誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦術

戦術

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「戦術」のブログを一覧表示!「戦術」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦術」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦術」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

テニスの技術錦織選手活躍の理由
今年のUS OPENで錦織選手は準優勝の大活躍をした。ベスト16ではサービスの良い世界ランク6位のラオニッチを倒し、準々決勝では世界ランク4位のワウリンカを倒した。それどころか準決勝では世界No.1プレーヤのジョコビッチまで倒したのだ。こう ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術ウィンブルドン2014決勝
今年のウィンブルドンの決勝はジョコビッチ対フェデラーになった。今回のサーフェスは非常に速く、バウンドも低いのでフェデラーに有利なコートだった。フェデラーのストロークは低く伸びる傾向があり、ジョコビッチはグリップの関係上、このボールが苦手だ。 ... » more

テニスの技術古いテニスが復活する
最近のプロテニスのトレンドとして、コートサーフェスが非常に速くなってきている。これは最近のプレーはラリーが長すぎるため、放送時間内に試合を納めるのが困難だからだ。しかし、サーフェスが速くなったため、明らかに試合時間は短縮している。そして、単 ... » more
テーマ 戦術 テニス

日本のスポーツが全体的に弱い理由は戦術がまずいからだ。多くの国のプレーヤが相手に合わせ、柔軟に戦術を組み替える。それに対し、日本のプレーヤは自分の戦術一本槍だ。だから、相手に弱点を突かれ、簡単に負けるのだ。実際、サッカーや野球などで同じ選手 ... » more
テーマ 戦術 テニス

2014年3月26日に錦織選手がフェデラーを破っている。多くの報道があったが、その理由は誰も解説してはいない。ある新聞では錦織選手がフェデラーのバックハンドを集中攻撃したからだと書いてある。しかし、You Tubeで確認するとその様な事は全 ... » more
テーマ 戦術 テニス

日本の戦術の基本は自爆である。こうした自爆を勧めるのはそれを行う者が馬鹿でなければならないからだ。日本の教育は愚民化教育そのものなのだ。それは権力者が死ねと言えば素直に死ぬ人間の教育である。具体的に日本の戦術を検証してみよう。まず、テニ ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術雁行陣同士の戦い
前回ダブルスにはほとんど戦術が存在しない事を説明したが、例外がある。それが雁行陣同士の場合だ。雁行陣同士の場合、攻撃の主体はグランドストロークになる。従って、シングルスで使える戦術がかなりの部分使えるのだ。その例を以下に示す。1.ア ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術ダブルスの戦術
ダブルスは2人で行うため、一見、戦術が複雑な様に見えるが、実は2人で行う分オープンスペースが作りにくい。従って、どこへ打ってもあまり効果的なショットは存在せず、結果的に効果的戦術は存在しない。ダブルスは戦術でオープンスペースを作るゲームでは ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術ワウリンカの優勝の理由
ナダルが腰を負傷したとはいえ、見事オーストラリアオープンで優勝したワウリンカであるが、彼は既に28歳である。なぜ、急に彼が強くなったのかを解説する。ワウリンカは強力なグランドストロークを打てるものの今までナダルには一度も勝ってはいない。 ... » more

世界No.1プレーヤのナダルに対し、非常に健闘した錦織だが、当然の事ながらそれには理由がある。錦織は十分なナダル対策をして試合に臨んだのだ。こうした作戦はおそらくマイケル・チャンコーチのアドバイスによるものだろう。その基本はバックハンド ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術トッププレーヤの特徴
自己啓発本などには成功者と自分の差はわずかなのだ。成功者はちょっとしたコツを知っているだけだ。だから、成功者を真似れば自分も億万長者になれるのだと主張している。しかし、テニスを見れば分かる通り、トッププレーヤは真似のできない技術を持っている ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術次世代のNo.1プレーヤ
現在、No.1プレーヤはジョコビッチであるが、次世代のNo.1プレーヤはどのような選手になるだろうか?実はこれは非常に難しい問題なのだ。ジョコビッチを倒すとしたら当然、ジョコビッチの苦手なボールを得意とする選手だ。ジョコビッチは高い打点 ... » more
テーマ 戦術 テニス

以前の記事でナダルは未だにジョコビッチの戦術に対応できていないと指摘したが、2012年の全豪オープンの試合を見ると実はある程度対応している事が判明した。具体的には以下の様な対応をしている。まず、ナダルはラリーの初めではボールをセンターに ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術ウィンブルドン2013決勝
今年のウィンブルドンでは世界ランクNo.1のジョコビッチを倒してマリーが優勝した。彼らの実力は伯仲しているので、どちらが勝っても不思議ではない。実際、試合内容はスコア以上に接戦であり、何らかのきっかけがあればジョコビッチが逆転してもおかしく ... » more
テーマ 戦術 テニス

セリーナが敗北した理由は単純で、ハードヒットができなかったからだ。これはセリーナが調子が悪かったというよりはコートサーフェスにプレースタイルが合わなかったためだろう。セリーナは通常は非常に重いスピンボールを打つ。しかし、今年のウィンブルドン ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術錦織、フェデラーに勝つ
今年のマドリードオープンで錦織選手がフェデラーに勝った。このブログではフェデラーの攻略法は数多く記述しているので、多くの読者は錦織が似た様な戦術を採ったのだと考えたかもしれない。実際、筆者もそう考えた。しかし、You Tubeで実際の映像を ... » more

テニスの技術遅いボールは簡単なのか?
格上の相手が速いボールを打つ時、一部のコーチは遅いボールで対応すれば良いと主張する。これは相手は遅いボールを苦手にしているかもしれないからだという論理だ。この論理のおかしなところは速いボールが得意なら遅いボールは苦手だろうと勝手に思い込んで ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術ダブルスのコツ
ダブルスはシングルスと異なり2人でプレーするため、その戦術は大きく変わる。ここではダブルスならではの注意事項を述べる。1.クロスコート側のボレーヤがセンターカバー―――平行陣ではクロスコート側のプレーヤがセンターカバーをすべきである ... » more

ウィンブルドンとは異なり、今回、錦織選手は非常に上手いゲームの組み立てをしていた。すなわち、長身のデルポトロの弱点であるスライスや振り回しを多用していた。実際、負けたとはいえ、ウィンブルドンより遙かに接戦だった。しかし、デルポトロは不利 ... » more
テーマ 戦術 テニス

今年のウィンブルドンのコートサーフェスは非常に難しいものになった。その特徴は速いサーフェスとバウンドの不安定さである。このため、強打をするとエースになりやすいが、また、ミスも出やすいコートになった。こうした中、最も合理的なテニスをしてい ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術錦織対デルポトロ
現在、世界ランク9位のデルポトロだが、錦織に対し圧倒的に勝っている訳ではない。しかし、試合結果は3-0で圧勝であった。その理由は以下の通りである。まず、錦織のファーストサービスの確率が悪かった。ファーストサービスの確率が良いゲームは簡単 ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術ナダル対ジョコビッチ
1.懺悔伺朗:初めまして、私はスポーツジャーナリストの懺悔伺朗です。今回はスポーツ研究家のJ博士にナダル対ジョコビッチの戦略の違いについてお聞きします。まず、ジョコビッチとナダルではどちらが強いのでしょうか?去年からメジャートーナメントでジ ... » more
テーマ 戦術 テニス

フレンチオープン2012はナダルが見事優勝し、7回優勝の記録を作った。それはNo.1プレーヤのジョコビッチを破っての勝利だった。果たしてナダルはこれでジョコビッチに負ける事は無くなったのだろうか?残念ながら、依然、ナダルはジョコビッチに対し ... » more
テーマ 戦術 テニス

今年の全豪オープンテニス、準々決勝では錦織選手はマリーに完全敗北した。多くのテニスファンはそれは当然と思うかもしれない。何しろ相手は世界第4位だ。しかし、実際には錦織選手が負けたのは実力差のせいではない。マリーは完全な錦織対策をしてきたのだ ... » more

テニスの技術錦織選手がNo.1になるには
錦織選手は現在、世界ランク26位まで上昇した。この理由はTVなどで解説されている通り、守備力が向上したからだ。以前、このブログでは錦織選手がランキングをあげるには守備力の向上が必要であり、それは簡単にはできない事を指摘したが、錦織選手は難な ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術前衛の守備
ダブルスではパートナーがいるため、シングルスには無い技術が必要になる。例えば、前衛の守備である。シングルスの場合、ネットに出れば相手にだけ注目すれば良い。相手のポジションによって自分のポジションも自ずと決まる。しかし、ダブルスの場合は味方が ... » more

かつてフェデラーが強かったのは低いボールの処理が大変上手かったからだ。このため相手の短くなったボールを効果的に叩く事ができた。現在でも相手の短くなったストロークを処理するのはフェデラーが最も上手である。しかし、ナダルが出てきて状況は変わ ... » more
テーマ 戦術 テニス

ダブルスとシングルスではパッシングショットの使い方が異なる。シングルスで有効なショットはアングルショットだ。十分なスピンをかけ、角度を付ければ、守る範囲の広いシングルスではボレーヤはボールに触れない。現在はラケットの性能が高いため、アングル ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術ジョコビッチの戦術
今年のUSオープンでのジョコビッチの戦術はウィンブルドンとは異なっていた。おそらく、USオープンのサーフェスが速いためと思われるが、ウィンブルドンの時よりもスピンを使っていなかった。これはサーフェスの速さを考えれば合理的な事で、高速サーフェ ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術プロのダブルスの戦術
プロでもアマチュアでもダブルスには戦術がない様に見える。例えば、プロの場合、ポイントの成否はサーブだけで決まる。サーブが良ければその後のボレーも容易に決まる。そして、逆にサーブが悪く、相手のリターンが良ければ逆襲されて終わりである。それ以外 ... » more
テーマ 戦術 テニス

 

最終更新日: 2016/12/08 17:25

「戦術」のブログ関連商品

» 「戦術」のブログレビュー をもっと探す

「戦術」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る