誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    古代史

古代史

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 歴史
類似テーマ: 古代史 古代
子テーマ: 古代遺跡 古代文明
テーマ「古代史」のブログを一覧表示!「古代史」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「古代史」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「古代史」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

諸々あって更新遅れ気味です。ご容赦ください。さて、しばらく「古田問題」には触れてこなかった。しかし、新たな動きに接したので話題を2点ほど。1.ミネルヴァ書房のその後最近、「古田問題」に触れてこなかった理由の一 ... » more

大祓の国韓国の凋落と「文明の衝突」
この1か月間、あの国にとって大事な転機が立て続けにきたようです。(他にも経済面での不調が決定的になりつつあるようですが、そのことをさておきます。)@仁川アジア大会の大失敗(9月19日〜10月4日) →・アジア各国で嫌韓ブーム(お ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

「衝撃のユダヤ5000年史」は、欧米の反ユダヤ論の典型だと思いますが、まるで根拠がない論のオンパレードで、反ユダヤ論の底の浅さというか、捏造ぶりにぞっとしました。例えば、ユダヤ人に寄生(この言葉自体、人間扱いしていない気味の悪い言葉 ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

旧聞になったが、去る10月11日で本ブログも3周年を迎えた。途中、滞ることもあったが、今年も何とか週1ペースでブログを更新できた。読んでいただいた方にお礼申し上げます。10月11日段階の総参照数は21889である(A ... » more

かぐや姫は誰でも知っているおとぎ話である。いや、そうでなく実は、中世から古代国家成立の謎まで遡る物語であることをこの本は解き明かしてくれる。冒頭に用意されたキーワード1ことばの歴史はじめてのかな文字文学である ... » more
テーマ 古代 中世

「王権論」の陥穽(4)ー危惧される多様な研究の阻害ー (前項の続き)座談会での議論を見る限り、今後、「女帝研究」は下火になる可能性が高いと思われる。議論は微に入り細を穿っているのに、全体的な議論・研究の方向性が見えないのだから当然である。研究する側から言えば、複雑きわま ... » more
テーマ 古代史 歴史

(前項の続き)以上のように、「出所不明」で論点自体の意義が必ずしも明確でなく、天皇制についての知見に関しては(α)(a)良人共同体の首長・(b)統治権の総攬者という国家的機能(β)どんなに専制的であっても、支配層に擁立された存在であ ... » more
テーマ 古代史 歴史

ザックリ 出雲の国譲り―C 出雲は日本海、尾張、関東、蝦夷連合国の首都? サラリーマン時代に10年ほど勤務地であった埼玉県大宮市に、、「武蔵の国氷川神社」がある。今は、、「はやぶさ」の開発協力メーカーで知られるが、当時はパソコンのトップシェア―を誇ったメーカーの関連企業の大宮支店に勤務していたのだが、、支店の ... » more
テーマ 古代史 出雲 旅行

「王権論」の陥穽(2)−「出所(でどころ)不明」!?− (前項の続き)近年の「女帝研究」の前提は「王権論」である。その先駆けがこの座談会にも出席している荒木敏夫で、座談会での本人の発言によれば(3頁)、(1)「王とはいったいどのような存在なのか」(2)「日本の天皇はどのような存在 ... » more
テーマ 古代史 歴史

10月11日下に追記)台風18号が、四国沖辺りらしいです。朝鮮半島の「東南、大海の中の倭国」↑まさに九州方面の認識が古代も今もですが・・・・で、またまた、記事コピー的なブログなのですが・・・・・タイトルを、「日本古代史学 ... » more
テーマ 古代史 世界認識 邪馬臺(壹)国

・10月11日(下の方に)関連論文の紹介を+しました。・追記10月8日にこの記事の続きをUPしました↓(この記事は削除しました)「邪馬臺国は、「僕の臣は臺なり」か、「公を新臺に享す」か?「春秋左氏伝・昭公七年」記述から。」←この記事 ... » more
テーマ 古代史 歴史 、邪馬臺(壹)国  コメント(3) トラックバック(1)

「王権論」の陥穽(1)ー「女帝研究」は何のため?− 夏風邪が引かない。恐らく、TVなどで「熱中症対策」としてクーラーの使用が喧伝されたためであろう。あちこちでクーラーの冷風を浴びているうちに、喉をやられ、未だに治らない。同様の境遇にある人は多いようで、「熱中症患者・減 ... » more
テーマ 古代史 歴史

第一教科書で教科書を 歴史について疎い。794年鳴くよウグイス平安京とか、1192年いい国作ろう鎌倉幕府とか、1867年一夜胸騒ぎ大政奉還とか覚えられないし、後醍醐天皇とか漢字も書けない。現在の関東の地質や地形は、過去の気候変動や造山活動によるものらしい ... » more
テーマ 古代史 千葉ニュータウン

No.867 歴史教科書読み比べ(17) : 大陸の動乱と遣唐使の廃止 平安朝では学問も進み、戦乱の続く中国大陸から学ぶべきものは残っていなかった。 ■転送歓迎■ H26.09.21 ■ 43,598 Copies ■ 3,904,345Views■■1.「菅原道真が提唱した遣唐使廃止の理由 ... » more

ミューゼスG熊本の旅
熊本の旅 このブログでは毎度のことですが、先日熊本に出張に行った次の日が休みだったので自腹でホテルとレンタカーを手配し観光しました。(^^;生憎天気には恵まれませんでしたが、熊本西部と宮崎の高千穂を回りました。まずは名前だけ聞いた ... » more
テーマ 古代史 旅行

ザックリ 出雲の国譲り―A 八重垣つくる その八重垣を さて、、出雲に放浪するスサノヲは、、、川のほとりで上流から流れて来た箸を見つけます、、、■ヤマタノオロチ退治上流には誰かが住んでいるな、、と気がつき、、川を遡ると、、上流には、おじいさんとおばあさんが住んでいました、、。老夫 ... » more
テーマ 古代史 歴史 神話

(前項の続き)前項までで述べたような学位制度の問題は、当然ながら「学位の劣化」をもたらした。その根本的原因は前項でも述べたように、従来の学界の在り方を全く無視したことである。そもそも、「学位とは何か」が皆目不明なのに、学 ... » more

企画展「大阪平野はむかし海だった」 同期のニシダさんから、いつもの3人に『無料優待券があるから行こうや』と誘われていた「大阪平野はむかし海だった」へ行ってきました。午前11時30分にいつもの待ち合わせ場所【サントル・ドゥ・ヴィラージュ】へいきランチを食べることにしました。 ... » more
テーマ 古代史 友達

「じょうじゃの釜」?・・気になる遺跡を。白鳳時代の文化が…ミステリ-ハンター(*^_^*) 大雨以後、涼しい日が続いています。広島の土砂災害のニュースを見るたび、胸が締め付けられます。亡くなられた方のご冥福を祈るばかりです。塩屋の工房に通い始めて早5年になりますが、その道すがら以前から気になっていた場所があります。 ... » more
テーマ 寺院 遺跡 古代

ミューゼスG古代エジプト展
古代エジプト展 東京都美術館で開催中の古代エジプト”女王と女神”展を見てきました。テーマを古代エジプトで即位した女王に絞って、メトロポリタン美術館の収蔵品を中心に網羅した展示です。こういう切り口の展覧会は珍しいですが、歴代のファラオ中に ... » more
テーマ 古代史

「学位問題」の本質ー学位の「劣化」はなぜ、起こるか?−(2) (前項の続き)「大学改革」以前は、少なくとも日本古代史研究者にとっては学位(博士号)の有無は研究者の評価基準として大きな位置は占めていなかった。例えば、「戦後歴史学」の雄たる石母田正は学位を取った形跡がない。少なくと ... » more

ザックリ 出雲の国譲り―@ スサノヲが高天原から追い出されて地上で放浪する 来月は社内シルバー旅行で、、出雲に行きますので、、少しお勉強します。古事記は、、、40天武天皇の企画された帝紀、旧辞の討覈の事業を、天武没後二十五年(和銅5年、DC712)に完成、、太安万侶が42元明(女)天皇の代に献上したもので、 ... » more
テーマ 古代史 歴史 神話

既に見てきたように、諏訪大社上社の神長官(神官の最高位)である守矢氏は古代イスラエル10部族の流れを汲む支族である可能性が非常に高いです。十間廊の寸法・方角が聖書の幕屋の記述にぴったり一致すること、その十間廊で行われた御頭祭が聖書のアブ ... » more

ミューゼスG岡山の旅
岡山の旅 先日岡山に行ってきました。仕事が月曜朝からで前日泊だったため、朝は早起きして現地入りし観光に充てました。大雨が降って天気は悪かったですが楽しめました。1.作山古墳全長が286mという巨大な前方後円墳で、丘陵を切り崩して整 ... » more
テーマ 古代史 旅行

大祓の国諏訪と古代イスラエル人A
タケミナカタ神が諏訪に逃亡するきっかけとなった国譲りも、古代イスラエル10部族の日本上陸を背景としているという説があります。だとすると、国譲りをさせたのも古代イスラエル人、諏訪の先住部族も古代イスラエル人ということになります。 ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

大祓の国諏訪と古代イスラエル人
諏訪には、縄文文化だけでなく、古代イスラエル文化も色濃く遺っています。例えば、上社前宮には「十間廊」という建物があります。この建物の長辺・短辺の寸法や建っている方角、更には至聖所の位置は、旧約聖書に書かれた「幕屋」(古代イスラエル人 ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

日本各地には、性をモチーフにした道祖神・石仏?が多く遺っており、また縄文の祭祀遺物として石棒があるように、上古、おそらく縄文時代には、素朴でおおらかな性の信仰があったと考えられます。それは、日本の神話にも反映されていて、イザナギ・イザナミ両 ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

Ban'ya明日香に「階段ピラミッド」
奈良県明日香村の都塚古墳が、階段状ピラミッドのような方墳だったことが判明した。奈良・明日香村の都塚古墳はや熱気、ファン続々16日に現地説明会産経新聞 8月15日(金)7時55分配信 http://headlines.yaho ... » more
テーマ 俳句 古代 海外

「終戦(もしくは敗戦)記念日」である。勿論、「玉音放送」が流れた8月15日を「終戦記念日」とすることには異論があるし、「終戦」によって「戦前」が本当に終わったのかも疑問の余地がある。しかし、「終戦」が日本にとっても歴史学にと ... » more

【古代−39】 「徳川の平和」との相違点・共通点を探ろう その5 「守護」と「地頭」はさすがに「古代」ではないかな。右手の「将軍」と左肘の「征夷大将軍」の違いは何だろう。貴族が華やかな王朝文化を受け継いでくれた雰囲気は伝わってきますが,ここで考えたいのは,そういう文 ... » more
テーマ 古代

 

最終更新日: 2016/12/07 14:20

「古代史」のブログ関連商品

» 「古代史」のブログレビュー をもっと探す

「古代史」ブログのユーザランキング

Ban'ya 3 位.
Ban'ya

テーマのトップに戻る