誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    オーケストラ

オーケストラ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: クラシック
テーマ「オーケストラ」のブログを一覧表示!「オーケストラ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「オーケストラ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「オーケストラ」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

アマオケによっては、毎回練習の録音を行って団員向けに公開しているところがある。自分の所属先がそうだ。他の団員がこれをどう活用しているかは知らないが、自分としては公開されるたび注意深く聞くようにしている。6/19(日)、メ ... » more

私が現在所属しているオケの練習時間帯は、それぞれ、土曜午前、土曜夜、日曜午後、と棲み分けができているのだが、夏季(5〜7月)だけはそれに日曜午前(今年の場合)という練習が加わることになる。昨日はイレギュラーな練習が入ったため、一日3コマ ... » more
テーマ オーケストラ

ラグビー早慶戦での大敗にショックを受け、花園ラグビー場から近鉄の駅へとぼとぼと歩く。これから後の予定は6時からのオケの譜読み・曲は「メンデルスゾーン・宗教改革」だ。この曲はホルンが2本である。この日の譜読みには当初もう一 ... » more

ひだまりのお話惜話§岩城宏之没後10年
岩城宏之が逝去したのは2016年6月13日で今年が没後10年にあたる。クラシックを聴き始めたのは中学2年の頃のことだった。家にレコードの再生装置はなかったので、ラジオでクラシックを聴くか、あとはせいぜいN響アワーくらいなもの ... » more

ふうせんかずら今日の練習
前半がチャイ5の第4楽章、休憩をはさんで後半がチャイ5の第2、第3、第4楽章の前半の合奏だった。チャイ5の合奏はこれで4回目くらいだろうか?第1楽章から始める事が多いので、どうしても第4楽章の後半が時間切れで練習不足になってしまう。ハイポジ ... » more

我が家の現金収入は、会社の退職年金と厚生年金である。生活を維持するには何とかなるけれど、カルチャーに回せる予算がどれほどあるものかは、この先まだまだ精査していく必要がある。会社勤めの時代は、それなりに“遊ぶ金”があったのをい ... » more

ついこの間の事である。アトランタ交響楽団の87歳になる女性コントラバス奏者がステージで亡くなったというニュースを眼にした。もちろん最高齢オーケストラ奏者であることに間違いはない。ということとは別に、アメリカのオーケス ... » more

奈良市内でも人気が高く、訪れても満員御礼状態で入れないこともある「居酒屋K」。だが、この日の夜はプライムタイムとも言える7時過ぎにも拘わらず空席があった。店の大将に差し入れの「大仏プリン」のお礼を述べ、飲み始める。打ち上げ・ ... » more

ベト7・第1楽章のハイトーンは、周囲から言われる「後押し」的なところがあったのとモロに外しそうになったものの、何とかクリアした。だが、第4楽章になると例の「3重苦」のせいか、唇にも影響が出てきた。この楽章の最後の部分はこのハイト ... » more

奈良県文化会館で定演の舞台に乗るのも、これが4度め。最初は高校3年の吹奏楽コンクール以来だな...との感慨にふけったが、回数を重ねるごとに当たり前の風景となりつつある。今回の定演で演奏する曲の中で個人的に「目玉」となるのは、 ... » more

昨日(5/22(日))、所属するオケ・N響(と言っても、あのわが国を代表する有名なプロオケとちゃいまっせ)の定期演奏会が開かれ無事(?)終了した。定演前夜は十分な睡眠をとって体調を整え本番に備えるべきである。だが、U−2 ... » more

群馬交響楽団第518回定期演奏会(ショスタコーヴィチ10番他) 2016年5月21日(土)18:45〜群馬音楽センター指揮:井上道義ヴァイオリン独奏:佐藤久成☆ハイドン:ヴァイオリン協奏曲第1番☆ゴセック:ガボット(ヴァイオリン独奏によるアンコール)☆ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 ... » more

2016年5月20日(金)19:00〜NHKホール指揮:ネーメ・ヤルヴィ☆カリンニコフ:交響曲第1番☆ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」師匠が日本フィル団員、所属しているアマチュア・オーケストラの指導者陣が神奈川フィル ... » more

合話§鶴クァルテット第2回公演 [承前]これも縁あっての第二現場。N響のメンバーで構成されている鶴クァルテット2回目のコンサートを小田急線鶴川駅に近い和光大学ポプリホールで聴いた。我が家から車を走らせて20分ほどである。第1ヴァイオリン:青木調 ... » more

ふうせんかずら今日の練習
前半がサン=サーンス/「死の舞踏」の2回目の合奏、後半がクーセヴィツキー/コントラバス協奏曲の初合奏だった。サン=サーンスのほうは、個人練習でかなり弾きこんでから合奏に臨んだつもりだったが、あれは仕上げのテンポだろう、指が回らない箇所があっ ... » more

5月も半ば、いつもは天気が悪いのが「普通」という感じもする葵祭が昨日は晴天のもと挙行された、とのこと、いやいや、マッタクもってめでたい限り、と祝うべき今日この頃、皆様いかがお過ごしですか。こなた京都じゃ、葵祭を迎 ... » more

Zauberfloete 通信「メリー・ウィドウ」
7月末の本番に向けてオペラの練習が始まった。今回の演目は「メリー・ウィドウ」。「メリー・ウィドウ」といえば、「こうもり」と並んで最も人気の高いオペレッタ。とはいえ、私自身、「メリー・ウィドウ」の楽しさを実感を持って感じたのは2012年の ... » more

ふうせんかずら今日の練習
久しぶりの合奏で、前半がチャイ5の第1楽章、休憩をはさんで後半が第2楽章と第4楽章の途中までだった。今日は眼鏡を持参するのを忘れてしまったので、臨時記号はほとんど見えない状態だったが、連休中の個人練習の成果か、かなり暗譜ができていてあまり困 ... » more

ショパンコンクールライヴ 〜チョ・ソンジン 初めて聴きました。これはもう別世界ですね。コンクール本番はショパンの作品に絞った連続リサイタルみたいな感じだったのではないかとさえ思ってしまうくらいの演奏でした。このディスクでも、ブリリアントな音、そして表情も豊かでとても素 ... » more

音楽徒然草熱狂の日2016第1日
熱狂の日2016第1日 今年もそんな時期になりました、早いですねぇ。この日チケットが取れたの ... » more

この春、四回目の演奏会を終えた。今回は私が所属している市民オケの演奏会。出番は序曲と「エロイカ」のみ。大崩れこそしなかったが、特に序曲では他の人の演奏の仕方を気にし過ぎていたせいか、冒頭からAのフリックキーを押すべきところをCisキーを押し ... » more

ふうせんかずら今日の練習
コンマスの指導による高弦(ヴァイオリン&ヴィオラ)分奏で、前半がサン=サーンス「死の舞踏」、休憩をはさんで後半がチャイ5の第3楽章と、第4楽章の前半だった。大型連休の谷間ということもあり欠席者が多く、ファーストはたったの2名だったが、演奏す ... » more

バッハ、カンタータの連続演奏会を終えた(5/1)。満員に近い多くの方々に聴きに来ていただいた。心から感謝の意を表したい。本当にありがとうがございました。今回の曲目は下記の通り。○バッハ:カンタータ第131番「深き淵より、主よ、汝を呼ばん ... » more

フェインベルクのアレンジに手を加えてみる・・・ まぁ何と畏れ多いことを(笑)オリジナルの弾けない部分を弾けるように簡単にしてしまうことは、まぁありなんだろうとは思ってはいるものの、そうは云っても抵抗感もやはりあります。ただ、今回はそもそもがアレンジもので、原曲と比べた ... » more

演奏会や歌舞伎観劇する時の座席位置について考えてみた。個人的にクラシックのコンサートの時は、前方よりも後方、それで中央付近であれば申し分ない。自慢できるような耳を持っていないので、せめてはバランスよく聴きたいというのが中 ... » more

(何と)高校2年から吹奏楽部でホルンを始めたが、大学に入学したらオーケストラに入ろうと考えていた。「ワセオケ」の門を叩いたのは大学入学直後の4月だった、と思う。もう、あれから39年も経ったのか...。文学部キャンパスのは ... » more

前回何とも暗い話題を取り上げたので、今回は平常運転に戻り毎度お馴染み「しょ〜もない話」。来月(5月)22日に開催予定の所属先アマオケの定演、微力ではあるが観客動員アップを心掛けている今回も知り合い宛に何本か営業メールを送 ... » more

小学生の金管バンド・ジュニアバンド「ハルモ」のコンサートの後、いったん家に楽器を取りに帰り奈良市内の練習場へと向かう。所属するアマオケの定演は約一か月と10日後。とはいえ、仕上がり具合はまだまだ、だ。これ以上触れると「内部告 ... » more

ふうせんかずら今日の練習
前半は、サン=サーンス/「死の舞踏」の初合奏、休憩をはさんで後半は、チャイコフスキー/交響曲第5番第1楽章の2回目の合奏だった。「死の舞踏」はコンマスのソロがあってファーストとの掛け合いがなかなか面白かった。今日のところはまだテンポがそ ... » more

「答えも運命も全て風の中に」小澤指揮水戸室内管弦楽団「運命」ほか3月29日サントリーホール なんだか追われるように、サントリーホールの小澤指揮水戸室内管弦楽団の「運命」へ。身震いし、音の洪水に椅子の持ち手を押さえながら聞いた飯田での98年2月の小編成のサイトウキネンオーケストラの大感動の演奏会での「運命」。。それに出会いたくて ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 02:39

「オーケストラ」のブログ関連商品

» 「オーケストラ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る