誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    追悼

追悼

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「追悼」のブログを一覧表示!「追悼」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「追悼」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「追悼」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

ジアス演出部水木しげる氏を悼む
水木しげる氏を悼む 水木氏が亡くなった。高齢だったので、いつかこんな日がと思ったことはあったが、いつでも元気そうなイメージがあり、訃報に接し驚く。手塚治虫よりも年上で手塚よりも長生きし現役のマンガ家として一生を終えたことに凄さを ... » more
テーマ 追悼

北の湖は一学年上である。彼が横綱になったのは、我が身が一浪して大学に入った年だった。21歳で横綱になるなど、まるで想像の外で、とてつもない怪物のように感じたのだった。卓越した力量だったから最年少記録で横綱昇進したわけだが、中 ... » more

加藤治子を初めて見たのは、1960年代半ばにTBSテレビが放映したドラマ『七人の孫』だった。その当時加藤治子は四十代前半だったと思うが、堂に入った母親役だったと微かに記憶している。テレビドラマの出演歴を俯瞰すると、このドラマ ... » more
テーマ 追悼 演劇 テレビ

1989年11月9日の夜、東ドイツ市民の旅行の自由についての会見中、報道陣が「それはいつからか」という質問に「ただちに、遅滞なく」と答えたことで、あっという間にベルリンの壁が開放されたのだ。↓“sofort, unverz& ... » more
テーマ 追悼 ドイツ 政治

ラジオやテレビから流れてくる熊倉一雄の声を聞き続けて50年以上にもなっていたと、指を折って数える暇もあらばこその長い長い付き合いだったのだなと考えていた。初めて彼の声を聞いたという明確な記憶は、NHK『ものしり博士』とい ... » more
テーマ 追悼 演劇 テレビ

自分にとっては、いまだに“円鏡(圓鏡)さん”という存在なのだが、それは橘家圓蔵としての彼の高座姿をほとんど見ていないからではないかと気がついた。前名である月の家圓鏡の人気が沸騰したのは、1960年代後半に始まった『お笑い ... » more
テーマ 追悼 落語 テレビ

2004年9月、日本のプロ野球で初のストライキが行われた。詳しい経緯はこちらを読んでいただくとして、それを事務局長として支えたのが松原徹だったのである。ずいぶんと野球への興味が希薄になりつつありはしていたが、当時の様子は ... » more
テーマ 追悼 野球 人権

終戦から70年。私は戦後生まれですから、太平洋戦争のことは直接知りませんが、子供の頃から両親に戦争の話をたびたび聞かされましたし、家の近くの四天王寺には傷痍軍人さんの姿をよく見かけましたし、太平洋戦争関連番組も当時の映像を交えてよく放送さ ... » more
テーマ 追悼 自作短歌の周辺 映画探訪

日航ジャンボ機墜落事故から30年経ちます。新聞でもテレビでも特集記事や特集番組が組まれていますが、この事故の衝撃は鮮明に覚えていますし、この事故のことはこれからもずっと語り継いでゆかねばならないと思います。この1985年という年は、夏の ... » more
テーマ 追悼

ジアス演出部日航機事故から30年
日航機事故から30年 日航機の墜落事故から30年がたった。私は父が倒れ余命3カ月と医者に言われて入院している時に起こった出来事だったので今でもよく覚えている。父の死というものと真正面から対峙できなかった私はこの事故について父によく語った。 ... » more
テーマ 追悼 雑記

悼話§上田昭夫さん(ラガーマン) かつて慶應義塾大学ラグビー部の監督として日本選手権優勝に導いた上田昭夫が、アミロイドーシスという初めて病名を聞いた特定疾患に罹患、回復しないままに逝去した。享年六十二小柄なラガーマンは負けず嫌いでなければというイメージそのま ... » more

ジアス演出部鶴見俊輔氏 逝く
鶴見俊輔氏 逝く 鶴見俊輔氏がなくなった。年齢的にもいつかこの日が来るだろうことは理解していたが、やはりショックであり、残念である。文学から表象文化に専攻を変えた私だが氏はどの分野にいようともいつでも最重要人物の一人であった。 ... » more
テーマ 追悼 雑記 マンガ研究

歴史研究者としてご活躍中であり、オンライン三成会の会員としてもいろいろお世話になった市野澤永さんが逝去されました。謹んでご冥福をお祈り致します。突然の訃報に信じられない思いがしました。42歳という若さでの急死には、ご本人が何より無念な思 ... » more
テーマ 追悼 戦国史 石田三成

この日曜(5月31日)に、今いくよさんの追悼番組を二本(NHKと朝日放送)を見、桂米朝さんの追悼番組をラジオで二本(「NHKFMの番組「日曜喫茶店」と録音していた先週の「松尾堂」)を聴きました。今いくよさんの訃報にはショックを受けまし ... » more
テーマ 追悼 上方芸能

痩せ型のいくよと、ぽっちゃりどすこい!のくるよと、本当にいいコンビだった。お笑い番組で見ていて、おもろい漫才で楽しませてくれたのである。夫婦も漫才コンビも、相手に先立たれることがどれほど辛いことかと思い知らされる。 ... » more
テーマ 追悼 漫才 テレビ

ジアス演出部今井雅之氏を悼む
今井雅之氏を悼む 1999年5月29日、三鷹市芸術文化センターで「THE WIND OF GOD」を見た。ちょうど16年前の明日ということになる。ニューヨーク凱旋公演であった。当時の私は、エルカンパニーの芝居の色は必ずしも好きではなかった。 ... » more

加瀬邦彦が演奏する姿を初めて見たのは1964年か65年頃のこと。寺内タケシとブルージーンズのメンバーとして、寺内の横でギターを演奏していたが最初の記憶である。その後、気がついたらザ・ワイルドワンズのリーダーとしてギターを ... » more

パックインミュージックのディスクジョッキーをしていた1976年頃のことだった記憶している。番組の中で彼が、何となく茶化しつつ「来年、国営放送の“おおかわ(大河)”ドラマに出るんだ。貧乏な傘張り職人が蒸気船を造っちゃう…… ... » more

ジアス演出部愛川欽也氏を悼む
愛川欽也氏を悼む キンキンの愛称で知られた愛川欽也氏が亡くなった。多彩な人なので様々な思い出があるが今回はアニメに関わる思い出を述べたい。一番古い記憶にあるのは「怪獣ロロ」という外国アニメの主題歌怪獣ロロは白ナンバー今で申 ... » more
テーマ 追悼 愛川欽也

中村屋の最長老にして歌舞伎界のまさに生き字引である中村小山三が桜散る4月6日に逝去した。享年九十四最後に観た舞台姿は、去年8月の納涼歌舞伎第三部『怪談乳房榎』で茶店の女お菊だった。十月大歌舞伎の昼の部にも出演していた小山三 ... » more

今日、桂米朝さんの葬儀が行われ、その様子がテレビで放送されていました。改めて米朝さんの存在の大きさを実感するとともに、深い喪失感にとらわれました。米朝さんのご冥福をお祈りいたします。米朝さんの訃報を知ったのは、萩旅行から帰ってきた20日 ... » more
テーマ 追悼 落語探訪

50年くらい前のこと。土曜日の13時頃だったと記憶しているが、上方の落語家による演芸番組をテレビ朝日(当時NET)が放送していた。番組の最後には大喜利があって、並んで答えていたのは、小米だった枝雀と、漫談の吾妻ひな子という面 ... » more

桂米朝は何をやっても上手い落語家でしたが、私がいちばん好きなのは「百年目」。堅物で通っていた番頭さんが、じつはたいそうな遊び人で、お花見どきに、ど派手な着物をつけて、芸者衆と船遊びをする。それをお店の旦那に見つかってしまうというお話です ... » more
テーマ 追悼

悼話§フライ・オットーさん(建築家) 誰かといえば、1972年にミュンヘンで開催されたオリンピックで使われたメイン・スタジアムのユニークな吊り屋根構造を設計したのが、ドイツ人建築家フライ・オットーである。享年八十九写真は2006年に旅行した時、車で近くを走る ... » more

昨年の今日付の拙ブログで、「東日本大震災から3年・置き去りにされている福島の人々」という題の記事を記しました。被災地の復興はその時よりは確実に進んでいるとはいえ、まだまだ速度は遅く、今なお23万人の避難者(昨年は26万人)がおり、被災地の人 ... » more

ジアス演出部辰巳ヨシヒロ氏を悼む
辰巳ヨシヒロ氏を悼む 漫画家の辰巳ヨシヒロ氏が、7日、悪性リンパ腫のためなくなった。79歳だった。「劇画漂流」を院生時代に読んだ。福島の貸本漫画図書館「青虫」にゼミの合宿で行ったりしていた頃。劇画というジャンルがどのような経緯で生まれたかを知 ... » more
テーマ 追悼 マンガ 映画

2009年に放送された大河ドラマ「天地人」の原作者である火坂雅志さんが逝去されました。謹んでご冥福をお祈り致します。「天地人」では義の人としての直江兼続の姿が描かれていましたが、盟友としての三成の存在も大きく、小栗旬さんが三成役を好演し ... » more
テーマ 追悼 大河ドラマ探訪 石田三成

クラシック音楽の評論家である横溝亮一は、小説家横溝正史の長男で新聞記者を経て音楽評論の道へ入った。我々の世代がクラシックを聴き始めた頃に評論活動を始め、初心者にわかりやすい、ポピュラリティあふれる文章を読んでいたと、そんな ... » more

大和屋・坂東三津五郎を最後に観たのは去年8月の歌舞伎座で、納涼歌舞伎の第二部『たぬき』と、第三部『勢獅子』の舞台だった。もちろんその時には、こんなに早く死を迎えるなど思ってもいなかった。2012年に死んだ勘三郎とは同い年で、 ... » more

小野口純子坂東三津五郎さん死去 
「追悼番組を見ていてこの時間」について踊りの名手として知られ、端正な芸で幅広い役を演じた歌舞伎俳優の十代目坂東三津五郎(本名守田寿〈もりた・ひさし〉)さんが21日、膵臓(すいぞう)ガンのため都内の病院で死去した。59歳だった。{%涙 ... » more
テーマ 追悼 歌舞伎 伝承芸能  トラックバック(1)

 

最終更新日: 2017/02/20 07:09

「追悼」のブログ関連商品

» 「追悼」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る