誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    オーケストラ

オーケストラ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: クラシック
テーマ「オーケストラ」のブログを一覧表示!「オーケストラ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「オーケストラ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「オーケストラ」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

こんなに心地良い響きの春の祭典は聴いたことがありません。ふわっと浮いているかのような柔らかさ、スピード感のあるサウンドの一方、バーバリズムやリズムの面白さはしっかりと伝わってきます。若さと熱気を感じます。熱気とはいってもゲルギエ ... » more

ふうせんかずら今日の練習
今シーズン初めての合奏で、チャイコフスキー/交響曲第5番だった。初合奏は、たぶん第1楽章だけか、よくて第2楽章までだろうと予想していたのに、最後まで通したのには驚いた。今日はまず第1楽章を仕上げのテンポで通した。そして第1楽章の終わりの ... » more

東京で「こんな生活」をしていた頃アマオケを掛け持ちしていた、と述べたが、桜が咲く頃に「花見」と称する飲み会があったオケは練習が土曜日。あと、日曜日の午後に練習があるオケがあった。日曜練習のオケは練習場が東京・恵比寿だった。山手線 ... » more

この5、6年、春になって桜の便りが届くとつい花見に行きたくなる。そんなこと、若い時にはこれっぽっちも思わなかった。なので、オケと桜とが結びつく思い出はなきに等しい。だが今はトシをとったせいか、あのオケにいた時はあそこに桜を見に ... » more

ふうせんかずら今日の練習
コンマスの指導による弦分奏で、前半がサン=サーンス「死の舞踏」、後半がチャイ5の第1楽章・第3楽章の冒頭部分だった。サン=サーンスは、前回のオルガン付もそうだったが、実際に自分で演奏してみると、ただ聴くだけよりもはるかに魅力がある曲 ... » more

世の中にはアマチュアの音楽団体が溢れています。それだけ音楽を楽しみたいと考えている人が多いというのは素敵なことだなと思います。いろいろな考え方もありますし、団体の数だけ、所属している人の数だけ音楽活動に求めることがあるような気もします。 ... » more

ふうせんかずら今日の練習
コンマスの指導による「チャイ5」の弦分奏で、前半が第2楽章と第3楽章、休憩をはさんで後半が第4楽章と、第1楽章に戻って前半部分までで時間切れとなった。チャイコフスキーの曲はどれもそうだが、聴くのと弾くのとでは大違いで、聴くといい曲なのに、自 ... » more

ふうせんかずら今日の練習
もう1つのオケのほうも次回の定演に向けての練習が始まった。今日は、ベートーヴェン/交響曲第9番の初合奏だった。今後、しばらくの間は第4楽章のみで、合唱団との合同練習が7月に行われるらしい。3連休の初日ということもあり、決して出席率がよいとは ... » more

悼話§N・アーノンクールさん(音楽家) ニコラウス・アーノンクールが亡くなった。引退を表明して3か月後のことだった。彼と手兵であるウィーン・コンツェントゥス・ムジクスの初来日公演を聴いている……1980年秋のことだが、その当時はそれほど評判にもならず、演奏 ... » more

ふうせんかずら今日の練習
演奏会が終わってホッと一息つく暇もなく、また次の演奏会へ向けての練習が始まった。半年のサイクルが年々短くなっているように感じるのは年のせいだろうか?今日は、コンマスの指導による「チャイ5」の弦分奏で、第1楽章から始まって第2楽章の冒頭ま ... » more

京都なう!で、平日の旅人話については改めてまとめることにして、2月終わりの土曜日に見た『ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る』というドキュメンタリー映画について書いておく。創立125周年を記念してワールドツア ... » more

演奏会が無事に終了した 蓋を開けてビックリというのは正にこのことだ。あんなに客席が埋まっているのは今までの演奏会で経験がない。1階の最前列から3階の後ろのほうまで見事にびっしりと埋まっていた。しかも今までのホールよりも2倍の客席数にもかかわらずだ。そしてホールの音 ... » more

ふうせんかずら演奏会前日
今日は13:30からプログラムへのチラシ挟み込みがあった。約1時間で終了して15:30の練習開始まで1時間あったので、練習会場から徒歩圏内の向島百花園まで散歩に出かけた。入園料は150円。残念ながら他の公園と同様に梅は見頃を過ぎていた。スズ ... » more

ふうせんかずら今日の練習
前半はアンコール2曲とマスネ、後半がサン=サーンスだった。今日は本番のプルト通りに座って「いよいよ」という感じになってきた。急遽練習することになったマスネは、譜面が易しいだけに、そのまま演奏すると単純で面白くないことが課題だったが、今日 ... » more

「ブルックナーは感動よりも予感に震えたい」バレンボイム指揮ベルリンシュターツカペレ2月11日20日 名古屋に続きサントリーホールにブルックナーチクルスの中から都合のつくブルックナー3番の11日、9番の20日へ。20日は、さすがにブルックナーではよく知られた9番、そしてチクルスの最終日、前半のモーツアルトの演奏も含め素晴らしい音、彫りの ... » more

「OZAWA」をもう一度 日曜日。物凄く寝坊。途中自分の咳で目が覚めたけれど、合計10時間くらい眠ったと思う。おかげで体調は良くなってきたけれど、いろいろ後ろ送り。夕方からオケの練習へ。今期はマーラー「復活」だ。実は一ヶ月振りに楽譜を見るのだ ... » more

N響定期・後半の曲はR.シュトラウス・交響詩「ツァラトゥストラはこう語った」だった。ラジオから演奏が流れてくる前、この曲のポケットスコアを持っていたことを思い出した。書棚から引っ張り出して、演奏を聞きながら楽譜を眺める。 ... » more

ふうせんかずら今日の練習
初めにアンコール2曲、休憩後にサン=サーンスの合奏で、オルガンとピアノとの初合わせだった。家に帰ってから録音を聴くと、細かい部分は気になるものの全体的にはいい感じに仕上がってきている。きっと本番はもっと良い演奏になるだろう{%キラキラw ... » more

ラジオから聞こえてきたN響定期でのシューマンのピアノ協奏曲・第3楽章だが、非常にテンポが速かった。最初からそんな解釈なのか、はたまたパニクってそんなテンポになったのかは分からない。ただ、アマチュアならともかくプロの演奏家でそん ... » more

自分が聞きたいラジオ番組だが、放送時間帯が重なっていることがある。標記の日の夜がそうだった。昔の洋楽がかかるラジオ関西「名曲ラジオ」は17:55〜20:00までが放送時間だ。一方、NHK−FMではN響定期の中継生放送があった ... » more

案の定、今年頑張りたい事が全く頑張れてませんが先日、地域の小学校のオーケストラの家族コンサートに行ってみました。お子様制限ないし、無料だし…と子も「演奏会行く」って張り切ってたのでしかーし指揮者が入場したとたん、「お ... » more

ふうせんかずら今日の練習
マエストロが体調不良でお休みのため、コンマスの指導による合奏に変更になった。曲は予定通り、エグモント序曲、アンコール2曲、絵のような風景だった。今日は1日中、昨日の演奏会の「運命」の第4楽章が頭の中をグルグル回っていたが、練習に参加した ... » more

昨日はチョコレート星人の俺にとって年に一度のHappyな日!だから、世間に溢れるチョコレートを眺めつつ、・・・実際にはなけなしの中身の財布を握りしめてコンビニに駆け込んで、やっぱりチョコボールを買ってほおばる・・・ ... » more

演奏会が無事に終了した 終わってみれば、多彩で面白いプログラムだった。予想通り大盛況で、1階席はほぼ満席に見えた。今回は、今までにも増して共演した合唱団の力が大きかったと思う。「乾杯の歌」のソリストも華を添えてくれた。このオケの本番に強いところには毎回感心させられ ... » more

定演プログラム等に掲載する曲目解説の原稿だが、わが「アホブログ」も時として役に立つ。今年5月に行われる定演の曲目については、幸いにも過去拙ブログにて取り上げていた。当然今回の原稿は、それをベースに書いた。いわば、再利用/リサ ... » more

音楽徒然草伊福部昭没後10周年
昨朝、インターネットラジオのOTTAVAを点けると流れていたのは、伊福部昭のタプカーラ交響曲の第2楽章。とりわけ強烈な第3楽章、フィナーレほどではないにせよ打楽器のキレ味が光る第1楽章と異なり、ハープに乗せてフルート、オーボエやコールア ... » more

ふうせんかずら今日の練習
いよいよ演奏会前日になった。今日は初めにプログラム順に全曲通した。冒頭のファンファーレの後に団長の挨拶と、ヴェルディのオペラ曲は1曲ごとに指揮者の解説が入ることになった。アンコールのビア樽ポルカは、今まで以上に盛り上がりそうだ。全曲通してか ... » more

以前このブログで触れたように、アマオケの定期演奏会のプログラムに掲載される曲目解説は団員が分担して執筆する。だが団員の中で自発的に書こうか、と手を挙げるのは実際のところなかなかいない。現在ワラジを脱いでいるアマオケも、多 ... » more

「吠えまくるベルリン」バレンボイム指揮ベルリンシュターツカペレ、ブルックナー1番他 2月4日愛知シンフォニーホールのバレンボイム指揮ベルリンシュターツカペレへ。長年のクラシックファンには待望の公演だけれど、興味を持って行ってやろうっていう若い層とか最近クラシックを聴き始めた団塊の世代を中心とする層には、指揮者も巨匠 ... » more

「気概と気骨」ゲルギエフ指揮ミュンヘンフィル、辻井伸行P「皇帝」、ブルックナー4番「ロマンチック」 11月にミュンヘンフィルへ、辻井さんのピアノもはじめて、ゲルギエフのブルックナーもはじめて。。ベートーヴェンのピアノコンチェルト5番「皇帝」はピアニストが、オケを鼓舞するところがカッコ良いし、それが音に出るのがこの曲の特徴と思ってい ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 02:39

「オーケストラ」のブログ関連商品

» 「オーケストラ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る