誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    オーケストラ

オーケストラ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: クラシック
テーマ「オーケストラ」のブログを一覧表示!「オーケストラ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「オーケストラ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「オーケストラ」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

季語は・・・短夜短夜に 聴くモーツァルト シュトラウスそして待望の、コンセルトヘボウでコンセルトヘボウ管弦楽団を聴く日がやってきた。指揮はキリル・ペトレンコが予定されていたが、健康上の理由でキャンセル。代わりの指揮者 ... » more

プロフェッショナルなお仕事 時は全ての人の上に平等に流れ、今や2017年の6月になった・・・はず・・・なのに、先月の猛暑日・酷暑日連発はどこへやら、6月に入ってから、むしろ「春」本番、緑が美しい、という印象すら抱く日々が続く今日この頃、皆様いかがお ... » more

悼話§ジェフリー・テイトさん(指揮者) 今年の4月、CBEを受けてサーとなったイギリス生まれの指揮者であるジェフリー・テイトが亡くなった。↓ウィリアム王子によって叙任されるテイト彼の指揮で実演を聴いたのは3度。1987年にサントリーホールで、内田光子とイギ ... » more

一流どころのアマオケはさておき、ヘタな(発展途上の、と言い換えるべきか)のアマオケでは団員の多くはは(自分も含め)楽譜にかじりついてばかりで、顔を上げて指揮者やコンマスを見ることなどまずない。まさに「目の前のおたまじゃくしを追い ... » more

ピアノの佐野隆哉さん(音27期・講師)が出演します。※佐野さんは国立音大の非常勤講師です。国立音楽大学第127回オーケストラ定期演奏会2017年7月3日(月)19:00 ... » more
テーマ オーケストラ コンサート 音27期・講師

昼食からホールへと戻り、開演時刻を楽屋と舞台袖で待つ。前回定演(2016年12月)は1曲降り番だったので、出番を待つ間は楽屋備え付けのTVでラグビー早明戦を観戦していた。試合を見るのに夢中だったせいか、出番直前まで不安に駆ら ... » more

暦の上ではそろそろ5月がオシマイ、いよいよ梅雨が近づいてくる・・・はずなのに、もはや、春と秋が消滅し係っているのみならず、梅雨、ってのもなくなって、一気に真夏なんですかっ?!ヽ(`Д´)ノって怒る余り、余計に体温があがっ ... » more

露話§NHK交響楽団〜ミューザ川崎〜 C席2500円という、お財布に優しいN響のミューザ川崎演奏会に行ってきたのは、先週木曜日のこと。指揮はウラディーミル・フェドセーエフ……御年85歳だが矍鑠たる指揮姿だった。ショスタコーヴィチ:祝典序曲 Op.96チャ ... » more

本番前日の「チラシ挟み」・ゲネプロが終わったのが午後8時過ぎ。腹も減ったが、酒も飲みたいものである。本来ならば食事を主にしてビールを一杯程度にすべきだが、自宅最寄り駅の周囲にはそんなニーズを満たす店はほとんどない。食事がとれ ... » more

時系列的には前後するが、ゲネプロがあった定演の前日(5/20土)の朝、ちょうど1年後の定演会場の予約手続きに行った。朝の8時半過ぎに奈良県文化会館に到着する。ホールの前の芝生には、シカがいた。明日のちょうどこの時間、また ... » more

平日15時開演というミューザ川崎のN響コンサートを聴いてくる。我が家からは電車を乗り継いで1時間ほどの道のりである。指揮はウラディーミル・フェドセーエフで、オール・ロシア物のプログラムは、ショスタコヴィッチ、チャイコフスキー ... » more

一昨日(5/21(日))、所属先のアマオケの定期演奏会が行われた。会場はいつもの文化会館だった。定演前日の5/20(土)は、ゲネプロ(と関西では呼ばれないが)である。自分が所属するアマオケには、ゲネプロの前に団員総出による恒 ... » more

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」 今はまだ5月、5月と言えば新緑が目にも鮮やかで朝晩はさわやかな日々・・・のはずなのに、今週も殆どの日で、日中最高気温が30℃を超えます〜、って平然と、当たり前のように天気予報で言ってるのを聞いて、ますます「美しい国・日本」か ... » more

着話§コンサートの衣装様変わり クラシックのコンサートで男性が切る衣装といえば、燕尾服かタキシード、マチネーであればモーニングかディレクターズスーツあたりがかつてのお約束的定番だった。徐々に時代は変わって、たぶん21世紀に入る前後のことだっただろうかと ... » more

これ以上何か注文するのだったらあなたが指揮するとおりに演奏するぞ!絶版になってしまった『ウィーン・フィル えぴそーど』という本からウィーン・フィルのメンバーのユーモアにあふれ、しかも何とも恐ろしい一言である。…… ... » more

連休が始まる時は「何しよう?」と思ってたのに、終わってみたら「あっという間にすぎちゃった、なーんもできへんかった、という後悔先に立たず、という愚行を今年も・性懲りも無く繰り返してしまった連休明けの月曜日、皆様いかがお過ご ... » more

最高の男たちの冒険エピソードX 先月14日のマーラーの2番「復活」をここ県劇に聞きに来てから3度目の熊本。2度目は2日前の阿蘇ファームランドですよ。どんだけ熊本に通ってんだ。笑今回は待ちに待った「最高の男たち」。3年前福岡に戻ってきたとき、「絶対こ ... » more
テーマ オーケストラ 熊本 最高の男たちの冒険

逃話§聴かず嫌いのクラシックあれこれ[1] どうも……イメージだけで決めつけて聴く聴かないを選んでいた節があったような気はしないでもないが、実際に聴いてもやっぱり“肌に合わん!”となった作曲家は少なくなくて、代表の最たる存在が……フランツ・リスト……なのである ... » more

この春2回目の演奏会を終えた(4/30)。バッハのカンタータ連続演奏会で、曲目は下記の通り。○カンタータ第176番「人の心には、奢り臆するところあり」"Es ist ein trotzig und verzagt Ding", BW ... » more

蕪話§ベートーヴェン交響曲連続演奏会 武蔵野市民文化会館リニューアルオープン記念公演として、ベートーヴェン交響曲連続演奏会が4日にわたって行われた。そのうち後半の2日間に行ってきたので、簡単に感想を書いておく。既に20日に6番と7番、21日に4番と5番が演奏され ... » more

2017年4月21日(金)19:00〜アクロス福岡シンフォニーホール指揮:小泉和裕ピアノ独奏:アレクセイ・ゴルラッチ演奏曲目1.ウェーバー:歌劇「オイリアンテ」序曲2.ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲3.R.シ ... » more

今日と明日は、武蔵野市民文化会館のリニューアルオープン演奏会。マルティン・ハーゼルベックがウィーン・アカデミー管弦楽団を指揮してのベートーヴェン交響曲全曲コンサートの後半に行ってくる。今日は1番、2番、3番。明日が8 ... » more

酒とばらばらの日々抜けている
抜けている 日曜日、オケの練習。じーっと「センセマヤ」の譜面を見ていたら、楽譜に大事なモノが抜けているのに気付きました。何が抜けてるかお判りになりますか?(鉛筆書きは、分数の計算をしたのではなく、印刷が潰れて見えなかったので ... » more

先週頭からノドがイガイガし始めて、「やっぱ今年も花粉にやられたか」と思いつつ耳鼻科に行って見てもらったら「熱があれば風邪、熱が無ければ花粉症」という、いかにも手抜きな答えをもらって帰ってカミさんに報告すると「そういや ... » more

この春2回目の演奏会を終えた。悪天候にもかかわらず多くの方々にご来場いただいた。あらためて感謝の意を表したい。首や肩の痛みが相変わらず良くならず、最近は(血流不足のせいか)頭痛もすることに加え、午前中楽屋でめまいを起こし、健康状態が危ぶ ... » more

ヴァイオリンの森岡聡さん(音36期)が出演します。紀尾井ホール室内管弦楽団第106回定期演奏会リニューアル・オープニング2017年4月21日(金) 開演:19時2017年4 ... » more

定年退職から一年半が過ぎ、ようやくペースがつかめてきたと感じているが、ここに来て少しずつクラシックの演奏会の予定が入り始めてきた。とりあえずは先週聴いたオッテンザマーのクラリネットに始まって、3月から6月まで7回行くこと ... » more

こころの文庫泣かせた娘
泣かせた娘 なんと幸運!最高に幸せ気分を味わえた1日だった。今日は娘が参加する明石フィルハーモニーの定期公演。朝9時に家を出発。会場は1時半だが、家でじっと時間を待つ気になれなかった。会場は自由席。入って1年の娘 ... » more

今年初めての演奏会を終えた(3/24)。私の所属する団体による「東日本大震災6周年・熊本地震1周年追悼公演」で曲目は下記の通り。○プーランク:「サルヴェレジーナ」○ハイドン:「十字架上のキリストの最後の7つの言葉」(オラトリオ版) ... » more

簧話§オッテンザマーのクラリネット 武蔵境駅にほど近い、客席数二百足らずというキャパシティの武蔵野スイングホールで、ウィーンフィル首席クラリネット奏者ダニエル・オッテンザマーの演奏会を聴いてきた。父エルンストは、同じくウィーンフィルの首席クラリネット奏者で、 ... » more

 

最終更新日: 2017/10/16 14:23

「オーケストラ」のブログ関連商品

» 「オーケストラ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る