誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    読後感想

読後感想

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「読後感想」のブログを一覧表示!「読後感想」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「読後感想」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「読後感想」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

DVD Revolution of kicking (蹴りの革命) 冬休み一時帰国中。ジムまで走って、筋トレを継続。連日、外食や飲み会が集中しているので、アルコール飲料の摂取が連日にわたることも。好ましくないが、誘惑には勝てない。量はなるべく少なめに、糖質の高い醸造酒よりは比較的低い蒸留酒を選ぶよう ... » more

「ネリチャギビューティー」やってみた 夏休み中に日本から取り寄せたDVD「岡本依子のテコンドー韓流ダイエット ネリチャギビューティー」をやってみた。大きく明示されていないが、ケースの下の方に10.3.17とあるので2010年に作られたものかもしれない。5年前か。毎年正月にしか帰 ... » more

読後感想 空手分解 ヘルムート・コーゲル著 読後感想 The Secrete Karate Techniques Kata Bunkai by Helmut Kogel (空手の秘技ー型分解)著者はドイツ人空手家で、松濤館空手家6段、「古武道」5段、「日本柔術」2段。本書 ... » more

DVD教材 チョン・クックヒョン キョルギ論 DVD教材 (4枚組) Master Jung's know How of Actual Gyeorugi (チョン・クックヒョン キョルギ論)日本のテコンドー用品専門店テコンドーオンライン(http://www.tkdshop.j ... » more

読後感想 The Lethal Art of Taekwon-Do 読後感想 The Lethal Art of Taekwon-Do by Dr. Ron Shane (跆拳道の殺人技術)「対人徒手格闘術」が連続写真と順を追った解説で分かりやすく紹介されている。内容自体、道場の稽古で護身術と ... » more

読後感想 Living, Healing and Taekwondo (人生、癒し、テコンドー) 読後感想 Living, Healing and Taekwondo, Laura Probert著 (人生、癒し、そしてテコンドー)著者は38歳で6歳の息子さんとテコンドーを始めた、フィジカル・セラピストの女性。学生時代はサッカー ... » more

読後感想 Taekwondo Studies (テコンドーに関する論文集) Taekwondo Studies : Advanced Theory and Practice - An Anthology of Articles from the Journal of Asian Martial Arts , Via ... » more

読後感想 A Killing Art テコンドーの語られざる歴史 読後感想 A Killing Art : The Untold History of Tae Kwon Do (殺す技術: テコンドーの語られざる歴史), Alex Gillis 2008 ECW Press テコンドー関連の英文電 ... » more

明日から夏休みで8月頭までテコンドー練習は休みだが、この間にテコンドーに関連する読書感想など逐次掲載してみようかと思う。海外それも途上国にいると、テコンドーをやっている日本人の、それも大人の方々がどういう気持ちで練習しているのか知り ... » more

読後感想 Taekwondo Grappling Techniques (テコンドーの掴み技) 読後感想 Taekwondo Grappling Techniques: Hone Your Competitive Edge for Mixed Martial Arts(テコンドーの掴み技:MMA総合格闘技で差をつけたいあなたに)T ... » more

読後感想 Martial Arts After 40 (40歳からの武術) Sang. H Kim 思わず題に惹かれてアマゾンのKindle電子書籍コーナーで購入。著者は博士号を持つテコンドー家で教本やDVD教材などをたくさん出している大家である。40代以降武道や運動をはじめる人に役立つことが盛沢山にまとめてある。至極ごもっともなことばか ... » more

テコンドー関連書籍に関する感想「テコンドーに関してはこの本が最高峰」黄秀一著 東邦出版 1年前の冬に一時帰国した時に買った本書「テコンドーに関してはこの本が最高峰 ー世界王者が教えるスーパーキックのコツー誰でも「華麗」な蹴りをマスターできる」。買った当時から時々目を通したり、DVDをざっと見たりしていて、実際すばらしい本だとい ... » more

2014年12月13日土曜日練習及び自重トレーニングについて 明日夜冬休みに出発するので今日は私たちにとって今年最後の練習となった。といっても何も特別なことはなく、基本手技、基本蹴り、プムセの練習。黄色帯達に昇級審査のための練習をさせた。その後、一本約束組手と三本蹴り約束組手の練習で終わった。 ... » more

扇風機が効かないうだる暑さの中、練習。体から汗が出っぱなし。アディダスの道着は通気性が良いが、そもそも風もなく、外気も暑いので意味なし。ポリエステル100パーセントで汗の吸収が悪く、道着はビシャビシャで汗がただ滴り落ちる。テバクまでの全ての ... » more

ロスで購入した本 次期アメリカ大統領を意識してかどうか、ヒラリークリントンが本を出版しました。これは彼女が国務大臣に就任しているときに手がけた仕事の数々の顛末を詳細にわたって書いています。題名は「Hard Choices」、人生は選択で構成されている ... » more

今日はもっぱら型、太極7章と8章の練習。型は空手とほとんど変わりがなく、本当はテコンドーっぽい蹴り技をもっと練りたいのだが。ネリョチャギとか、後ろ回し蹴り、後ろ蹴り、後ろ横蹴り、ターンチャギなどなどコンビネーションとか。文句を言っても仕方が ... » more

枕元に置いてある本 寝る前に本を読まないと眠りにつけない私の枕元には今2冊の本が置いてあります。一つは、「The Rules of Life]、もう一冊はご存じの「赤毛のアン」・Ann of Green Gables「The Rules Of Li ... » more

安倍龍太郎の小説はあまり読んだことはないが結構文章はうまい。調べて見たら直木作家だった。上手いわけである。等伯は戦国時代から豊臣時代の絵師だ、狩野派の名前は有名だが、等伯については知らなかった。七尾生まれで畠山氏の家臣の次男坊のよう ... » more
テーマ 読後感想

 東山魁夷「京洛四季」を詠む     その二 くっきりと直角描く道の縁(へり)敷石主張すそれぞれの個性毎日同じ庭と風景を眺め変哲のない日常の生活に明け暮れていると、歌心を刺激してくれるものも無くて寂しい気がしている昨今だが、先日テレビで、東山魁夷氏「京洛四季」についての番組を見 ... » more

東山魁夷「京洛四季」を詠む  その1 晶子詠みし「桜月夜」を思い出す魁夷の桜は天女の羽衣脊椎湾曲の手術後2年半経ったが、旅行に出かけることはなくなった。毎日同じ庭と風景を眺め変哲のない日常の生活に明け暮れていると、歌心を刺激してくれるものも無くて寂しい気がしてい ... » more

百田尚樹作「永遠のゼロ」読書感想  「永遠のゼロ」(百田尚樹著。講談社文庫)を読んだ。さすが発売200万部突破と言われるだけのことはある。この本の所在を最近まで知らなかったのは我ながら迂闊であった。(今年12月には映画が公開されるという)ちなみに、ここでいう「 ... » more

最近読んだ本・「LIFE OF PI」 現在カナダのサスカツーンに住んでいるスペイン生まれの小説家YannMartelの作品で世界のベストセラーになった本。映画にもなり、数々のアカデミー賞を受賞した。ストーリーはインドで動物園を経営していた両親が訳あり、動物園の土地を売却し、 ... » more

最近読んだ本・「EAT, PRAY,LOVE」 「EAT, PRAY, LOVE」30歳後半から40歳後半の時に出合いたかった本。1000万部売れた本。映画にもなった本。この本を読み終えたとき、この小説が映画になったらきっとあまり面白くなく、軽い映画になるだろうと思った。 ... » more

ソフィーの世界読書ノート NO5  バロック ソフィーの世界読書ノートNO5バロック観念論と唯物論、デカルトとスピノザ暗黒の中世が終わり、人間一人一人の復権、文化の古代復帰、科学の発展とそれによる宇宙観、人生観の変化がおこったルネサンス時代の次にやってきたのが17世 ... » more

ソフィーの世界 読書ノート NO 3   中世 中世の哲学前回「ゾフィーの世界」読書ノートNO2 では、アレキサンドル大王の大遠征で、アテナイの文化が 極東 の文化と出会い、開かれたヘレニズム世界での哲学の流れと、言語の違いで分けられた二つの文化圏(インドーヨーロッパ語族 ... » more

久しぶりに西村奉行の本を読んだ。20年前に夢中になって彼の作品を読んだことがある。殆どが活劇本であったかアクションの表現やそこに至る理由等の筋書きに迫力がありいい作家である。今度の呪医は活劇ものであることは同じでもSF小説である。作家と ... » more
テーマ 読後感想

三河物語の舞台は私の住んでいる岡崎の名前がふんだんに出てくるので面白い.特に一向一揆に悩まされた所は余り歴史小説になっていないので知らないことが多い。しかし、よくこんな地名や氏名を調べたものだと感心したが、ややもすると多すぎる感じがした ... » more
テーマ 読後感想

「白秋望景」紹介と読後感想  一 川本氏は言う「語る言葉そのものの選択、使用、動きが白秋の思想だ」 「文学評伝の傑作、伊藤整文学賞受賞」のうたい文句に誘われて、川本三郎著「白秋望景」(新書館)を読んだ。実はこれまで川本氏のことは知らなかったが、1944年生まれで、大佛次郎賞、読売文学賞、サントリー学芸賞(社会・風俗部門)を受賞 ... » more
テーマ 読後感想 短歌

「坂の上の雲」(司馬遼太郎)を読んでーーーー    臨まれる統率者の資質を視点に 司馬遼太郎作「坂の上の雲」(文春文庫)を読んだ。司馬遼太郎については何となく食わず嫌いで、ずいぶん昔に「国盗り物語」を読んだのと、「菜の花の沖」というドラマを見たぐらいで、昨年までNHKで放映されていたドラマも二回しか見ていない。 ... » more

小説・「Shizuko's Daughter] アマゾンに注文していた本が思ったより早く注文してから4日で届きました。早速読み始めましたが、この小説は中学・高校生向けの小説でした。でもまあニューヨークタイムスが「小説の宝石」と評価したものがどんなものか知りたくて読むことに ... » more

 

最終更新日: 2016/12/08 13:36

楽天市場のおすすめ商品

「読後感想」のブログ関連商品

» 「読後感想」のブログレビュー をもっと探す

「読後感想」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る