誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ウエストコースト

ウエストコースト

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ウエストコースト」のブログを一覧表示!「ウエストコースト」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ウエストコースト」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ウエストコースト」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

アナログ・アドベンチャー[6]ドゥービー・ブラザーズ ドゥービーズのアルバムの中で唯一紹介していなかったのが、コレ。理由は・・・ドゥービーズの持ち味の1つであるハイウェイをビュンビュン飛ばしていくようなダイナミズムがまだ未完成であること。いくつかの曲を除いて、まだ一定のレベルまで達していな ... » more

デビュー作のみずみずしい感性【ホーム・フリー】ダン・フォーゲルバーグ さて今朝は最高の秋晴れ・・・今日まず最初の一枚は、ダン・フォーゲルバーグの72年リリースのデビュー作。オープニングの『トゥ・ザ・モーニング』のさわやかで、しなやかなサウンド。フォーゲルバーグはこのアルバムでもすでにマルチ・プレイヤーとし ... » more
テーマ ウエストコースト ダン・フォーゲルバーグ ロック

ご機嫌なカントリー・ロック【グッド・フィーリング・トゥ・ノウ】POCO あら、これまだ紹介してなかったか? 72年リリース。通算5作目。ジム・メッシーナ脱退後参加したポール・コットンもこのアルバムあたりからは、堂々中心メンバー並の活躍を見せている。※逆に初期のリーダーであったリッチー・フューレイの影がだんだん薄 ... » more

名盤!!【アンクル・チャーリーと愛犬テディー】ニッティ・グリッティ・ダート・バンド 70年リリース、5作目。どうやらこの秋のマイ・ブームはカントリーらしい(カントリー・ロックやオルタナ・カントリーを含む)。もちろん、ごりごりのカントリーではなく、新しい感覚のものだ。※現在カントリーとして認識されているようなショーアップ ... » more
テーマ ウエストコースト ニッティ・グリッティ ロック  コメント(2)

ドン・ヘンリー(イーグルス)15年ぶりの新作【カス・カウンティ】 ドン・ヘンリー、ご存知イーグルスの名ボーカリストであり、ソロシンガーとしても活躍してきた人だ。前作【インサイド・ジョブ】は正直未聴でスルーしてしまったが、今回のアルバムは手に入れる前からちょっとピンときていた。まずゲスト・デュオ・シ ... » more

ハーヴ・ペダーセン【サウスウエスト】 バンジョー奏者としてリンダ・ロンシュタット、エミルー・ハリスなどのバキングを務め、ディラーズ、カントリー・ガゼットなどブルーグラス/カントリー・ロック周辺のセッションメンとして活躍したアーティスト。ウエストコーストらしいやさしいボーカル ... » more

ご機嫌なミニ・アルバム【エル・ラーヨ・ライヴ】デビッド・リンドレー 82年リリース。こちらはウォーレン・ジヴォンなんかに比べるとウエストコーストらしいサウンド。というかデビッド・リンドレーの南国志向をロケンロールにするとこうなるという好例!! 彼のアルバムでは1作目の【化け物/エルラーヨ-X】とセカ ... » more
テーマ ウエストコースト ロック デヴィッド・リンドレー

異色のウエストコースト・シンガー・ソングライター【ジ・アンボイ】ウォーレン・ジヴォン 82年リリース。さわやかなサウンドが多いウエストコースト、しかもアサイラム・レーベルといえば、たいていコーラス主体で明るいカリフォルニアをイメージさせるものが大半であった。そんな中でトム・ウェイツと共に異彩を放っていたのはウォーレン・ジ ... » more
テーマ ウエストコースト Rock ウォーレン・ジヴォン  コメント(2)

【ネザー・ランド】ダン・フォーゲルバーグ 奇しくもこちらも4作目、77年リリース。ダン・フォーゲルバーグは結構好きで今までも何度か取り上げてきた。参加メンバーは例によってイーグルス周辺の人が多く、ジョー・ウォルシュ、J.Dサウザー、ドン・ヘンリー、ジョー・ララ、ジョー・ヴァイタ ... » more
テーマ ウエストコースト ダン・フォーゲルバーグ Rock  コメント(2)

【ツイン・サンズ】ダン・フォーゲルバーグ&ティム・ワイズバーグ シルバー・ウィークが終わり、帰省していた息子も仙台に帰って行った。こちらにいる間は孫との会食や温泉にいくことを毎回楽しみにしている祖父母との行動が多いのだが、車を運転するのは俺なので、必然的に忙しくなる。当然生活のリズムも普段とは違ってくる ... » more
テーマ ウエストコースト ダン・フォーゲルバーグ ロック

マリア・マルダー【スウィート・ハーモニー】 独特の声の裏返りが魅力のマリア・マルダー。一般的には1作前の【ドーナツショップのウェイトレス】の方が名盤として有名だが、すでに紹介済みなので、今回はこちらを・・・。いゃあ、この当時のマリアは絶好調だな。76年リリース、3作目。バッキ ... » more
テーマ ウエストコースト マリア・マルダー ロック  コメント(1)

アンドリュー・ゴールド【オール・ズィス・アンド・ヘヴン・トゥー】 78年3作目。白いタキシードにシルクハットで気取っているポートレイトが印象的!!前作【自画像】とシングル『ロンリー・ボーイ』のヒットによって、ようやく人気の面でもセールス的にも一線級の存在になったことが、このアルバム・ジャケからも伝わっ ... » more
テーマ ウエストコースト ロック アンドリュー・ゴールド

機材の準備はきちんとしないと・・・【フィルム・ノワール】カーリー・サイモン まずは「藤代地区夏祭り」での15分のパフォーマンスについて・・・。リハーサルではアンプにつないだエレアコから音が出ていたのだが、本番になるとちっともうんともすんとも音が出ず・・・なんかパプリカのマスターの伴奏に合わせて、客席に聞こえない ... » more
テーマ ウエストコースト 洋楽 カーリー・サイモン  コメント(1)

ウエストコースト紳士録【アンドリュー・ゴールド】 これ昔中古屋に売っちゃったんだよね。で、今アンドリューのアルバムはセカンドの【自画像】のみが残っている。で今回罪滅ぼしという訳でもないが、1st〜4thアルバムまでが三枚組のCDで出ていたのでゲット。今回紹介するのはファースト。※ディス ... » more
テーマ ウエストコースト ロック アンドリュー・ゴールド

二人の優秀なソングライター・デュオ【クレイグ・フラー/エリック・カズ】 78年リリース。アメリカン・フライヤーを解散し、エリック・カズとクレイグ・フラーは新たにCBSと契約。唯一作となるデュオ・アルバムを制作。エリック・カズの『クライ・ライク・ア・レインストーム』を除いてすべて新曲。※『クライ・・・』はすで ... » more
テーマ ウエストコースト アメリカン・フライヤー ロック

アメリカン・フライヤー【スピリット・オブ・ア・ウーマン】 これも不運なグループだったな。しっかりとした実力はあったのに、メンバーのスター性、カリスマ性という点ではイーグルスなんかにはとうてい及ばなかった。※レーベルのプロモーションも足りなかったようだ。しかし、エリック・ジャスティン・カズとクレ ... » more
テーマ ウエストコースト アメリカン・フライヤー ロック

サンフォード&タウンゼンド・バンド(Sanford Townsend Band) サンフォード&タウンゼンド・バンド(Sanford Townsend Band)74年にロスアンジェルスで結成したデュオ・グループ。アラバマ出身のスタジオ・ミュージシャン/キーボーディストのEd Sanford、John Tow ... » more

JAMES TERRAパブロ・クルーズ(Pablo Cruise)
パブロ・クルーズ(Pablo Cruise) パブロ・クルーズ(Pablo Cruise)1973年にサンフランシスコで結成されたグループ。レコードデビューは1973年。結成当時のメンバーは、デイブ・ジェンキンス(ギター、リードヴォーカル)、;コリー・レリオス(キーボード、 ... » more

ジェイ・ファーガソン【オール・アローン・イン・ジ・エンド・ゾーン】 タイトルが何とも意味深だけど・・・。ジェイ・ファーガソンに関しては、すでに大ヒット・アルバム【サンダー・アイランド】とそれに続く【リアル・ライフ・エイント・ズィス・ウェイ】を紹介しているし、JoJo ガンのアルバムもほとんど全部紹介済み。 ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ジェイ・ファーガソン

俺が惚れ込んだ歌姫【オープン・ユア・アイズ】マリア・マルダー フォーク、カントリー、ケイジャン、ロック、ジャグ・ミュージック、オールドタイミーなジャズなどをしとやかでつややかな歌声で表現して、俺らを魅了してきたマリア。『真夜中のオアシス』の大ヒットを放った【ドーナツショップのウェイトレス】をはじめ ... » more
テーマ ウエストコースト マリア・マルダー ロック

ドン・ヘンリーが惚れ込んだ歌姫【グレンダ・グリフィス】 さてこちらは、77年リリース。イーグルスのドン・ヘンリーがかつての同僚ジム・エド・ノーマンと組んでプロデュースを担当。ドン・ヘンリー、ドン・フェルダー、J.Dサウザー、ジョー・ウォルシュ、アンドリュー・ゴールド、ジェイ・ファーガソン、ウィリ ... » more

マイケル・マクドナルドが惚れ込んだ歌姫【エイミー・ホーランド】 80年リリース。これ実は一度アナログで買ったのを手放している。なので、例の罪滅ぼし的な1枚。今回仙台で出会わなければ、まだ入手していなかったかも・・・。アルバムはもろにマクドナルド色の強い『ハウ・ドゥ・アイ・サヴァイヴ』。あれほど当 ... » more

ポコ新たなる進撃【フロム・ザ・インサイド】 ランディ・マイズナー在籍時を数えないとすると第2期にあたるのがこのポール・コットンが参加したアルバム〜。71年リリース。通算4枚目。初期のサウンドの要であったジム・メッシーナが脱退したことで、一時期はその動向が微妙なバランスの上にあった ... » more

スティーリー・ダン忘れられた一枚【トゥー・アゲインスト・ネイチャー】 2000年発表の実質的な再結成アルバム・・・とは言ってもその後「スティーリー・・・」名義のアルバムはなかなか出されなかったが・・・。なんか【ガウチョ】以降自然消滅したはずのバンドが幽霊のように再び現れたという感覚があったね。もっとも ... » more

POCO【カンタモス】 74年リリース。『セイジブラッシュ・セレネード』ラスティ・ヤングの作品からスタート。何ともいえないまったりとした雰囲気・・・。『スザンナ』・・・ドブロやバンジョーが活躍するカントリー・ソング。『ハイ・アンド・ドライ』・・・疾走感のあ ... » more

JAMES TERRAプレーヤー(Player)
プレーヤー(Player) プレーヤー(Player)出身地ロサンゼルス1970年代終わりごろから活躍した、アメリカのポップ・ロック・バンド70年代後半に、シンガー・ソングライターのピーター・ベケットとJ.C.クラウリーが結成した5人組。プロデュー ... » more

アンドリュー・ゴールド(Andrew Gold)- アンドリュー・ゴールド(Andrew Gold)1951年生まれカリフォルニア州出身2011年6月3日死去、享年59歳シンガー・ソングライター1970年にブリンドル(参考⇒メンバーとして、ケニー・エドワーズ、カーラ・ ... » more

ネッド・ドヒニー(Ned Doheny)-1973年〜1983年 ネッド・ドヒニー(Ned Doheny)1948年生まれロサンゼルス出身学生時代は同世代のジャクソン・ブラウンらと音楽活動を共にした時期もあった。ジャズのサックス奏者、チャールズ・ロイドのバンドにギタリストとしてツアーに ... » more

【サンダーバード】ロジャー・マッギン 77年リリース。傑作アルバム【海賊/カーディフ・ローズ】に続くアルバムで、一応マッギンの新しいバンド、サンダーバード名義のアルバム。メンバーはリック・ヴィトー、グレッグ・トーマス、チャーリー・ハリスン(EXレオ・セイヤー・・・後にポコに ... » more
テーマ ウエストコースト ロック ザ・バーズ

ボブ・ウェア【キングフィッシュ】 76年リリース。グレイトフル・デッドのボブ・ウェアの別ユニットによるアルバム。メンバーにはNRPSのディヴ・トーバートやロビー・ホッディノット、マシュー・ケリーなどが参加。基本的にはデッドの中でもキャッチーでポップなロックン・ロール ... » more
テーマ ウエストコースト グレイトフル・デッド ロック

 

最終更新日: 2017/12/17 02:36

「ウエストコースト」のブログ関連商品

» 「ウエストコースト」のブログレビュー をもっと探す

「ウエストコースト」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る