誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    熊谷達也

熊谷達也

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「熊谷達也」のブログを一覧表示!「熊谷達也」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「熊谷達也」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「熊谷達也」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

【今日の新刊】   「潮の音、空の青、海の詩」熊谷達也著(NHK出版 1900円+税) 今日の新刊 「潮の音、空の青、海の詩」熊谷達也著(NHK出版1900円+税)日刊ゲンダイ2015年8月20日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/162882「潮 ... » more
テーマ 熊谷達也 潮の音、空の青、海の詩 今日の新刊

「潮の音、空の青、海の詩」 熊谷達也著(NHK出版 2,052円税込) 「潮の音、空の青、海の詩」 熊谷達也著(NHK出版2,052円税込)潮の音、空の青、海の詩NHK出版 熊谷 達也 Amazonアソシエイト by 潮の音、空の青、海の詩 [ 熊谷達也 ]楽天ブックス 熊谷 ... » more
テーマ 熊谷達也 潮の音、空の青、海の詩 小説

『リアスの子』熊谷達也 熊谷達也の『リアスの子』(2013年12月刊)を読みました。読書メーターによると、<大学卒業後、教師となった和也は埼玉の中学校をへて、故郷の宮城県に戻ってきた。都会とは異なる港町・仙河海市の中学校に赴任。のどかな雰囲 ... » more
テーマ 熊谷達也

『稲穂の海』熊谷達也 熊谷達也の『稲穂の海』(2010年10月刊)を読みました。BOOKデーターによると、<昭和40年代、宮城県。捕鯨船に乗る漁師たちは捕獲禁止の流れに不安を覚え、稲作農家は減反政策で前途多難な状況を迎える。庶民の暮らしに ... » more
テーマ 熊谷達也

『光降る丘』熊谷達也 熊谷達也の『光降る丘』(2012年8月刊)を読みました。BOOKデータによると、<2008年6月14日。栗駒山中腹の共英地区は凄まじい揺れに呑み込まれた。崩れる山、倒壊する家々、故郷の危機に胸引き裂かれる智志、そして ... » more
テーマ 熊谷達也

『烈風のレクイエム』熊谷達也 熊谷達也の『烈風のレクイエム』(2013年2月刊)を読みました。内容紹介によると、<運命はこの男を何度突き落とせば気が済むのか――。海の男の生還と鎮魂のドラマ。未曾有の大火災、空襲、青函連絡船沈没――。戦前から戦後に ... » more

満載!Myど−らく邂逅の森
邂逅の森 昨年の乱読で一番!と思ったのは「光秀の定理」でしたが、早速、今年の一番候補が登場!熊谷達也氏の「邂逅の森」。明治から昭和にかけての秋田のマタギの半生を描いた小説ですが、北方謙三が描く中国のヒーローと匹敵する?、いやいや、もっ ... » more

「調律師」 熊谷達也著 (文藝春秋 1,838円)…仙台在住の著者が、3.11を初めて描く現代小説 「調律師」熊谷達也著(文藝春秋1,838円) 仙台在住の著者が、3.11を初めて描く現代小説ある出来事がきっかけでピアノの音を聴くと「香り」を感じるという「共感覚」を獲得した調律師、成瀬の喪失と再生を描く連作短編 ... » more

熊谷達也 『烈風のレクイエム』 小説家は東日本大震災をいかに受けとめ、どう描くのか? 久しぶりの熊谷達也である。といっても『邂逅の森』と『氷結の森』を読んだだけなのだが、その作風があまりに鮮烈だったものだから、熊谷作品とはどんなものか勝手にイメージが出来上がっていた。人間もまた生きとし生きるものであって自然の摂理をありのまま ... » more
テーマ 熊谷達也 文芸

夏の終わりの文庫本 9月21日(火曜日)晴れスタイルカラージャパン大阪・岩崎優美子講師へ荷物を発送。カラードレープ作りの為に反物を裁断する一日でした。涼しくなったと思いきや、また30度を越す夏日に逆戻り。さて、この夏は熊谷達也氏の文庫 ... » more
テーマ 熊谷達也 スタイルカラージャパン くぼたさとる

「邂逅(かいこう)の森」熊谷達也著(マタギの物語) 素晴らしい作品の一言に尽きます。同郷の友人から紹介されて何気に読んでみた。小生は秋田県で生まれ、しかもマタギの里近くの村で育ったわけで、幼少の頃からマタギについての言い伝えを聞いたりマタギ集落、マタギ博物館に行き、熊の胃なども手にとった ... » more

熊谷達也 『氷結の森』 名作『邂逅の森』の続編として新たな感動を呼ぶ傑作 主人公、柴田矢一郎。出生は秋田、山々の懐に囲まれたマタギである。昔かたぎのマタギについては前作 『邂逅の森』 に詳しいので『氷結の森』では省略されている。このため『邂逅の森』を振り返ることで、はじめてマタギである矢一郎の心の奥の哀し ... » more

熊谷達也『新参教師』 熊谷達也の『新参教師』という本。この本の作者は『邂逅の森』で第131回の直木賞を受賞した作家である。ホントはねぇ〜〜、その受賞作品を読もうと思っていたんだけど、タイトルがねぇ〜〜何だか難しそうじゃない?(何となくの印象)それに今、ネット ... » more

熊谷達也「虹色にランドスケープ」(文藝春秋)を読了。バイク乗りたちを主人公にした連作小説集。Z2、CB750、RZ250、カタナ、SR500。私自身も、20年ぐらい前にちょっとだけバイクに乗っていたので、登場するバイクが懐かしい。車 ... » more

本の虫熊谷達也「荒蝦夷」(平凡社)
熊谷達也「荒蝦夷」(平凡社)を読了。8世紀後半の東北地方を舞台に、蝦夷と大和朝廷との対立の構図を、伊治公呰麻呂(これはりのきみ・あざまろ)を主人公に描いている。後に、阿弖流為(あてるい)と坂上田村麻呂とが雌雄を決するその背景となる物語とも読 ... » more

本の虫奇妙な符合
今、熊谷達也「荒蝦夷」(平凡社)を読んでいる。この中で、主人公・伊治公呰麻呂(これはりのきみ・あざまろ)が、兵糧として生きている山羊を連れていき、山中で手下が屠殺する場面がある。これが、山羊を生かしたまま開腹し、心臓につながる静脈を押し ... » more
テーマ 熊谷達也 読書

「ウエンカムイの爪」 熊谷達也 小説ミニレビュー。「ウエンカムイの爪」熊谷達也集英社文庫点数:魚魚(感想)悪くは無いんだけど、200ページほどで短めと言うこともありハイペースで話が進み、細かいところの描写がちょっと足りない上、盛り上がりに欠ける感じ。 ... » more
テーマ 熊谷達也 2点 読書

感動の直木賞 熊谷達也 『邂逅の森』 自然の摂理に導かれた生き様を貫く男への讃歌 ある民族にとって自然は過酷であった。そこでは人間に絶対服従を課したのが神であった。しかし、日本民族にとって自然は生きとし生けるものに恵みを与える神である大いなる自然の道理に導かれている存在。山、森、谷、川、そのものがそうであり、そこ ... » more

「邂逅の森」について大いなる自然の道理に導かれている存在。山、森、谷、川、そのものがそうであり、そこで息づいている草木や熊、カモシカ、ウサギなどの獣がそうだ。それらは自然の恵みをあるがままに受け入れる。しかし一方で自然の過酷な試練にさら ... » more

 

最終更新日: 2016/12/01 14:20

楽天市場のおすすめ商品

「熊谷達也」のブログ関連商品

» 「熊谷達也」のブログレビュー をもっと探す

「熊谷達也」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る