誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    原爆

原爆

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「原爆」のブログを一覧表示!「原爆」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「原爆」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「原爆」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

毎日新聞大阪連載第16 最終回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 平和をたずねて:原爆非命桜隊は問う/16(最終回)核の愚かさ訴える殉難碑=広岩近広≪記事≫(毎日新聞2012年5月29日大阪朝刊) 広島に原爆が落とされた8月6日の午前8時15分、東京都目黒区の五百羅漢寺で毎年、平和の鐘が鳴 ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

広島市あげての8月6日の平和祈念式典に大学時代、一度だけ参列しました。余りにも紋切り型の退屈な儀式でした。この日には暑くなる前、早朝にお参りする被爆者も多いようです。そのような人たちも毎年、高齢化が進行しながら、数も減っています。広 ... » more

毎日新聞大阪連載第15回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 平和をたずねて:原爆非命桜隊は問う/15名優の無念、郷土に伝える=広岩近広≪記事≫(毎日新聞2012年5月22日大阪朝刊) 原爆の非命に倒れた名優、丸山定夫は1901(明治34)年に松山市で生まれた。きりっとした顔立ちの胸像 ... » more

広島の小学生時代には、夏休み明け9月の新学期などに、よそのクラスの子が原爆症で亡くなったことを耳にしてことがあります。一級下のとても色白で華奢だった男の子も、そうした一人でした。平和公園にある「原爆の子」の像のモデルとなった少女は、同じ小学 ... » more

父の谷豊は大正元年(1912年)、岡山県御津郡建部村(現岡山市北区建部町)の生まれ。当時の村の生活は、電気・水道・ガスはなし。ランプ磨きが子どもたちの仕事でした。井戸水をくみ上げ、台所は広い土間で、かまどで薪を焚いての調理。手習いなどは筆に ... » more

67年前の8月6日、広島は米軍機が投下した原子爆弾により潰滅しました。太陽の数千倍の閃光とともに破裂した爆弾は瞬時にして十数万人の人命を奪いました。放射能を含んだ「死の灰」と「黒い雨」により、さらに多くの人々が原爆症で死亡しています。当時、 ... » more

毎日新聞大阪連載第14回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 平和をたずねて:原爆非命桜隊は問う/14「憎んでいます、いまだに」=広岩近広≪記事≫(毎日新聞2012年5月15日大阪朝刊) 戦争と原爆をライフワークにしている映画監督の新藤兼人さんにインタビューしたことがある。1988年に ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

毎日新聞大阪連載第13回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 平和をたずねて:原爆非命桜隊は問う/13米軍封印…消えたカルテ=広岩近広≪記事≫(毎日新聞2012年5月8日大阪朝刊) <二週間目・黒髪ボロボロ「原子爆弾」その後>移動演劇「桜隊」の女優、仲みどりの原爆死に言及した毎 ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

毎日新聞大阪連載第12回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 平和をたずねて:原爆非命桜隊は問う/12面影消え苦しむ姿「無念」=広岩近広≪記事≫(毎日新聞2012年4月24日大阪朝刊) 憲兵は日本陸軍の兵科の一つで、軍事警察をつかさどった。権限が拡大されると思想弾圧など国民を監視したが ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

毎日新聞大阪連載第11回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 平和をたずねて:原爆非命桜隊は問う/11死んだら芝居ができん=広岩近広≪記事≫(毎日新聞2012年4月17日大阪朝刊) 「実を言いますと、私は散り残った桜です。召集されなかったら、桜隊の10人目の原爆犠牲者となるはずの人間で ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

毎日新聞大阪連載第10回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 平和をたずねて:原爆非命桜隊は問う/10死しても女優であり続け=広岩近広≪記事≫(毎日新聞2012年4月10日大阪朝刊) 終戦の年の夏、六甲の坂道を新聞紙に包んだ氷を手にして、24歳の内海明子さんは走っていた。宝塚時代から可 ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

毎日新聞大阪連載第9回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 平和をたずねて:原爆非命桜隊は問う/9死の気配ごまかした日=広岩近広≪記事≫(毎日新聞2012年4月3日大阪朝刊) 神戸港は夏の落陽を浴びて光っていた。沖合には擬装空母が放り捨てられてあった。付近の船舶はことごとく米軍の空襲 ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

毎日新聞大阪連載第8回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 平和をたずねて:原爆非命桜隊は問う/8元気だった姿、面影なく=広岩近広≪記事≫(毎日新聞2012年3月27日大阪朝刊) 移動演劇「桜隊」を率いた丸山定夫の絶筆は手紙だった。舞台監督兼俳優を務めた高山象三の両親に宛てて、原爆に ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

毎日新聞大阪連載第7回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 平和をたずねて:原爆非命桜隊は問う/7終戦「芝居ができるわ」=広岩近広≪記事≫(毎日新聞2012年3月20日大阪朝刊) 宝塚歌劇団から舞台女優を目指して桜隊の丸山定夫に師事した園井恵子は、岩手県の松尾村(現八幡平市)で191 ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

桜隊原爆忌会長・中村美代子さんの追悼記事が『週刊新潮』に掲載されました 『週刊新潮』2012年3月22日号「墓碑銘」欄上記拡大画像「オリジナルサイズ」をクリックで拡大 ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

毎日新聞大阪連載第6回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 平和をたずねて:原爆非命桜隊は問う/6空爆後の神戸で再会=広岩近広≪記事≫(毎日新聞2012年3月13日大阪朝刊) 大阪行きの列車が広島駅を出たのは午前3時過ぎだった。崩れ落ちたホームに詰めかけ、始発を待ち焦がれた乗客で車内 ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

東日本大震災の現実 あの震災からちょうど一年が経ちました。去年はとてもそれについて書く気にはなれなかったのだけれど、今日は仙台にいる知り合いの話と、長崎で被爆した父の事で現実としてわかっている事実だけ書こうと思います。去年、震災 ... » more

俳優・中村美代子さんがお亡くなりになりました 中村美代子さん、2012年2月28日ご逝去。(家族葬とのことで、発表を遅らせました)中村さんは桜隊原爆忌の会の会長として、出向く先では原爆と丸山定夫についてお話しされ、8月6日の会には多くの人に声をかけて誘い、と、熱意をもって活動し ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

毎日新聞大阪連載第5回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 平和をたずねて:原爆非命桜隊は問う/5「生きろ」叫び続け…=広岩近広≪記事≫(毎日新聞2012年3月6日大阪朝刊) <亡(ほろ)びるな亡びるな生きろ/起きろ起きろ起き得るかぎり/生き得る限り生きろ再び生を楽しめ>(詩「亡びる ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

毎日新聞大阪連載第4回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 平和をたずねて:原爆非命桜隊は問う/4「熱い」虫の息で水浴び=広岩近広≪記事≫(毎日新聞2012年2月28日大阪朝刊) その年の夏、18歳だった彼女は映画の一場面のような光景を脳裏にとどめた。67年も昔のことだが、まるで昨日 ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

毎日新聞大阪連載第3回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 平和をたずねて:原爆非命桜隊は問う/3生死分けた宮島疎開=広岩近広≪記事≫(毎日新聞2012年2月14日大阪朝刊) 強い近視の目には、おびただしい数の丸太がぷかぷかと川面に浮いているようだった。光っていた。このとき18歳の諸 ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

スポーツ&etc漫遊記長崎旅行 4日目
長崎旅行 4日目 さあ、ついに最終日、感動のフィナーレです。あっという間の、といいたいところですが、非常に多くの物を見ることができたので充実した長かった長崎の旅でした。終わりよければすべてグーがんばっていきましょう。 ... » more
テーマ 長崎 原爆 旅行

毎日新聞大阪連載第2回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 平和をたずねて:原爆非命桜隊は問う2鑑札手にし巡演の旅=広岩近広≪記事≫(毎日新聞2012年2月7日大阪朝刊) ひとたび戦争になれば、国家は勝手放題に振る舞う。そのことを見せつけられたのが、先の15年戦争だった。演劇にしても ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

毎日新聞大阪連載開始(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」 本日1月31日から、以下の連載が毎日新聞大阪で始まりました。毎週火曜日、全16回の予定です。ということは、5月まで続くわけですね。全国版でないのは残念ですが、ここに転載予定です。関西の方、新聞読んでいただければ幸いです。私どもも取材に協力さ ... » more
テーマ 原爆 演劇 社会

on test小出裕章氏講演会ビデオ
たいへんよい講演なので、ご紹介しておきます。 ... » more
テーマ 原爆 原発 社会

「はだしのゲンが見たヒロシマ」 12月14日、下高井戸シネマで、「原発切抜帖」と「はだしのゲンが見たヒロシマ」を観てきました。「原発切抜帖」(土本典昭監督)は、1979年のスリーマイル島原発事故、1981年の敦賀原発の放射性廃液の流出事故を機に、記録映画作家・土本 ... » more

No3アーカイブ12時間13分36秒〜最後まで・アメリカへの抵抗、反発よりも無力感、脱力感・西ドイツの平和運動への参加・認められていない日本人の人権・日本が堕落したとき・個人の人権を目覚めさせるために・被ばくの影 ... » more

No2アーカイブ157分30秒〜2時間13分36秒まで・3日目から現れた放射線の急性症状・ピカにあっていない兵隊の死・だるくてたまらない人々・マッカーサーの「原爆の被害者に、と、日本の医療機関、医師と学者に与える」という声明 ... » more

No1アーカイブ1初め〜57分14秒まで・原爆投下直後の広島・4つの不思議な共通の症状口の中が腐るまぶた、鼻、口からの粘膜出血そして、紫斑が出る頭の毛が取れる2011年10月6日 肥田舜太郎氏ロングインタビュ ... » more

大河ドラマで淀殿を好演中のりえちゃん。懐かしい広島弁が可愛らしい。雷鳴に驚くシーンから始まる。それがピカドンのせいとわかる。押入れに隠れている父。しばらくして、この世の人でないとわかる。廃墟の旅館に一人暮らし。 ... » more
テーマ 原爆 映画 ブルーリボン賞

 

最終更新日: 2017/11/18 15:38

「原爆」のブログ関連商品

» 「原爆」のブログレビュー をもっと探す

「原爆」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る