誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    外国人

外国人

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「外国人」のブログを一覧表示!「外国人」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「外国人」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「外国人」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

幸せ探しの旅富士山へ
富士山へ 10年ぶりに富士山を見に小旅行をしました。前回は5合目まで車で上り、7合目の山小屋で仮眠して、早朝山頂を目指しました。途中無数の流れ星を見る機会がありましたが、ゆっくり見ることはありませんでした。登頂したときにはすっかり太陽 ... » more

海老川警部補は途方に暮れていた。あと一歩まで追い詰めたと思っていた被疑者の手掛かりが、目の前に突如現れた霧の中に溶けこむように失われていた。陳華平が成田から入国したあの時に捕まえられなかったことが、海老川を五里霧中の状況に陥れたことは間 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

俺が受任した案件については、依頼者と連絡が取れなくなるようなことがあれば格別、基本的に受任した案件に係る質問については随時応じることにしているし、在留中に留意しなければならないこと、変動・変化があった時にしなければならないことなどについて、 ... » more

入国管理局は公務員の定員削減計画下においても増員が認められてきたが、それは主に不正規の外国人を取り締まる入国警備官に振り向けられてきた。正規業務を取り扱う入国審査官は増員対象にはなく、減少傾向は続いている。特に繁忙期である3月、4月や年 ... » more

在留期限が到来しても、許可されないことに焦りを感じた取り次ぎをした行政書士は、俺にどうしたら良いのかを問い合わせて来た。審査窓口の混雑具合や、入国管理局の審査官が夏休みに入る時期でもあったから、それで許可が遅れているのではないかと想像す ... » more

その行政書士は何でもない更新申請だと考えていた。だから、金のかかる俺に相談や助言を求めることなく、必要最小限度の申請書を作成し、取り次いだのだった。二週間もすれば許可通知が届くと思っていたところ、届いたのは追加資料の要請だった。申請 ... » more

入管手続きの依頼を受けて、申請取次行政書士や申請取次資格を有する弁護士などが、認定や変更、更新などの申請を取り次いで許可を受けた後のアフターケアについて考えてみたい。先月のことだ、ある行政書士から「昨年、在留資格の変更を申請する時に、先 ... » more

ロシア人研修生の人妻とやりまくった5/6外国人告白・体験談│異国の性http://blog.livedoor.jp/adustory-gaikokuzin/?p=5「ロシア人人妻研修生B」妊娠、ご主人は激怒、会社 ... » more
テーマ 外国人

ロシア人研修生の人妻とやりまくった4/6外国人告白・体験談│異国の性http://blog.livedoor.jp/adustory-gaikokuzin/?p=5「ロシア人人妻研修生A」入園料もアイス代も食事代 ... » more
テーマ 外国人

ロシア人研修生の人妻とやりまくった3/6外国人告白・体験談│異国の性http://blog.livedoor.jp/adustory-gaikokuzin/?p=5「ロシア人人妻研修生@」エルヴィラさんから、電話 ... » more
テーマ 外国人

ロシア人研修生の人妻とやりまくった2/6外国人告白・体験談│異国の性http://blog.livedoor.jp/adustory-gaikokuzin/?p=5「ロシア人人妻研修生@」小さく悲鳴を上げ、眉をひ ... » more
テーマ 外国人

ロシア人研修生の人妻とやりまくったT/6外国人告白・体験談│異国の性http://blog.livedoor.jp/adustory-gaikokuzin/?p=5「ロシア人人妻研修生@」26歳、人妻、子持ちのエ ... » more
テーマ 外国人

「ナニこれ?!」こんなん入る訳ないじゃん外国人告白・体験談│異国の性http://blog.livedoor.jp/adustory-gaikokuzin/?p=6「大きくないともうダメかも」夏休みになったばっか ... » more
テーマ 外国人

綺麗なパイパンの縦筋一本。把瑠都の国?2/2外国人告白・体験談│異国の性http://blog.livedoor.jp/adustory-gaikokuzin/?p=8「ツルペタ金髪ツインテール」やりまくった。生 ... » more
テーマ 外国人

綺麗なパイパンの縦筋一本。把瑠都の国?T/2外国人告白・体験談│異国の性http://blog.livedoor.jp/adustory-gaikokuzin/?p=8「ツルペタ金髪ツインテール」北欧勤務、死 ... » more
テーマ 外国人

「オーマイガッド…。アゥ、オゥ…。アン!」外国人告白・体験談│異国の性http://blog.livedoor.jp/adustory-gaikokuzin/?p=13「ホームステイ先で」かれこれ4年も前になりま ... » more
テーマ 外国人

退去手続きの間にホアホアの所在を突きとめることが出来ない場合、九鬼は送還される段になって、成田空港で最後の一押しをしようと考えていた。その思惑も叶わずメイランは、謎の微笑みを残して再び在留することになった。九鬼は千載一遇の機会を逸し ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

あの日から九鬼は陳美蘭の動向調査を、埼玉出張所の入国警備官に依頼していた。どちらに転んでもおかしくはない状況に、陳美蘭はいた。確かに申請書に虚偽の記載があったし、署名しているのは陳美蘭本人なのだから、九鬼は強制送還できるものだと信じ込ん ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

協議の結果、入国管理局は陳美蘭に「日本人の配偶者」として在留することを認めることにした。不許可、そして退去強制という結論でなければ、行政訴訟は提起されることはない。一見して苦渋の決断と映る結果ではあったが、そうすることで入国管理局が傷つ ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

抗議を受けるまでもなく、入管は西山の報告を受けた首席入国審査官が、本省の訴訟担当検事に事情を報告していた。内部手続である裁決について言えば、どのような取り調べであっても、違反容疑が確定しているのであれば、退去という結論で決着をつけるに問 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

東京入国管理局の正面玄関から陳美蘭は出てきた。傍にはメイランの腕をしっかりと握った片岡がいる。退去という判定が出た口頭審理の後に、法務大臣の裁決を望んで異議の申し出をした。口頭審理の最中はメイランも片岡も何度諦めようと思ったか知れな ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

しかしそんな西山の思惑を越えて、陳美蘭の周辺の状況は変化していたようだった。まさか公務員の男が陳美蘭と付き合っていたとは想像もしていなかったし、その男が陳と結婚する等とは知り得ようもなかった。だがそんな言い訳が通るような状況ではないこと ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

陳華平という男が何をしてきた男なのかについて、西山は知ってはいなかった。稲山たちがずっと追いかけている男であるとしか知らなかったが、稲山たちの熱心さから推測するに、その男はかなりの大物であろうと考えていた。その男と結婚していた女が、 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

審判部門の首席入国審査官は西山の話を聞いていて、見る間に眉間の皺を深くしていた。「それは誘導尋問ととられかねないぞ、西山君。在留特別許可ということになれば、彼らもそれまでのことについて何も言わないだろうが、在留は許可しない、強制送還だと ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

「で、でも、それはそうとして、あなたが結婚したのは陳さんが不許可になってからじゃないですか。強制送還されそうになったから、慌てて結婚というのはどうなんでしょうね」「慌てた訳じゃありませんよ。結婚はずっと考えていましたよ、少なくとも僕 ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

「冨樫先生がそう言った。そう言っているというのですか」「ええ、取り次ぎというのはそういうものだと言っていましたね。申請者が言うことを信じていると。まさか離婚しているという事実を隠すなんて思いもしなかった。そう言っていますね」「そんな ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

口頭審理室で西山と対峙する片岡はもう以前の片岡ではなかった。自分に自信が持てずに悶々としていた頃の片岡のおどおどとした様子はそこにはない。何しろずっと焦がれていた陳美蘭との結婚を果たし、妻を救うただ一人の男となったのだから。「それま ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

冨樫は西山の術中に嵌ってしまった。西山は離婚した夫をそのまま夫として記載したのが単純な誤りではなく、陳美蘭が故意に事実を告げないで記載させたものだと言わせたのだった。これで陳美蘭野退去強制は決定的になったと西山は考えていた。事実を曲げて ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

西山の曖昧な返答を冨樫は、美蘭が自分の身を守るために責任放棄をしようとしていると、勝手に想像して受け取ってしまった。短い面会時間しか取れない冨樫は、収容されてからの美蘭と話をしていなかった。美蘭からの依頼によって片岡へ伝言したことで ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

口頭審理室には西山と冨樫の二人だけだった。「どのような理由があるにせよ、申請書には事実を記載しなければならないのだよ。先生も取り次ぎを業としているのですから、そこのところはご理解いただけますね。離婚しているにも関わらず在日の夫として ... » more
テーマ 外国人 入国警備官 小説

 

最終更新日: 2016/12/08 14:27

「外国人」のブログ関連商品

» 「外国人」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る