誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    篠田節子

篠田節子

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「篠田節子」のブログを一覧表示!「篠田節子」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「篠田節子」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「篠田節子」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「となりのセレブたち」 篠田節子著(新潮社 1,728円税込) 「となりのセレブたち」 篠田節子著(新潮社1,728円税込)となりのセレブたち新潮社 篠田 節子 Amazonアソシエイト by となりのセレブたち [ 篠田節子 ]楽天ブックス 篠田節子 新潮社発行年月:2 ... » more
テーマ 篠田節子 となりのセレブたち 小説

篠田節子 『長女たち』 どの家族にも起こりうるありふれた地獄 身近にある恐怖である。だから、どうしても自分や自分の家族を重ね合わせてしまう。70歳を超えた私と妻だけの家庭。まだ結婚していない40歳を超えた長女とほどほどの家庭をやりくりしている次女はそれぞれ独立している。お互いの母親はまだまだ生きら ... » more

作家生活25年の集大成となる記念作品を上梓 篠田節子氏に聞く  「インドクリスタル」 作家生活25年の集大成となる記念作品を上梓 篠田節子氏に聞く日刊ゲンダイ2015年2月1日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/156864(C)日刊ゲンダイ ... » more
テーマ 篠田節子 インドクリスタル 小説

「インドクリスタル」 篠田節子著(KADOKAWA 2,052円税込) 「インドクリスタル」 篠田節子著(KADOKAWA2,052円税込)因習と開発、資本と搾取の間で揺れるインドが舞台のビジネス冒険エンタメ!人工水晶開発の為、マザークリスタルの買い付けを行う山峡ドルジェ社長・藤岡。イン ... » more
テーマ 篠田節子 インドクリスタル 小説

【著者に訊け】 篠田節子 神秘の国描く『インドクリスタル』 【著者に訊け】篠田節子神秘の国描く『インドクリスタル』NEWSポストセブン2015.01.13 11:00【著者に訊け】篠田節子氏/『インドクリスタル』/角川書店/1900円+税「インドクリスタル」 篠田節子著(KADO ... » more
テーマ 篠田節子 著者に訊け インドクリスタル

純愛小説  ☆篠田節子 純愛小説 (角川文庫)篠田節子 角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-01-25売り上げランキング : 88322Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)純愛小説で出世した女 ... » more
テーマ 篠田節子

天窓のある家  ☆篠田節子 天窓のある家篠田 節子 実業之日本社 2003-09売り上げランキング : 710582Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)幸せに見捨てられた女。偽りの幸せにすがる女…。緩慢な日 ... » more
テーマ 篠田節子

『カノン』を読んだ勢いで、『第4の神話』へ。篠田節子の文体に慣れてきたとはいえ、450ページ以上あるので、一週間かかりました。--------------------------------------------------- ... » more
テーマ 篠田節子

『危険な食卓』(小池真理子)の記事でこんなことを書いたので――。解説は篠田節子。久しぶりに読んでみたいのですが、手頃な短編がありません。本棚に眠っているのは、長編2冊。どちらにしましょうか・・・。まずは、『カノン』を読ん ... » more

風のない場所斎藤家の核弾頭/篠田節子
斎藤家の核弾頭/篠田節子 われわれは、日本に宣戦布告する!!そもそも「特A級市民」というエリート中のエリートだった私が、なぜ政府より、理不尽な転居命令を受け続けなければならないんだ!もうこうなったら…。ついに爆発してしまった斎藤総一郎、心の叫び。20 ... » more
テーマ 篠田節子 読書

薄暮 篠田節子 「薄暮」篠田節子日本経済新聞出版社1800円風邪をひいてどこにも出かけられないこともあって、一気に読んでしまった。内容は、新潟の寒村に埋もれていた画家の作品が一作のエッセーによって紹介されたことを期に、瞬く間に全国的な脚光を浴び ... » more

篠田節子 『仮想儀礼』 宗教にある狂気と暴力 篠田節子の『弥勒』『ホーラ死都』は宗教を通じた異文化コンタクトを扱った秀作だった。これは私たちの身近にある宗教をなまなましく描き出した異色作である。作家になる夢破れ家族と都庁管理課長の職を失った鈴木正彦、不倫の果てに相手に去られ ... » more

もう10年近く前に、仕事で青森県の西目屋村のマタギにインタビューをした。雪がまだ深い2月末、私は生まれて初めて、フツウのブーツで白神山地の雪の中に立った。その帰り、バスの時間がまだあるので、公衆浴場という趣の美山湖温泉によった。赤銅 ... » more
テーマ 篠田節子 民間信仰 読書

篠田節子 『ホーラ 死都』 不倫といえば日本人なら人の道をはずした後ろめたさのあるものだが……… エーゲ海に行ったことはない。紺碧の海、ふりそそぐ陽光、大小の島々、真っ白な教会や家々など。明媚な風景と古代遺跡、神話世界のロマンに思いをはせる、いわば観光用のイメージだけがある。それとジュディ・オング『魅せられて』があった。経済 ... » more

年増の独身OL3人が、南洋のリゾート地に買い物ツァーに出かけるが、内戦に巻きこまれてお買い物どころの騒ぎではなくなる。銃を持ったゲリラと対峙したときの緊迫感とそのときにとった行動は、その後の3人の行動を予見しているかのようで興味をそそられる ... » more
テーマ 篠田節子 読書

うちのメイ「逃避行」 篠田節子
「逃避行」 篠田節子 逃避行もう、とっても切なく思いがけない結末でした。電車で読んでて、涙が出そうで、困りましたちょっとウルウルしてしまいました。でも・・・・主人公は、ある意味、幸せだったのかも。「老いること」 ... » more
テーマ 篠田節子 読書 逃避行

天才バイオリニストとしてもてはやされた少女が留学先の音楽学校で挫折し自殺未遂。後遺症で寝たきりとなったが、リハビリや音楽療法により、20年後にヴィオリストとして脚光を浴びるまでになる。聴衆の琴線に触れるような演奏は、多くの人に生きる勇気を与 ... » more
テーマ 篠田節子 読書

短編集。う〜ん、ちょっと安っぽいなぁ。 小池真理子、乃波アサあたりがよく描く、現実見の薄いホラータッチの小説とよく似ている。私はこういうタッチは好きではない。 篠田節子の小説は、ほとんどがハッピーエンドならぬまでも、未来に繋がる ... » more
テーマ 篠田節子 読書

どうして、篠田さんはこんなに理想主義者をいじめるのだろう?家族とはこうあるべきだ、こんなことをしてはいけない、、、などなど自分を閉じ込めながら生きている小市民的な部分ってだれにもあるよね。 ひとつ屋根の下に暮らす家族ではあっても、個 ... » more
テーマ 篠田節子 読書

愛犬が隣の家の息子を殺してしまった、という状況から始まる。おとなしいゴールデンレトリバーのポポは、隣の悪ガキにコショウを振りかけらてもおもちゃの鉄砲で撃たれても、怯えこそすれ相手に向かっていくような犬ではなかった。ところが、塀を乗り越え庭に ... » more
テーマ 篠田節子 読書

「観覧車」「ソリスト」「灯油の尽きるとき」「戦争の鴨たち」「秋の花火」の5つの短編が収められている。 頭痛と吐き気でかったるくてしかたなく、感想を書く気もおきない・・・。寝不足からくる頭痛かと思ったけれど、足がだるいのでもしかしたら ... » more
テーマ 篠田節子 読書

バイオリニスト、楽器商、バイオリン職人の思いが奏でる不協和音が、思わぬ方向へと転がり出す。学生に斡旋した楽器のバックマージンが収賄になっていくあたりは、一昔前の海野事件を彷彿とさせる。実力は劣っても容姿の華やかさでそれなりの成功を勝ち得た主 ... » more
テーマ 篠田節子 読書

「インコは戻ってきたか」篠田節子 最後の方、一気に読みました。切なかったなぁ。ちょうどミャンマーで日本人の映像ジャーナリストが射殺されたばかりで、すごくリアリティのある話でした。 ... » more
テーマ 篠田節子 読書

うちのメイ「夏の災厄」篠田節子
「夏の災厄」篠田節子 分厚い本でしたが、一気に読んでしまいました。こわいです。現実感のある話です。実際、いつもより念入りに虫よけスプレーを手足にかけている今日この頃・・・(笑) ... » more
テーマ 篠田節子 読書

「アクアリウム」「ゴサインタン」「弥勒」篠田節子 通勤電車での読書が私の密やかな楽しみなのですが、読んだ本を、ブログに書いていこうと思います。・・・いつまで続くかわかりませんが。先日読み終えたのは、篠田節子さんのアクアリウム幻想的でした。イクティが。。。ゴサイン ... » more
テーマ 篠田節子 読書

珈琲Time『カノン』篠田節子
先週末読んだ本がたまたま恋愛小説ばかりだったため、3冊めにこの本を読む頃には少々辟易していました(ちなみに2冊めは小手鞠るいの『欲しいのは、あなただけ』。『眠れぬ真珠』同様、島清恋愛文学賞に輝いた作品ということでしたが、全く感動しません ... » more

作者の篠田節子が巻末で、女性が主人公の戦争小説、待つのではなく渦中に入ってしまう物語を。ということで書かれた物語。“究極のハイクラス・リゾート東地中海の真珠キプロス島”女性誌の編集部員響子の海外取材は、このキャッチコピーのようにいく ... » more

矢祭町のまちづくりの本を読んだあとなので、よし「まちおこし」の本でも続けて読もうと思ったが、直球の本選びではつまらないので、篠田節子のを。 観光客の途絶えた過疎の町、駒木野。近くの大都市が高崎なので、何気に群馬の山間部なんだなぁと想 ... » more

久しぶりの篠田節子。調べてみたら『ハルモニア』(1998年1月)以来かな。10/18に予約し2/7入手今の時点で、資料:12冊 予約19件永久保存ポケットの中の晩餐絆夜のジンファンデル恨み祓い師コミュ ... » more

「ゴイタイ山」以来何年ぶりかで読んだ篠田節子の本「女たちのジハード」が余りに面白かったので、続けて「コンタクト・ゾーン」を読んでみた。バカンス先で内乱が発生し、虐殺を逃れた真央子、祝子、ありさがたどりついたのは、山間の小さな村、テン ... » more

 

最終更新日: 2016/12/08 11:15

「篠田節子」のブログ関連商品

» 「篠田節子」のブログレビュー をもっと探す

「篠田節子」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る