誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    古代史

古代史

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 歴史
類似テーマ: 古代史 古代
子テーマ: 古代遺跡 古代文明
テーマ「古代史」のブログを一覧表示!「古代史」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「古代史」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「古代史」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

難波の宮 旧址 発掘が続く。役所の址? 今週になって、まさに冬の寒さです!こんな、ニュース↓が在りました。後期難波宮 役所の跡か2016年11月30日14時18分(nhkwebサイトニュースよりコピーです。)大阪の難波宮跡の発掘調査で、奈良時代にごく短期間だけ都が ... » more
テーマ 古代史 世界認識 未来へ

(前項の続き)1.古代国家論への転換(11)石母田古代国家論と「大衆」(3)−なぜ、石母田は「啓蒙主義」の克服から「離脱」したか?(1)−石母田はなぜ、「啓蒙主義」の克服という課題から「離脱」したのであろうか。「 ... » more
テーマ 古代史 歴史 『日本の古代国家』

Ban'ya美しい弥生土器の波型
明治大学博物館特別展示室で開催の、企画展再葬墓と甕棺墓弥生の東西を観た。なかでも、茨木県稲敷市の殿内遺跡出土の、櫛のような道具で、美しい波型模様が付けられた土器に驚く。北斎の浮世絵の波にも似ている。 ... » more
テーマ 俳句 古代

(前々項の続き)1.古代国家論への転換(11)石母田古代国家論と「大衆」(2)−石母田とプロ野球・テレビ−60年代以降隆盛に向かい「大衆」の心をつかんだものにプロ野球とテレビがある。ここでは、ややわき道にそれ ... » more
テーマ 古代史 歴史 『日本の古代国家』

(前項の続き)1.古代国家論への転換(10)石母田古代国家論と「大衆」(1)−「啓蒙主義」の克服からの「離脱」−前項までの分析を踏まえて、前々項で指摘した石母田古代国家論と(1)「啓蒙主義」の克服(2)日本共産党の革 ... » more
テーマ 古代史 歴史 『日本の古代国家』

2016年10月24日(月)付け「埼玉新聞」文化欄に掲載された夏石番矢「鉄剣と馬冑からのルーツを探索」の続編が書けてしまった。自分でも意外な結論に。そう、ワカタシロ大王は、大X×第X代XX王という結論。むろん、日本列島の王ではない。 ... » more
テーマ 俳句 新聞 古代

前項の続き)1.古代国家論への転換(承前)(9)石母田古代国家論と国内・国際情勢ー時評の激減-以下では前項で示した、石母田古代国家論と(1)啓蒙主義の克服・(2)日本共産党の革命方針との関連について検討するが、ここで ... » more
テーマ 古代史 歴史 『日本の古代国家』

この本は、古代史の通説を新しい視点で記している。歴史学者の本であるから、学界では異説でもないのだろうが、我々には新鮮である。現存している史料(日本書紀、古事記などの歴史書)はイコールその時代の勝者に都合の良い歴史書であるということを基本認識 ... » more
テーマ 古代史

さきたま古墳群の記事「埼玉新聞」に 9月4日(日)に猛暑のなか訪れた、さきたま古墳群についての記事が、「埼玉新聞」2016年10月24日(月)付けに掲載される。その校正にぼかしをかけたものを下に。参照さきたま古墳群を訪れる http://b ... » more

(前々項の続き)1.古代国家論への転換(承前) (8)石母田にとっての古代国家論(2)石母田にとっての古代国家論の第四の意義は歴史学研究における天皇制との対決の場であったことであろう。マルクス主義者である以上 ... » more
テーマ 古代史 歴史 『日本の古代国家』

お陰様で10月11日に本ブログが5周年を迎える。毎年のことながら、記事を読んでくださる方にお礼申し上げます。というわけで、「『日本の古代国家』はいかに時代と切り結んだか、又は切り結ばなかったか」は中断し、恒例の参照数・PVと ... » more

9月初めに訪れたさきたま古墳群についての原稿を書く。さあ、掲載されるだろうか?空気の天皇生み出し汚す学者ども夏石番矢参照ワカタケルではない http://banyahaiku.at.webry.inf ... » more

(前項の続き)1.古代国家論への転換(承前) (8)石母田にとっての古代国家論(1)それでは石母田にとって古代国家論への転換はどのような意味を持っていたのであろうか?前項までの整理に基づき分析すると以下のようになる。 ... » more
テーマ 古代史 歴史 『日本の古代国家』

Ban'yaワカタケルではない
さきたま古墳群、稲荷山古墳から出土した、金錯銘鉄剣の裏側に刻まれている大王の名、獲加多支鹵は、ワカタケルでは決してない。9月21日(水)午後の、M大H学部のゼミ(比較文化古事記)で、、この理由を述べたい。大野 ... » more
テーマ 俳句 古事記 古代

(前項の続き)1.古代国家論への転換(承前) (7)「安保闘争」と古代国家論への転換以上、「安保闘争」に関わる(あ)「『国民のための歴史学』おぼえがき」(石母田ー1960−1)(い)「安保闘争おぼえがき」(石母田 ... » more
テーマ 古代史 歴史 『日本の古代国家』

(前項の続き)ツイッターの方で報告しておいたが(https://twitter.com/ino1966/status/771682861116108801)『週刊金曜日』に記事を書いた。タイトルは「天皇制は千数百年間継続され ... » more
テーマ 古代史 歴史 『日本の古代国家』

Ban'yaさきたま古墳群を訪れる
2016年9月4日(日)、行田市の東部の、さきたま古墳群を初めて訪れる。そのため、某所に2泊。5世紀後半と推移されている(これも本当かどうか疑わしい)稲荷山古墳から出た金錯銘鉄剣など鉄製品が立派で頑丈。実物を見て ... » more

(前項の続き)1.古代国家論への転換(承前) (5)石母田にとっての「安保闘争」(2)ー「安保闘争おぼえがき」ー次に(う)「安保闘争おぼえがき」(石母田ー1960)を検討しよう。安保「自然成立」直後に執筆され ... » more
テーマ 古代史 歴史 『日本の古代国家』

(前項の続き)1.古代国家論への転換(承前)(4)石母田にとっての「安保闘争」(1)ー「『国民のための歴史学』おぼえがき」ーそれでは、石母田にとって「安保闘争」とはどのような意義を有していたのであろうか?この点は、な ... » more
テーマ 古代史 歴史 『日本の古代国家』

(前項の続き)1.古代国家論への転換(承前)(4)「安保闘争」における石母田の活動すでに古代史研究全体の潮流を踏まえ『日本の古代国家』の成立と「60年安保闘争」(以下、「安保闘争」)との関連を指摘する見解が提示されて ... » more
テーマ 古代史 歴史 『日本の古代国家』

No.961 歴史教科書読み比べ(番外編): 育鵬社『もう一度学ぶ日本史』を読む 最新の実証研究を通して、活き活きと描かれたわが祖先の姿に、中学生も深い共感を抱くだろう。■転送歓迎■ H28.07.24 ■ 47,359 Copies ■ 4,216,930Views■■1.懐かしい光景本年度 ... » more
テーマ 国柄探訪 歴史教育 古代

(前項の続き)1.古代国家論への転換(承前)(2)「英雄時代論」・鎌倉幕府成立史論と「国民的歴史学運動」の挫折なぜ、石母田は「国民的歴史学運動」挫折後のメインテーマを(A)「英雄時代論」・(B)鎌倉幕府成立史論の二つ ... » more
テーマ 古代史 歴史 『日本の古代国家』

前項まででお伝えしていたホームページビルダーの問題はようやく解決した。これで表をアップできるので、ようやく某誌の依頼原稿で考えた『日本の古代国家』の石母田の研究者としての歩みの中の位置づけについて書ける。これから連載で書いて ... » more
テーマ 古代史 歴史 『日本の古代国家』

(前項の続き)前項で書いたホームページビルダーの問題はようやく解決した模様である(本当に解決したかは、最終的にファイルをアップロードしてみないとわからないが)。とはいえ近所のパソコンクリニックに持って行くこと2度、パソコンに ... » more
テーマ 古代史 歴史 東日本大震災・原発

(前項の続き)前項の参照数が「100」になっている。アップした2日後に確認した時で既に「80」近かった(確か、「77」)。最近の記事としては驚異的な伸びであるが、原因は不明である。「レポート笠間」が無料でばら ... » more
テーマ 古代史 歴史

(前項の続き)ちょっとわき道にそれるのだが、我が家に『レポート笠間』bU0が送られてきた。日本語・日本文学の研究所を中心に刊行している笠間書院が出している雑誌で、頼んだ覚えはないのだが時々、送られてくる(上記のHPによると年 ... » more
テーマ 古代史 歴史

前項の続きそもそも「学問的基準」はいかにして成り立つのであろうか?実は、私は大学院時代から指導教授・先輩などからこの問題について教わった記憶はない(まぁ、私だけのことではないであろうが)。従って、精緻な分析は不可能で体験に基 ... » more
テーマ 古代史 歴史

(前項の続き)まず(ア)「学問的基準」が本当に創造的研究を生み出すものとして生み出されているかについて。今回の件は近現代思想史の知見の欠如が問われたわけだが、では古代史であればどうであったであろうか?(はっきり断言するが ... » more
テーマ 古代史 歴史

(前項の続き)論文の骨子は(1)石母田の「文革」高評価(支持)を50年代(遡れば30年代)の同時代認識の残滓と捉え(2)『日本の古代国家』が石母田の上記の認識が通用しなくなった状況下で生み出された一書であることを指摘し(3)一方で、同書 ... » more
テーマ 古代史 歴史

ペルー、ナスカの地上絵の謎が解かれる 考古学者らが衛星画像を用いてペルーの先史時代遺物ナスカの地上絵の謎を解明した。科学者が行った分析で、古代の水道橋とナスカの地上絵が同一の方法で作られたことが示された。デイリーメールが報じた。​科学者らによ ... » more
テーマ 歴史 古代遺跡

 

最終更新日: 2017/05/23 14:34

「古代史」のブログ関連商品

» 「古代史」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る