誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    脳卒中

脳卒中

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「脳卒中」のブログを一覧表示!「脳卒中」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「脳卒中」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「脳卒中」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

麻痺改善リハビリに関係する職種やリハビリをしている(していた)患者さん・御家族また麻痺改善リハビリとは何かを知りたい人の参加が可能です。したがって、麻痺改善リハビリに関係ないと思われる講演会や施設の案内そしてこのグループの趣旨に関係 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

小脳の働きとイメージトレーニング イメージトレーニングは小脳への刺激を利用して反復練習と同じことを行っているのかもしれません。イメージトレーニングの有名な話があります。第二次世界大戦中、イギリスのパイロットがドイツ軍の捕虜になった。彼は戦前プロゴルファーであったが捕 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

両足で歩くことが出来るようになる為の療法士の技術力とは何か。両手を使うことが出来る様になる為の療法士の技術力とは何か。私の体験では、両足で歩くリハビリや、麻痺手を動かすリハビリで特別な技術を感じたことは無い。例えば川平教授の促通法は ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺回復には「積み重ねの力」が作用します 人生には難しそうに思える事がたくさんある。だが、大半は簡単なことの積み重ねで出来るとは本多時生さんの言葉です。難しそうに思えるのは、やるべきことを自分が知らないだけで、実は簡単なことの積み重ねで出来る事が多いように思う。脳卒 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

(続き)脳卒中のかたい麻痺を正常のスタイルに変える第1歩は肩の手術:肩の正常化です 脳卒中の麻痺の機能回復の主体・中心となるのは肩の治療による肩の正常化になります。 勿論、歩行が駄目になる事が多いわけですから ... » more
テーマ 脳卒中 整形外科的選択的痙性コントロール手術

脳卒中で手足が動かなくなったのは、筋肉に問題が起きたのではなく、手足を動かす脳の神経回路が傷害を受けたからです。この傷害を受けた回路は、今のところ回復させる事は出来ません。だから、現在は、傷害を受けた回路とは別の回路を新たに構築することで手 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

障害は障害が分かった時に受け入れてその障害を改善しようと努力することが必要です 私は「障害受容の5段階説」は理解できないし、誰が作り出したのか不明です。要するに根拠のない説だと考えている。しかしエリザベス・キューブラー・ロスが唱えた『死の受容のプロセス5段階』説を塗り替えて、『障害受容の5段階』として日本で ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

リハビリ病棟に入院しても訓練しなければ動くようにならない。当たり前ですが、なぜか麻痺手を訓練せずに動く方の手を訓練する療法士が多いと聞く。本当でしょうか。私が脳被殻出血で倒れたのは14年前であるが、その時には、すでに脳の可塑性は知ら ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

若い女性の作業療法士が脳梗塞になり左片麻痺になったのですが、彼女の麻痺改善・回復に対する考え方が歪んでいるために、麻痺手を固めてしまおうとしているとしか思えないブログに出会いました。彼女は、非常に前向きで、麻痺回復に対して意欲的 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

(続き)南多摩整形外科病院では更に正常化を求めて 脳卒中への選択的痙性コントロール手術で、脳卒中は大きく革命的にやわらかく力強くなおるようになりました。 肩 肘うで手くび おやゆび手ゆび ... » more
テーマ 脳卒中 整形外科的選択的痙性コントロール手術 拘縮

(続き)脳卒中、脳梗塞のかたい麻痺と拘縮をなおす 脳性麻痺のクロス、尖足を中心に、動きも形も美しく正常化する私達の南多摩整形外科病院でとりくまれている整形外科治療について語ってまいりました。 ところで、同じ考 ... » more
テーマ 脳卒中 整形外科的選択的痙性コントロール手術 拘縮

本田さんは、12歳の時に音楽家を志して岩手県宮古市から上京し、国立音楽大学在学中からジャズピアニストとして活動。1973年から6年間、渡辺貞夫カルテットに参加。78年にはフュージョングループ「ネイティブ・サン」を結成するなど、国内外で幅 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺した手足を動くようにしたいと思うのなら、如何に忍耐するか、如何に努力するかが大切です。目標が達成できないのは、努力が足りないのかもしれません。忍耐が足りずに、途中でやめてしまうからかもしれません。良い努力を続けるためには ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

心理学には『学習性無力感』という言葉がある。意味は、「人は学習して無気力になることがある」ということ。私たちに当てはめると、学習性無力感とは、脳卒中による半身不随などのように、自分の努力によってはどうしようもないと思うような出来事を経験した ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

単に続けるだけでは力になりません。何事も継続することは大変な努力が必要なのです。このことを「継続は力なり」と言うのです。さて、麻痺回復のためには、リハビリを継続しなければなりません。そして、リハビリを続ける意欲を継続させるためには、 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

そのためには麻痺の手指をリハビリする事です。ところで作業療法では何をするのでしょうか。肩のリハビリではありませんか。「上肢は肩から回復する」と教えられたからですね。私は素人ですが、ベッドの上で麻痺の手指を麻痺のない手で動かし続け ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

日常生活のためのリハビリテーションが必要 私は自分の我が儘で「畳の生活」を希望しました。しかも発症から1ヶ月の急性期病院のリハビリ室で。私の部屋が和室だったからだけの理由です。私の我が儘を聞いてくれたのは、若い女性の理学療法士さんでした。床に立った状態から床に敷かれ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

『両手を使う療法』を推奨します 麻痺の無い手を使用できないように拘束して、麻痺手だけを強制的に集中治療するCI療法は効果があると思うしかし、退院した私は新たにこの治療を受けようとは思わなかった。この療法を推進している病院は偶然にも自宅から歩いて10分ほどで行けるの ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

だから脳卒中患者を甘やかしてはダメなのです。集中治療室で救命されれば病室に移ります。病室では、ベッドでの食事と排泄の世話をナースが行います。それ以外も含めて完全看護です。私は、病室に移動した数日後、手足は動かないし体幹も不安定な ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

これは麻痺改善の世界では常識なのでしょうか。しかも正しいのでしょうか。私は急性期病院で、麻痺の左手を右手で動かす訓練を続けていました。麻痺手を広げてベッドに付けて体重を掛ける練習もしました。両手を同時に見つめて、グパするイメージトレ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

促通反復法(川平法)⇒CI療法⇒両手使用療法 上肢のリハビリで先ず必要なことは、手指に僅かな動きが出て来る事。そのために促通反復法を2週間行う。少し動きが出て来ると、麻痺側のみを使うことで麻痺側の不使用を回避して、更なる動きを導くためにCI療法を2週間行う。麻痺手が補助的に ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

私は退院後兵庫医大の記事を読んで、麻痺の無い手を使用できないように拘束して、麻痺手だけを強制的に集中治療するCI 療法は効果があると思った。しかし、新たに、この治療を受けようとは思わなかった。それは、要するに「麻痺手を使うこと」がポイン ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

『失ったものばかりに目を取られるのではなく、残っているものを使って今までと方法を変えてやりやすいように日常生活を送り、明るく毎日を過ごすことが病の改善には必要だ。セラピストも前が見えなくなっている患者さんに、いかに希望を持たせるかが大切 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

これは工藤公康さんが現役投手のころの言葉です。さて体で覚える」と言う言葉は、スポーツの練習などでよく聞きますが、体には記憶装置はありません。これはどういうことでしょうか。本当は体ではなく脳の問題のようです。ところで脳卒中などを起 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

そもそも「手が不自由」とはどういうことでしょうか。脳卒中になると手足が麻痺して動かせなくなる。筋肉を動かす脳のプログラムが消去したからである。だから手足は弛緩してダランとした状態になる。何もしないで放置すると、次第に指・手首・肘が曲がっ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺した手を元の状態に近づけるのが片麻痺に対する作業療法  脳梗塞や脳出血などの発作で死を免れる患者は多くなっていますが、発作後に麻痺などの後遺症が残り、体の自由を失ってしまうことが多い。高齢者の介護が必要となる最大の原因は脳梗塞などの後遺症だと言われます。脳梗塞などが起こった後、手足が麻痺 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

患者に自らの意志で起き上がることや車椅子に移乗する意志を持たせる。このことは、看護・介護・リハビリテーションの世界に共通することです。脳卒中で入院した人は病気で動けなくなったから、治療のために看護が必要なのですが、寝かせる看護は ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺を回復させるためのリハビリは確かに大変です。私も脳被殻出血で左側の手足が全く動かなくなり、懸命に入院リハビリを続け、退院してからもリハビリを続けているから、大変さは実感している。しかし、私は入院中に「頑張ってください」と言われれ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

妻は私のリハビリについて何も言いませんでした。入院中も退院して家庭復帰した時も頼まない限り何もしてくれませんでした。冷たい妻なのでしょうか。そんなことはありません。回復期病院では毎朝6時ごろに公衆電話でモーニングコールして、前日のリ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

不自由でも両手を使う事が出来る様になることを希望する筈です 或る新聞の記事です。【人は誰でも、社会や家庭で何らかの作業や仕事に携わっています。ところが脳卒中で障害を持つと、自分にはもう何も出来ないと思ってしまいがちです。また、周囲にも、障害のある人に無理に仕事をさせなくても、と思う人がいるようで ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

 

最終更新日: 2017/05/21 14:25

「脳卒中」のブログ関連商品

» 「脳卒中」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る