誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    外国人

外国人

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「外国人」のブログを一覧表示!「外国人」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「外国人」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「外国人」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

協議の結果、入国管理局は陳美蘭に「日本人の配偶者」として在留することを認めることにした。不許可、そして退去強制という結論でなければ、行政訴訟は提起されることはない。一見して苦渋の決断と映る結果ではあったが、そうすることで入国管理局が傷つ ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

抗議を受けるまでもなく、入管は西山の報告を受けた首席入国審査官が、本省の訴訟担当検事に事情を報告していた。内部手続である裁決について言えば、どのような取り調べであっても、違反容疑が確定しているのであれば、退去という結論で決着をつけるに問 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

東京入国管理局の正面玄関から陳美蘭は出てきた。傍にはメイランの腕をしっかりと握った片岡がいる。退去という判定が出た口頭審理の後に、法務大臣の裁決を望んで異議の申し出をした。口頭審理の最中はメイランも片岡も何度諦めようと思ったか知れな ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

しかしそんな西山の思惑を越えて、陳美蘭の周辺の状況は変化していたようだった。まさか公務員の男が陳美蘭と付き合っていたとは想像もしていなかったし、その男が陳と結婚する等とは知り得ようもなかった。だがそんな言い訳が通るような状況ではないこと ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

陳華平という男が何をしてきた男なのかについて、西山は知ってはいなかった。稲山たちがずっと追いかけている男であるとしか知らなかったが、稲山たちの熱心さから推測するに、その男はかなりの大物であろうと考えていた。その男と結婚していた女が、 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

審判部門の首席入国審査官は西山の話を聞いていて、見る間に眉間の皺を深くしていた。「それは誘導尋問ととられかねないぞ、西山君。在留特別許可ということになれば、彼らもそれまでのことについて何も言わないだろうが、在留は許可しない、強制送還だと ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

「で、でも、それはそうとして、あなたが結婚したのは陳さんが不許可になってからじゃないですか。強制送還されそうになったから、慌てて結婚というのはどうなんでしょうね」「慌てた訳じゃありませんよ。結婚はずっと考えていましたよ、少なくとも僕 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

「冨樫先生がそう言った。そう言っているというのですか」「ええ、取り次ぎというのはそういうものだと言っていましたね。申請者が言うことを信じていると。まさか離婚しているという事実を隠すなんて思いもしなかった。そう言っていますね」「そんな ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

口頭審理室で西山と対峙する片岡はもう以前の片岡ではなかった。自分に自信が持てずに悶々としていた頃の片岡のおどおどとした様子はそこにはない。何しろずっと焦がれていた陳美蘭との結婚を果たし、妻を救うただ一人の男となったのだから。「それま ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

冨樫は西山の術中に嵌ってしまった。西山は離婚した夫をそのまま夫として記載したのが単純な誤りではなく、陳美蘭が故意に事実を告げないで記載させたものだと言わせたのだった。これで陳美蘭野退去強制は決定的になったと西山は考えていた。事実を曲げて ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

西山の曖昧な返答を冨樫は、美蘭が自分の身を守るために責任放棄をしようとしていると、勝手に想像して受け取ってしまった。短い面会時間しか取れない冨樫は、収容されてからの美蘭と話をしていなかった。美蘭からの依頼によって片岡へ伝言したことで ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

口頭審理室には西山と冨樫の二人だけだった。「どのような理由があるにせよ、申請書には事実を記載しなければならないのだよ。先生も取り次ぎを業としているのですから、そこのところはご理解いただけますね。離婚しているにも関わらず在日の夫として ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

口頭審理を請求した容疑者はすべて異議の申し出まで行くのが通例だから、異議を申し出たとしても在留を認める理由がないとする裁決が下りるような決定的なものを見つけるか、もうひとつには在留を継続することを諦めさせて帰国するように仕向け、口頭審理の請 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

初体験告白掲示板(男性)http://www.erotown.com/toupara/bbs/b01_1/index.cgi?page=580金髪碧眼は、中出しを極端にいやがるP.42[1784] ユース ... » more
テーマ 外国人

口頭審理に当たっては、容疑者と証人に対し、期日を指定して取り調べをしなければならない。西山は記録を見ながら、容疑者と不法残留後に婚姻した夫を取り調べる前に、申請手続きを取り次いだ行政書士の冨樫を調べようと考えた。不法残留後の婚姻など ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

違反審査が終了し、口頭審理の請求をしてきた事件の書類が山積みとなっていた。その殆どは日本人や永住者と婚姻していることを理由として、在留を希望するために口頭審理を請求してきている事件だ。丹念に書類を括りながら見ている西山統括入国審査官 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

事件は違反審査をあっという間に終えると、特別審理官の口頭審理に回された。不法残留は動かし難く、違反調査が終わり、引渡しを受けた入国審査官による違反審査でも、違反の事実を調べ、認定するだけだから、そこまでで終われば結果は退去という結論にな ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

ただ、そうした美蘭の願いは入管に聞き届けられることなく、美蘭の申請は不許可となって収容されているという。こうなっては片岡と結婚して、日本人の配偶者として在留させてくださいと申し出るしか無いというのだ。片岡は冨樫から渡された陳美蘭と署 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

片岡は通常一週間は掛かる戸籍の記載を、三日で終わらせようとしていた。時間が惜しかった。美蘭は収容場という入管施設に閉じ込められている。一刻も早くそこから助け出したいと心は逸るばかりだった。冨樫から婚姻届の用紙を貰った時には、事情が呑み込 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

「そうよね、離婚しているのでしょ!でもね、あなたの申請書には在日の親族として陳華平さんの名前が書かれているのよ。夫としてね。これが事実に違背する虚偽申請だとされたようよ。事実と違うことを書いて申請したものを許可する訳には行かないというこ ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説  コメント(2)

「いいえ、理由なんてどうでもいいのです。入管は最初から許可するつもりがなかったのでしょうから。・・・でも、聞いてみたいわ。その理由を」そう言って艶然とした微笑みを浮かべた陳美蘭は、線の細いあやふやさを湛えた最初の印象から、強かに今を生き ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説  コメント(2)

簡単な調査だと言われていた。月島警守長は陳美蘭を前にして、事件記録を広げながら何から話そうかと考えていた。在留資格変更許可申請が不許可となった不法残留事案だから、不許可となったことだけを審査部門では告げているだろう。しかし一旦、警備 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

「麻取は何故その時、二人を捕まえなかったんですか」九鬼の問に海老川は答える。「薬物で追いかけていたのは劉真栄で、陳華平と稲川には逮捕状が出ていなかったということです。何でも薬物を入手し、それを販売したり、販売目的でパーティーを主 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

「誰が劉真栄を殺したのか分からないので何とも言えないけれど、陳華平と劉真栄は一蓮托生の間柄で、相互に依存し合っていた筈なんですよ。それに陳が劉を殺そうとしたら、逆に劉にやられていてもおかしくはない」九鬼は被収容者名簿で想像する劉の姿 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

埼玉県警本部の海老川警部補が九鬼のもとを訪れていた。日本旅券の不正入手事件を追っていたが、荒川河岸に複数の死体が遺棄されていた事件と関連することがわかり、海老川の捜査は広がりを見せるとともに、終着点を見いだせない状況に陥っていた。「 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

事件そのものは不許可による不法残留だから、不許可の理由が曖昧であったり、恣意的なものであったりしない限りは、仮に行政訴訟になっても入管側が負けるようなことはない。花村は通報記録の『在留資格の変更を許可する実態が認められない』とした根拠が ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

花村の眼に鋭い光が戻っていた。連日引き渡されるルーティンワークのような均一化した事件処理に追われて、決まりきった違反調査にすっかり慣れてしまっていた花村だったが、様々な事案が複雑に絡み合っている事件の関係者を引き渡されたことで、忘れてし ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

今回の不許可による引渡しがそれらに関係するものであれば、不許可の理由は偽装結婚なのかと思ったのだが、記録を読み進めるとそうではなかった。不許可の理由は『在留資格の変更を許可する実態が認められない』という簡単な言葉で告げられているだけだっ ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

花村は午後に移送されてくる不法残留外国人の記録を点検していた。不許可処分通知書から始まる事件記録を見ている花村の手が止まる。記録の中に見慣れた名前を見つけたからだ。変更申請を取り次いだ申請取次行政書士の名前が、一連の偽装結婚を取り次いだ ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

カップル喫茶で、バックから生で挿入される、妻の姿が『なんでも告白』P.51http://www.2219sv1.net/bbs06/joyful.cgi[39206] やられた妻なか投稿日:2010/03/29 (月) ... » more
テーマ 外国人  コメント(1)

 

最終更新日: 2017/06/21 12:36

「外国人」のブログ関連商品

» 「外国人」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る