誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    鳥海山

鳥海山

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「鳥海山」のブログを一覧表示!「鳥海山」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「鳥海山」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「鳥海山」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

大曲の花火のち影鳥海のはずが 鳥海山鉾立〜七高山ピストン2012/08/26曇りのち晴れ鉾立2:15→御浜3:10→七高山4:40〜5:37→鉾立7:50昨年は、影鳥海(+オコジョ)を見た後に大曲の花火を楽しんだのだが(その時の様子はこちら)、今 ... » more
テーマ 鳥海山

月山8合目は、ニッコウキスゲのお花畑♪ 鳥海山もクッキリと見える眺望は素晴らしい♪ 2012年7月20日山形4山の登山旅行で、初めの月山(がっさん;1,984m)への登山は、多少雲はあるものも、見晴らし良好で、サイコ〜でした♪登山道から見える鳥海山(ちょうかいさん;2,236m)の眺め♪ニッコウキスゲなどの花々、残雪と新緑 ... » more

鳥海山初登頂(平成22年10月21日) 秋も深まり初雪の声も聞かれそうな早朝に鉾立を発つ。整備の行き届いた山道をぐんぐんと登り御浜小屋を過ぎる。鳥海湖を右手に望みながら御田ヶ原の石段を登ると新山の険しい岩肌がガスの向こうに見えてきた。七五三掛から左の千蛇谷を下ると雪渓がまだ残って ... » more
テーマ 鳥海山 過去の山行 登山

総集編月山森から鳥海山(平成24年9月23日) 7月初めは月山森へは登れなかったので、逆コースで月山森から鳥海山を時計周りで周回した。途中は月山森、御浜小屋、御室、七高山、河原宿と短時間ではあったが休憩もできた。千蛇谷を越える頃からガスが出て来てかなり寒かった。目だし帽とインナーの冬用手 ... » more

帰還(平成24年9月23日) 先ほどまで軒先で休んでいた下山者もいなくなった河原宿小屋で最後の休憩を一人でとった。石段の前にロングスカートを履いた貴婦人のような石を積んだオブジェがあった。それは斜めから見ていたからで正面から外輪をバックに写真を取ろうとして見直すと河童の ... » more
テーマ 鳥海山 登山

秋の花(平成24年9月23日) 薊坂を下ると雲の下に出たようで展望が開けて来た。雨交じりだったが遠く河原宿小屋も見えて来た。何人かのパーティが縦列を作って雪のない心字雪に向かっているのが見えた。足の疲労はそれほどでもないが、雪のない涸れ沢は石が雨粒に濡れていて滑りやすく、 ... » more
テーマ 鳥海山 登山

七高山で疲労回復(平成24年9月23日) 七高山で残りのサンドイッチを食べるが歩き始めて8時間が過ぎて疲労感があった。無理に呑み込むように喉に入れたがここも10分くらいで後にした。予想したように外輪は風が強かった。すぐに家族連れと思われる3人パーティにあった。父親は悲壮な感じで新山 ... » more
テーマ 鳥海山 登山

七高山の岩壁登攀(平成24年9月23日) 今度はGPSを持っていたので心配することなく七高山を目指して歩き出すが、常に画面を見る訳でもないので、新山をトラバースしすぎて裏手のほうに回ってしまったようだ。それは娘からの携帯がその時なったのではっとして気付いた。折り返して沢の底に着くが ... » more
テーマ 鳥海山 登山

新山を下り目印も探せないので声の聞こえるほうへと進むと七高山から下ってくるパーティと出会った。私は大きな声で御室に行く人いませんかと、叫んだ。御室には私を待つ迷い人とザックがある。この私も迷い人だったが。七高山から下る人は御室の名前も知らな ... » more
テーマ 鳥海山 登山

御室(平成24年9月23日) 御室までのきつい登りでは下山者と何度かスライドしたが、みな疲労がにじんでいた。上の天気はどうでしたかと聞くとガスが濃くて御室までで帰って来た人もいた。ひげには霜が降りていて、厳しい寒さが伝わって来そうだったが私は目だし帽にインナー手袋という ... » more
テーマ 鳥海山 登山

稲倉岳への尾根(平成24年9月23日) 千蛇谷を下ると稲倉岳に続く険しそうな尾根が見えた。以前は夏道もあったそうだが、今は山スキーの人気コースだそうだ。月山の品倉尾根のように見えるが険しさは飯豊本山から見たダイグラ尾根を思い出させた。千蛇谷には雪渓が僅かに残っていたが渡るのに ... » more
テーマ 鳥海山 登山

千蛇谷を下る(平成24年9月23日) 七三五掛までは気持ちのいいハイキングの様な登山だった。ゆっくりと立ち止まることはなかったが、こうして鳥海湖の周りを彼女のように歩くだけでいいのかもしれない。山の天気は変わり易いが小屋で会った主が言っていたように風は月山森や外輪を吹き上げてい ... » more
テーマ 鳥海山 登山

私、歩くの遅いんです(平成24年9月23日) 御田ヶ原に着くとザックが石の上に置いてあった。前方をみると水筒だけをぶら下げた女性を見つけた。私より年上に見えたが単独行のようだった。これから山頂まで行きますというとびっくりした顔をした。鉾立からは大勢、もう先に行ってしまった後だったからか ... » more
テーマ 鳥海山 登山

御浜小屋での語らい(平成24年9月23日) T字分岐から御田ヶ原分岐までは7月に逆コースを歩いたがまだ残雪で覆われていた上にガスが濃くGPSがなければ遭難したかもしれない。今歩いてみると鳥海湖の谷側をトラバースし蛇石流分岐に下る道が地図とすこし違っているようだった。鳥海湖が見える ... » more
テーマ 鳥海山 登山

幸治郎沢から千畳ヶ原(平成24年9月23日) 月山森から千畳ヶ原に行くには幸治郎沢を下らなければならない。急いで怪我をしては詰まらないし、遭難するわけにもいかないので時間をかけてゆっくり下りた。あとで新山で多くの登山者に会うがここを歩いた人は確認できなかった。千畳ヶ原を望みながらだから ... » more
テーマ 鳥海山 登山

月山森(平成24年9月23日) 月山森は踏み跡もしっかりしていて思ったより早く着いた。山頂には標識もなく尾根をそのまま進むと岩陰に風をしのげるスポットがあった。向こうの山のガスも運良く強風で吹き飛ばされ展望が得られた。山腹はまだ緑が息づいているが草原に下るにつれて黄色に色 ... » more
テーマ 鳥海山 登山

エーデルワイスが時を告げる(平成24年9月23日) 八丁坂を登りつめ、傾斜が緩くなると沢の音が聞こえて来た。その音は7月に比べれば軽やかになり、雪解けの終わろうとしていることが分かる。河原宿小屋が見える頃に、エーデルワイスの曲がどこからともなく聞こえて来た。時計を見るとちょうど6時だった。小 ... » more

灯台の光(平成24年9月23日) 八丁坂を登る頃にはすっかり明るくなった。朝露を溜めた低木が左右に茂る細い登りは足元が滑りやすく、枝や葉から落ちた滴でズボンは濡れてしまった。暑さに負けそうだった登山は1週間で寒さ対策をしなくてはならなくなっていた。しばらく登ると見晴らしが良 ... » more
テーマ 鳥海山 登山

滝ノ小屋(平成24年9月23日) その日は2時前に目が覚めた。前日の食べ過ぎが祟ったのか腹痛が気になる。予定より30分くらい早く支度を終えて出発。登山口のある滝ノ小屋登山口駐車場に着いた頃にもまだ薄暗かった。もう数台の車が駐車していて、ランプの光が眩しく感じた。何とか灯りな ... » more
テーマ 鳥海山 登山

速報 月山森から鳥海山(平成24年9月23日) 7月初めは月山森へは登れなかったので、逆コースで月山森から鳥海山を時計周りで周回した。途中は月山森、御浜小屋、御室、七高山、河原宿と短時間ではあったが休憩もできた。千蛇谷を越える頃からガスが出て来てかなり寒かった。目だし帽とインナーの冬用手 ... » more

2012年 09月02日 鳥海山 お酒を呑んだ〜翌朝は〜〜{%音符A(キラキラ)hdeco%}ヤッパ登山だべ!今日は1年ぶりの鳥海山に登ります{%表情天狗 ... » more

2012年 09月01日 鳥海山 (観光編) 恒例の鳥海山交流会の日が来ました今年は青鬼さん・東京Sさんの希望もあって前日は秋田観光です{%ドライブうれしい(ブンブン)hdeco ... » more

キスゲWeek! 初日は鳥海山 鳥海山鉾立〜御浜〜新山〜七高山〜心字雪渓〜月山森〜千畳ヶ原〜鳥海湖南岸〜岩峰分岐〜鉾立2012/07/21晴れ時々曇り鉾立7:02→御浜8:00〜10→山頂小屋(山頂美術館)9:43〜55→新山10:03〜08→七高 ... » more
テーマ 鳥海山 花の山

鳥海山の雪渓スベリは、楽しい♪ 夏でも残る雪渓はヒンヤリして涼しい♪ 2012年7月20日から22日の山形4山の最後の登山が鳥海山(ちょうかいさん;2,236m)。至る所に雪渓の残る光景に感動しましたが、見るだけでなく、下りでは雪渓スベリを楽しみました♪富士山の大砂走りや岩手山の砂スベリと同じ要領で、靴のかか ... » more
テーマ 山形4山 鳥海山 雪渓スベリ

心字雪の雪解け水で潤う(平成24年7月8日) 河原宿小屋は施錠されていた。水場は脇の沢だろうか。滝ノ小屋まで我慢する。八丁坂をアイゼンをつけてよくのぼったものだと思い出した。途中にスキーをXに交差させてかついで下りる方を見かけた。心字雪を滑降したのだろうか。滝ノ小屋近くの雪渓はそのまま ... » more
テーマ 鳥海山 登山

月山森を見上げる(平成24年7月8日) 沢を登り切ると平原が河原宿小屋まで続く。右手には月山森はたおやかに高まりを見せていた。憧れの森を訪ねてみたい。今日一番の楽しみだったが、ここまでが長く遠かった。1日あけての山行にはもはや体がついてこなかった。月山森を見上げて別れを告げた。朝 ... » more

山形の鳥海山の景色は、変化に富み、心洗われる癒し系の連続でした♪ 2012年7月20日からの山形4山の最後が、鳥海山(ちょうかいさん;2,236m)でした。酒田市内からどこからでも見える雄大な山。好天にも恵まれて、素晴らしい光景の連続でした♪中腹は緑豊かなお花畑や残雪とのコントラストなど山頂近くになる ... » more

涸れ沢の前で小休止(平成24年7月8日) 未踏のルートは藪や残雪で隠れているとなおのこと私の冒険心をかきたてる。もうGPSはザックにぶら下げた。幸次郎沢の下流は雪に隠れていて取りつき口が見出せなかった。残るはあの岩場を目指すしかなさそうだ。いったん雪渓をトラバースして上流に向かう。 ... » more
テーマ 鳥海山 登山

千畳ヶ原(平成24年7月8日) T字分岐前の水場は雪に隠れているのか探せなかった。手持ちの水も少なくなってきた。T字分岐からは楽園のような千畳ヶ原が見渡せた。そのまま、誰もいない草原でたたずんでいたかったが、水もわずかで月山森への幸次郎沢の登りのルートもここからは確認で ... » more
テーマ 鳥海山 登山

ピッケルと赤布を持った男(平成24年7月8日) GPSには数mの誤差があるので、雪の下に隠れた夏道を探し出すのは容易ではない。御田ヶ原までもどるしかないかと覚悟をきめようかと悲壮な思いで、もう一度GPSが示す夏道のほうに登り返した。すると、ガスの向こうに道が見え、ほっとした。その道はすぐ ... » more

 

最終更新日: 2016/12/08 03:31

「鳥海山」のブログ関連商品

» 「鳥海山」のブログレビュー をもっと探す

「鳥海山」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る