誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    思い出

思い出

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「思い出」のブログを一覧表示!「思い出」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「思い出」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「思い出」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ホッと空の物語-13 硬岩TBMとの出会い ビルト社ではTBMを製作している工程を追いながら、輸入後の運転、メンテナンスをスムーズに行うために、研修を受けた。毎日、講義と現場実習である。自身の会社では、TBM事業は開店休業状態だったので、製品への関心はあまりなかったが、彼らの ... » more
テーマ 思い出 日記 伝記

「長距離走って苦しいよなぁ〜『わかる・分かる!!…』」について考える。 いつも散歩に行く公園で、『近隣の小学生の長距離走大会があった。池の周りを2周する2.5qほどの距離を走るマラソン大会』のようだ。学年の大半の児童は、すでにゴールして、今のレースについて語り合っていた。400m程遅れて、一人の男子児童が走 ... » more

老婆  マッキントッシュ  ハイ 親愛なる味蕾会のみなさま老婆のMacな毎日が、間もなく15年目を迎えます。15年前、白のモデル「iBook」を購入し、なぜか、興奮冷めやらぬままに、山川 健一氏著「マッキントッシュ ハイ」を読みました。「ジャーンとい ... » more
テーマ 思い出

こころの文庫やってきた、また
やってきた、また 忘年会シーズンがやってくるたびに思い出す、早朝七時前からの忘年会は驚きだった。。弁当製造工場に再就職。夜勤を始めた年の終わりである。忘年会があると聞いて、頭を傾げた。夕方六時から翌朝の六時ころまでの勤務で、 ... » more

子ども食堂で、子どもたちと楽しくおりがみ 子ども食堂で子どもたちと遊んだ「おりがみ」みんな一生懸命。時間いっぱい折った力作です絶対また来るねって手を振ってくれた笑顔が思い浮かびます ... » more
テーマ 思い出 子ども食堂 おりがみ

昭和ライダーの世代なのでъ(*゚ー^)♪ 今日、家の最寄りでいつも会社帰りに立ち寄っているショッピング・センターに足を運ばせ、この様な昭和ライダーが目立った袋のふりかけを見つけ、やはり、自身も昭和ライダーの世代というので、当時の思い出もあり、その時の気分でそんな“仮面ライダー・ふり ... » more

こころの文庫思い出メモ
思い出メモ 裏の畑を耕していて、ふと片隅の犬の置物に目がいった。瀬戸物製で、もう色は剥げてしまっている。もう10年以上前に置かれたもの。あの時は柴犬の栗色だったっけ。愛犬タロのお墓である。16年間我が家の大切な家族だった。 ... » more

ごんの独り言〜亡兄との思い出〜
亡兄との思い出〜 以前にブログに書いたことのある兄との小旅行を懐かしく思い出しました。兄が亡くなって早、半年が過ぎ、振り返ってと思い、たどっていたら、兄と旅行したことを結構書いていたようです。それで、指折り数えて見ると、疎開先を訪問してからもう8年が ... » more
テーマ 思い出 シルバーライフ 雑記

こころの文庫思い出メモリー
思い出メモリー 「なにかお探しですか?」夢中だった。欲しい本が見つからない。老眼で背表紙の字が見えにくく、本棚すれすれに顔を近づけた。不審に思われたのかも?「本の名前か作者の名前がわかれば、お探しできるかもしれま ... » more

瞬きの向こうホッと空の物語−12
ホッと空の物語−12 欧州への留学昭和53年(1978)、29歳の時に幼少から憧れていたドイツに2ヶ月の予定で行くことになった。岩盤を掘る機械(TBM)を、ドイツのビルト社から輸入する事になって、メンテナンス技術の獲得のため機械メーカーの技術者として研修 ... » more
テーマ 思い出 日記 伝記

こころの文庫ボクの正体?
ボクの正体? 実はどんな会合も必ず出席した。 自分の意見を口にすることは殆どなく、いつも穏やかな笑顔で聞き役に徹した。その姿が周囲に『出来た人間』と映ったようだ。それで責任ある立場を任せられもした。 集団の中に ... » more
テーマ 思い出 日記 人生

味蕾会essay IIIきりしまの、石ころ!
きりしまの、石ころ! 親愛なる味蕾会のみなさま霧島神宮詣りのお土産は、4歳の孫からプレゼントされた石ころです。よく見ると何やら木星の赤斑様の柄がみえる。木星大好き老婆の意思が、孫に投影し?一心に選びぬいたものと思われます。(苦笑) ... » more
テーマ 思い出

味蕾会essay III老婆 in 霧島神宮
老婆 in 霧島神宮 親愛なる味蕾会のみなさま11月13日日曜日霧島神宮は、厄払いと七五三詣りで大にぎわい。孫の5歳の安全祈願をと、境内へ足を踏み入れるとお振り袖や紋付袴で着飾ったちびっ子たちとおそろいの銀の羽織を着込んだ大人とで社務 ... » more
テーマ 思い出

こころの文庫思い出メモ・病気
思い出メモ・病気 「どないしはったんですか?」同じ病室でベッドが隣りの母親だった。幼稚園児くらいの男の子に付き添っている。こちらは長女の入院。生後三か月になったばかりの赤ちゃんで、付き添いは欠かせない。妻がかかりっきり ... » more

こころの文庫あの頃
ライブラリーで本の登録に追われる毎日。やっと70冊をアップ。若い頃に購入した本が中心だから、手間がかかる。まず表紙を写真どりし、パソコンで処理する。自分が好きだった本を選んで進めているので、猶 ... » more
テーマ 思い出 日記 本の整理

味蕾会essay III天ブラする?
天ブラする? 親愛なる味蕾会のみなさま老婆の唯一無二の気分転換は天文館界隈をブラブラすることである。この地には、やんちゃな専門学校時代の忘れられない思い出が満載だから・・・。夜のまかないが頂けるという理由だけで放課後ダッシュで ... » more
テーマ 思い出

こころの文庫ちょっと真剣
ちょっと真剣 別れが、あれほど突然に訪れるものだとは思いもしなかった。いつかは話さなければ、いつかは一緒にやりたかった希望が跡形もなくなるなんて信じられなかった。それを兄はやってのけた。弟をたったひとり残して逝って ... » more
テーマ 思い出 日記 兄弟

こころの文庫あらら
あらら 「このきれいな人、だれ?」古いアルバムを引っ張り出してみていた娘が、すごい発見をしたかのように訊いた。覗き込んで、思わず言葉を失いかけた。初恋の女性の写真だった。見られて弁解に追い込まれそうな写真はアルバムからはがし、別にし ... » more

こころの文庫今どき
今どき 結婚する前、娘が照れながら晴れやかな衣装の花嫁と花婿の写真を見せてくれた。「?」ピンとこない。まだ結婚式まで数日あるのだ。「前撮り写真よ」訝る私に娘は説明してくれた。「当日はバタバタしてて写真撮影も大変ら ... » more

それは秋の夕暮れのことでしたすりガラスを通過した光線が灰色の部屋を赤く染め不思議な景色がありましたそれは秋の週末のことでした光球から放たれた光線が暮れ色の村を紅く染め不思議な景色がありましたもうすぐ夜 ... » more

PCトラブル修理にご注意を!・音楽♪・思い出 11月2日(水)PCトラブル実は、9月のことですが、急にPCの電源が入らなくなって、購入先のPCショップへ持参しました。買って、3年目なんです。電話で、受けた人の名前も聞いて、点検は無料!修理が必要な場合 ... » more
テーマ 思い出 音楽 PC

こころの文庫まだまだ
まだまだ 明け方まで咳が止まらない。しんどいものです。前回の風邪の症状の繰り返しです。治ったかなと思ってからいやになるほど続いた夜の咳が思い出されます。今日も無理はやめときます。思い出のメモ・2 ... » more
テーマ 思い出 日記 まちライブラリー

こころの文庫熱の中
熱の中 ひどい目にあっています。風邪はやはり怖いです。なんとか回復に向かいつつあります。もう少しの我慢です。思い出のメモよりつき合っていた彼女に誘われた学園祭。何の考えもなしに行ってみたのが間違いだった。学校に一歩入 ... » more
テーマ 思い出 日記

京都・妙心寺あたり  -1674 断続的に書いてきた三陸ツアー記事が一応終わりましたので、同様に台風に遭遇してしまった「関西チョットだけ旅」の記事を始めることとします。京都での同期会の前に、宿に荷物を預け、妙心寺を起点に周辺を歩きました。本当は私、こういう旅が大好き ... » more

ホッと空の物語−11 TBM技術者としてスタート 大学の研究内容にあまり興味を持てなかったので、就職を選んだ。1972年で就職は比較的希望がかなう時代だった。重工関係の会社に入社して、土木機械課に配属された。シールドやTBMのトンネル掘削機の設計部門で20名程の小部隊で創設は1963年と歴 ... » more

こころの文庫本を読む
本を読む 本好きな子供だった。母がそうだったから、影響を受けたのかも知れない。といっても当時の本は贅沢品。家にある本といえば、綴じた和紙の講談本が数冊と毎月届けられた『家の光』という家庭雑誌だけ。母をまねて大人の本 ... » more
テーマ 思い出 本の読み方 読書の秋

忘れてしまっているわけではないけど、なんだか気が向かずブログのことを考えないでいました。珍しく書く気になったのは、自分自身を記録しておこうという気持ちになったからなのです。昨日美容院へ行き、髪を整えてきたのですが、美容院の店主が ... » more
テーマ 思い出

ホッと空の物語‐10 父母の記憶 姓は母方のものである。家紋は「丸に三つ橘」である。ご先祖様として、お寺の過去帳に記名されている籐兵衛は、関が原合戦(西暦1600年)の頃に生まれ、1615年の大阪夏の陣頃に少年時代を過ごした人である。母、智恵子は大正6年(1917年 ... » more
テーマ 思い出 日記 伝記

こころの文庫付加価値?
付加価値? 弁当仕出し会社に勤めていた。調理担当に配属され、幕の内弁当を担当した。深夜の仕事が主で、夜中はひたすら刺身を引き、天ぷらや焼き魚、煮物などの調理だ。朝三時過ぎから料理の盛り合わせを始める。単価の安い幕の内弁当が最初だ ... » more
テーマ 思い出 幕の内弁当 季節もの

「麦みそ」と、ふる里のご当地グルメ「さつま汁」 今回の帰省のお土産の、1つ、「麦みそ」です”麦みそ”といっても、ご存じない方のほうが多いのですが、私の育った愛媛の南予地方の、麦100%のお味噌です(塩分が低く、麹を使う量が多いので香りも甘みも強い味噌)今回 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/01 14:33

「思い出」のブログ関連商品

» 「思い出」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る