誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    脳卒中

脳卒中

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「脳卒中」のブログを一覧表示!「脳卒中」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「脳卒中」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「脳卒中」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

脳卒中による片麻痺に対する作業療法 脳卒中で片麻痺になると、体の右側か左側が麻痺する。特に手足の片側が動かないと移動が出来なくなるし日常生活そのものが不自由になる。ここで手足が少し動くように治療するのが理学療法で、少し動くようになった手足を使って麻痺があるなりに日 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

脳卒中後のリハビリは早い方が回復が早いことが知られていますが、↓は脳卒中発症から10か月〜5年のリハビリが難しいとされる患者の場合でも、脳と身体機能の連携が必要なマルチモーダルリハビリテーションを行うことで改善がみられることを示した研究。 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 運動系脳トレ

リハビリテーション医学に革命が起こっている “脳から見たリハビリ治療”の冒頭で、生理学者の久保田競(くぼた きそう)先生は、脳梗塞後のリハビリによって脳に新しい神経回路ができることが明らかになり、「リハビリテーション医学に革命が起こっている」と記しています。それは、199 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善リハビリと「頑張れ!」 先ず、次の記事を読んでください。【日本人は良く「頑張れ!」って声を掛けます。運動選手でも脳梗塞の患者さんも、同じだと思うのですが、本人達は、自分の能力一杯に力を出し尽くしていると思います。ただ、心が折れたり、自信を失ったりする事もあ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

自分で手足を動かせない患者さんの治療を行うのがリハビリテーション科 突然ですが、“ディスモビリティ”つまり"Dis-mobility"をご存知ですか。これは"mobility"の否定形です。そして"mobility"は"mobile"の名詞です。"mobile"は、ご存じモバイルフォンやモバイルパソ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

脳卒中になって・・・ 意識がすこし戻った直後から麻痺手を麻痺の無い手で動かし続けていた。そして半年後には麻痺手が少し動くようになり、さらに半年後には殆どの事が両手で行えるようになった。目が開くと病室のベッドにいた。勤務中に倒れてから何時間経ったの ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

片手動作に慣れた人も・・・ 片手動作に慣れた人も、脳の麻痺側への関心が低下してしまわないように、麻痺手の訓練を続けるべきだと考えている。出来れば両手を使う努力を続けるのがベストである。脳被殻出血から2週間で病状が安定したので、右脳に出血した血腫を吸引除 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

脳卒中のリハビリテーションとは 元々リハビリテーションは、ラテン語のHabil(有能、役立つ、生きる)という言葉から生まれ、病気や怪我などをした場合に、元のHabilの状態に戻す、つまりRe-Habilしていくという意味です。さて、「リハビリテーションテーショ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

脳卒中リハビリでは「利き手交換」ではなく両手を使った動作を行わせるのが作業療法だと思う 脳卒中で片側の手足が麻痺して動けなくなって、先ず求められる「日常生活動作」は「寝起きと移動」だと言うのが一般的のようです。それは寝起きが出来て歩くことが出来ないと「寝たきり」になったり家庭復帰」の妨げになるからだとの考えがある。 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

「障害受容」と「機能回復への固執」 「障害受容」とは「障害を持った人が障害を受け入れること」と言うことでしょうか。すると「障害を受け入れること」とはどういうことでしょうか。リハビリテーション医療業界の一部では、脳梗塞や脳内出血などで痲痺障害を持った人が、回復を諦めずに ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護  コメント(7)

麻痺から回復した患者さんの脳の働きを検討してみると、・・・ 麻痺から回復した患者さんの脳の働きを検討してみると、傷害を受けた大脳半球と反対側の大脳半球以外に小脳の働きが活発になっている小脳は本来、体のバランス感覚などをつかさどる部分ですが、同時に神経細胞の再配列現象がもっとも初期に見つか ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

「日常生活動作能力」と「麻痺回復の程度」 「日常生活動作」とは、寝起き・移動・洗面・食事・排泄・着脱衣・入浴など、日常の生活を送るために必要な基本動作のことです。脳梗塞や脳出血で体の片側が麻痺して手足を動かすことが出来なくなると、日常生活動作が出来なくなります。この麻 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

「ペットボトルを握ることが出来る様になりたい」と思って努力した 右脳被殻出血を起こした後は、左上下肢が全く動きませんでした。ベッドの上で、両足を伸ばしてに座れるようになっても、左手は身体の横にあるだけでどうしようもないのです。いつも麻痺のない右手で左手を掴んで腿の上に置いていました。一つ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

筋力が増えれば手足が動くようになるのではない 脳卒中のリハビリでは、筋力が増えたから動くようになるのではなく、脳からの指令が来るようになって手が動いたり歩けるようになって筋力が付いたように思うだけだと思うのです。もし逆も真だとすれば、筋力を付ければ手が動くようになり歩けるように ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

「片痲痺を克服する」とは痲痺した手足を見捨てるのではない 先ず、痲痺とは簡単に言うと病気で手足が動かないことですが、先天的な痲痺と後天的な痲痺があります。痲痺は身体障害でもありますが、手足を欠損した身体障害とは全く異なるのです。私が取り上げるのは、脳梗塞や脳出血などの病気で後天的に痲痺 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

「回復期を過ぎたからといって、あきらめる必要はない」 新聞記事を紹介します。『脳卒中・自立へのリハビリ〜「回復期」過ぎても能力向上〜読売新聞2009/9/11』くも膜下出血で意識不明の時期が長かったため、早期にリハビリを受ける機会がなかった大阪市住吉区の井上洋子さん(58)は、発症1年 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

「改善していく気持ちと意欲を持ち続けることで痲痺がよくなっていく」ことは無いのか ある医療関係者の意見です。【「改善していく気持ちと意欲を持ち続けることで痲痺がよくなっていく」かのようなブログを見かけることが多い。退院後も、片麻痺や痙縮・痛みなどをかかえて、毎日を苦しんでいる方々にとっては、希望を持たせる記事は、非常に残 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺側の不使用動作は麻痺改善を阻害する 脳梗塞や脳出血などで手足が痲痺しても、両足で歩く訓練をして何とか歩けるようになる人は多い。ところが、両手を使う訓練どころか痲痺手の訓練をしないで、動く方の手だけを訓練するリハビリテーション病院がある。それは片手動作の訓 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

療法士の意見と素人の意見 〜どちらにも間違いがあるのでは?〜 ※ある麻痺者の悩みリハビリ病院で、杖なしで20mほど歩けるようになったのが、今年の2月です。ところが、それから歩行距離がなかなか伸びないのです。それで理学療法士からは、「あなたの筋力はこんなものではない。練習不足だからです。 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

テーブルに両手を広げて置く そして、両手を付いて立ち上がる。麻痺した手の指は放置すると握り込こんできます。しかしこの時には指だけではなく、手首も肘も肩も影響しているのです。触ってみれば各関節の筋肉が硬くなっているのが分かるはずです。手首・肘・肩が硬くて麻痺の無 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

麻痺改善にはメタ認知能力の高い方が有利 先ず『メタ認知能力』をご存じですか。認知運動療法士さんのブログで、初めて知った言葉です。そこでNet調べてみました。メタ認知とは認知を認知すること。人間が、自分自身を認識する場合において、自分の思考や行動そのものを対象と ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

2足歩行と両手使い・・・人間としての基本動作である 人間が4足歩行から2足歩行に移行した理由をご存知ですか。それは、前足を“物を掴む手”として利用するためです。そして人間は両手で道具を使う社会を作って発展発達して来たのです。だから上下肢が麻痺すれば、不自由でも両手が使える様に訓練すべ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

受け身のリハビリテーションは麻痺改善リハビリではない 麻痺側に対するリハビリテーションは、誰かに動かしてもらうのが常で、完全に受身の運動である。との考えが患者サイドだけではなく治療側にもある。この考えに基づくリハビリテーションに対して、何か目的をもった運動に、強制的に麻痺側を用いる ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

「階段を下りるときは麻痺足から、上がるときは健足から」 これはリハビリ業界の常識ですか? 平面な床の杖無し歩行が出来るようになると、訓練室の模擬階段を練習することになりました。理学療法士さんは何も言わずに、「ここから上がって、向こうに下りてみましょう」と言うので、何も考えずに ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護  コメント(6)

麻痺手が回復しないのは治療者の怠慢ではないか 両足で歩くことが出来る様になる患者が多いのに、両手が使える様にならないのは何故でしょうか。専門家は麻痺足を治療する事は出来るが、麻痺手を治療する事が出来ないからでしょうか。ところで麻痺の手足を治療するとはどういう事でしょ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

日常生活や家事などの作業を通して機能回復をめざす事が脳卒中リハビリの作業療法だと思う 私が入院していたリハビリテーション病院で実感したことは、“家事などを何もしない男性よりも、朝から晩まで家事に追われる主婦の方が退院後の回復が進む”と言う現実です。ある主婦が土日を利用した何度目かの一時帰宅(病院では外泊と言います ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

脳卒中になった人の社会復帰とは、多少の不自由は残っていても元の生活に戻ること 社会復帰とは、軍隊・刑務所・寺院など、一般社会から離れて生活していた人が、再度一般社会に参加することを指します。また、病気や事故で正常な社会活動が出来なくなった人が回復して、再び社会で活動するようになることにも使います。とこ ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

健常の療法士さんは、左片麻痺になった作業療法士の悩みを理解できますか 彼女は救急病院に搬送されて、脳梗塞だと告げられた時、「後遺症が残らないようにリハビリを頑張ろう」と前向きに考えたそうです。今までの経験から『麻痺改善が早い人は前向きで、ほんとに麻痺を治そうと思っている人。また、家族との関係がよく家族 ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

整形外科系と脳神経外科系のリハビリ理念は異なる リハビリ業界で常識とされる“残された能力によって何をなしうるか”。この哲学は整形外科系に適用されるのであって、脳神経外科系では“本来あるべき状態への回復”を意味する“リハビリ本来の姿”であるべきです。リハビリの語源は、ラテン語で ... » more
テーマ 脳卒中 リハビリ 介助・介護

最近このブログで、「甘い飲み物や果実ジュースの摂取が多いことと、記憶不良や脳容積減少が関連する」(http://higeoyaji.at.webry.info/201704/article_18.html)とした報告を紹介した。その報告はフ ... » more

 

最終更新日: 2017/06/26 10:25

「脳卒中」のブログ関連商品

» 「脳卒中」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る