誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ウエストコースト

ウエストコースト

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ウエストコースト」のブログを一覧表示!「ウエストコースト」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ウエストコースト」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ウエストコースト」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

【アンタイトルド】ザ・バーズ 70年リリースの二枚組・・・バーズの最高傑作に推す人も多いアルバム。まあ、全キャリアではどうかわからないが、後期のバーズの作品の中ではベストだろう・・・。二枚組の内、デイスク1はライヴ、デイスク2がスタジオ盤という変則的な仕上がり・・・ ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ザ・バーズ  コメント(2)

【名うてのバード兄弟】ザ・バーズ オープニングの『人造エネルギー』のスタックス・ソウルを意識したサウンドにまず驚かされる。ジーン・クラークに続いてデビッド・クロスビーの脱退(解雇)を受けて、68年リリースの【ノトーリアス・バード・ブラザーズ】はロジャー・マッギン、クリス ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ザ・バーズ

サイケデリアの中のバーズ[霧の5次元] さて今日のアルバム紹介はザ・バーズ・・・すんごいベタだねぇ。ヒッチコックの[鳥]を取り上げたのもフリだったのね。ってそりゃばれるよね!! はい、バーズを取り上げたくて・・・普段いろんなアーティスト取り上げてるけど、なかなかバーズは今まで ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ザ・バーズ

都市生活者のためのカントリー・ロック【マザー・ロード】 何となく「シティ・スリッカーズ」を観ていたら、ぴったりくる音楽はボコやバーズではなくて、「ロギンス&メッシーナ」じゃないかなと思った。それこそ発足当初は天才シンガーソングライターとカントリー・リックを得意とする名ギタリストのデュオという ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ロギンス&メッシーナ  コメント(2)

【イエロー・フィーバー】ホット・ツナ 結構前から何気に押しているホット・ツナ・・・目下のところ、全く反響がない・・・でも、このご機嫌なグループのすばらしさは何時かわかってもらえると思って紹介を続けていこうと思う。今回は75年リリースの6作目。オープニングを飾るジミー・リ ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ホット・ツナ

ジョー・ウォルシュ[ライヴ・イン・ダラス]1981RADIO BROADCAST ジョー・ウォルシュ、81年のライヴ音源がつい最近CD化された。最近でもないか?ラジオ用の音源なので、音質は今ひとつだけど、イーグルスの1度目の解散後のマテリアルとしては貴重。ジョー・ウォルシュにはライヴ・アルバムとしては76年リリ ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ジョー・ウォルシュ  コメント(2)

【ザ・スモーカー・ユー・ドリンク、ザ・プレイヤー・ユー・ゲット】ジョー・ウォルシュ この人もジェフ・ベックと並んで、大好きなギタリストの一人そしてボーカリストとしても好きなんだよね。そう、ジョー・ウォルシュの魅力は豪快なスライドギター、荒っぽくてヘヴィなカッティング、時々プログレッシブに展開する楽曲・・・そしてほんの少 ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ジョー・ウォルシュ

【クレイジー・アイズ】POCO 73年リリース。この頃はジム・メッシーナはすでにいないが、リッチー・フューレイがまだ在籍していた。メッシーナの代わりに参加したポール・コットンもグループにしっかりなじんで、むしろ主力メンバーになりつつあったという感じ・・・逆にリーダー ... » more

ザ・バーズ【イージー・ライダー】 映画【イージー・ライダー】のラストシーンに使われた『バラッド・オブ・イージー・ライダー』で始まるが、これはザ・バーズとして再録音したもの。映画ではシンプルなアレンジで、しかもロジャー・マッギンのソロとして収録されていた。したがって映画人 ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ザ・バーズ

隠れ名盤【クレイジー・ムーン】CRAZY HORSE もう一枚、馬ジャケで・・・78年リリース。クレイジーホースといえばニール・ヤングと切っても切れない仲なんだけど、はいはい、これ聴くと一目瞭然のギター・サウンド。あくまで主役はクレイジーホースなんだけど、ニールのリードギターの方がめだっちゃ ... » more

【カミング・スルー】クイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィス さて今日第2弾もQMSで・・・。おっそう言えば今年は午年でしたね。って今頃かい!!これは今回の発売には含まれていない7作目。72年リリースのヘヴィなスワンプ感覚がなによりも素晴らしい!! 基本的には、これまでと同じドラッギーな雰囲気 ... » more
テーマ ウエストコースト ロック クイック・シルヴァー

おれがブログで取り上げると・・・【ホワット・アバウト・ミー】クイックシルヴァー 昨日遅ればせながら「レコ・コレ4月号」をゲット!!メインの記事は「大瀧詠一追悼特集1980-2013」で、もちろんこれはかなり興味深く読ませてもらったんだけど・・・。まあ、大瀧さんについてはもう少し後回しにして(おいおい、いつまで引っ張る! ... » more
テーマ ウエストコースト ロック クイック・シルヴァー

大人の女の魅力【プレイング・ポッサム/カーリー・サイモン】75年 この扇情的なシャケットにまず魅了される!! 子供を1人産んだあとの体型とは思えない。ついつい見入ってしまう(笑)。ジャケット写真を担当したのはロック・シーンでは有名なカメラマン、ノーマン・シーフ・・・。なんでもノーマンがいろいろ注文しな ... » more
テーマ ウエストコースト ロック カーリー・サイモン  コメント(2)

命を宿した頃のディーバ【ホット・ケーキ/カーリー・サイモン】74年 74年リリースの4作目。ちょうどジェームス・テイラーとの最初の子供を宿していた頃らしく、ジャケット・スリーヴのカーリーのおなかはふっくらとしている。なので、全体的に穏やかで暖かみのあるサウンドに統一されているようだ。『セイフ・アンド・サ ... » more
テーマ ウエストコースト ロック カーリー・サイモン

【ブリトー・デラックス】フライング・ブリトー・ブラザーズ グラム・パーソンズといえばなんと言ってもフライング・ブリトー・ブラザーズが欠かせない。今回紹介するのは彼らのセカンド・アルバム。(70年リリース)ファースト・アルバムでベースを弾いていたクリス・エスッジは脱退。代わりにザ・バーズ時代に意 ... » more
テーマ ウエストコースト ロック グラム・パーソンズ

こじつけCDレビュー【インター・ナショナル・サブマリン・バンド】グラム・パーソンズ 潜水艦の映画を見たので、何か潜水艦にまつわるようなアルバムを探したのだが、ビートルズの【イエロー・サブマリン】ではあまりにもベタなので、こんなのを取り上げることにした。67年リリースの[インター・ナショナル・サブマリン・バンド]の唯一作 ... » more
テーマ ウエストコースト ロック グラム・パーソンズ

これ意外にいけてるよ【ジ・アザー・ワン】ボブ・ウェルチ 2012年6月7日残念ながら自ら命を絶ったボブ・ウェルチ・・・。今回パリスの二枚と共にソロ作品のいくつかがリマスター、紙ジャケ仕様で再発となった。その中でまだ未入手だったソロ・サードアルバムの【ジ・アザー・ワン】(79年)を手に入れた。 ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ボブ・ウェルチ

エミルー・ハリス[ブルー・ケンタッキー・ガール]オリジナル・アルバム・シリーズよりC さて今日第1弾も昨日に続いてエミルー・ハリスを・・・。オリジナル・アルバム第5作目の【ブルー・ケンタッキー・ガール】。リリースされたのは79年。パンクもニューウェイヴも一切関係なし。堂々たるカントリー・アルバム。ジャケットのエミルーも ... » more
テーマ ウエストコースト ロック エミルー・ハリス

エミルー・ハリス[10セントの月]オリジナル・アルバム・シリーズよりB さてエミルー・ハリス、オリジナル・アルバム・シリーズより、三つ目に紹介するのは78年リリースの4thアルバム【10セントの月】※原題【クウォーター・ムーン・イン・ア・テン・セント・タウン】。しっとりとしたカントリー・ロック『イージー・フ ... » more
テーマ ウエストコースト ロック エミルー・ハリス

エミルー・ハリス[ラグジュアリー・ライナー]オリジナル・アルバム・シリーズよりA さてエミルー・ハリス[オリジナル・アルバム・シリーズ]より、次はサード・アルバム【ラグジュアリー・ライナー】。基本的には前2作と同路線だが、アルバート・リー(英国のギタリスト・・・カントリー・リックの天才・・・クラプトンと一時期組んでい ... » more
テーマ ウエストコースト ロック エミルー・ハリス

エミルー・ハリス[オリジナル・アルバム・シリーズ]より@ 今朝は今日の朝方WOWOWで録画した[リンダ・ロンシュタット・ライヴ・イン・アトランタ1977]つうのを見ていた。まあ、リンダのこの貴重な映像についてはその内詳しく書くことにして・・・。そのリンダとも深い関係のあったエミルー・ハリス ... » more
テーマ ウエストコースト ロック エミルー・ハリス

バーズ・サウンドの集大成【ロジャー・マッギン】 73年リリースのロジャー・マッギンのファースト・ソロ・アルバム。バーズの顔として、フォーク・ロック、カントリー・ロック、スペース・ロックなど様々なロックのヴァリエーションを産み出してきたマッギン。このファースト・ソロ・アルバムは、そ ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ザ・バーズ

円熟の6作目【クイック・シルヴァー】クイック・シルヴァー・メッセンジャー・サービス これまでも何作か紹介し続けてきたクイック・シルヴァー・メッセンジャー・サービス。※いっこうに反応はないが・・・。今回は71年リリースの6作目【クイック・シルヴァー】。ディノ・ヴァレンテのボーカル、ジョン・シポリナとゲイリー・ダンカン ... » more
テーマ ウエストコースト ロック クイック・シルヴァー

【The Phosphorescent Rat】HOT TUNA ヨーマ・コウコネンとジャック・キャサディがジェファーソンを脱退して本格的にツナの活動に専念することになったのが、このアルバム。74年リリースの【フォスフォレッセント・ラット】。通算4作目。全体的によりヘヴィで、アーシーな方向へ向かって ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ホット・ツナ

デッドの裏番長ボブ・ウェア【ACE】 グレイトフル・デッドといえば、どうしてもジェリー・ガルシアの個性が強すぎたためにあとのメンバーの存在が薄く感じられるのだが、俺はこの人の存在があってこそのデッドだと思っている。ボブ・ウェア・・・ギタリスト、ボーカリストとして、またオリジ ... » more
テーマ ウエストコースト グレイトフル・デッド ロック

グレイトフル・デッド【ウェイク・オブ・フラッド】 デッドの場合、ほとんど主要なアルバムは紹介済みだったんだけど、なぜかこれだけ忘れていた。なんとグレイトフル・デッド・レーベル設立第1弾。73年リリース。『ミシシッピ・ハーフ・ステップ・アップタウン・トードルー』・・・ほんのりと哀愁を ... » more
テーマ ウエストコースト グレイトフル・デッド ロック

【ホップ・コーヴ】ホット・ツナ 76年リリースのホット・ツナ、7作目。基本的にはヨーマ・コウコネン、ジャック・キャサディ、ボブ・スティーラーのトリオ編成だが、セカンド・ギターにジョン・シャーマン、キーボードのニック・バック、そして女性ボーカルのカレン・トビンが参加。カ ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ホット・ツナ

ニッキー・ホプキンス+シスコ・サウンド【ジャスト・フォー・ラブ】クイック・シルヴァー 70年リリース、クイック・シルヴァー・メッセンジャー・サービス(Q..M.S)の4作目。ジェフ・ベック・グループのアメリカ・ツアーの際にベックの気まぐれから途中で頓挫したバンドは、帰国。ニッキーはそのままアメリカに残った。その理由は、安 ... » more
テーマ ウエストコースト ロック クイック・シルヴァー  コメント(1)

ウエストコーストの歌姫達【レディース・オブ・ザ・キャニオン】ジョニ・ミッチェル 常に新しい分野に挑戦し続けているジョニ・ミッチェル。1970年リリースの3作目。この頃のジョニはあくまで清楚なフォーク・シンガーという感じ。素晴らしい澄んだ歌声と知的な歌詞。そしてアコギの腕前・・・。様々な女性シンガー・ソングライターが ... » more

ウエストコーストの歌姫達【アンティシペーション】カーリー・サイモン この人もウエストコーストを代表する歌姫・・・声だけでなくヴィジアル的にも大好きなシンガー。そしてソングライターとしても有名。※リンダの場合ほとんど曲を書かないということもあり、より歌唱力を磨く方向に進んだと思われる。さてカーリーのこ ... » more
テーマ ウエストコースト ロック カーリー・サイモン

 

最終更新日: 2017/10/14 02:19

「ウエストコースト」のブログ関連商品

» 「ウエストコースト」のブログレビュー をもっと探す

「ウエストコースト」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る