誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    オーケストラ

オーケストラ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: クラシック
テーマ「オーケストラ」のブログを一覧表示!「オーケストラ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「オーケストラ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「オーケストラ」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

雀話§カルロス・クライバーの没後11年 カルロス・クライバーが没したのは2004年。今年で11年が経ったということである。さすがに未発表録音が出てくることもなく……もはや、彼の実演を聴いた人間たちのみが、細々と語り継いでいくばかりというのは寂しい気がしない ... » more

再来週に本番を控えた「魔笛」のソリスト合わせがあった。猛暑の中、冷房のない区立中学校の体育館での朝から夕方までの練習。これまでオケだけで6回の練習を重ねてきたが、声楽ソリストとの合わせは今回が初めて。二日公演/ダブルキャストということで、午 ... » more

やっとのことで開演時刻ぎりぎりに滑り込んだバイエルン国立歌劇場。場内は有名なオペラハウスならではの華やかな雰囲気に包まれていた。建物の内部は趣きがあり、そこには(年齢がやや高い層が多いものの)「よそ行き」の格好をした男女のカ ... » more

とうとう終わってしまった女子W杯、最後まで良い夢見たな、と思いつつ、最後の最後にドラマがあってほしかったなぁ、けど、それでも男子よか見ててよっぽどオモロかったし、これからも応援したいよね、って涙ながらに文字情報を見た ... » more

ガスタイクホールでのミュンヘンフィルの演奏会が終わった。ちっとも「悲愴」じゃない「悲愴」だったが、指揮のメータに対するカーテンコールが続いた。最後の方で、第一バイオリンの楽員に花束が贈られていた。その後、指揮のメータが客席に ... » more

ミュンヘンフィルの演奏会場・ガスタイクホールの第一印象だが、音楽ホールというより巨大な国際会議場みたいだ、と感じた。舞台に合わせて扇形状に客席が広がる。ホールの壁沿いに何層もの客席があった。一体何人収容できるのだろうか?。日本国 ... » more

Zauberfloete 通信チェロ/バス全員休み
小編成のオケに入ったのはここ数年のことではあるが、今日の練習はチェロ/バスのメンバーが全員休みで、ファゴットが一人でチェロ/バスおよびソロ・チェロパートを演奏させていただくことになった(曲はハイドンの初期シンフォニーとポルポラのアリア)。 ... » more
テーマ オーケストラ

京都市交響楽団第591回定期演奏会 2015年6月26日(金)19:00〜京都コンサートホール指揮:小泉和裕ピアノ独奏:アンティ・シーララ演奏曲目1.シューマン:ピアノ協奏曲2.ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」99年2月以来約16年ぶり ... » more

5/31(日)の夜に聞きに行ったミュンヘンフィルの演奏会も、予約済だったものの手元にチケットはなかった。ネット経由で予約したので、メールでコンファメーションが届いた。そこには、チケット受け渡しの方法が記されていた。曰く、ミュンヘ ... » more

久々の海外旅行、の巻(本編 その8) 5/31(日)。ドレスデンからミュンヘンに移動する。移動手段は、また列車だった。途中、ライプチッヒで列車を乗り替える。この日は移動の途中だったのと乗り替えの時間が短かったので、駅の外にでての市内観光はなし。駅構内で時間を ... » more

アルベルティヌムという美術館のホールで開かれたドレスデンフィルの演奏会だが、仮設/急造の舞台だったため舞台袖のスペースがない。普通の音楽ホールで開かれるオーケストラの演奏会では、開演前舞台袖で出番を待つ楽員の様子など客席からは伺 ... » more

5/29(金)から30(土)にかけてドレスデンに滞在した。ドレスデンといえば、ゼンパーオーパーと呼ばれる国立歌劇場が有名である。上記の滞在期間中も、モーツァルトの「魔笛」が上演予定だった。そこで「魔笛」の公演につき、ネット経由で ... » more

2015年6月17日(水)19:00〜サントリーホール指揮:尾高忠明ピアノ独奏:小山実稚恵演奏曲目チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番ラフマニノフ:プレリュードト長調(アンコール)ラフマニノフ:交響曲第1番音楽雑 ... » more

合話§鶴とクス・・・2つの弦楽四重奏団 6月第一週と第二週、それぞれ火曜日に弦楽四重奏のコンサートを聴いてきた。第二週に聴いたのは弦楽四重奏団+ヴィオラの五重奏ではあったのだけれど。まず6月2日には、町田市鶴川の和光大学ポプリホールで行われた、鶴弦楽四重奏団の ... » more

パート譜にはどこかミスがあるものと思っていてほぼ間違いない。http://zauberfloete.at.webry.info/201505/article_22.html今回の「魔笛」のパート譜は悪名高い(?)カルマス版。そのため ... » more

久々の海外旅行、の巻(本編 その5) ブランデンブルグ門の後は、ポツダム広場周辺を目指す。依然として、移動手段は徒歩だ。自分としてはドイツ旅行中、急激な体重増加を危惧していた。しかし、この徒歩移動のお陰でそんなこともなく済んだ。逆に「ちょっと、ベルトの穴も縮んだ ... » more

梅雨に入ったはいいけれど、どうにも?なぜか?「雨〜っ!」「湿気がっ!?」みたいな日がいまひとつない気がする今日この頃、皆様、いかがお過ごしですか?とは言うものの。九州では今年も激しい雨になっている、とのこと。どう ... » more

ベルリン国立歌劇場管の演奏会だが、指揮者は名前も聞いたこともない30歳過ぎのとても若い人だった。メインはショスタコービッチ・交響曲第10番。オケはなかなか気合いが入っていて、いい音がする。日本のオケとは違い、弦楽器の後ろのプル ... » more

(初めに)今回のドイツ旅行の日程は5/26(火)〜6/3(水)だった。この間、4回のコンサートに出かけた。すべてオーケストラの演奏会だった。当初の目論みはそうではなかった。1度くらいはオペラも聞きたい、と考えていた。しかし、 ... » more

昨日は6月7日。G・セル、P・ゴーギャン、プリンス、そしてワタクシ!人生予定の三分の一・半世紀をとうとう突破してしまったワケですが。この1年間。お世話になった皆様に心からの御礼を。色々と今までを振り返ったこの ... » more

今日から6月、ってことですが、なにやらこの数日間、火山は噴火するわ、海底でむちゃデカい地震が発生するわ、それもこれも、ぜ〜んぶ、ワタクシたちのせいなのでわっ!?とビビってたじろいでしまっている今日この頃、皆様いか ... » more

Zauberfloete 通信パート譜製本/チェック
11月の演奏会のパート譜が配布された。この団体の場合、オリジナル譜が配られるのだが、最終的には返却するためコピーを作成した。コピーをした後は例によって時間のかかる製本作業。一年中製本ばかりやっているような感じだが、前回のようにスコアからパー ... » more

関西音楽人の力『集』in 石巻公演 東日本大震災復興支援チャリティオーケストラ関西音楽人の力『集』2015と石巻公演に参加しました。2011.3.11東日本大震災が起こって、2ヶ月後の5月には開催された、第一回目のチャリティオーケストラに参加させて頂き、第二回(201 ... » more

練習開始時間が1時間繰り下がったので、時間つぶしに喫茶店に入る。手に取るのはやはりスポーツ新聞。この頃、阪神の戦績は良くなかった(今もだけど...)。紙面には前日の阪神の敗戦に関しいろいろと触れていた。スポーツ新聞は ... » more

昨日は例の住民投票があったわけだけど、どうやら、ぎりぎりのところで全体主義の暴走を食い止めることができたっぽい、という、とりあえず・まずは一息、安堵した今日この頃、皆様いかがお過ごしですか?案の定、電脳空間で ... » more

群馬交響楽団第508回定期演奏会2015年5月16日(土)18:45〜群馬音楽センター指揮:尾高忠明フルート独奏:カール=ハインツ・シュルツブリテン:歌劇「ピーターグライムズ」より「4つの海の間奏曲」尾高尚忠:フルート協奏曲 ... » more

神奈川フィルハーモニー管弦楽団第309回定期演奏会2015年5月16日(土)14:000〜横浜みなとみらいホール指揮:小泉和裕ヴァイオリン独奏:米元響子シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニールセン:交響曲第4番「不滅」2 ... » more

架線にビニールが引っ掛かり、自分が乗った電車が立ち往生。そこで途中下車し、高校の同級生が出演する合唱の演奏会会場(やまと郡山城ホール)へと途中からタクシーで向かう。こんなはずではなかった。何とも想定外の痛い出費である。合 ... » more

この日のNHK−FM「名演奏ライブラリー」で放送されたケンペン/コンセルトヘボウ管の「チャイ5」だが、近年稀に聞くトンデモ演奏だった。第4楽章・コーダで本来聞こえるはずのないシンバルが2発聞こえた。演奏はいいが、こんなオマケは不 ... » more

伯話§ベルリン・フィル次期芸術監督未定 5月11日にベルリンフィル団員による会議が行われたが、サー・サイモン・ラトルの後、2018年からの首席指揮者兼芸術監督人事は決定までには至らず、先へと持ち越しになった。それを報じるベルリン・フィルのホームページには、わか ... » more

 

最終更新日: 2016/11/30 00:36

「オーケストラ」のブログ関連商品

» 「オーケストラ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る