誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    脳卒中

脳卒中

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「脳卒中」のブログを一覧表示!「脳卒中」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「脳卒中」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「脳卒中」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

麻痺とは、脳の「体を動かすプログラム」が脳梗塞や脳出血で消去されたために手足などが動かなくなることです。この消去されたプログラムは治療で再生することが出来ません。ところが麻痺した手足を動かしていると、手足を動かすプログラムが ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

療法士は医療従事者(コ・メディカルスタッフ)の一員である。脳卒中で片麻痺になった患者を担当すれば、両手両足が使える様に治療して、麻痺が残っても両足で歩き両手を使うことが出来る様にする責任がある。重大な責任である麻痺を回復させ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

人間は両手を使う様になっているし、世の中は両手を使うことを前提に出来上がっている。そこで脳卒中などで片麻痺になると不自由である。しかし不自由であるが動く方の手だけで何とかしようとするのも人間です。右利きの左手が麻痺すれば、利き手 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺手のリハビリは理学療法で両手を使うリハビリが作業療法かもしれない。私は歩く訓練が理学療法であり、手の訓練が作業療法だと思っていた。しかしどうも納得できない。そもそも手と足を分けるのは正しい事なのでしょうか。法律によれば、 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

手足が麻痺すれば、元の生活が出来る様にするのがリハビリテーションです。歩く訓練をするのも生活するためです。しかし歩くだけでは生活できません。両足の動きが必要なのと同じように、否それ以上に欠かせないのが両手の動きです。そして、生活 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

着替え動作は上肢を回復させる 急性期病院で若い女性理学療法士に言われました「ここでは全ての事をナースがしてくれますが、次の病院では出来るだけ自分の事は自分でするように努力してください」と。そして回復期病棟に転院した時に、作業療法士に言われました「着替えは自分で出 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

この哲学は整形外科系に適用されるのであって、脳神経外科系では「本来あるべき状態への回復」を意味するリハビリ本来の姿であるべきです。リハビリテーションの語源はラテン語で、re(再び)+ habilis(適した)、すなわち「再び適した状 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

彼女は救急病院に搬送されて、脳梗塞だと告げられた時、「後遺症が残らないようにリハビリを頑張ろう」と前向きに考えたそうです。今までの経験から『麻痺改善が早い人は前向きで、ほんとに麻痺を治そうと思っている人。また、家族との関係がよく家族 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

社会復帰とは、軍隊・刑務所・寺院など、一般社会から離れて生活していた人が、再度一般社会に参加することを指します。また、病気や事故で正常な社会活動が出来なくなった人が回復して、再び社会で活動するようになることにも使います。とこ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

私が入院していたリハビリテーション病院で実感したことは、「家事などを何もしない男性よりも、朝から晩まで家事に追われる主婦の方が退院後の回復が進む」と言う現実です。ある主婦が土日を利用した何度目かの一時帰宅(病院では外泊と言います ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

両足で歩くことが出来る様になる患者が多いのに、両手が使える様にならないのは何故でしょうか。専門家は麻痺足を治療する事は出来るが、麻痺手を治療する事が出来ないからでしょうか。ところで麻痺の手足を治療するとはどういう事でしょうか。 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

左片麻痺になって5ヶ月で通勤を再開した初日に、人が少ないからと階段の右側をゆっくりと上がっていました。その間に電車が到着したようで多くの人が私に向かって降りてきて恐怖を覚えました。そしてみんなが通り過ぎるまで佇んでいました。暫くすると人が途 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

テーブルに両手広げて置く、両手を付いて立ち上がる 麻痺した手の指は放置すると握り込こんできます。しかしこの時には指だけではなく、手首も肘も肩も影響しているのです。触ってみれば各関節の筋肉が硬くなっているのが分かるはずです。手首・肘・肩が硬くて麻痺の無い手でも動かせない人は、専門の療法士に治 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

不自由でも両手が使える様に訓練すべきである。歩行と同じように 人間が4足歩行から2足歩行に移行した理由をご存知ですか。前足を“物を掴む手”として利用するためです。そして人間は両手で道具を使う社会を作って発展発達して来たのです。だから上下肢が麻痺すれば、不自由でも両手が使える様に訓練すべきである。歩行と ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

私が実践した、無理のない安全と思われる上肢のリハビリを紹介したいと思います。☆先ずは両手を開いて腿の上に置きます。両手を膝頭の方にゆっくり滑らせます。そして手前の方に引き寄せます。自力で麻痺側が動かない場合は、動く方の手で麻痺側 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

救急病院では、下着は自前だが、部屋着は、病院が用意した病衣を着ていたように思う。急性期病院に転院してからは自前のパジャマを着ていたが着替えはナースがしてくれていた。リハビリ室での訓練もパジャマであった。倒れてから1ヶ月半 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

脳卒中で片麻痺になった直後に、「大丈夫ですよ。完全に元に戻るとはいえませんが、あなたの望むところまでは回復しますよ」と医者が言ってくれる、としたらどうでしょう。その日からの人生が開けていくはずです。逆に、「一生車椅子生活」だとか ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺側に対するリハビリテーションは、誰かに動かしてもらうのが常で、完全に受身の運動である。との考えが患者サイドだけではなく治療側にもある。この考えに基づくリハビリテーションに対して、何か目的をもった運動に、強制的に麻痺側を用いる ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

リハビリ病院を退院した日にまず考えたのが「ゆっくりと一人で入浴したい」です。杖なしで歩くことは出来るが麻痺の手は少ししか動かない。出来る所まで一人で努力し、どうしても駄目なら妻を呼ぼうと決めて行動を起こした。浴室の前にイスを置い ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

私が脳卒中で左側の手足が麻痺した時、セラピストにお願いしたのは畳の部屋で生活出来るようになりたいと言うことでした。このための訓練を発症から20日足らずで始めたのです。畳で生活するには、しゃがんで座ることや、立ち上がることが出来る ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

発病時の治療者の説明は特に気を付けて患者を「心理的悪化サイクル」陥らせないようにする工夫が必要である。病気になったこと自体大きなストレスであり、病者は常に対処を迫られている。対処が上手く行くと効率の良いリハビリテーションが出来るが、 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

日常生活で物を使った訓練をするのが作業療法だと聞きます リハビリ病院では携帯用のマホービンを用意しました。係りの人がマホービンにお茶を入れてくれるからです。しかし、右手だけしか使えない私はマホービンの蓋を開けてお茶を湯呑に注ぐことができません。最初の頃は蓋を閉めないように頼んでいまし ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

自分がやりたいことを軽い気持ちで試すことである。つまり、やりたいことがなければリハビリの意味がないのだ。脳卒中で左片麻痺になって14年目である。過去を振り返っても、必死に何かに挑戦したとか、人よりも頑張ったとかの記憶はない。自主 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

右麻痺の人が、空のペットボトルで練習を続けてペットボトルが開けられるようになったとブログに書かれたので紹介します。去年から練習していましたやっぱり開けられないその時握力「0」弛緩でプラプラ握る力が弱すぎるの? ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

不自由であっても日常生活で両手両足が何とか使えることを“自立した生活が出来た”と言うべきである。回復期リハビリテーション病棟には150日間は入院できますから、その期間は集中訓練して、不自由であっても両手両足が何とか使える様に治療する ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺側上肢のリハビリテーションは、誰かに動かしてもらうのと言う受身の運動だと考えていませんか。麻痺側下肢のリハビリテーションでは両足で歩く訓練をします。麻痺側上肢のリハビリテーションも同じなのです。歩くというのが一つの目的であるよう ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

脳出血を起こしてから数日後にはベッドに足を伸ばして座ることが出来るようになりましたが、麻痺の左手は全く動きませんし、手の感覚はあるのですが、手が何処にあるのか分かりませんでした。ようするに皮膚感覚はあるのに位置覚がないのです。 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

回復期リハビリ病棟は、病棟全体がリハビリの場です。訓練室はその一部です。つまり、廊下もトイレも洗面所も浴場も、そして病室も訓練の場となるような環境作りが為されているはずです。リハビリそのものも、療法士と協働で行う訓練だけではだけでは ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

脳卒中になると片麻痺になる。しかし、この人達は“障害を持った”ではない。“片麻痺を治そうとリハビリする”人達である。そして形式的には発症から6ヵ月を経過すれば障害が固定して障害を持った人とされるのである。要するに急性期病院と回復 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

脳卒中で片麻痺になった人は出来るだけ早期から日常生活動作で両手を使う様にする。特に回復期リハビリ病院で、ある程度歩けるようになったり、手も補助として使えるようになった人が、退院して自宅に戻ったときに、日常生活の中で積極的に両手両足を使うこと ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

 

最終更新日: 2016/08/25 09:25

「脳卒中」のブログ関連商品

» 「脳卒中」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る