誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ランドナー

ランドナー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ランドナー」のブログを一覧表示!「ランドナー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ランドナー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ランドナー」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

ランドナーの恍惚 このペダル自体は古典ロードにも使われたので、別にランドナー専用部品というわけじゃないのだが、ランドナー的視線というのは、こういうものでもある。どこに美があるのか、考えようと思ってそうしてるわけでもなく、しかし、そ ... » more
テーマ ランドナー

ランドナーの意匠 ランドナーという自転車が独特のカルチャーを形成しているのは、ひとつには、その意匠(デザイン)が何か根源的なものを予感させるからだろう。魂というのは謎に満ちているのであって、ほとんどの人は、自分の意識の深層にあるものを ... » more
テーマ ランドナー

ランドナーと生業の関係 最近になって「ランドナーを入手しよう」と思った人は、いったいどこで買ったらいいのか、悩んだケースが多いはずである。最新のロードバイクを入手するよりもっと面倒なのである。いちばんの理由は扱っているショップが少ないってことである ... » more
テーマ ランドナー

ランドナーと車道楽の関係 長くランドナーに乗ってきたような人は、たいがいにおいて、四輪車も好きなのであり、またその好みにも一定の傾向があらわれている。私の友人関係を見回しただけでも、それははっきりと言えるのであった。●ヨーロッ ... » more
テーマ ランドナー モーターライフ

ランドナー車載の基本は ランドナーを使うようなシクロツーリスムは、カーサイクリングで愉しんでいる人もかなり多い。特に地方在住者はそのほうが便利なのだ。路線図見りゃ一目瞭然だが、地方では鉄道の走っているところが限られる。大都市圏は混雑 ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー

残るものと残されるもの 1977年の8月6日土曜日の午後、私はこの木製の長椅子の傍らにいたはずである。腰掛けた可能性も充分にある。すでに約38年前のことだ。当時私は高校2年で、ユーラシアEA-T1に乗っていた。●朝、家を出て、昼 ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー

『失われた手仕事の思想』 久しぶりに文庫を取り上げたくなったのであった。ランドナーのような自転車に魅せられる方々には、共感するところが極めて多いと思われる本なのである。●民の手仕事を取り上げた著作としては、柳宗悦に、あまりにも有名な ... » more
テーマ ランドナー

42B車の新しい方向性 650×42Bタイヤに近年新しい銘柄が登場し、これに関しては重量的にも従来製品より相当に軽いので、個人的にもけっこう気になっているのだ。画像右側の友人の自転車がそういうタイヤを装着している。京都の有名ショップ I ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー

自転車カルチャーの出所 文化、カルチャーというようなものは、もともと非合理的なものであるらしいが、ここで言う「自転車カルチャー」のようなものは、近代後半になって出てきたもののことなので、つまりそれは、多分に人為的 artificial なものも ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー

自転車カルチャーの背景 われわれが愛するランドナーのような伝統的旅行車と、今日のカーボンロードバイクのあいだには、素材特性やそれらの力学的に解析された配置や接合というような、単に目に見える自転車ハードとしての設計思想や製造技術とはまったく別のも ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー

自転車カルチャーの断絶 ランドナーのような車種とその愛好者は、今日のローディの皆様から、しばしばけむたがられる(^ ^)。特に近年、道楽のスポーツサイクルの世界にエントリーされ、最新のカーボンバイクに乗られているような方々からは、ネ ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー

『旅する自転車 ランドナー&スポルティーフの本』 すでに購読されている方がたも多いようで、ワンテンポ遅れたタイミングですまぬが、本日タイトルのムックを入手できたのでレポートいたす。ランドナーを中心とした旅行用自転車のムックとしてはかなり久しぶりのはずである。シリ ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー

脱極性自転車 1970年代や80年代から道楽として自転車に乗ってきた人びとで、現在も、非競技系の自転車遊びを続けている人には、ひとつの傾向が現れているように私には見える。●脱力的な自転車に乗っていることが多いのだ。● ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー

旅行車のアングル 何かに立てかけて、傾いている側から見た旅行車にそそられる、という向きは多い(^ ^)。なんでかわからんけど、確かにバランスよく美しく見えるね。コミックにおいて、人の顔の映えるアングルってのがあるけど、 ... » more
テーマ ランドナー

春の夕暮れ 春の夕暮れに友と鄙の道を行きぬ。旧い路地とみ寺と遠き桜を見ゆ。若き日もまた遠くに見ゆ。●立ち止まりては時を過ごし時もまたわれらを過ぐる。それもまたことはりか。●なますて。ぴいす ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー

丘陵の里道 どうってことない、どこにでもありそうな、丘陵地帯の道。途中まで自歩道がついてるけど、通る車は数分に一台ぐらいのもの。幹線から外れた山の中だから、地元の車しか通らないわな。●山里と山里を結ぶ ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー

久しぶりに寄稿 私も寄稿させてもらったムックが、刊行されました。竢o版社の『旅する自転車ランドナー&スポルティーフの本』です。Amazon では今日から販売開始になったもよう。書店店頭に並ぶタイミングは、現時点では、申し訳ないけど私 ... » more
テーマ ランドナー

次元と記憶 自転車の旅の本質は、どのような時空に着地するのか。それを考えた人は多くないのかもしれない。3次元世界における体験というものは、われわれがリニア(線的)な時間を生きているために、非常に多くがすでに<記憶>の領域に入 ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー 次元上昇

「自転車ブーム」の虚と実 世の中ではスポーツサイクルが市民権を得たようなことになっている。しかし、どうもそれは見かけ上の部分が大きいのかもしれない。昨日、久しぶりに長い付き合いをさせていただいている自転車の先輩に会ってね。そんな話になった ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー

ランドナー的意匠 シンボリックなステッカー一枚で何かが伝わるとは不思議なことでもある。してみるとそれはメッセージでもある。ステッカーでなくても、持ち物がその代わりになることが多い。●乗り物も多く、その役割を担う。 ... » more
テーマ ランドナー

旧いから乗ってるんじゃないですよ 古典的な旅行車に乗らない人が古典的な旅行車について思い違いすることのひとつに「旧くてアンティークなところが良くて乗ってるんですね」というのがある。違うのだ。そりゃま、なかには、ヒストリックでレアなヴィンテージ ... » more
テーマ ランドナー

どうも、ロージーです まもなくツイッターフォロワーが1万人になろうとする、千葉市議会議員選挙花見川区立候補者の上野竜太郎氏に共感してしまうのは、どこかランドナー乗りの心情に通じるからである。あ、「私はニートや引きこもりじゃないから一緒 ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー

旧いステッカー 昔はけっこうパーツメーカーとかのステッカーも出回ってたな。ヴィンテージパーツのメーカーの中には廃業したところも少なくないので、ステッカーを見かけなくなったのも無理はない。●高校生の頃は輪行でできた傷隠 ... » more
テーマ ランドナー

自転車文学研究室  CyclotourismeJP空気量
空気量 ランドナーのような旅行用自転車が乗っていて快適なのは、直進安定性重視のフレーム設計が基本となっていることのほかに、タイヤ幅が太めで乗り心地が良いことがある。つまり、空気量が多いのだ。そのため、空気圧も3.5kg/ ... » more
テーマ ランドナー

ローカリズムと別の道 旅を好む人びとの共通項にはいろいろある。外の世界に対する関心が強いこと。ここではないどこかに答えがあるような気がすること。そうやって出掛けたからといって、いつも答えが見つかるわけではないんだが(^ ^)、それでも ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー

近代解体ツーリスム 東海道のように有名な旧道が通っているところは、近世やそれ以前の時代から交通があったようなところであるから、特に平野部では工業施設があるようなところを通ることもある。そういうのも私は嫌いじゃない。煤煙とか、体に ... » more
テーマ ランドナー 次元上昇

デザインの言語 自然はデザインを行っている。生命の中に美が表現されている。美は非常に単純な数学的図形の中にももちろん発見されるが、秩序とランダムの境界線上に、より繊細な美が現れる場合もある。美の方程式は、素数的でもある。 ... » more
テーマ ランドナー 次元上昇

午後の斜光 サイクリストは早起きの人が多い。自慢じゃないけど、私はどっちかといえば逆である。早朝から走り始めることは少ない。若い頃は、そうでもなかったけどね。勢い、日暮れまで走ることが多くなる。だから、出かけるところ ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー

走って愉しいところ シクロツーリスムにとって快適な走行環境の要件はいくつかあるし、多くは誰が考えても思いつくことだ。が、一部の要件はシクロツーリストを愉しもうとする人の錬度にも大きく左右される。坂が多い地域は、ふつう自転車からは ... » more
テーマ シクロツーリスム ランドナー

素足首とルーズソックス 画像は伝統的な工法によるリヤエンドである。エンドのパーツに対し、切り込みを入れたステイ2本をあてがってロー付けしてある。近年のクロモリフレームは、ロストワックスの差込み式エンドを採用することが多くなってきた。 ... » more
テーマ ランドナー

 

最終更新日: 2016/11/30 14:23

「ランドナー」のブログ関連商品

» 「ランドナー」のブログレビュー をもっと探す

「ランドナー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る