誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦術

戦術

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「戦術」のブログを一覧表示!「戦術」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦術」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦術」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

プロのダブルスを見ていると、ファーストサービスで相手を崩し、ファーストボレーではボールを叩いて、決めに行っているのが分かる。しかし、アマチュアではここまで良いサービスを打つのは難しいだろう。しかし、ダブルスは守る範囲が狭いので、サービスが貧 ... » more

テニスの技術時間を奪うの大嘘
今月もテニスマガジンで詐欺コーチの堀内氏がとんでもない事を主張している。それはニュートラルポジションばかりでラリーを行うのではなく、チャンスでは前に詰めて攻撃し、ピンチでは後ろに下がって守備をしろというアドバイスだ。要するにテニスでは「時間 ... » more

テニスの技術ジャック・ソックの戦術
前回、ジャック・ソックが苦手のバックハンドを全く克服しておらず、それでも勝ち上がっているのは不思議だと解説した。しかし、ジャック・ソックは実は巧妙な戦術で自分の欠点を補っているのだ。欠点を直接、修正しないのはいかにもアメリカ人らしい。しかし ... » more

テニスの技術ジャック・ソック大活躍
このブログでは馬鹿にしていたアメリカ人のジャック・ソックが何とATPファイナルで準決勝に進出した。現在ATPランキング3位のズベレフに勝ってである。当然、このブログで指摘したアメリカ人の欠点を克服したのだろうと読者は思うだろう。そこで、最近 ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術杉田対デル・ポトロ
ストックホルムオープンで杉田選手はデル・ポトロと対戦した。結果はストレート負けだが、実際のプレーを視てみると、果敢にデル・ポトロを攻撃しているのが分かる。そして、戦術をよく考えてプレーをしている。最近、杉田選手がランクを上げているのは当然だ ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術女子テニスに戦術を
昔、クリス・エバートが強かった時、女子テニスは金持ちのスポーツであり、とてもアスリートのものとは言えなかった。しかし、当時のテニスはその分、戦術が優れており、体力の不足にもかかわらず面白かったように思う。対称的に現代の女子テニスは単調な打ち ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術テニスの戦術
最近はインチキコーチどもがテニスでは「時間を奪う」とか「時間を稼ぐ」というのが重要で、時間を支配したものが勝つのだと解説している。まともな知能の持ち主なら、「お前はディオのスタンド、ザ・ワールドか?」と突っ込みたくなるだろう。実際、時間を支 ... » more
テーマ 戦術 テニス

今年のUSオープンはナダル、デル・ポトロ、フェデラーの3者のベテランの戦いと言って良かった。この内、デル・ポトロはバックハンドに不安があったため、一番不利に見えた。しかし、実際にはデル・ポトロの怪我は思ったよりも完治しており、バックハンドは ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術テニスのバランス調整
最近のサーフェスの傾向としてフラットボールが再び有効になった事があげられる。これは速いサーフェスではフラットのボールが速いため、エースになりやすいからだ。しかし、このフラットボールは不安定な技術であり、調子の良いときには良く決まるが、調子を ... » more
テーマ 戦術 テニス

日本人と異なり、新しい技術を前向きに取り入れるアメリカ人はテニスでも早くから最新の技術を取り入れた。それがダブルハンドストロークとフォアハンドストロークの回り込みだ。アメリカ人の理論はシンプルだ。得意のフォアハンドで相手の弱点のバックハンド ... » more

プロの試合では雁行陣同士の打ち合いは珍しい。しかし、かつて、アンディ・マリーが雁行陣同士でロングラリーをやっていたのをYou Tubeで視た事がある。残念ながら現在はこの動画は見付からない。貴重なデータだが削除されたのかもしれない。この ... » more
テーマ 戦術 テニス

今年のウィンブルドンで錦織選手は3回戦でロベルト・バウティスタアグットに敗北した。この敗因について明確に説明している新聞記事はない。実際、バウティスタアグットは錦織対策の様な事は何も行わなかった。試合も錦織選手が優位に見えた。多くの解説者は ... » more
テーマ 戦術 テニス

プロのダブルスを見ていると前衛のポジションが多様である事が分かる。味方がサービスの時には前衛はネットにベタ詰めだ。これはサービスで相手を追い込めるという目論見からだ。相手のリターンが崩れれば、簡単にポーチで決める事ができる。一方で、レシ ... » more

今年の全仏オープンでは錦織選手は調子が乱高下している様に見える。要するに自滅したのだという見方が大勢だ。しかし、詳細に分析すると、対戦相手との微妙な駆け引きの結果である事が分かる。わずかな戦術の違いで優劣がひっくり返る。それがプロの世界なの ... » more

今年のムチャ・マドリードオープンの準決勝ではナダル対ジョコビッチ戦が行われた。周知の通り、この試合はナダルが勝利した。今までジョコビッチに劣勢だったナダルはなぜ勝利できたのだろうか?それは当然、対策を立ててきたからだ。単に気持ちを切り替えた ... » more

2016年度全国農業新聞連載「地域農業のプル戦略」No.07 ★「戦略無視」「ソフト軽視」のままで★施設整備だけに飛びついた自治体ソフト事業を先行させて最終的には全メニューを有機的に導入し、地域農業の活性化を戦略的に推進してほしい」と提案され ... » more
テーマ 戦術 地域農業 戦略

2016年度全国農業新聞連載「地域農業のプル戦略」No.06 ★「プル戦略」の原型は旧・経構事業★事業に秘められた戦略・狙いとは筆者が紹介する「プル戦略」とは――国や各県・農業会議がかつて推進していた「旧・経営構造対策事業」――が、その原型である ... » more
テーマ 戦術 地域農業 戦略

テニスの技術西岡選手大活躍
西岡良仁選手がBPNパリバ・オープンで大活躍をしている。2回戦ではカルロビッチに勝ち、3回戦ではベルディッハにも勝った。そして、4回戦ではワウリンカにフルセットのタイブレークまで行っている。好調の理由は錦織選手の戦術を真似ているからだろ ... » more

テニスの技術ディミトロフの戦術
錦織選手はブリスベン国際の決勝戦でここ最近3連勝をしていたディミトロフに敗北した。多くのTV解説者はこれはたまたまで、錦織選手の優位は翻っていないと解説していた。しかし、実際は全く違う。ディミトロフは去年からコーチが変わっている。そのヴァル ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術フェデラーの弱点
2000年代初頭、アメリカのテニス理論ではシングルハンドよりもダブルハンドの方が有利と言われ、ほとんどのプレーヤがダブルハンドを採用していた。しかし、当時のダブルハンドは致命的欠陥があった。それはクロス方向に鋭角に打つには体を十分回転させな ... » more

テニスの技術錦織不調
オリンピックで銅メダルを獲得し、USオープンでは好調のマリーを倒した錦織選手であるが、ここ最近は少し不調気味である。スイスインドアでは過去7勝4敗のチリッチに決勝で敗北し、パリバマスターズでは3回戦で過去5勝2敗のツォンガに敗れている。一見 ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術USオープン2016 決勝
今年のUSオープンはNo.1プレーヤのジョコビッチを倒し、ワウリンカが優勝した。ワウリンカはサービスもグランドストロークも調子が良く、明らかにジョコビッチを上回っていた。しかし、ワウリンカの勝利にはいくつかの理由があり、明らかにラッキーだっ ... » more
テーマ 戦術 テニス

以前に書いた通り、錦織選手はグランドストロークだけなら世界No.1プレーヤである。それなのにジョコビッチやマリーに勝てないのはサービスの問題があるからだ。トッププレーヤはサービスに非常に頭を使っている。コースや球種を打ち分け、相手に読ませる ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術ラオニッチの活躍
以前の記事で、世界的にコートサーフェスが速くなっているため、このコートで強いラオニッチがNo.1プレーヤになると宣言していた。残念ながら、コートサーフェスはある程度以上は速くなっていない。これはやはりラリーが続かなくなると面白くなくなり、視 ... » more
テーマ 戦術 テニス

リオオリンピック3位決定戦では錦織選手がナダルに見事、快勝した。とはいえ、前日の準決勝では同じ4強のマリーにボロ負けしているのに、なぜ、錦織選手はナダルには快勝できたのだろうか?その理由を解説する。錦織選手が勝てた理由は2つある。1つは ... » more

テニスの技術全仏オープンの戦い方
全仏オープンはクレーコートの中でもさらに球足が遅いアンツーカコートである。これは元々砕いたレンガを敷き詰めたコートだが、最近では製法が変わっているそうである。このコートはバウンドが高く、トップスピンを掛けて粘る戦法が非常に有利だ。高くバウン ... » more
テーマ 戦術 テニス

今年のフレンチオープンで錦織選手はリシャール・ガスケに敗北した。理由は明確で、コートサーフェスが遅かったからだ。元々遅いサーフェスではガスケの様にスピンを掛ける戦術が有利である。バウンドの高い遅いコートではボールは高く弾み、フラットプレーヤ ... » more

テニスの技術マイアミオープン決勝
今年のマイアミオープン決勝で錦織選手はジョコビッチにストレートで敗北した。新聞報道では錦織選手がボロ負けした様に書かれている。相変わらず、新聞記者はスコアだけを見て、試合を見ずに記事を書いている様だ。確かに錦織選手はスコア的にはボロ負けだっ ... » more
テーマ 戦術 テニス

ご存じの通り、ナダルはヘビースピンを多用する。そして、最近までは世界No.1プレーヤだった。この理由を誰も解説していないが、秘密はバウンドの高いトップスピンはランニングショットで処理するのが非常に難しいからだ。従って、ナダルは相手を振り回す ... » more
テーマ 戦術 テニス

テニスの技術錦織選手の敗因
昨年のツアーファイナルに続き、今年のオーストラリアンオープンで錦織選手はジョコビッチに再びストレート負けを喫した。その敗因は明らかでミスが多かったからだ。アンフォースドエラーはジョコビッチの27本に対し、錦織選手は54本と2倍にも上った。こ ... » more
テーマ 戦術 テニス

 

最終更新日: 2017/12/15 13:20

「戦術」のブログ関連商品

» 「戦術」のブログレビュー をもっと探す

「戦術」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る