誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    追悼

追悼

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「追悼」のブログを一覧表示!「追悼」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「追悼」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「追悼」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

ジアス演出部合田佐和子氏 亡くなる
合田佐和子氏 亡くなる 状況劇場と言えば合田氏の絵だったご冥福をお祈りする ... » more
テーマ 追悼

ジアス演出部ウンベルト・エーコ逝く
ウンベルト・エーコ逝く エーコが亡くなった。エーコか。「使用」とか。懐かしいご冥福を祈る ... » more
テーマ 追悼

ジアス演出部松原正樹氏 亡くなる
松原正樹氏 亡くなる ギタリストの松原正樹氏が亡くなった。仮にその名前に覚えがなくても彼が演奏したギターのフレーズを聴けば多分、ほとんどの日本人には聞き覚えがあるはずだ。ユーミンの「ANNIVERSARY」、さだまさしの「吸殻の風景」 ... » more
テーマ 追悼

フルートに親しみ、自分自身も下手の横笛を拭いていた頃から、オーレル・ニコレの音楽を自らの規範として、彼の演奏を聴いていた。もちろん、彼のアーティキュレーションを真似したものの、あくまで真似でしかなかったし、真似すらできなかっ ... » more

1977年、司馬遼太郎原作の『花神』が大河ドラマとして一年間放送された時の主役である村田蔵六(大村益次郎)を務めたのが中村梅之助だった。村田蔵六なる存在が地味だったこともあって、それほど評判にはならなかったと記憶している ... » more
テーマ 追悼 テレビ 小説

ジアス演出部息子の24回目の誕生日
息子の24回目の誕生日 今日は死んだ息子の誕生日。生きていれば24歳になる。年男だ。娘が土曜日に帰って来てその夜に誕生会をする。毎年、家内と娘がケーキを焼いている。パースデイプレゼントは、昨年話題になったCDを買っている。今年は星野源の ... » more

ジアス演出部グレン・フライを悼む
グレン・フライを悼む イーグルスのグレン・フライがなくなった。イーグルスの名曲はロック色が強くなってからのものが多いが「テイク・イット・イージー」のようなカントリーっぽい要素に持ち味があるような気がする。ドン・フェルダーとの不仲やバン ... » more
テーマ 追悼

ジアス演出部竹田圭吾氏を悼む
竹田圭吾氏を悼む 氏のツィートをフォローしていた一人として心からご冥福をお祈りする。 ... » more
テーマ 追悼

ジアス演出部デビッドボウイ逝く
デビッドボウイ逝く デビッドボウイの訃報に触れ「あ」と声をあげ、その後絶句。先日新聞で1面広告を見たばかりだった。そして、デビッドボウイとは何だったのかと問う。しかし、この問いにはどう答ても正解がないように思える。どんな答も不十分で、か ... » more
テーマ 追悼  コメント(1)

悼話§ピエール・ブーレーズさん(音楽家) 最初に聴いたブーレーズが指揮する録音は、1963年にフランス国立放送管弦楽団を振ったストラヴィンスキー『春の祭典』だった。およそ40年前のことである。ようやく『春の祭典』を聴き始めた頃で、好奇心から3種類ほど違う録音を買 ... » more

ジアス演出部熊倉一雄氏を悼む
熊倉一雄氏を悼む 熊倉一雄氏が、本年10月に亡くなられた。氏は俳優としても演出家としてもすばらしい仕事をされたが声優の草分けとして記憶に残る仕事をされた。ヒッチコックやポワロ、トラヒゲ、パパンダ…あげ始めればきりがない。私の一番の記憶 ... » more
テーマ 追悼  コメント(1)

吉田拓郎の『旅の宿』や『襟裳岬』の作詞を手がけた岡本おさみが亡くなった。上記2曲も悪くはないが、彼の手になる歌で好きだったのは、同じく拓郎が作曲した『祭りのあと』の歌詞だったりする。その他に、泉谷しげるの『黒いカバン』の作詞 ... » more

ジアス演出部野坂昭如氏を悼む
野坂昭如氏を悼む 野坂氏が亡くなった。何を思い出すだろう。例の「そそソクラテスかプラトンか…」というウイスキーのCMだろうか。大島渚との殴り合いだろうか。黒の舟歌か。火垂るの墓か。こういう立ち位置で時代 ... » more
テーマ 追悼

悼話§水木しげるさん(ゲゲゲの鬼太郎) 我々の世代にしてみれば、何を言っても『ゲゲゲの鬼太郎』の作者である。お化けや妖怪を描きながらも、どこか懐かしい体温を感じさせる作風で、グロテスクの類からは無縁なのだった。漫画家水木しげるは、我が家から電車で10分ちょっと ... » more
テーマ 追悼 漫画 調布

ひだまりのお話悼話§原節子さん(女優)
美人女優だと言われ続けていたが、どうにも実感がないのはさすがに彼女が銀幕から姿を消したのが1960年代初頭で、まだ小学校低学年だったことが大きい。それと個人的には、鼻の大きい人は好みのではないということもある。ではあるが ... » more
テーマ 追悼 昭和 映画

光彩日本水木しげる大往生追悼続々
■ビッグローブhttp://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1130/ori_151130_1774838115.html私が初めてテレビアニメーションのシリーズとして主役を務めさせていただいたのが ... » more

ジアス演出部水木しげる氏を悼む
水木しげる氏を悼む 水木氏が亡くなった。高齢だったので、いつかこんな日がと思ったことはあったが、いつでも元気そうなイメージがあり、訃報に接し驚く。手塚治虫よりも年上で手塚よりも長生きし現役のマンガ家として一生を終えたことに凄さを ... » more
テーマ 追悼

北の湖は一学年上である。彼が横綱になったのは、我が身が一浪して大学に入った年だった。21歳で横綱になるなど、まるで想像の外で、とてつもない怪物のように感じたのだった。卓越した力量だったから最年少記録で横綱昇進したわけだが、中 ... » more

加藤治子を初めて見たのは、1960年代半ばにTBSテレビが放映したドラマ『七人の孫』だった。その当時加藤治子は四十代前半だったと思うが、堂に入った母親役だったと微かに記憶している。テレビドラマの出演歴を俯瞰すると、このドラマ ... » more
テーマ 追悼 演劇 テレビ

1989年11月9日の夜、東ドイツ市民の旅行の自由についての会見中、報道陣が「それはいつからか」という質問に「ただちに、遅滞なく」と答えたことで、あっという間にベルリンの壁が開放されたのだ。↓“sofort, unverz& ... » more
テーマ 追悼 ドイツ 政治

ラジオやテレビから流れてくる熊倉一雄の声を聞き続けて50年以上にもなっていたと、指を折って数える暇もあらばこその長い長い付き合いだったのだなと考えていた。初めて彼の声を聞いたという明確な記憶は、NHK『ものしり博士』とい ... » more
テーマ 追悼 演劇 テレビ

自分にとっては、いまだに“円鏡(圓鏡)さん”という存在なのだが、それは橘家圓蔵としての彼の高座姿をほとんど見ていないからではないかと気がついた。前名である月の家圓鏡の人気が沸騰したのは、1960年代後半に始まった『お笑い ... » more
テーマ 追悼 落語 テレビ

2004年9月、日本のプロ野球で初のストライキが行われた。詳しい経緯はこちらを読んでいただくとして、それを事務局長として支えたのが松原徹だったのである。ずいぶんと野球への興味が希薄になりつつありはしていたが、当時の様子は ... » more
テーマ 追悼 野球 人権

終戦から70年。私は戦後生まれですから、太平洋戦争のことは直接知りませんが、子供の頃から両親に戦争の話をたびたび聞かされましたし、家の近くの四天王寺には傷痍軍人さんの姿をよく見かけましたし、太平洋戦争関連番組も当時の映像を交えてよく放送さ ... » more
テーマ 追悼 自作短歌の周辺 映画探訪

日航ジャンボ機墜落事故から30年経ちます。新聞でもテレビでも特集記事や特集番組が組まれていますが、この事故の衝撃は鮮明に覚えていますし、この事故のことはこれからもずっと語り継いでゆかねばならないと思います。この1985年という年は、夏の ... » more
テーマ 追悼

ジアス演出部日航機事故から30年
日航機事故から30年 日航機の墜落事故から30年がたった。私は父が倒れ余命3カ月と医者に言われて入院している時に起こった出来事だったので今でもよく覚えている。父の死というものと真正面から対峙できなかった私はこの事故について父によく語った。 ... » more
テーマ 追悼 雑記

悼話§上田昭夫さん(ラガーマン) かつて慶應義塾大学ラグビー部の監督として日本選手権優勝に導いた上田昭夫が、アミロイドーシスという初めて病名を聞いた特定疾患に罹患、回復しないままに逝去した。享年六十二小柄なラガーマンは負けず嫌いでなければというイメージそのま ... » more

ジアス演出部鶴見俊輔氏 逝く
鶴見俊輔氏 逝く 鶴見俊輔氏がなくなった。年齢的にもいつかこの日が来るだろうことは理解していたが、やはりショックであり、残念である。文学から表象文化に専攻を変えた私だが氏はどの分野にいようともいつでも最重要人物の一人であった。 ... » more
テーマ 追悼 雑記 マンガ研究

歴史研究者としてご活躍中であり、オンライン三成会の会員としてもいろいろお世話になった市野澤永さんが逝去されました。謹んでご冥福をお祈り致します。突然の訃報に信じられない思いがしました。42歳という若さでの急死には、ご本人が何より無念な思 ... » more
テーマ 追悼 戦国史 石田三成

この日曜(5月31日)に、今いくよさんの追悼番組を二本(NHKと朝日放送)を見、桂米朝さんの追悼番組をラジオで二本(「NHKFMの番組「日曜喫茶店」と録音していた先週の「松尾堂」)を聴きました。今いくよさんの訃報にはショックを受けまし ... » more
テーマ 追悼 上方芸能

 

最終更新日: 2016/12/01 13:20

「追悼」のブログ関連商品

» 「追悼」のブログレビュー をもっと探す

「追悼」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る