誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    脳卒中

脳卒中

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「脳卒中」のブログを一覧表示!「脳卒中」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「脳卒中」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「脳卒中」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

「動け」と念じながら非麻痺手で痲痺の手指を動かす麻痺改善リハビリ 例えば、麻痺の手指を握ろうとすると、脳が手指を握る筋肉に指令を出します。この指令が脳から脊髄を経て肩・肘・手首を経由して手指の筋肉を動かして手を握ります。ところが脳梗塞や脳出血などになると麻痺の手指を握ろうとしても、脳が手指を握 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

赤ん坊の成長を生まれた時から頭に思い浮かべるのは麻痺改善リハビリとなる 私は右脳被殻出血で倒れてから、意識がほぼ完全に戻るのに、1ヶ月程掛かりました。そんなある日、ベッドに両足を伸ばして座り、痲痺の左手を右手の介助で腿にのせて右手と並べ、両手を見つめながら思いました。「身体が動かなくなった。まるで赤ん坊に戻 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

手が動くようになったのは、麻痺が軽かったからではありません 動く様になったのは、麻痺した手を健手で動かし続け、少し動く様になってからは両手を使い続けたからです。 私は、脳被殻出血で左側の手足が麻痺して、自力で動かすことが出来なくなりました。しかし麻痺のない右手で麻痺した左手を動かすと動く ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

今回は、動きのコツ研究所、「楽に物をつかむ手の平のコツ」を紹介します。https://youtu.be/6rgGmee9SAU ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

脳卒中で運動機能が麻痺すれば麻痺改善リハビリをします。その目的は「元の生活に戻るため」、「元の生活に出来るだけ近づくため」、「寝たきりにならずに、日常生活が自分で出来るため」です。何れにしても、日常生活の神髄は両手両足を使うこと ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

イメージトレーニングと麻痺改善リハビリ イメージとは何でしょうか。心に思い浮かべる像や情景。ある物事について抱く全体的な感じ。心像。形象。印象。また、心の中に思い描くこと。「―がわく」「―をふくらませる」「企業―を高める」「電話の声から―した人と違う」「イメージトレーニングす ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

(続き) 脳卒中のまがった指をやわらかくのばす 約13年ほど前に脳卒中で、肩があがりにくく、指ものびにくい女性を治療しました。 まず手術で肩をやわらかくあげやすくします。 手のひらも上むきに向くように手術 ... » more
テーマ 脳卒中

麻痺改善リハビリと家族の性格 運動機能の障害は、私のように脳被殻出血で手術をするほどの重症でもかなり回復します。しかし、よほど軽い脳卒中以外に、完治は難しいようです。このことがストレスになり心の病気に近づくことがあるのです。かといって心の病気に近づく状態が「うつ」だとは ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

病院で麻痺手をリハビリしてくれないのであれば病室で両手を使う努力をしてください 兵庫医大の“『麻痺側上肢集中訓練プログラム』CI療法”に次のようなことが書かれている。【下肢の麻痺が残る場合、歩くために装具をつける治療がスタンダードになっています。上肢の麻痺については、大変難しい問題があります。それは、ごく軽い麻 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

8かたくにぎりしめられた指をやわらかくさあ、次は、脳性麻痺のあとのかたい腕全体の麻痺をなおしにいきましょう。 これまでお話ししましたように、にぎりしめられた指とおやゆびをのばして手ゆびをやわらかく、曲げたりのばしたり、思った ... » more
テーマ 脳卒中 拘縮

(続き)肩の手術で体のバランスもよくなります 肩の手術ぐらいでは何もよくならない、と考える方もおられるでしょう。 しかし、しかし、そうでもないのです。 右半身が麻痺している、と考えます。 右半身が棒のよう ... » more
テーマ 脳卒中 整形外科的選択的痙性コントロール手術

何んとか両足で歩き両手が少し動くように2〜3ヶ月間の治療をすべきです。だから利き手交換の訓練は緊急避難として4ヵ月目に指導すれば良い。脳卒中の病状が落ち着いたあと、麻痺は徐々に回復して行きます。だから超早期からの麻痺改善リハビリが必 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

「残された能力によって何をなしうるか」と言うフレーズがあります 片手を無くした人の「残された能力」とは、「残された手の能力」であることは疑う余地はありません。しかし片麻痺患者の「残された能力」とは何の事でしょうか。麻痺側の能力は無くなったように思いがちですが、それは間違いです。大脳が持っていた能 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善リハビリには課題志向型アプローチが有効 麻痺改善リハビリの目的は、元の生活に出来るだけ近づける事です。その為には元の生活を真似た動作を両手両足で行う事です。元の動作は小脳に記憶されていますから、動作を続けることで大脳の生きている部分に新たにこれがコピーされて麻痺が改善するのです。 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

整形外科系と脳神経外科系の『リハビリ』では異なることが多い 衰えた筋力は鍛える事で強くなるとは思います。しかし、私たちのように脳卒中が原因で上肢が動かないことや上手く歩けないのは運動不足による筋力低下が原因ではありません。脳が傷害を受けたからです。運動機能回復のリハビリには、筋肉・筋力の向上 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

マサおじさんのブログ念じてリハビリ
念じてリハビリ 例えば、左の手指を握ろうとすると、脳が手指を握る筋肉に指令を出します。この指令が脳から脊髄を経て肩・肘・手首を経由して手指の筋肉を動かして手を握ります。ところが、右脳梗塞や右脳内出血などになると、左の手指を握ろうとしても、脳が手 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

車椅子・足の装具・杖などは早期に止める方が良い 脳卒中で倒れると身体の片側が全て麻痺して動かせなくなる。動かせるようになるのは、今のところリハビリテーションしかありません。運動機能については急性期からリハビリテーションを行った患者のほうが、安静を続けた患者よりも明らかに優れている ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善リハビリでは、手足が独立した道具だと考えるべきでない 歩くことと手を使うことは完全に独立分離した動作のように思いがちですが、そうでは無いのです。人間が歩くときには自然と両手を振ります。専門的な理屈はあると思いますが、私は単純に次のように思っています。『人間も遙か昔は四本足で歩いていた。このこと ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善のリハビリは元の生活に近づける訓練が必要 2000年4月の診療報酬改定で“回復期リハビリテーション病棟”が新設されたことは周知の通りです。回復期リハビリテーション病棟とは、脳血管疾患等の患者に対して、ADL能力の向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

片手で紙を押えないと字を書くことが出来ません 上肢は肩から指先まで動いて上肢としての機能を発揮します。何処から訓練すべきだとか、どちらが先に動き出すとかは、私達にとってはどうでも良い事です。現実の世界を考えますと、紙に何かを書こうと思っても片手では不可能です。もう一方の手で紙を ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善リハビリと小脳の働き 人間の脳の中で最も重要なのは大脳ですが、では他の部分は重要ではないのかというとそんなことはありません。大脳は人間であるために重要なものなのであって、他の部分は生物が生きていくために重要なのです。ここで説明する小脳も、当然生きていくために ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

遊び感覚で「お手玉」を麻痺改善リハビリに使う 麻痺側上肢をテーブルに置いて、麻痺手を広げて「お手玉」を1個載せて、握る努力をする。手を持ち上げる努力をする。手の平を回してお手玉を落とさないように努力する。テーブルに「お手玉」置いて、麻痺手で掴もうとする。「お手玉」はボールと ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

早期からの麻痺改善リハビリが必要である 兵庫医大のHPでは、発症直後から2〜3週間を急性期リハビリ、2〜3ヶ月を回復期リハビリ、それ以降を維持期リハビリと名付ける。そして障害の回復は発症から3か月までに85%回復する。としている。と言うことは早期の麻痺改善リハビリが必要で ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善リハビリと運動療法 脳科学の進歩によって、脳は考えられていた以上に可塑性を備えていることがわかってきた。従来から脳損傷のリハビリテーションでは、脳には可塑性があっても極めて少ないと考えられていたため、機能障害の積極的な回復をめざすより、能力低下レベルでの代償に ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

貴重なリハビリ時間中に雑談をするのは良くないとの意見があると思いますが、療法士との意思疎通を良くすることが出来ないと信頼関係を築く事が出来ないので人間関係がギクシャクしてリハビリも上手く行かないと思うのですが如何ですか。本来は、病院 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善のリハビリで必要な事 ・普通の人と同じように動作するように気を付ける事・出来るだけ妻や人を頼らずに自分の事は自分で行うように努力する事・困っている人や老齢者・妊婦さんには手を差し伸べる事。・電車内では座らないで立って安全棒を両手か麻痺手で握る。又は両 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善リハビリにおける「自然治癒力と無邪気に信じる心」  もともと人間には自然治癒力が備わっているので『リハビリは、自然治癒を強力に後押しする』のだと思います。ただし、リハビリをするときに、『必ず回復すると信じる無邪気な心?』を継続して持ち続ける事が必要だと思っています。念のために書きます ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善に奇跡は無い 麻痺改善リハビリを行うのみ 脳被殻出血で運動機能が重度の麻痺をおこした。しかし半年後には杖なしで歩けるようになった。その半年後には麻痺手も動くようになり、不自由ではあるが発病前のように両手を使うようになった。このような回復を“奇跡の回復”と表現する人があるが、 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

一つのセオリー・学説は必ずしも正しいとは限らない だから患者サイドに説明するためには、高度な幅広い知識と患者が誤解しないで正しく理解するような言葉・話術が必要です。脳梗塞で手が握り込んで硬くなり、全然開かなかった男性が、訓練でグーパーが出来るようになりつつある。その人は、「指が開か ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

だから患者サイドに説明するためには、高度な幅広い知識と患者が誤解しないで正しく理解するような言葉・話術が必要です。脳梗塞で手が握り込んで硬くなり、全然開かなかった男性が、訓練でグーパーが出来るようになりつつある。その人は、「指が ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

 

最終更新日: 2017/03/22 14:17

「脳卒中」のブログ関連商品

» 「脳卒中」のブログレビュー をもっと探す

「脳卒中」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る