誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小沢一郎

小沢一郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「小沢一郎」のブログを一覧表示!「小沢一郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「小沢一郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「小沢一郎」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

共産党が、1人区の選挙区については、自党候補者を出さないということを正式に表明した。その条件が、戦争法案に反対することだという。共産党が1人区に候補者を出さないということは、数万の基礎票が自公に対抗する野党に流れるということである。 ... » more

今マスコミは、原油安、円高が、日本の経済をダメにしていると書いている。しかし、本当だろうか?日本が中東、ロシアのような産油国なら、原油価格が約1/1.5になれば、入ってくるお金も1/1.5になり大変なことになっている。しかし、日本は原油が1 ... » more

甘利事件、嵌められようが受け取ったのが事実なら、司直は法の下に公平に処罰すべき。 都市再生機構(UR)の理事長が国会に出て、「職員が口を滑らせたのは事実だ」と認めた。一方で「秘書とのやり取りによって補償内容に影響を受けたことは一切ない」とも話した。しかし、同社とURとの補償交渉は、2013年6月の甘利事務所からの問い合わ ... » more

甘利事件は、一体どうなっているのかと言いたい。東京地検特捜部はどうしたというのだ。甘利氏の秘書に金を贈り、他に1000万円も接待したと、渡した本人が堂々とテレビに出た。おまけに、甘利氏の話もテレビで否定し、URへの働きかけの証拠も一般国民に ... » more

国民の間で、野党共闘により安倍政権の絶対多数阻止、できれば政権打倒を願う機運が高まっている中、新潟選挙区で旗振り役の民主が自党のエゴを真っ先に出した。このブログでも、昨日も生活の候補者の森ゆうこ氏のツイッターを紹介した。そのツイッターを見れ ... » more

ドリル小渕氏の政治資金疑惑に次いで、甘利氏の事件は、お金を送った人物が全ての証拠を握っての告発であるが、つくづく思うのは、民主党政権時代とのマスコミの取り扱いの違いである。こんな事件が民主党時代に起こっていれば、マスコミ全体でバッシングした ... » more

深層NEWS▽「小沢一郎議員の次なる挑戦。復権への意地と執念!今後の国会と安倍首相の出方」最新2016/01/26深層news1月号 https://www.youtube.com/watch?v=6YmGtaSGs1A ... » more
テーマ 小沢一郎 野党結集 深層NEWS

昨日のBSに、野党の対照的な2人の人物が登場した。一人は、生活の小沢代表であり、もう一人は民主の枝野幹事長であった。小沢氏は、野党が自民に勝つためには、共産党とも連携して当たらなければならないとした。言っていることは、選挙のために政 ... » more

「甘利氏疑惑に小沢氏「事実なら、司直が捜査すべき問題」」について甘利大臣をめぐる事件で真価を問われる検察https://nobuogohara.wordpress.com/2016/01/22/%e7%94%98%e5%88%a9%e ... » more

収賄疑惑で話題になっている甘利大臣が、説明を1週間で行うと言っている。甘利氏の秘書が、環境省の職員を議員会館に呼び出したことを認めた。丸川氏「甘利氏秘書ら職員呼び出し」口利き否定http://www.yomiuri.co.j ... » more

今、野党共闘について、最も的確に状況を掴んで主張しているのは、生活の小沢氏だと思っている。事ある毎に、野党第一党の民主が率先して、野党共闘の調整をしろと述べている。しかし、その民主が、前原、長島らの自民に近い議員を気にして、確実に野党共闘の ... » more

今日のNHKの日曜討論を見ていたら、安倍首相は、はっきりと与党だけだなく、おおさか維新との連携により憲法改正に必要な3分の2の議席を確保したいと公然と述べた。ここまではっきりと述べることは、自党の調査アンケートでかなりの手ごたえを感じている ... » more

「生活と山本太郎となかまたち」の小沢氏と山本太郎共同代表が、記者会見を行った。 この中で出席者から、次期参議院選挙では2/3の議席を自公、大阪維新でとると言われていることに関して、小沢氏の見解を求めた。これに対して小沢 ... » more

半歩前へ変われば変わるものである
▼小沢一郎、最後の「ご奉公」小沢一郎と言えば、かつては田中角栄、金丸信という大物の庇護のもと、自民党幹事長として飛ぶ鳥を落とす勢いだった。総裁候補、つまり首相候補3人を並べて“面接試験”をしたくらいだ。ミスター自民党。それが時計回りに1 ... » more

政治家は、選挙に当選しない限りタダの人である。したがって、どんな手段を使っても、自党に有利な条件を選ぶ。今年、参議院選挙があることは決まっているが、今さかんに衆参同日選挙が噂されている。安倍首相自身は同日選挙はしないと述べている。選挙につい ... » more

日刊ゲンダイに憲法学で、慶應義塾大学名誉教授の小林節氏と生活の代表の小沢氏が新春の対談が掲載されている。そのテーマは「こうすれば安倍政権は倒せる」というものだ。以下に、特に興味のある部分を載せた。この中で小沢氏が共産党のことを述べて ... » more

 

最終更新日: 2018/07/22 04:34

「小沢一郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る