誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    高山植物

高山植物

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「高山植物」のブログを一覧表示!「高山植物」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「高山植物」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「高山植物」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

150715立山の花研修 2015年7月15日立山の花研修今年は雪解けが早く、高山植物の開花しているとの情報が有ったので、残雪の状態や高山植物の開花状況を確認し方々、花研修をして来ました。残雪はこんな感じです。2014年7月23日2015 ... » more

150705白山 8完 「概要」から見る2015年7月5日白山、花の山旅馬の鬣を過ぎると今回の白山花は終った様なもので、これから下にはそれほど撮影しておかなければと言う花は無くなります。時間も押して来たので、撮影はそこそこにして下山に集中です。 ... » more

山田スイス旅行3ハイキング
スイス旅行3ハイキング 4日目(7月5日)と6日目(7月8日)にハイキングをした。現地の日本人ガイドの案内で1時間半ぐらい、ゆっくりと歩く。道沿いには、高山植物が至る所にきれいに花を咲かせている。4日目のガイドは女性だった。見回すとアイガー、メンヒ、ユングフラウな ... » more

150705白山 7 「概要」から見る2015年7月5日白山、花の山旅14:40、ビジターセンター出発で下山開始、もう15:00近くですから、砂防新道を降りても18:00少し前になりそうなのですが、それより遅くなるのを覚悟で、観光新道を下山します。 ... » more

梅雨の晴れ間の西吾妻山のアルバムです。 梅雨の晴れ間の西吾妻山 ... » more

山のメモリーズ花の観光新道
花の観光新道 今、観光新道のお花畑はニッコウキスゲが満開。ほかにも様々な花が咲き乱れ百花繚乱状態だ。白山へクロユリニッコウキスゲ ... » more
テーマ 高山植物 登山

150705白山 6 「概要」から見る2015年7月5日白山、花の山旅12:17、天柱石標識2690m残雪はこの近くに有りました。残雪で冷たく冷やした飲み物をいただき、池巡りの体力と下山の体力を養いうため1時間ほどしばし休憩をしまた。 ... » more

150705白山 5 「概要」から見る2015年7月5日白山、花の山旅10:28、黒ポコ岩のツガザクラ岩の下にこれまで見ていない花が見えていました。10:29、イワツメクサこれもここまで見えていなかった花です。 ... » more

150705白山 4 「概要」から見る2015年7月5日白山、花の山旅09:21、南竜分岐から眼下の甚ノ助避難小屋2100m09:27、別当谷上部の雪渓を行く登山者09:34、4.AKm←→室堂1.8Km2130mこの辺り ... » more

150705白山 3 「概要」から見る2015年7月5日白山、花の山旅08:24、別山方向展望1840m別山方向の山展望が時々開くので、時々山展望の写真を撮って登っています。08:25、木道登山口の吊り橋を立った所に有って、その次 ... » more

150705白山 2 「概要」から見る2015年7月5日白山、花の山旅07:32、タカネナデシコ1560m工事車道と登山道立体交差の石垣に咲いていましたが、なんとなく人手で生やした感じがします。07:37、ノビネチドリ1580m ... » more

150705白山 1 「概要」から見る2015年7月5日白山、花の山旅昨日までの天気予報は雨だったのですが、私は降って小雨程度ど予想し、カッパを着て下るのは仕方ないが、登る間は降らない事を期待しての決行です。登山口出発時間は朝6時頃にしなければと ... » more

150705白山「概要」 2015年7月5日白山、花の山旅今年の白山の花の様子はどうか伺いに行って来ました。ルートは例年と同じ砂防新道-御前ヶ峰頂上-お池巡り-観光新道でした。数日前、R157が手取ダム堰堤付近で法面崩落が有り、通行止めになったのです ... » more

山のメモリーズ赤兎のニッコウキスゲ
赤兎のニッコウキスゲ 赤兎のニッコウキスゲは例年7月の10日頃が見頃なのだが、今年はどうだろうか。赤兎のニッコウキスゲは年々その数が減っているので、あまり期待できないだろう。赤兎山へ ... » more

150617立山八郎坂-弘法平-美女平周回 6 「概要」から見る2015年6月17日立山八郎坂-弘法平-美女平周回登山地図によると美女平までの所要時間は4時間余り、称名道路のゲート閉鎖は6時、今から美女平に向うと称名滝駐車場に車を回収に行く時間の余裕は有るか?とも思いましたが ... » more

150617立山八郎坂-弘法平-美女平周回 4 「概要」から見る2015年6月17日立山八郎坂-弘法平-美女平周回1400mの展望台までは急坂の小ぼりでしたが、この先は斜面おトラバースが多くなります。残雪が多い時は残雪トラバースが危険ですが、今年はすでに惨殺は無いと聞いて ... » more

150617立山八郎坂-弘法平-美女平周回 3 「概要」から見る2015年6月17日立山八郎坂-弘法平-美女平周回登るに従いガスって来て景色が見えなくなるので、足元の花ばかり撮影しての登りです。09:35、オガラバナ1150m撮影した時はこの名を思い出せず、帰って ... » more

150617立山八郎坂-弘法平-美女平周回 1 「概要」から見る2015年6月17日立山八郎坂-弘法平-美女平周回登山道が有れていて下山は危険と言う場合、美女平に下山も有るかも知れないと、一台は立山駅駐車場に置いて来ましたが、ここへの称名道路も18時閉鎖なので、のんびりとばか ... » more

山のメモリーズ釈迦新道
釈迦新道 白山釈迦新道へササバギンランうん、いい眺めだ。ヨツバシオガマさあ、あと少し。今日はどんな花が見られるかな。畑さんと岡本さん…やはりお目当てはあの花だ。ハクサンフウロ ... » more

甘利山  ツツジで有名な甘利山にプチトレッキングに行きました。レンゲツツジは少し遅かったが、天気が今一のせいもあって人が少なくゆっくり楽しめました。9時8分に歩き始め早速レンゲツツジのお出迎え後ろのネットはシカなど ... » more

白馬三山  その2 八方池手前の雪原、その奥に池がありますがほとんど雪の下に埋まっている。後方は左から唐松岳、不帰ノ剣V峰、同U峰、同T峰と天狗の大下りウメハタザオユキワリソウ八方池手前の雪原八方池手前がわず ... » more

山のメモリーズ赤兎山
赤兎山 昨日、小原林道の通行止が解除されたので、久しぶりに赤兎山に行ってきた。登山口の駐車場は林道通行止解除を待ちわびた登山者の車で一杯だった。赤兎山へ ... » more

白馬三山(やっぱり良かった) 10日に長野に釣行する予定で朝1時(まだ真夜中)に起き、そそくさと行動開始。目的地まで4時間少々の予定、4時過ぎから白々と夜が明け始め、朝焼けが見えました。(朝焼けは天気が悪くなる現象と常々思っていました)釣りは天気が良すぎ ... » more

山のメモリーズ観光新道〜水屋尻雪渓
観光新道〜水屋尻雪渓 今日の白山は大賑わい。たぶん今年一番の人出ではなかっただろうか。白山へ観光新道シナノキンバイハクサンイチゲ水屋尻雪渓 ... » more

新緑と水芭蕉とリュウキンカ 通行止め解除の林道が徐々に増え、登れる山の選択肢が増えてきた。今日は通行止めが解除されたばかりの砂御前林道の終点から鳴谷山に行ってきた。水芭蕉とリュウキンカが見ごろを迎え、ブナやダケカンバの新緑が素晴らしかった。鳴谷山へ ... » more
テーマ 高山植物 登山

尾瀬に行ってきました。 昔あるお方が、わざわざ尾瀬に水芭蕉見に行くまでも無い、大沼の水芭蕉で十分だと言ってましたが、行った事のない無い私、そうだねって納得していが、行って見て驚き、規模が違う、彩りが違う。以前、山友さんから、尾瀬 ... » more

山のメモリーズ初物尽くし
初物尽くし 三ノ峰・別山は白山系では高山植物が咲くのが早いが、今日は思っていた以上に多くの高山植物にめぐり会うことができた。三ノ峰・別山へハクサンイチゲシナノキンバイミネザクラハクサンコザクラ ... » more
テーマ 高山植物 登山

山のメモリーズ新緑と水芭蕉
新緑と水芭蕉 今、取立山は大滝周辺の新緑が見頃。水芭蕉は開花が遅れている。どれくらい遅れているかというと、か〜、〜、〜なり遅れている。見頃は6月入ってからになるかも。取立山へ ... » more

150510中山 1 「概要」から見る2015年5月10日中山次第に良くなると言う予報ですが未だこんなにガスっていて、果たして頂上に到着する頃に展望が効くのかと思いますが、ま、展望は見えなくても良しと言う事で出発です。08:59、登山口710 ... » more

150507大御影山 2 「概要」から見る2015年5月7日大御影山、花とブナの山と聞いて回り道とバイパスの合流点でしばらく休憩し、再び緩い傾斜の登山道を登ります。09:10、登山道700mこの先登山道は小さなアップダウンとなり、樹林の新緑を ... » more

 

最終更新日: 2017/06/25 09:35

「高山植物」のブログ関連商品

» 「高山植物」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る