誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    外国映画

外国映画

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「外国映画」のブログを一覧表示!「外国映画」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「外国映画」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「外国映画」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

『スター・トレック BEYOND』:前向きで陽気な開拓者精神の宇宙活劇 @ロードショウ・シネコン 2009年にJ・J・エイブラムス監督によりリブートした『スター・トレック』。第3弾の『スター・トレックBEYOND』をロードショウで鑑賞しました。前作『スター・トレックイントゥ・ダークネス』では、ご贔屓ベネディクト・カンバーバッ ... » more
テーマ 外国映画 特撮・ヒーロー 2015年以降  コメント(2)

『ダゲレオタイプの女』:後半、妖しさや怖さが減速していく @ロードショウ・単館系 黒沢清監督が全編フランスで撮った新作『ダゲレオタイプの女』、ロードショウで鑑賞しました。『LOFTロフト』や『叫』あたりでは、「この先、この監督の作品を観つづけていいのかしらん」と思っていたものだが、結局観つづけて、前作の『クリーピ ... » more
テーマ 外国映画 2015年以降 ホラー  コメント(2)

『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』:新作鑑賞の前のおさらい @DVD まもなく第3作目が公開されるので、おさらいの意味で前作『ブリジット・ジョーンズの日記きれそうなわたしの12か月』をDVDで再鑑賞しました。いやぁ、内容ほとんど忘れていたなぁ。さて、映画。第1作目でめでたく弁護士ダーシーさ ... » more
テーマ 外国映画 ラブコメディ 00年代

『人間の値打ち』:経済に踊らされて破滅した人と国 @ロードショウ・単館系 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(イタリア・アカデミー賞)の作品賞他を受賞した『人間の値打ち』、ロードショウで鑑賞しました。2013年の製作なので、本国公開から3年経ていますね。米国アカデミー賞作品でも興行成績が伸びない昨今におい ... » more

『心霊ドクターと消された記憶』:封印した記憶、というのが正解 @DVD・レンタル エイドリアン・ブロディ主演のサスペンス・ミステリー『心霊ドクターと消された記憶』、DVDで鑑賞しました。ロードショウされたときから、絶対に観ようと思っていたが、とはいえ、劇場に足を運ぶほどの作品でもないだろう・・・といった類の作品。 ... » more
テーマ ミステリー 外国映画 2015年以降  コメント(1)

『リトル・ボーイ 小さなボクと戦争』:小さな少年の戦争と大きな奇跡 @ロードショウ・単館系 少年の目から戦争を描いた『リトル・ボーイ小さなボクと戦争』、ロードショウで鑑賞しました。「リトル・ボーイ」といえば、広島に投下された原爆のコードネーム。米国西海岸のオヘアに暮らす小さな少年とのダブルミーニングであろうことは、まぁ ... » more

『酒とバラの日々』:鬼気迫るジャック・レモンとリー・レミック @DVD ブレイク・エドワーズ監督の1962年作品『酒とバラの日々』、買い置きDVDで鑑賞しました。一週間ほど前に、同じくジャック・レモン主演の『あなただけ今晩は』を観たのですが、あちらは1963年作品。おっ、さすがは名優、芸域が広い。 ... » more

『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』:スピルバーグはファンタジーが不得手か @ロードショウ スティーヴン・スピルバーグ監督最新作『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』、ロードショウで鑑賞しました。ここのところ『リンカーン』『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』『ミュンヘン』と、かなりパスした作品が多いスピルバーグ監 ... » more
テーマ 外国映画 特撮・ヒーロー 2015年以降

『レッドタートル ある島の物語』:絵本のような画で語る切ないラヴストーリー @ロードショウ・シネコン スタジオジブリの最新作『レッドタートルある島の物語』、ロードショウで鑑賞しました。監督はマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット。2000年に製作した8分の短編アニメーション『岸辺のふたり』で米国アカデミー賞を受賞したひと。日本・ ... » more

『レイニング・ストーンズ』:無責任に優しいヒューマン映画 @VHS 1993年製作のケン・ローチ監督『レイニング・ストーンズ』、買い置きの中古VHSで鑑賞しました。VHS!まぁ、そのむかし近所の中古店で格安でみつけたものなんだけれど、TSUTAYAのレンタルでもVHSしか扱っていない上に、少々遠 ... » more
テーマ 90年代 外国映画 男のドラマ

『アスファルト』:傑出した作品ではないけれど、好感が持てる小品 @ロードショウ・シネコン ことしのフランス映画祭で上映された『アスファルト』、ロードショウで鑑賞しました。映画祭での新作上映は12本。そのうち7本がすでに公開され、残り作品のうち4本まで公開が決まっている。外国映画の上映環境が厳しくなっている中で、こ ... » more
テーマ 外国映画 コメディ 2015年以降  コメント(1)

『ハドソン川の奇跡』:プロフェッショナル魂を描いた凡作 @試写会 クリント・イーストウッド監督最新作『ハドソン川の奇跡』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。今回の主演は、イーストウッド映画初出演のトム・ハンクス。ここんところ真面目一辺倒の感がある彼なので、観る前から、なんとなくいつものイーストウ ... » more
テーマ 外国映画 2015年以降 男のドラマ  コメント(2)

『あなただけ今晩は』:「それはまた別のハナシ」 @DVD 1963年製作のビリー・ワイルダー監督作品『あなただけ今晩は』、買い置きDVDで鑑賞しました。以前観たのは20年ほど前かしらん。そのときは、オープニングで驚いた。というのも、テーマ曲が少年時代にラジオでよく聴いていた『淀川長 ... » more

『見知らぬ乗客』:眼鏡に映る殺人、微動だにしない観客、暴走回転木馬のほかに・・・ @DVD 1951年製作のヒッチコック映画『見知らぬ乗客』、以前購入していたDVDで鑑賞しました。先日DVDで観た1996年製作のフランス映画『アパートメント』に、この映画へのオマージュシーンがあるということだったのですが、思い出せなくてのリ ... » more
テーマ 外国映画 サスペンス 50年代

『アパートメント』:ヒッチコキアン! @DVD 1996年製作のフランス映画『アパートメント』、以前購入していたDVDで鑑賞しました。中古で購入したものですが、さて、いまとなっては何故購入したのか、よく覚えていない。ジョシュ・ハートネット主演の『ホワイト・ライズ』のオリジナル ... » more

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』:素晴らしい画力で語られる海の神話 @ロードショウ・単館系 夏休みにアニメ。お定まりの図式なんだけれど、なかなか食指の動くアニメが少ないです。まぁ、とにかく騒がしそうなのは遠慮して・・・今回鑑賞したのは『ソング・オブ・ザ・シー海のうた』、アイルランドその他の合作映画です。さて、映 ... » more

『ティエリー・トグルドーの憂鬱』:観ている側も憂鬱になるほどの生きにくさ @ロードショウ・単館系 『母の身終い』のステファヌ・ブリゼ監督最新作『ティエリー・トグルドーの憂鬱』、ロードショウで鑑賞しました。フランスでは100万人が鑑賞し、主演のヴァンサン・ランドンはカンヌ映画祭とセザール賞の主演男優賞を受賞しています。さて、映 ... » more
テーマ 外国映画 2015年以降 男のドラマ

『ファイブ・イージー・ピーセス』:自尊も他尊も、自愛も他愛もできない男 @DVD 夏休み駆け込みDVD鑑賞の最後は、1970年製作の『ファイブ・イージー・ピーセス』。その昔、ハイティーンの頃、ロードショウから数年経った名画鑑賞会の2本立てで観た際は、正直、さっぱり面白くなかった映画です。ですが、どこかに引っか ... » more

『大いなる決闘』:残虐風味を加えた必死の追撃もの @DVD 夏休み駆け込みDVD鑑賞の3本目は、1976年製作の西部劇『大いなる決闘』。このブログで西部劇を取り上げるのは珍しく、数えるほどしかありません。新作が作られていないというのもありますが、まぁ、個人的にドンパチがあまり好きではない ... » more

『砂丘』:IMAX3Dで観てみたい類の映画 @DVD 夏休み駆け込みDVD鑑賞の2本目は、最近凝っているミケランジェロ・アントニオーニ監督作品。ここのところ『赤い砂漠』『欲望』と2週間おきぐらいで観ています。今回は1970年製作『砂丘』。原題は「ZABRISKIE POINT」 ... » more

『招かれざる客』:いま観ても十分興味深い人種問題の映画 @DVD 夏休みの駆け込み宿題ではないけれども、買い置きの旧作DVDをまとめて鑑賞しました。1本目は1967年製作の『招かれざる客』。原題は「GUESS WHO'S COMING TO DINNER」、ディナーに来たのは誰でしょう、と謎謎 ... » more

『クロノス』:デル・トロ監督らしい格調とチープさ @DVD・レンタル 『クリムゾン・ピーク』のギレルモ・デル・トロ監督のデビュー作『クロノス』、DVDで鑑賞しました。TSUTAYAの発掘良品企画で選定された作品。デル・トロ監督作品はこれまで『ミミック』『デビルズ・バックボーン』『パンズ・ラビリンス ... » more

『セルフレス 覚醒した記憶』:設定が面白い、ドラマ重視のSFアクション @試写会 ライアン・レイノルズ主演のSFサスペンス『セルフレス覚醒した記憶』、試写会でひと足早く鑑賞しました。監督はターセム・シン。2000年のデビュー作『ザ・セル』は観たものの、その後の作品は観ていません。当時、「映像の魔術師」とい ... » more
テーマ SF 外国映画 2015年以降

『シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人』:経済→エコへの道 @DVD・レンタル 昨年秋口にロードショウされたドキュメンタリー映画『シャーリー&ヒンダウォール街を出禁になった2人』、DVDで鑑賞しました。90歳近い老女ふたりが、経済に関して疑問を抱き、学者や経済リーダーたちに問いただそう、というハナシ。映画は ... » more
テーマ 外国映画 2015年以降 ドキュメンタリー

『スティーヴン・キング/ビッグ・ドライバー』:毛色の変わったリベンジもの @DVD・レンタル タイトルにあるとおり、スティーヴン・キング原作の映画化『ビッグ・ドライバー』、DVDで鑑賞しました。原作は中編集『Full Dark,No Stars』の一遍で、この中編集からはすでに『素晴らしき結婚生活』が『ファミリー・シークレッ ... » more

『幸せをつかむ歌』:オーソドックスな家族問題映画で、意外に共感 @DVD・レンタル ことし3月にロードショウされたメリル・ストリープ主演の『幸せをつかむ歌』、DVDで鑑賞しました。監督はジョナサン・デミ。ジョナサン・デミ監督といえば『羊たちの沈黙』でアカデミー賞を受賞していることもあり、「名匠」と冠されることも ... » more
テーマ 外国映画 女性のドラマ 2015年以降  コメント(1)

『魔人ドラキュラ』スペイン語版:ベラ・ルゴシ版よりも通俗的な味わい @DVD かなり古い、クラシック作品を自宅で鑑賞。映画は『魔人ドラキュラ』、1931年製作のスペイン語版。以前購入していたユニヴァーサルのドラキュラ映画のDVDセットのなかで、観鑑賞だったものです。まぁ、知っているひとは知っているので ... » more
テーマ 外国映画 ホラー クラシック映画

『イレブン・ミニッツ』:ピースは埋まったが、ピースは埋まらない @ロードショウ・単館系 ポーランドのイエジー・スコリモフスキ監督最新作『イレブン・ミニッツ』、ロードショウで鑑賞しました。スコリモフスキ監督は1938年生まれなので、ことし78歳。ポーランドでは巨匠と呼ばれているが、残念ながらこれまであまり作品を観てい ... » more
テーマ 外国映画 サスペンス 2015年以降

『パディントン』:ありゃ、『スチュアート・リトル』を思い出しちゃった @DVD・レンタル ことし1月にロードショウされた『パディントン』、DVDで鑑賞しました。名前は知っていたけれど、どんなキャラクターか知らなかったけれど、DVDに同時収録されていたドキュメンタリー映画『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』で、イ ... » more
テーマ 外国映画 コメディ 2015年以降  コメント(2)

『ジャングル・ブック』ディズニー実写版:人間と自然の、対立と融和? @ロードショウ・シネコン ディズニーの実写版『ジャングル・ブック』、ロードショウで鑑賞しました。とにかく暑い日だけれど、都心に出る用事があったので、それならば、早出して映画館で涼もうという魂胆で出かけました。鑑賞目的が邪(よこしま)だけれど、ま、いいさ。 ... » more
テーマ 外国映画 特撮・ヒーロー 2015年以降

 

最終更新日: 2017/02/18 10:45

「外国映画」のブログ関連商品

» 「外国映画」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る