誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    脳卒中

脳卒中

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「脳卒中」のブログを一覧表示!「脳卒中」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「脳卒中」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「脳卒中」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

倒れる前と同じような動作が出来る様にするのが麻痺改善リハビリ 退院前に療法士にアドバイスされたこと・感覚障害が残っているから手を保護することを考えた方が良い・通勤の時には手提げ鞄ではなくリュックサックが良い・通勤勤務は勤務時間や勤務日数を減らす方が良い・雨の時は傘ではなく合羽が良い ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

リハビリには「知と行」が必要である  因みに、「知と行」とは知識と実践の事である。ロバが道端の草を食べようとして、右側に足を運ぶと左の方が旨そうに見え、左の路肩の草を食べようとすると右の方がよさそうに思われ、右選か左選か迷いに迷って食べることができず、ついに餓死してしま ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

回復期リハビリテーション病棟では麻痺改善しないのか 回復期リハビリテーション病棟を退院しても、リハビリに関する本やDVDの購入に限らず、個人経営のリハビリ施設を利用しなければならないのは何故でしょうか。それは入院リハビリでは麻痺が回復改善しない患者が多いからです。医師が改 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

自主リハビリを難しく考えない ティッシュを摘まんでみたいのなら、麻痺手でティッシュを摘まむ練習をする。プリン持って食べたいのなら、麻痺手にプリンを持って食べる練習をする。プッチンプリンならプッチンする練習をする。お茶漬けサラサラしたいのなら、実際に試してみる ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

私の「痲痺の左手」が動くようになったのは病状が軽かったからではない  救急搬送された脳神経外科の医師は投薬で私を救命した。しかし転院を薦められた脳神経外科の医師は強く手術を薦めた。理由は「手術する方が麻痺の回復は必ず早くなる」だった。手術に成功すると、脳が痲痺手への関心を無くさないために、痲痺の無い手 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

痺改善リハビリにサッカーボールを使って回復したラモス瑠偉氏 麻昨年12月29日に脳梗塞と診断され、リハビリを続けていたラモス瑠偉氏(60)が2日、都内で復帰会見を行った。発症後は左半身の感覚がマヒしていたが、現在は普通に歩き、報道陣の前でリフティングを披露するまでに戻った。医者も驚いたという ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺の改善・回復には心理的ストレスを除去することが必要 私が右脳被殻出血で倒れてから1ヵ月近くは意識が完全ではありませんでした。このことが、私から心理的ストレスを完全に無くしたのかもしれません。と言うのは、脳卒中で倒れた時に麻痺で絶望する人が多いと聞くのですが、私はそのような感情は全 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺を治すのは療法士ではありません 〜患者の努力です〜 多くの病気や怪我などは、投薬や手術で治療する。リハビリは、患者に動作や作業をさせることで麻痺を改善・回復させる。つまり「療法士=治す人、患者=治してもらう人」ではないのです。「マッサージしてもらって、体のコリが治った ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

効果のないはずの成分でつくられた薬剤によってもたらされる効果のことをプラセボ効果【placebo effect】と言います。偽薬の効果が存在しないことは患者には知らされないが、治療者には又と無い情報源として役立つ。「最も有効なプラセ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

脳卒中で手足が動かなくなったのは、手足の筋肉や骨格に問題が起きたのではなく、手足を動かす脳の神経回路が傷害を受けたからです。この傷害を受けた回路は、今のところ回復させる事は出来ません。だから、現在は傷害を受けた回路とは別の回路を新たに構築す ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

「麻痺に対する訓練」と「残った能力を開発する訓練」 脳神経外科系では「麻痺に対する訓練」しかありえない。「残った能力を開発する訓練」は整形外科系のリハビリである。麻痺が良くなるのか、ならないのかを判断することは極めて難しい問題なので、実際のリハビリテーションは「麻痺に対する訓練」 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

医学的リハビリテーションには成果主義が必要か 医学的リハビリテーションは、リハビリテーション専門医の指導でリハビリテーション看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士など多数の専門職の協業によって行われる医療行為です。 さて、病気やケガの人が病院に行く目的はなんでしょうか。 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善リハビリで療法士は何をすべきか Aさんは、正しい姿勢で正しく歩くリハビリ受けたが、何時まで経っても歩くことが出来ない。Bさんは、歩く姿勢や歩き方は悪いかもしれないが杖なしで歩くことが出来る様になった。リハビリとしてはAさんをリハビリした療法士さんが正しいと ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善リハビリは「ADLからQOLへ」が目標です 麻痺で動けなくなって、先ず求められるのは「日常生活動作」の確保です。日常生活動作とは、食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴など、日常生活を営む上で不可欠な基本的行動を指します。ADL(Activities of Daily Living)とも ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善リハビリとは、闇雲に頑張ることではない 麻痺改善リハビリとは、自分がやりたいことを軽い気持ちで試すことである。つまり、やりたいことがなければリハビリの意味がない。現在右脳被殻出血で左片麻痺になって15年目である。過去を振り返っても、必死に何かに挑戦した ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

深部感覚を呼び起こすことが麻痺改善リハビリとなる 私は右脳被殻出血発症から一ヶ月ほど経った時に足を伸ばしてベッドに座り、腿の上に両手を並べて見つめました。麻痺の左手は全く動きません。でも、温冷や痛みは感じますし、物に触る感覚はありました。今考えると少し鈍かったかもしれませんが。 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

痺改善リハビリとは知識ではない 〜両手両足を動かすのみ〜 麻麻痺の上下肢を元の様に動くための、動作の継続を維持させることだと思います。この時の動作とは何か。麻痺改善の目的は元の生活動作に近づく事であるから、リハビリのための動作とは元の生活動作である。つまり麻痺改善リハビリとは、元の生活動作 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

「リハビリを頑張る」とは、「動くようになるまでリハビリという場所を離れない」。または「動くようになるまでリハビリを続けるという我を通す」ことです。つまり、マヒの回復を諦めずに、回復するまでリハビリを続けるという強い意志を持ち続ける」こと ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

急性期病院では麻痺改善のリハビリが必要です 急性期病院は救命・治療する事が目的だと思うが、入院期間中のリハビリは運動機能の麻痺改善に多大な影響を与えると思う。そして救急病棟と回復期病棟との連携も重要であると実感した。脳卒中になると急性期病院に搬送される。これらの病気に罹る ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

CI療法とは何か〜私の理解〜 CI療法とはConstraint induced movement therapyのこと。その意味は、「健側の運動を制限して、患側の運動を誘導しようとする治療法」のことです。要するに入院リハビリなどで、患側が僅かに動くようになっ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善リハビリでは仕事に復帰させるのが一番 仕事とは、単なる日常生活動作ではなくそれ以上に身体と頭を使うことです。働きに出かける事、家庭で掃除・洗濯・買い物・調理などを行う事。あるいは、ペットの世話をして散歩に出かける事などが相当します。仕事であれば働く意欲が必要です。仕 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善リハビリには理想を持って取りくむことが必要ですが 脳卒中で麻痺が起きた場合、全快つまり元の体に戻ることを患者は希望します。しかし全く動くことが出来ないよりも、歩く姿が悪くても何とか歩くことが出来、麻痺はあっても何とか両手が使えるようになる事も必要だと考えます。歩行訓練が始ま ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護  コメント(2)

麻痺改善リハビリに於いて、上肢のリハビリは肩が先か手指が先か 肩は腕・手を支えている大切な部位です。肩が「上手く動かない」と感じるのは、肩の力が不足しているのではありません。肩だけではなく手も、脳が「動かし方」を無くしてしまったからなのです。「手は手首が支え、手首は腕が支え、腕は肩が支えて ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

「障害を受け入れる」とは「麻痺改善を諦める事」です 障害とは「ある事をするのに、妨げとなる状況」を言います。脳卒中になると、片側の肢体が不自由になる。これは手足の動きが脳の傷害によって妨げられたからである。しかし、リハビリすることでこの“妨げ”が減少する。リハビリすることで障 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善には「心理的ストレス」が邪魔をする 〜患者に希望を〜 脳卒中は、ストレスとも大きく関係していると言われています。脳卒中を起こしたことの無い人を対象とした研究で、日常的に起こるストレスにうまく適応できている人の脳卒中の発症率は低くなっているそうです。また、ストレスと上手く付き合えている人は、 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

「動け」と念じながら非麻痺手で痲痺の手指を動かす麻痺改善リハビリ 例えば、麻痺の手指を握ろうとすると、脳が手指を握る筋肉に指令を出します。この指令が脳から脊髄を経て肩・肘・手首を経由して手指の筋肉を動かして手を握ります。ところが脳梗塞や脳出血などになると麻痺の手指を握ろうとしても、脳が手指を握 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

赤ん坊の成長を生まれた時から頭に思い浮かべるのは麻痺改善リハビリとなる 私は右脳被殻出血で倒れてから、意識がほぼ完全に戻るのに、1ヶ月程掛かりました。そんなある日、ベッドに両足を伸ばして座り、痲痺の左手を右手の介助で腿にのせて右手と並べ、両手を見つめながら思いました。「身体が動かなくなった。まるで赤ん坊に戻 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

手が動くようになったのは、麻痺が軽かったからではありません 動く様になったのは、麻痺した手を健手で動かし続け、少し動く様になってからは両手を使い続けたからです。 私は、脳被殻出血で左側の手足が麻痺して、自力で動かすことが出来なくなりました。しかし麻痺のない右手で麻痺した左手を動かすと動く ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

今回は、動きのコツ研究所、「楽に物をつかむ手の平のコツ」を紹介します。https://youtu.be/6rgGmee9SAU ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

脳卒中で運動機能が麻痺すれば麻痺改善リハビリをします。その目的は「元の生活に戻るため」、「元の生活に出来るだけ近づくため」、「寝たきりにならずに、日常生活が自分で出来るため」です。何れにしても、日常生活の神髄は両手両足を使うこと ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

 

最終更新日: 2017/04/29 12:40

「脳卒中」のブログ関連商品

» 「脳卒中」のブログレビュー をもっと探す

「脳卒中」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る