誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    忠臣蔵

忠臣蔵

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「忠臣蔵」のブログを一覧表示!「忠臣蔵」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「忠臣蔵」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「忠臣蔵」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

今週はこんな本を読んだbS74(29.7.2)「忠臣蔵」渡辺保講談社学術文庫13年11月初版1242円とても面白い本を読んだ。私は「忠臣蔵」が大好きだ。だから「忠臣蔵」と題された文庫を目にするとどうしても手に取って見てし ... » more
テーマ 忠臣蔵 仮名手本忠臣蔵 吾妻三八

旅行記93  姫路・赤穂旅行7「忠臣蔵」4 赤穂城跡2 枡形石垣・討ち入り決定の円山会議 写真は赤穂城の大手門を中側から2月12日に撮ったものです。大手門をくぐったところに、枡形(ますがた)の石垣がありますが、こういう形になっているのは、攻め込む敵をこの狭い場所に閉じ込めて逆に攻撃したり、味方の兵をここで待機させて外に打ち ... » more

旅行記92  姫路・赤穂旅行6 「忠臣蔵」3 赤穂城跡1 大手隅櫓・大手門 刃傷事件の原因 写真は赤穂城跡の大手隅櫓を12日に撮ったものです。奥に見えているのが大手門であり、それに架かる橋です。赤穂めぐりは、昼食後に、赤穂城跡に行きました。歩いて10分足らずでたどり着きました。大手門のところで、義士の姿をしたポランティアの人 ... » more

旅行記91  姫路・赤穂旅行5 「忠臣蔵」2 浅野家の菩提寺の花岳寺と泉岳寺 上杉家の追手を待つ 写真は赤穂の花岳寺にある二代目大石なごりの松を12日に撮ったものです。赤穂めぐりは、息継ぎ井戸を見た後、花岳寺通り商店街を通って、そこから数分の距離にある、浅野家の菩提寺である花岳寺を訪ねました。山門は赤穂城の門だと云われています。境 ... » more

1月1日(元日)、今年も初詣は大石神社へ。 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。今年は朝早くに赤穂の大石神社へ初詣に行ってきました。赤穂へは去年の初詣以来ですが、高取峠を下ってびっくりしましたよ!道が広く整備されてて綺麗になって ... » more
テーマ 忠臣蔵 正月 初詣

しろやま日記忠臣蔵の恋  -1693
忠臣蔵の恋  -1693 毎年12月になりますと、忠臣蔵の番組が華やか放映されます。今年も沢山の番組がありました。↓「忠臣蔵の恋」は、一回あたりの時間が短いこともあり全20回が予定されているようです。13回目が討ち入りでしたが、この後のドラマは、どう展開 ... » more

討ち入りの日を迎えて 今日、12月14日といえば、赤穂浪士が吉良上野介屋敷に討ち入り、主君の無念を晴らした日として、我が地元にとっては不名誉な日である。プロレスも悪役が居らねば盛り上がらない。好くも悪くも吉良公は悪役でなければならない。地元では名 ... » more
テーマ 忠臣蔵 吉良上野介 郷土  コメント(2)

忠臣蔵は、今は映画やドラマなどに取り上げられることは少ないが、日本人として共感できる心情が溢れた叙事詩である。内匠頭への吉良の虐め的要素、それに耐えて耐えて暴発する心の動き。吉良に対しては、自分達の側にもいる金さえだせば便宜をはかる人間 ... » more
テーマ 忠臣蔵 近世史

忠臣蔵47士の歩いた道 今日の東京は良く晴れた日曜日でした。「時は元禄15年12月14日大石内蔵助率いる47士は両国松坂町の吉良邸に討ち入り見事に主君の恨みを晴らし吉良上野介の首級をあげ高輪泉岳寺の主君の墓に供えました。」よし、その道を歩いてみようと思いたちリ ... » more

この本は、大石内蔵助が遺した「預置候金銀請払帳」(あずかりおきそうろうきんぎんうけはらいちょう)ー原本は箱根神社所有ーを史料として、資金面から忠臣蔵の実態を分析していて興味深い。山本博文教授の本は読みやすいし、視点も新鮮だ。結論は討 ... » more
テーマ 忠臣蔵 近世史

東京散歩道忠臣蔵を歩く
忠臣蔵を歩く 今日は、忠臣蔵を歩くということで、まずは松の廊下から始めます。元禄14年3月14日(1701年4月21日)の出来事でした。即日切腹となった場所である一ノ関藩田村邸跡はこの辺り。本当は石碑があっ ... » more
テーマ 忠臣蔵

きのうは煤払いの日、きょうは赤穂義士討ち入りの日・・・江戸は両国橋、煤払い〔すすはらい〕の竹売りに扮した大高源吾〔おおたかげんご〕と俳諧師・宝井其角〔たからいきかく〕との出会いの場面を思い出します:「年の瀬や水の流れと人の身は」 ... » more
テーマ 俳句 忠臣蔵 周易ごよみ

テレビ、激論コロシアム ”吉良は本当に悪者だったか” 明日は12月14日。衆院選挙の日であるが、また、赤穂浪士討ち入りの日だ。テレビ東京系で「激論コロシアム」で”吉良は本当に悪者だったか”が放送され、愛知県吉良の領土から西尾市長が地元代表で出演した。幾つかの歌舞伎、講談、芝居、 ... » more
テーマ 忠臣蔵 西尾市 吉良町  コメント(2)

(仮)徒然旅行記切腹最中
切腹最中 仕事で新橋へ行った際物騒な名前のお菓子を発見。「切腹最中」という最中で、見た目美味しそうでした。「忠臣蔵ゆかりの」と書かれているので四十七士のことかと思いましたが・・・最中はこちら大正元年創業の「新正堂」さんにて ... » more

(仮)徒然旅行記本所松坂町界隈
本所松坂町界隈 吉良邸のある本所松坂町付近は、歴史的人物の少年時代の所縁の地でもありました。両国駅の南側、京葉道路沿いに、1932年に建てられた「本所松坂町の碑」が残されています。厳密にいうとこの辺りは、吉良邸の北隣にあった土屋逵直 ... » more

(仮)徒然旅行記本所松坂町公園
本所松坂町公園 回向院の近くにある本所松坂町公園へ。住宅街の真ん中にあり、江戸時代の高家の格式をあらわす海鼠壁と長屋門に囲まれた小さな公園でした。門の横にある小さな入口から中へ入れます。門は12月に地元諸問屋が出展する「元禄市」とい ... » more
テーマ 忠臣蔵 社寺

日本史の「冗談?」09 いろはの字数は幾つなの? 日本人が一番好きな演劇は、いわゆる「赤穂事件」(1701-1703年)を題材にした「忠臣蔵」だといわれていますが、それは、芝居「仮名手本忠臣蔵」が大きな人気を博したことがそもそものキッカケだったようです。このタイトルにあ ... » more
テーマ 忠臣蔵 町火消し いろは歌  コメント(2)

http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/hakuouki/html_hakuouki_midokoro.html吉良の長塚さんもいままで一番の吉良だった。憎らしい吉良ではなく粋な吉良さん。TV東京の忠臣蔵と比べ ... » more
テーマ 忠臣蔵

日本史の「謎解き」08 赤穂浪士のユニフォーム姿 時は1703年(元禄15年)、赤穂藩遺臣(赤穂浪士)が吉良屋敷に討ち入った、いわゆる「赤穂事件」。これをモデルにしたお芝居「忠臣蔵」は多大な人気を集め、現在でもその状況は変わっていません。さて、そこに登場する「赤穂浪士」 ... » more
テーマ 忠臣蔵 武装集団 赤穂事件  トラックバック(1)

秋田がらくた箱討ち入り
NHKの薄桜記が佳境に入りつつある。ジェームス三木の脚色は既に原作を超えたと思うけれどそれでも押さえるところはきっちりと押さえている。昨日のドラマでは、吉良上野介の巷で語られている姿とはまた違う側面を描いて見せていた ... » more

高輪台散策G〜慶應仲通り周辺 高輪台を下りて慶應大方面へ。慶應義塾大学東館です。旧図書館の赤煉瓦のイメージで建てられているそうです。三田通りから島原藩中屋敷だった台地上にあるキャンパスに至る傾斜を跨ぐ形で建設されており、アーチの上部にはラテン語で ... » more
テーマ 忠臣蔵 銭湯 洋館

高輪台散策A〜大石良雄外十六人忠烈の跡 泉岳寺の隣に高輪中学・高校があります。以前来たときお寺の中から沢山の学生が出てきたので驚いたことがあります。校門の脇に小さな小道があるので行ってみます。学校のグラウンドを巡る細い道を抜けると「高輪 ... » more
テーマ 忠臣蔵 散歩 社寺

高輪台散策@〜泉岳寺 品川へ行く用事があったので、その後赤穂義士でおなじみの泉岳寺方面を散策しました。泉岳寺へは今回二回目ですが前回は義士祭の時に行ったのでものすごい人でした。入ると大石内蔵助の銅像があります。泉岳寺の山門です ... » more
テーマ 忠臣蔵 社寺

今週はこんな本を読んだbQ22(24.8.5) 「これが本当の忠臣蔵」山本博文小学館新書777円12年4月初版 著者の本は、11「学校では習わない江戸時代(新潮文庫)」、49「江戸城の宮廷政治(講談社文庫)」と二回紹介し ... » more
テーマ 忠臣蔵 忠臣蔵の真相

素晴らしいお寺♪ 昨年11月、純大さんがブログに、「忠臣蔵〜その義その愛」の撮影をしている京都宇治の素晴らしいお寺と書かれていたお寺に行ってきました。純大さんがブログに書かれていた宇治のお寺が、「 ... » more
テーマ 忠臣蔵 山田純大さん 時代劇

寒いですね〜(>_<) 今年は灯油の消費量が凄いです電気料金が去年の7月くらいから急に値上がりしたみたいな気がするので、なるべくカーボンヒーターやハロゲンヒーターなどを使わずに、石油ファンヒーターだけ使っ ... » more

... » more
テーマ 忠臣蔵 赤穂浪士 浮世草子

今週はこんな本を読んだbP54(23.4.10) 「赤穂義士忠臣蔵の真相」三田村鳶魚河出文庫800円2010年12月初版 解説には、昭和5年に刊行された「鳶魚江戸ばなし5」の「赤穂義士」の「横からみた赤穂義士」が原題、と紹介 ... » more
テーマ 忠臣蔵 最近の読書

「忠臣蔵問屋 わたや」女将さんコーディネート 先日赤穂に義士グッズだけを集めた専門店「忠臣蔵問屋わたや」が誕生した店舗名は義士を援助した京都の商人、綿屋善右衛門にちなみつけられたという。その忠臣蔵オタクのオーナーの奥様の ... » more

私の期待は、佐藤浩市が演じる寺坂吉右衛門が、討ち入りの事実を後世に伝えるため生かされた寺坂が遺族を訪ねながら、残ったものの苦しみを描き出すのかと思った。しかし、メインは役所広司演じるは瀬尾孫左衛門が、大石内蔵助の愛人の娘を育てて嫁に ... » more

 

最終更新日: 2017/09/16 17:17

「忠臣蔵」のブログ関連商品

» 「忠臣蔵」のブログレビュー をもっと探す

「忠臣蔵」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る