誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    統計

統計

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「統計」のブログを一覧表示!「統計」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「統計」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「統計」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

インド経済:インドの経済成長率が減速してきているようです。高い成長率(年率9%増の年もあります)を誇っていたインドが、5%台の経済成長となってしまっているようなのです。経済成長率が鈍っているのは、雇用に問題があるため、又、その結果、 ... » more

韓国経済:2012年の経済成長率は前年比2.0%増となった模様です(2011年の経済成長率は3.6%増、2012年の経済成長率の目標値は3.7%増)。経済成長率が目標に達しなかったのは、輸出の不振が大きいようです。輸出の伸び ... » more

日本経済:2013年1月の日経消費DIが発表されました。日経消費DIとは、日本経済新聞社が四半期毎にまとめ、公表している消費関連に係る景気指標(小売業、サービス業などの消費関連企業を対象に調査した景気指標)。業況が良いと回答 ... » more
テーマ 統計 ニュース

中国経済:中国の生産年齢人口が、2012年に減少に転じた模様です(減少したのは345万人と言われている模様)。そして、生産年齢人口減少の傾向は、今後も続くと見られているようです。とは言っても、中国の生産年齢人口は、まだ、とて ... » more

韓国経済:韓国は起業ブームなのでしょうか。と言うのも、韓国での2012年の新設法人数は74,000強にも達し、2000年以後最多となっているようなのです。しかも、50歳代での起業が大きく増加している模様です。* 20 ... » more

中国経済:中国の電力消費量(2012年)は、前年比5.2%増の4兆9,600億キロワット時弱に留まった模様です。この数値は、2008年以来の低い伸び率のようです。中国の経済成長率と電力消費量の伸び率にかなり差があるように思い ... » more

労働、社会問題計量経済学と公的統計
公的統計の調査票情報を利用して、計量経済学の手法で分析を行うということがよくおこなわれている。これには、根本的な限界がある。政府の調査は基本的には、どうなっているか、何が起こっているかを統計表により示すことを目標にしている。その対象 ... » more
テーマ 統計

韓国経済:韓国有価証券市場に上場する12月決算の時価総額上位100社の外国人投資家に対する配当の額が、5兆8,000億ウォン(4,800億円弱)と予測されているとの事。しかも、予測されている外国人投資家に対する配当の額は、時価総額上 ... » more

中国のネット利用者数が2012年12月末現在で、5億6,400万人に達した模様です。その内4億2,000万人は、携帯電話経由のようです。又、ミニブログの利用者は3億9,000万人(その内、携帯電話経由が2億2,000万人)。 ... » more

韓国経済:上場企業の当期純利益の80%弱は10大企業グループ(サムスン、現代自動車、LGなど)が占めているとの事。これは、12月決算の製造業1,345社を対象にした数字で、1,345社の内、80社が10大企業グループに属する企業との ... » more

韓国経済:韓国の貿易規模(2012年)は2年連続で1兆ドルを突破したようです。その内訳は、輸出が5,500億ドル弱(GDP比 60%弱)、輸入が5,200億ドル弱(GDP比 50%台半ば)。製品別の輸出の内訳を見ると、石油製品が、自 ... » more

韓国経済:韓国の家計の財務余力が急速に悪化しているとの事。具体的には2009年6月に約30%だった家計の財務余力が、2012年6月には約10%になってしまっているようなのです。家計の財務余力とは、((年間所得 - クレジット ... » more

韓国経済:韓国の広告産業の規模(2011年)は約12.2兆ウォンで、前年比17.8%増となっている模様です。集計の対象とする範囲などが違うと思いますので、単純に日本と比べるわけにはいかないとは思いますが、日本の広告産業の規模が減少傾 ... » more

中国経済:中国への海外からの直接投資(2012年11月)は、前年同月比で5.4%減の約83億ドル(6ヶ月連続の前年同月比マイナス)、1月〜11月の累計では前年同期比で3.6%減の約1,000億ドルになっているようです。日本から中国へ ... » more

韓国経済:韓国が保有する米国債は416億ドル(2012年10月)との事。韓国の外貨準備高が約3,260億ドル(2012年11月)である事を考えると、少々少な過ぎるように思いました。* 日本→ 米国債保有 約1.1兆ドル( ... » more

韓国経済:2012年11月の韓国の貿易収支は、約43億ドルの黒字となったようです。* 輸出が478億ドル(前年同月比3.8%増)、輸入が434億ドル(前年同月比0.9%増)。輸出品目別に見ると、石油製品が前年同月比で10.6 ... » more

「母親のワークライフバランス」では、厚生労働省の、「第8回21世紀出生児縦断調査」を使って、母親の「常勤」の問題を議論しました。今回、厚生労働省がこの調査の「第二波」を発表しました。これまでの調査は2001年に生まれたお子さんと家族 ... » more
テーマ 統計 仕事 育児

韓国経済:韓国の総貯蓄率が30.4%となり、1982年7〜9月期(27.9%)以来の低水準になっている模様です。* 総貯蓄率 = (総貯蓄(個人、企業、政府の貯蓄) / 国民可処分所得) × 100マクロ経済的に言えば、貯蓄 ... » more

韓国経済:韓国の総合株価指数(KOSPI)が興味深い動きをしているようです。具体的には、韓国の総合株価指数(KOSPI)は、昨年初めからの約2年で、6.6%の下落となっているようなのですが、サムスン電子と現代自動車を除けば、15.1 ... » more

中国経済:中国の2012年のGDP成長率が7.5%成長を達成できる見込みとの事。企業の生産活動が回復するなどしている事が、7.5%成長達成の背景にあるようです。* 11月の新車販売台数 前年同月比で8.2%増。* 1 ... » more

中国経済:中国のジニ係数は0.61(2010年)にも達すると推定されているようです(中国の西南財務大学の調査)。尚、都市部のジニ係数は0.56、農村部は0.6。ジニ係数とは所得格差の度合いを示す指標で、0〜1の値をとります。 ... » more

韓国経済:韓国主要企業(272社)の景況感が、2008年金融危機の時よりも悪化している模様です。そして、来年(2013年)は緊縮経営と考える経営者が51.2%(前年比9.1%増)、拡大経営と考える経営者が22.3%(前年比4.8%減 ... » more

欧州経済:欧州中央銀行が2013年の実質GDPの成長率を0.3%減に引き下げたとの事(2014年は1.2%増)。欧州経済が回復するには、まだまだ時間がかかりそうな感じですね。そして、欧州を主要な輸出先とする国々(中国、韓国、 ... » more

フィリピン経済:フィリピンの株式市場(フィリピン証券取引所総合指数(PSEI))が、又、最高値を更新したとの事。そして、最高値の更新は、今年(2012年)になって35回目。単純計算で10日に一度の割合で株式市場の最高値が更新されたと ... » more

韓国経済:韓国の2012年7月〜9月期のGDPの伸びは前期比で0.%1増になったとの事。内訳は、個人消費が0.7%増、設備投資が4.8%減、純輸出が2.8%増。設備投資の4.8%減という数字は少々気になります。これが、韓国国 ... » more

韓国経済:外国人による資本市場(株式・債券市場)への純投資が2ヶ月連続で減少する一方で、外貨準備高は4ヶ月連続ど過去最高を更新したとの事(2012年11月の情報)。* 外国人による株式・債券市場への純投資 3,500億ウォンの減少( ... » more

米国経済:米国企業による株式発行がここのところ盛んなようです(年初から総額2,000億ドル弱の発行、エネルギー関連が多いようです)。金融緩和で金利が低下した結果、投資家は、より利回りが期待できる株式市場に目を向ける一方、企業側は、こ ... » more

厚生労働省から、23年度の福祉行政報告例が発表されています。生活保護の廃止、つまり生活保護から抜け出せた理由が示されています。死亡と失そうというのがかなりあるのですが、それを除いた理由のうち、何が大きな割合を占めているのかを調べてみ ... » more

あーさの定点観測韓国経済は回復中?
韓国の輸出が回復してきている模様です。具体的には、今年に入ってから2月と6月を除き前年同月比でマイナスだった輸出が、10月、11月の2ヶ月は、前年同月比でプラスに転じているようなのです。そして、10月、11月に前年同月比で輸 ... » more

フィリピンの2012年6月〜9月期のGDPの成長率が7.1%増を記録したとの事。フィリピンのGDPは個人消費が約70%を占め、人口も約8,000万人、株価もここのところ上昇しているみたいですし、もう少し注目されてもいい国かもしれない ... » more

 

最終更新日: 2016/12/05 17:35

「統計」のブログ関連商品

» 「統計」のブログレビュー をもっと探す

「統計」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る