は第三部を観るのだ。納涼を3回とも観るのは久々のような気がする。いつもは三部あるうちの一つか二つを観ておしまいだが、今年は何となく気合いが入って全部 ... » more

「音の会」@国立劇場小劇場 昨日は、国立劇場小劇場で、「音の会」を見てきました。「音の会」は、国立劇場の養成所業の歌舞伎音楽技能研修を修了した方々の公演です。近年は、終了者だけではなくて、直接弟子入りされた若手の方も出演されるようになりました。私はこの「音の会」の公演 ... » more
テーマ 歌舞伎

落語の中の言葉170「歌舞伎・下」 次ぎに歌舞伎小屋の客席について『劇場新話』から少し紹介する。参考のため図を二つあげる。文化4、5年頃1807-08の堺町中村座復元模型の図面(江戸東京博物館)と猿若町時代の中村座を画いた安政五年1858の浮世絵である。時代は違うが桟敷等 ... » more

 

最終更新日: 2017/11/19 07:23

「歌舞伎」のブログ関連商品

» 「歌舞伎」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る