誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    森見登美彦

森見登美彦

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「森見登美彦」のブログを一覧表示!「森見登美彦」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「森見登美彦」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「森見登美彦」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

「有頂天家族」 森見登美彦 有頂天家族森見 登美彦幻冬舎 2007-09-25売り上げランキング : 19928Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明狸の名門・下鴨家。父に先立たれた4兄弟は、一族の誇りを取り戻すべく、街を駆け回る。しかし、今日 ... » more

『新釈 走れメロス 他四篇』 by 森見登美彦 かつてこれほど名作と謳われる作品を罪深いほどに愛し愚弄し生まれ変わらせた作家がいただろうか?新解釈なんて生易しいものではない、「メロス」の言葉をかりればまさに「あるのだ。そういう○○もあるのだ。型にはめられた○○ばかりではないの ... » more

おっちゃんの備忘録Sweet Blue Age
随分まえに予約した「夜は短し歩けよ乙女」は未だ届かないのですが、こういう手がありました。夜は短し歩けよ乙女は、まったく期待通りで早く他の作品も読んでみたいという思いが強くなりました。一方、アンソロジーの魅力である、新たな作家の開拓と ... » more

おっちゃんの備忘録きつねのはなし
太陽の塔が良かったので、続けて読んでみました。ホラーぽい内容で太陽の塔とは全然違う方向性だけど、独特な雰囲気はあって楽しめました。早く他の作品を読みたい。この人まだ20代なんだな〜すげ〜な〜きつねのはなし内容(「BOOK ... » more

おっちゃんの備忘録太陽の塔
新潮文庫のブックカバーが欲しくて適当に買ったけど結構笑えた。文体がなんとも言えん。近所の書店がオープンしたときに、「新釈 走れメロス」のサイン本を売ってたけど、あんまり売れてなさそう(一杯残ってた)なのと、題があんまり面白くなさそうだったの ... » more

【新釈】走れメロス 他四篇 森見登美彦 祥伝社 森見さん、楽しく遊んでおられます。この芸の細かい遊び方が、なかなか楽しい。「山月記/薮の中/走れメロス/桜の森の満開の下/百物語」の五編の小説を下敷きにして、「夜は短し歩けよ乙女」で出てきたキャラクターなんかも登場して、もう ... » more

書道楽ブログ『太陽の塔』森見登美彦
最近、ちょっと話題の作者。唯一、文庫化されている森見作品と読んでみた。太陽の塔主人公の自己中心的思考に、読みはじめは『ああ〜、なんだか妙な作品に手を出しちゃったな〜〜』なんて思ったりして…(笑)。それでも、厚 ... » more

夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦 角川書店 いや〜遊んでますね(笑)この、ちょとレトロな香りの遊び、なかなか心地いいです。高等遊民、なんて言葉をちょいと思い出しました。舞台が京都なんですよね。木屋町とか先斗町とか。鴨川に今出川通り・・。歩く彼女と、ふらふら一緒 ... » more

「〈新釈〉走れメロス」 森見登美彦 〈新釈〉走れメロスposted with 簡単リンクくん at 2007. 3.15森見 登美彦著祥伝社 (2007.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明あの名作が、京の都に甦る!?異 ... » more

『夜は短し歩けよ乙女』 by 森見登美彦 前回読んだ『ナナカマド〜』がなんとも美しくしんしんと降る雪のような少女小説(といいつつオトナモノ?)だったのに対して、続いて今度は純粋・青春小説である。「天然キャラの女子に萌える男子の純情!キュートで奇抜な恋 ... » more

新歓コンパで「黒髪の乙女」に一目惚れしてしまった「先輩」。“偶然の”出会いが頻発する2人を待ち受けるのは奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々だった。天然少女に恋した「先輩」の運命やいかに!??**********なんてヘ ... » more

太陽の塔(森見登美彦著、新潮文庫) 著者は京大農学部大学院出身で本著で日本ファンタジーノベル大賞を受賞されたとのことです。ファンタジーと呼べるような場面はあるのですが、ほとんどは京大生の男4人組のユーモア青春小説です。主人公は農学部の休学中の5回生、某体育会系サークルに所属し ... » more

きつねのはなし 森見登美彦 新潮社 京都を舞台にした、物語の中で時が止まっているような幻想を描き出した、短編四つ。登場人物が重なる部分もあるが、どれもが少しずつ違う位相の中に重なり合うような、ゆるい意味での連作である。この作者は初読みだったのだが、その気配がかもし ... » more

「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦 夜は短し歩けよ乙女posted with 簡単リンクくん at 2006.12.24森見 登美彦著角川書店 (2006.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明「黒髪の乙女」に片想いして ... » more

『きつねのはなし』 by 森見 登美彦 題名からして「きつね」。動物の狐じゃなくて「きつね」。しかもあの表紙・・・妖怪・ホラー・民俗好きの私が読まぬわけには行かない!ということで読んでみた(笑)伝承とか実際にある場所とか、いわゆる御伽噺譚などを下敷きにしたストーリーを ... » more

「きつねのはなし」 森見登美彦 きつねのはなしposted with 簡単リンクくん at 2006.12. 8森見 登美彦著新潮社 (2006.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明細長く薄気味悪い座敷に棲む狐面の ... » more

「四畳半神話体系」 森見登美彦 四畳半神話大系posted with 簡単リンクくん at 2005.10. 9森見 登美彦著太田出版 (2005.1)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明大学3回生の春までの2年間を思い ... » more

「太陽の塔」 森見登美彦 太陽の塔posted with 簡単リンクくん at 2005. 9.13森見 登美彦著新潮社 (2003.12)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明何かしらの点で彼らは根本的に間違ってい ... » more

 

最終更新日: 2016/12/08 03:26

「森見登美彦」のブログ関連商品

» 「森見登美彦」のブログレビュー をもっと探す

「森見登美彦」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る