誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    室内楽

室内楽

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 音楽
テーマ「室内楽」のブログを一覧表示!「室内楽」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「室内楽」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「室内楽」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

ここのところ毎日更新です。今回はシリーズテーマ(2)のハイドンです。弦楽四重奏曲第4番です。今年はハイドン没後200年です。つい先日ドラティ/フィルハーモニア・フンガリカのハイドン:交響曲全集が廉価で発売されたので、入手して ... » more
テーマ 室内楽 シリーズテーマ(2) クラシック  コメント(2)

今回は久しぶりにウィーン・コンツェルトハウスQの演奏です。シューベルトの弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」です。昨日、今日とちと忙しくてあんまり音楽聴けてないですが、先ほどようやく落ち着いて聴き始めてます。ここ数か月、車のエン ... » more

インディアナ巨匠の室内楽♪♪小太郎ナイトフィーバー@たばこホール♪♪ 2009年の幕開けから早くももうすぐ一ヶ月。雪は降らぬが氷の中を歩いているかのようなひんやり寒い東京の夜。この時期のたばこホールでの室内楽はそんな氷を溶かしてくれるホッとな演奏を間近で聴ける♪♪ 通称た ... » more
テーマ 室内楽 音楽 花柳小太郎  コメント(3)

モーツァルト:弦楽四重奏曲第19番K.465「不協和音」モザイク四重奏団(1991年録音)この曲の冒頭の和音が完全に現代音楽・・・。ベルクか?最初にこの曲を聴いたとき、まさかモーツァルトがこんな曲を? ... » more

さて、今回も久しぶりに思い出したような企画です(苦笑)。シリーズテーマ(2)なのですが、ハイドンの弦楽四重奏曲第3番ニ長調作品1-3となります。最近ハイドンの弦楽四重奏曲を聴いてなかったですね〜。ワーグナーにかまけてばかりで ... » more
テーマ 室内楽 シリーズテーマ(2) クラシック  コメント(2)

テレマン:ターフェル・ムジーク(全曲)ピーター・ヤン・ベルダー指揮ムジカ・アムフィオン(2003年録音)今日の午前中。新たに買い換えた車のお祓いに神社へ。ここの神社は私たち夫婦が結婚式を挙げたところで ... » more

ヒナステラ:弦楽四重奏曲第1番&第2番ヘンシェル四重奏団(1999年録音)職場が名古屋駅近辺で、今日は近くのグループ会社に研修のため地下街を歩いて移動していました。宝くじ、クリスマスイルミネーショ ... » more
テーマ 室内楽  コメント(2)

引き続きiTunesにCDデータ入力しております。ベートーヴェンの全集ボックスやショルティのマーラー全集などの全集ものをいれてもまだ大丈夫みたいです。ところで、今新譜で継続して買っているのが2つあります。ひとつはジンマン ... » more

この連休中、なんとなくブラームスの室内楽を聴いてます。これだけ集中的にブラームス聴けるのは、気持ちが落ち着いているからかもしれません。考えてみたら、当ブログでブラームスの室内楽を取り上げたのはクラリネット五重奏曲とヴァイオリン・ソナ ... » more

最近日を追うごとに寒くなってきています。立冬もとうに過ぎまして、暦的には冬なんですね。今の気候はまだ晩秋といった風情ではありますが。今日は休日としては久しぶりに晴れました!でもうぐいすは妻が友達と出かけてしまいましたので、留守番して ... » more

やれやれ、体調もやっと落ち着きました。とりあえず、西洋の投薬治療と東洋の鍼灸治療のハイブリッドで当分治療を進めることにします。体調不良で休んでいた第九練習でしたが、これで出演を断念しなくてはならなくなりました。明日にでも ... » more

久しぶりに弦楽四重奏のエントリーをします。今回は9月で止まっていたバルトークの弦楽四重奏シリーズに行きます。第3番になりますね。この曲は1927年に完成したようです。前回までエントリーしていたプッチーニの亡くなった約3年後で ... » more

ハイドン:弦楽四重奏曲集作品1ブッフベルガー四重奏団(2007年録音)今日は鮭のちゃんちゃん焼きを堪能しました。自宅でですが。午前中は中古CD、EP売りに行きました。さすがにEPレコードはそれほど売れ ... » more
テーマ 室内楽 ハイドン 独墺もの  コメント(4)

本日の午前中は三連休初日だというのに雨でした。午後からは晴れたのでちょっとだけ外出しましたが。また、明日・明後日は息子は地区のソフトボールの練習です。我が息子はめんどくさいらしく、いまいち気合いが入ってませんが(苦笑)。 ... » more
テーマ 室内楽 シリーズテーマ(2) クラシック  コメント(5)

最近涼しくってすごく気持のいい天気が多いですね。今日は午後から雨が降ってきましたが、昨日と今日の午前中はいい天気でした。毎日出勤するとき、もう会社にいくのやめてそのまま散歩に出かけてしまいたい衝動に襲われます(苦笑)。やっと休日 ... » more

今週はなんとなくブログのエントリーが進みます(笑)。書ける時に書いとかないと、またいつ書けるかわからないし。ということで、今回はバルトークの第2番です。この曲は1915〜17年に作曲されてます。1番と比べると土着的で泥臭 ... » more

本日は息子の運動会でした。息子の雄姿をビデオにとったりと久しぶりに親らしいことをしてましたが(苦笑)、どうしてもビデオの手振れが入り、家に帰って家族で見直したらみんなでビデオ酔いしてしまいました(苦笑)。やはり三脚が必要か・・・さて ... » more
テーマ 室内楽 シリーズテーマ(2) クラシック  コメント(8)

9/26はバルトークの命日です。それにちなみまして、前から企画を検討していたバルトークの弦楽四重奏曲についてのシリーズを開始してみます。実は6曲を短期で集中的にシリーズ組もうとも思いましたが、バルトークの弦楽四重奏ともなると一筋縄で ... » more

さて、ついにハイドンの弦楽四重奏全集に着手いたします。って、そんなに大げさな話でもありませんが。とりあえず、入手したエンジェルスQの全集の収録順で進めてみようと思います。今回は第0(5)番です。いきなり番号で疑問符が付くので ... » more
テーマ 室内楽 シリーズテーマ(2) クラシック  コメント(2)

今、最近届いたCDを聴きまくっています。ケンプのベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集、エンジェルQのハイドン:弦楽四重奏曲全集、そして、今回のエントリーのベートーヴェンQのショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲全集です。前者2つは新たに入 ... » more

さてさて、待ちに待ったCDを入手しました。ハイドンの弦楽四重奏曲全集!演奏はエンジェルQ (Angeles Q)です。それともエンジェルスQというのかな?まあ、表記はエンジェルQで統一しときます。ハイドンの弦楽四重奏というと ... » more
テーマ 室内楽 シリーズテーマ(2) クラシック  コメント(6)

ブクステフーデ:7つのソナタ作品1ジョン・ホロウェイ:ヴァイオリンヤープ・テル・リンデン:ヴィオラ・ダ・ガンバラース・ウルリク・モーテンセン:チェンバロ(1994年録音)明日が金曜。明日が終われば3連 ... » more
テーマ 室内楽 独墺もの バロック  コメント(4)

やっと新しいパソコンが家に!本日はセットアップに半日ほど費やしました。Vistaは大分勝手が違いますね〜。まあ、おいおい慣れていくとします。そんなこんなで1週間振りのエントリーです。今回はルービンシュタイン/シェリング/フル ... » more

今日はちと疲れが残ってるので短めです(笑)。昨日帰省先から東京へ戻ってきたわけですが、なんと涼しいこと!デパートに出かけたら冷房が寒くてすぐに帰ってきてしまいました。窓の外ではミンミンゼミやアブラゼミに混じって、夕方くらいからツ ... » more

フランスの作曲家、ジャック・イベールの誕生日です。1890年8月15日生-1962年2月5日没ですから、生誕118年です。オーケストラ曲では、来週Cフィルが演奏する「寄港地」(Escales...) ... » more

バルトーク:弦楽四重奏曲第1番エマーソン弦楽四重奏団(1988年録音)明日から仕事はお盆休み!イェーイ以前いた職場はお盆や年末はかきいれ時だったから盆休みなど取ったことなかった ... » more
テーマ 室内楽 バルトーク 東欧もの  コメント(6)

今回はまたベートーヴェンの後期四重奏です。うぐいすにはもっとも選り好みの激しい15番です。実は今月、やっと安心して聴ける15番の演奏と出会えたのです。それが今回のエントリーのベルリンSQ(ズスケQ)です。うぐいすは当ブロ ... » more

シューマン:民謡風の5つの小品作品102マリア・クリーゲル:チェロクリスティン・メルシャー:ピアノ(1991年録音)今日体調崩して会社を早退。帰宅後昼からぐっすり眠りました。なんとか回復して明日は出社 ... » more

今回はなんとかブログ書く時間がとれました。伸ばし伸ばしになっていた、ショスタコーヴィチのヴァイオリン・ソナタです。この曲、ほんのちょっと前まではうぐいすのテープライブラリーの中に埋もれていた曲です。積んであっただけとも言う・・・(苦 ... » more

さて、ようやくベートーヴェンの初期四重奏シリーズも最終回です。今回は作品18の中で最も最後に書かれた第4番を取り上げます。この曲は学生時代に合わせたことがあることもあって、ちょっと思い入れもある曲です。この曲は1800年ごろ ... » more

 

最終更新日: 2016/12/08 02:44

「室内楽」のブログ関連商品

» 「室内楽」のブログレビュー をもっと探す

「室内楽」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る