誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    追悼

追悼

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「追悼」のブログを一覧表示!「追悼」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「追悼」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「追悼」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

ジアス演出部栄久庵憲司氏を悼む
栄久庵憲司氏を悼む 栄久庵憲司氏が8日になくなった。氏の名前は知らなくても、氏とGKのデザインした作品を見れば、殆どの人が「ああっ!知ってる」と言うだろう。キッコーマンの醤油差し。東京都、コスモ石油、日本中央競馬会、ミニストップのロ ... » more
テーマ 追悼

悼話§榮久庵憲司さん(工業デザイナー) ほとんどの日本人が「ああ!」とわかる“あの醤油卓上瓶”をデザインしたのが榮久庵憲司だった。その他に初代の成田エクスプレスや、JR東日本の電車のデザインを数多く手がけてもいる。醤油瓶や成田エクスプレスを見ればわかるとお ... » more
テーマ 追悼 電車 醤油

一度だけチッコリーニのピアノ・リサイタルを聴きに行ったことがある。確か1970年代の終わり頃のことだった。レッテルを貼ることが好きな日本の誰か、あるいは音楽メディアが、彼のことを“サティ弾き”と評したことで、出かけてみたリサ ... » more

ドイツの元大統領だったリヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカーが、1月31日に94歳で亡くなった。彼が日本で広く知られるようになったのは、1985年5月の連邦議会で『荒れ野の40年』と題された演説中で語られた中の一節で、曰く…… ... » more
テーマ 追悼 ドイツ 政治

我々クラシック音楽ファンにとって、一目見ればすぐに木之下晃撮影だとわかる、そんな音楽家の一瞬を白黒ネガにこだわって表現し続けたのだった。木之下がコンサート会場で、カメラと三脚、その他の機材をセッティングするところに出会っ ... » more

阪神・淡路大震災に関することが、20年前の1月21日(大地震が発生してから5日目)の日記の後半に記されていますので、紹介します。前半はその日の自分の行動が綴られているため、その部分は省略します。「避難者は31万人を超えているという。30 ... » more

若い世代には『幻魔大戦』の原作者なのだが、我々のような昭和二十年代生まれにとって、桑田二郎が作画して週刊少年マガジンに連載していた『8(エイト)マン』の原作者と言ったほうが通りがいいのだ。もっとも、8マン以降の彼の作品に接し ... » more
テーマ 追悼 漫画 小説

17日に放送された読売テレビの番組「阪神淡路大震災20年キミに伝えたい」の中で、壊れかけた高速道路の端に引っかかってかろうじて転落を免れたバスの運転手だった福本さんが出演していました。福本さんが今どうしているかは、去年の関西テレビの「よーい ... » more

今朝の毎日放送ラジオの番組「ありがとう浜村淳」に、襲名したばかりの四代目中村鴈治郎さんが出演していました。この番組には今まで二代目、三代目も出演しており、40年続くこの番組の息の長さを改めて感じました。四代目中村鴈治郎さんが五代目中村翫雀を ... » more
テーマ 追悼 日記

阪神・淡路大震災20年の特集番組や新聞記事がここのところ多く見られ、これも大震災を風化させてはならず、記憶にとどめて後世に受け継いでいかねばならないという思いの表れです。15日の毎日放送の番組「ちちんぷいぶい」で、20年経って初めて、大 ... » more
テーマ 追悼 日記

阪神淡路大震災から今日で20年です。はやそんなに月日が経ったのかという思いですが、被災地の人々にとっては、逆に長く感じられた日々だったのではないでしょうか。家族や大切な人を亡くした人、家が倒壊した人、家を焼失した人、その喪失感が完全に消える ... » more
テーマ 追悼 日記 自作短歌の周辺

ジアス演出部大塚周夫氏を悼む
大塚周夫氏を悼む 大塚周夫氏が15日、虚血性心不全により死去していたことがわかった。85歳だった。個人的には『ガンバの冒険』のノロイの印象が最も強い。初代のねずみ男や石川五右衛門、ブラック魔王忍たま乱太郎の山田伝蔵など渋みがありながら ... » more
テーマ 追悼

はい、みなさん、こんにちは。本日1月4日は、僕の友人であった舞台俳優A君が癌で亡くなってからもう5年です。彼は大学時代の演劇仲間で、僕の大学生活を通して最も親しく付き合った人物だった。彼が亡くなった5年前は、大きな喪失感があった ... » more
テーマ 追悼

やしきたかじんさん一周忌 「たかじんの胸いっぱい スペシャル」放送・スホーツ新聞記事の内容 写真は今日の庭の景色を11時前に撮ったものです、元日の午後から雪が降り出しましたが、昨日もその雪が残り、屋根から雪が落ちる大きな音がたびたび響いていました。昨夜から再び雪が降り出し、朝起きたら、この正月一番の雪景色になっていました。写真でも ... » more
テーマ 追悼 音楽探訪

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。さて、新宿ミラノ座が閉館しました。僕は、映画ファンであって、映画館自体は思い入れはさほどないのですが、このミラノ座はやはり思い出の多い映画館なので、少し書いておきたい。 ... » more
テーマ 追悼

遠山一行について記憶に残っている、一番印象的なエピソードだけを書き記しておく。かつて、NHK-FMで月に一度『音楽時評』というタイトルだったかで、月々の演奏会評を鼎談で行われていた。その番組で、1981年に初来日した ... » more

今年も12月5日が巡ってきた……十八世中村勘三郎の三回忌である。そしてモーツァルト223回目の命日でもある。この先も、ブログのエントリーで勘三郎の命日について書くたびに、モーツァルトの命日でもあると、二人を並べて書き続けるの ... » more

高倉健に続いて、菅原文太の訃報に接する年の瀬になってしまった。高倉健と同様で“ヤクザ映画”の類は観ることがなかった。テレビで“トラック野郎”を観たことがあったくらいである。素顔の人となりは、反戦平和であったり脱原発であっ ... » more
テーマ 追悼 脱原発 映画

11月28日に俳優の菅原文太さんが亡くなられた。11月10日に亡くなられた高倉健さんに続き、こんな短期間に昭和を代表する、偉大な銀幕スターの追悼ブログを書くとは想像していなかった。文太さんと言えば73年にスタートする深作欣二 ... » more
テーマ 追悼

アルフレート・プリンツは、1995年に定年退団するまで、40年という長きに亘ってウィーン・フィルのクラリネット奏者として活躍した。初めて彼のクラリネット聴いたのは、ウィーン・フィルがカール・ベームと来日した1977年のことで ... » more

ジアス演出部菅原文太氏を悼む
菅原文太氏を悼む 高倉健氏の訃報に触れて間もない今日今度は菅原文太氏逝去のニュースを聞く。両氏は生きるベクトルは違ったもののその圧倒的な存在感といい、格好よさといい似たものを感じる。高倉健氏は最後の銀幕スターとして自ら「高倉健」を ... » more
テーマ 追悼

『おもちゃのチャチャチャ』や『ドラえもん』の主題歌、さらに崎陽軒をはじめとする、数多くのCMを作曲した越部信義が亡くなった。享年八十一1950年代に東京芸大を卒業し、非クラシックの音楽を作曲するという人間がどれくらい ... » more

小市民リュー氏の優雅な生活冬の華
冬の華 はい、みなさん、こんにちは。高倉健さん亡くなりました。日本映画史から考えると、板妻、笠智衆と並ぶ大きな存在だったと思います。アメリカ映画でも活躍した日本人国際スターですね。他にも国際スターは三船敏郎とかいましたが、健さんこそが日本人 ... » more
テーマ 追悼  コメント(2)

映画監督のマイク・ニコルズが逝去した……83歳。代表作かつ最大のヒット作の一つ、ダスティン・ホフマンが主演した『卒業』の封切を観たのは中学2年の時である。ストーリーは何ともなものだったが、サウンドトランクとして使われ ... » more

新・辛口映画館【追悼】 高倉健さん
11月10日に亡くなられた俳優・高倉健さん。健さんは私の映画人生に欠かせない俳優だ。私が子供映画以外に初めて劇場で見た一般作品が75年公開「新幹線大爆破」だ。当時、子供の分際で「新幹線大爆破」を兄の友人たちに連れられて、今は ... » more
テーマ 追悼

高倉健さん追悼―。 もしこの内容を書くとしたらそれはずっとずっと先のことだと信じていたのですが…web記事より。映画俳優の高倉健(本名・小田剛一)さんが、死去していたことが18日分かった。10日午前3時49分、悪性リンパ腫のため ... » more

ひだまりのお話悼話§高倉健さん(俳優)
東映映画の作品は、自分の嗜好とは違っている。だから、残念ながら高倉健出演の映画を劇場封切の銀幕上で観たことはなかった。享年八十三高倉健最後の作品となった『あなたへ』の撮影現場をNHKが取材したドキュメンタリーを観た。 ... » more
テーマ 追悼 映画 テレビ

健さん 逝く  -高倉健氏を悼む- 高倉健氏が亡くなった。「映画俳優」という言葉が相応しい最後の役者だった。もっぱら銀幕の人だった。やさしく、男らしく、凛々しく不器用で、かっこよくこんなふうにまっすぐに生きられたら…いや、健さんがこんなふう ... » more
テーマ 追悼

落語家としての将来を嘱望されていた小金治を、映画界に引っ張ったのは監督の川島雄三だった。ずいぶん昔に読んだ本によれば、小金治の師匠である小文治のお宅で川島が「一人の有望な落語家を失ってしまうことをお許しください」と頭を下 ... » more
テーマ 追悼 落語 テレビ

指揮者で2009に逝去した若杉弘の夫人だった長野羊奈子は、1967年に若杉が指揮をして日本初演された『パルジファル』で、クンドリーを歌っている。実演に接する機会もなかったし、テレビやラジオで彼女の歌声を聴くこともできない ... » more

 

最終更新日: 2017/02/20 07:09

「追悼」のブログ関連商品

» 「追悼」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る