誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    山本有三

山本有三

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「山本有三」のブログを一覧表示!「山本有三」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「山本有三」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「山本有三」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

三鷹の一日「銀幕の有三文学」展
「銀幕の有三文学」展 三鷹駅から玉川上水沿いの「風の散歩道」を歩きました。玉川上水沿いの木々も色づいていてきれいでした。山本有三記念館まで来ると、色づき始めたモミジの木の下で写生をしている人たちがいました。園庭にまわると、ここでも写生をしてい ... » more

三鷹の一日風の散歩道を歩く
風の散歩道を歩く 三鷹駅近くのクリニックに行った帰り、散歩をかねて、吉祥寺通りにある三鷹の森ジブリ美術館まで歩きました。暖かい空気と、透き通った柔らかい日差しの中、玉川上水沿いの歩道を歩きました。ところどころに梅の木があり、白や紅色の ... » more
テーマ 山本有三 風景

『路傍の石』とともに歩む亀戸天神―藤の「花は遅かった」(5月4日)、及、亀戸界隈今昔。 [第330回]冤罪を晴らす神さま・菅原道真・怨念を晴らすお百度まいり(27)亀戸天神2回目。菅原道真と言えば、まず、梅。そして、松・・・であるが、東京都江東区亀戸の亀戸天神社は4月終わりから5月初めにかけて藤が咲く・・・・のが有名のはず ... » more

三鷹の一日「山本有三交遊録」展
「山本有三交遊録」展 三鷹駅近くのクリニックに行った帰りに、桜の散り始めた風の散歩道を歩きました。玉川上水沿いの道は、それほど桜の木は多くはありませんが、時折吹く風に花びらを散らしていて、きれいでした。山本有三記念館では、「山本有三交遊録」展 ... » more
テーマ 山本有三 風景

『日本国憲法の初心−山本有三の「竹」を読む−』を読む 毎日新聞編集委員の鈴木琢磨さんが、山本有三の『竹』(細川書店、1948年)を東京・荻窪の古書店で手に入れ、そこに書かれている有三の日本国憲法への思いと、その本を出版した編集者、岡本芳雄について書かれた『日本国憲法の初心−山本有三の「竹」を読 ... » more

三鷹の一日「山本有三と国語」展
「山本有三と国語」展 武蔵野税務署からの帰り、風の散歩道を歩き、山本有三記念館まで来ると、企画展「山本有三と国語やさしいことばやさしい文」の案内がありました。前に来たときに、アンケートで山本有三の国語改革の問題について展示をやってほしいとの要望をしたことがありま ... » more
テーマ 山本有三 風景 国語改革

文学碑探訪「山本有三:生きとし生けるもの」 写真は、中央線三鷹駅から南に伸びる三鷹中央通り設置されている山本有三文学碑である。この三鷹中央通りには、同市にゆかりのある三木露風、太宰治、武者小路実篤、山本有三の文学碑が少しずつ間隔を置いて設置されている。露風、太宰、実篤についてはす ... » more
テーマ 山本有三 生きとし生けるもの 文学碑探訪

「政地」巡礼 旧山本有三邸 『東京新聞』2013年6月30日付朝刊の「『政地』巡礼」は三鷹市にある旧山本有三邸(山本有三記念館)を紹介していました。旧山本有三邸は、三鷹駅から吉祥寺方向へ玉川上水沿いの「風の散歩道」をしばらく歩いて行くと、右側に現れる三 ... » more
テーマ 山本有三 国語改革 憲法

三鷹の一日山本有三とタカクラ・テル
山本有三とタカクラ・テル 1月8日に山本有三記念館を訪れたとき、展示されている作品のなかに『戦争と二人の婦人』(岩波書店、1938年)があるのを見つけました。有三は、その「あとがき」で「ふりがな廃止論」を唱えていますが、そこで私は、タカクラ・テルが山本有三の主張に賛 ... » more
テーマ 山本有三 日本語 タカクラ・テル

三鷹の一日「山本有三記念館」へ行く
「山本有三記念館」へ行く 1月8日の午後、「まちづくりフォトコンテスト」の応募写真を事務局に届けたあと、「風の散歩道」を歩きがてら、久しぶりに山本有三記念館を訪れることにしました。最初に「太宰治文学サロン」に立ち寄りました。ここは太宰が通った伊勢元酒店の跡地 ... » more

目白にて「風景印文学散歩」を展示中 東京目白の「切手の博物館」で昨日から始まった「切手の博物館開館15周年記念展15人の風景印コレクション」に、2フレーム(32リーフ)の作品『風景印文学散歩』を出品しています(http://yushu.or.jp/museum/toku/in ... » more

切手と文学幻の山本有三切手
幻の山本有三切手 文学をテーマとした小型印を一つ、紹介いたしましょう。これは、昭和49年4月に栃木で開催された「文豪をしのぶ趣味の切手展」を記念して使用されたものです。切手趣味週間にあわせて企画されたイベントと推測されますが、蔵の町として知られる栃木 ... » more

先日見たドキュメンタリー番組で「心に太陽を持て」という詩が出てきました。ドイツの詩人フライシュレンの詩で、山本有三さんが訳されていますね。昔よく母が読んでくれたなーと懐かしく思い出し、改めて読んで心に響きました。 ... » more
テーマ 山本有三 心に太陽を 詩人フライシュレン

先日、知り合いのとあるブログを読んでいたら、こんなことが書いてました。その人にはいづみがブログを書いてるのを言っていないので無許可ですが、まあ、許してくれると信じて、ちょっと転載。ただひとりしかいない自分を、たった一度しかな ... » more

「生きとし生けるもの」山本有三著 (昭和30年発行・昭和53年購入、新潮文庫)あ、シメを先に書いてしまった、もうこんな時間か、ソッコーでUPしてしまおう。この本が書棚にあること自体を憶えてませんでした。『心に太陽を持て』と混同してました。冒頭をちょっと読んだ ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 15:15

「山本有三」のブログ関連商品

» 「山本有三」のブログレビュー をもっと探す

「山本有三」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る