誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ウエストコースト

ウエストコースト

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ウエストコースト」のブログを一覧表示!「ウエストコースト」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ウエストコースト」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ウエストコースト」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

命を宿した頃のディーバ【ホット・ケーキ/カーリー・サイモン】74年 74年リリースの4作目。ちょうどジェームス・テイラーとの最初の子供を宿していた頃らしく、ジャケット・スリーヴのカーリーのおなかはふっくらとしている。なので、全体的に穏やかで暖かみのあるサウンドに統一されているようだ。『セイフ・アンド・サ ... » more
テーマ ウエストコースト ロック カーリー・サイモン

【ブリトー・デラックス】フライング・ブリトー・ブラザーズ グラム・パーソンズといえばなんと言ってもフライング・ブリトー・ブラザーズが欠かせない。今回紹介するのは彼らのセカンド・アルバム。(70年リリース)ファースト・アルバムでベースを弾いていたクリス・エスッジは脱退。代わりにザ・バーズ時代に意 ... » more
テーマ ウエストコースト ロック グラム・パーソンズ

こじつけCDレビュー【インター・ナショナル・サブマリン・バンド】グラム・パーソンズ 潜水艦の映画を見たので、何か潜水艦にまつわるようなアルバムを探したのだが、ビートルズの【イエロー・サブマリン】ではあまりにもベタなので、こんなのを取り上げることにした。67年リリースの[インター・ナショナル・サブマリン・バンド]の唯一作 ... » more
テーマ ウエストコースト ロック グラム・パーソンズ

これ意外にいけてるよ【ジ・アザー・ワン】ボブ・ウェルチ 2012年6月7日残念ながら自ら命を絶ったボブ・ウェルチ・・・。今回パリスの二枚と共にソロ作品のいくつかがリマスター、紙ジャケ仕様で再発となった。その中でまだ未入手だったソロ・サードアルバムの【ジ・アザー・ワン】(79年)を手に入れた。 ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ボブ・ウェルチ

エミルー・ハリス[ブルー・ケンタッキー・ガール]オリジナル・アルバム・シリーズよりC さて今日第1弾も昨日に続いてエミルー・ハリスを・・・。オリジナル・アルバム第5作目の【ブルー・ケンタッキー・ガール】。リリースされたのは79年。パンクもニューウェイヴも一切関係なし。堂々たるカントリー・アルバム。ジャケットのエミルーも ... » more
テーマ ウエストコースト ロック エミルー・ハリス

エミルー・ハリス[10セントの月]オリジナル・アルバム・シリーズよりB さてエミルー・ハリス、オリジナル・アルバム・シリーズより、三つ目に紹介するのは78年リリースの4thアルバム【10セントの月】※原題【クウォーター・ムーン・イン・ア・テン・セント・タウン】。しっとりとしたカントリー・ロック『イージー・フ ... » more
テーマ ウエストコースト ロック エミルー・ハリス

エミルー・ハリス[ラグジュアリー・ライナー]オリジナル・アルバム・シリーズよりA さてエミルー・ハリス[オリジナル・アルバム・シリーズ]より、次はサード・アルバム【ラグジュアリー・ライナー】。基本的には前2作と同路線だが、アルバート・リー(英国のギタリスト・・・カントリー・リックの天才・・・クラプトンと一時期組んでい ... » more
テーマ ウエストコースト ロック エミルー・ハリス

エミルー・ハリス[オリジナル・アルバム・シリーズ]より@ 今朝は今日の朝方WOWOWで録画した[リンダ・ロンシュタット・ライヴ・イン・アトランタ1977]つうのを見ていた。まあ、リンダのこの貴重な映像についてはその内詳しく書くことにして・・・。そのリンダとも深い関係のあったエミルー・ハリス ... » more
テーマ ウエストコースト ロック エミルー・ハリス

バーズ・サウンドの集大成【ロジャー・マッギン】 73年リリースのロジャー・マッギンのファースト・ソロ・アルバム。バーズの顔として、フォーク・ロック、カントリー・ロック、スペース・ロックなど様々なロックのヴァリエーションを産み出してきたマッギン。このファースト・ソロ・アルバムは、そ ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ザ・バーズ

円熟の6作目【クイック・シルヴァー】クイック・シルヴァー・メッセンジャー・サービス これまでも何作か紹介し続けてきたクイック・シルヴァー・メッセンジャー・サービス。※いっこうに反応はないが・・・。今回は71年リリースの6作目【クイック・シルヴァー】。ディノ・ヴァレンテのボーカル、ジョン・シポリナとゲイリー・ダンカン ... » more
テーマ ウエストコースト ロック クイック・シルヴァー

【The Phosphorescent Rat】HOT TUNA ヨーマ・コウコネンとジャック・キャサディがジェファーソンを脱退して本格的にツナの活動に専念することになったのが、このアルバム。74年リリースの【フォスフォレッセント・ラット】。通算4作目。全体的によりヘヴィで、アーシーな方向へ向かって ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ホット・ツナ

デッドの裏番長ボブ・ウェア【ACE】 グレイトフル・デッドといえば、どうしてもジェリー・ガルシアの個性が強すぎたためにあとのメンバーの存在が薄く感じられるのだが、俺はこの人の存在があってこそのデッドだと思っている。ボブ・ウェア・・・ギタリスト、ボーカリストとして、またオリジ ... » more
テーマ ウエストコースト グレイトフル・デッド ロック

グレイトフル・デッド【ウェイク・オブ・フラッド】 デッドの場合、ほとんど主要なアルバムは紹介済みだったんだけど、なぜかこれだけ忘れていた。なんとグレイトフル・デッド・レーベル設立第1弾。73年リリース。『ミシシッピ・ハーフ・ステップ・アップタウン・トードルー』・・・ほんのりと哀愁を ... » more
テーマ ウエストコースト グレイトフル・デッド ロック

【ホップ・コーヴ】ホット・ツナ 76年リリースのホット・ツナ、7作目。基本的にはヨーマ・コウコネン、ジャック・キャサディ、ボブ・スティーラーのトリオ編成だが、セカンド・ギターにジョン・シャーマン、キーボードのニック・バック、そして女性ボーカルのカレン・トビンが参加。カ ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ホット・ツナ

ニッキー・ホプキンス+シスコ・サウンド【ジャスト・フォー・ラブ】クイック・シルヴァー 70年リリース、クイック・シルヴァー・メッセンジャー・サービス(Q..M.S)の4作目。ジェフ・ベック・グループのアメリカ・ツアーの際にベックの気まぐれから途中で頓挫したバンドは、帰国。ニッキーはそのままアメリカに残った。その理由は、安 ... » more
テーマ ウエストコースト ロック クイック・シルヴァー  コメント(1)

ウエストコーストの歌姫達【レディース・オブ・ザ・キャニオン】ジョニ・ミッチェル 常に新しい分野に挑戦し続けているジョニ・ミッチェル。1970年リリースの3作目。この頃のジョニはあくまで清楚なフォーク・シンガーという感じ。素晴らしい澄んだ歌声と知的な歌詞。そしてアコギの腕前・・・。様々な女性シンガー・ソングライターが ... » more

ウエストコーストの歌姫達【アンティシペーション】カーリー・サイモン この人もウエストコーストを代表する歌姫・・・声だけでなくヴィジアル的にも大好きなシンガー。そしてソングライターとしても有名。※リンダの場合ほとんど曲を書かないということもあり、より歌唱力を磨く方向に進んだと思われる。さてカーリーのこ ... » more
テーマ ウエストコースト ロック カーリー・サイモン

ウエストコーストの歌姫達【リンダ・ロンシュタット】リンダ・ロンシュタット71年 本当に残念でならない・・・今年8月にリンダ・ロンシュタットが「パーキンソン病のため、もう歌を歌えない」という発表をした。長年難病にかかって闘病生活をしていることは知っていたが、ひょっとして復帰してくれるのではと密かに望んでいたのだが・・・。 ... » more
テーマ ウエストコースト リンダ・ロンシュタット ロック

2000年以降のニール・ヤング【プレイリー・ウィンド】2005年 続いて紹介するのは、2005年リリースの【プレイリー・ウィンド】。2002年の【アー・ユー・パッショネイテッド】、さらに2003年のコンセプトアルバム【グリーンデイル】と意欲作、問題作を発表してきたニールだが、ここでは久々に自然体の様相が見 ... » more

2000年以降のニール・ヤング【アー・ユー・パッショネイテッド】2002年 俺このアルバム、大好きだな。まず、目玉になるのはブッカーT&MG'sと共演していること!!※クレイジー・ホースも一部参加しているが、基本的にはMG's(スティーヴ・クロッパーは不参加)がバッキングをしている曲が多い。スタックス・ソウルが ... » more

2000年以降のニール・ヤング【シルバー&ゴールド】 さて怒濤のニール・ヤング特集。とりあえず今日で終了。残りのアルバムについてはまた機会を見て取り上げたいと思う。2000年以降も絶好調のニール。まずはずばり2000年にリリースされた【シルバー&ゴールド】。時を同じくして「バッファロー ... » more

アーカイヴ・ライヴ・・・ニール・ヤング【ドリーミン・マン・ライヴ92】 またまたアコースティック・ソロ・ライヴの音源、リリースされたのは2010年。もう、この辺りになると新作だろうが、アーカイヴものだろうが、よいと思ったら、いつでも出してやろうというニールの姿勢が徹底されている。購入するこちらの気持ちもす ... » more

極上アーカイヴ・ライヴ【ア・トレジャー】ニール・ヤング 1984年から1985年にニール・ヤングがインター・ナショナル・ハーヴェスターズと名付けたバンドと共に行ったライヴ音源・・・リリースされたのは2011年。84年から85年辺りというと、ニールがゲフィン・レコードと一番もめていた時期がよう ... » more

アーカイヴ・シリーズB【ライヴ・アット・マッセイ・ホール1971】ニール・ヤング さて次はまたまたアコースティック・ソロ・ライヴ。※リリース順としては【カンタベリー・ハウス】よりもこちらが先!!71年の【ライヴ・アット・マッセイ・ホール】。時期的にはCSN&Yの活動とソロ活動を平行して行っていた時期。ソロアルバム3作 ... » more

アーカイヴ・シリーズA【ライヴ・アット・フィルモア・イースト】ニール・ヤング さてこちらはアーカイヴ・シリーズとしては第一弾として発表された70年の【ライヴ・アット・フィルモア・イースト】。クレイジー・ホースを率いて演奏された全編エレクトリック・バンド編成。『エブリバディー・ノウズ』『ウィンターロング』『ダウ ... » more

アーカイヴ・シリーズ@【シュガー・マウンテン1968】ニール・ヤング 2006年から始まったニール・ヤングの過去のライヴ音源を発表するアーカイヴ・シリーズを取り上げようと思う。第一弾として発表されたのは70年の【ライヴ・アット・フィルモア・イースト】。しかし、ここでは時系列に沿って【シュガー・マウンテ ... » more

2000年以降のニール・ヤング【ル・ノイズ】2010年 ほとんど全曲エレクトリック・ギターの弾き語り。ニール・ヤングのアルバムの中で、ありそうでなかったパターン。プロデュースは一見変わった音像を造り出すことで有名なダニエル・ラノア。ディランやU2との仕事でも有名な人で、元々はニールと同じカナ ... » more

30年後に甦った名盤【クローム・ドリームスU】ニール・ヤング ちょっと前にほぼ完成した記事がまた消えた・・・ウェブリブログは、この手のトラブルが数限りなくある。クソッ!!すっかりやる気をなくしたので、別のアルバムを取り上げよう。※本当は2006年の【リヴィング・ウィズ・ウォー】について書いていたの ... » more

2000年以降のニール・ヤング【グリーンデイル】 さて2000年以降も、ニール・ヤングの創作意欲は尽きることがない・・・。80年代に若干迷いがみられた時期もあったけど、90年以降は常に自分の思い通りに作品を作り続けられたと思う。通算41作目となる【グリーンデイル】。あるコンセプトを持っ ... » more

祝楽天日本一!!【ラグド・グローリー】ニール・ヤング&クレイジー・ホース いやぁ、昨日の日本シリーズ最終戦、しびれた!!星野監督の涙もグッと来たねぇ〜。しかし、マークンは驚異的なピッチャーだよね。もちろんそこまで、導いた美馬、則本をはじめとするピッチャー陣の力投、ジョーンズをはじめとする打撃陣の活躍があっての登場 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/30 13:26

「ウエストコースト」のブログ関連商品

» 「ウエストコースト」のブログレビュー をもっと探す

「ウエストコースト」ブログのユーザランキング

JAMES TERRA 2 位.
JAMES TERRA

テーマのトップに戻る