誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    浅田次郎

浅田次郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「浅田次郎」のブログを一覧表示!「浅田次郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「浅田次郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「浅田次郎」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

浅田次郎の『闇の花道―天切り松 闇がたり〈第1巻〉』という本。浅田次郎の本を読むのは久しぶりのような気がする。そこで日記で検索してみると……1年半ぶりだそうだ。それにこの本は半年前の出張中に読もうと思っていたのが、すっかり忘れ去られてカバン ... » more
テーマ 浅田次郎 読書

『あやし うらめし あなかなし』 by 浅田次郎 正直言うと、この表紙に惹かれて手に取ったのだ。以前読んだ愛読書『夜市』に似た雰囲気・・・きっとコレもあの本と同じような感動をくれるに違いない。なんて、作者も違うのに勝手甚だしい決め付けで読み出したのだ。無論、浅田次郎は初めてでは ... » more

浅田次郎ハメ☆ どうも〜僕です。最近は活字が熱いです!家に帰ったら片手に本を持って料理をしながら読む!洗濯しながら読む!飯喰いながら読む!うん○しながらでも読む!電話しながらでも読む!コンビニ行きながらでも読む!信号待ちでも読む!こんがり肉焼きながらで ... » more

天切り松闇がたり 第4巻「昭和侠盗伝」 浅田次郎「天切り松闇がたり第4巻「昭和侠盗伝」」を読みました。戦争に向かっていく昭和の日本の様子と、それを気持ちよく生き抜く安吉一家。相変わらずかっこよく、読んでいて気持ちのいい本です。おこん姐さんが特に好きです。でも、 ... » more
テーマ 浅田次郎

浅田次郎原作の「地下鉄に乗って」の試写会に行く。帰りに原作が気になってBOOK OFFに行くが安くなっていなかったのでパス(単行本が800円だった。前に他の古本屋で100円だったはず)。映画「鉄道員」ほどのヒットは難しいかもしれない。しかし ... » more
テーマ 浅田次郎 地下鉄に乗って 映画

「プリズンホテル」 浅田次郎 小説ミニレビュー。「プリズンホテル」浅田次郎集英社文庫夏・秋・冬・春の全4巻点数:魚魚魚(感想)ドタバタ・極道コメディ小説、とでも言いましょうか?非常に軽いタッチで書かれており、それに合わせて、力を抜いてお気 ... » more

「鉄道員」 浅田次郎 小説ミニレビュー。「鉄道員」浅田次郎集英社文庫短編集点数:魚魚魚(感想)どの作品も不思議な体験や現象を含んだ短編集です。オカルトやホラーチックではなく、感動的な話に仕立て上げられています。個人的には、大き ... » more

椿山課長の七日間  浅田次郎 46歳で突然死した椿山課長が、自分とは正反対の美女の姿を借りて3日間だけ現世に舞い戻り、知らずに死んでしまった真実と向き合い、昇天していくまでが描かれています。現世とあの世の間に存在する中陰役所には、現世に思いを残した人間を初七日までの ... » more

今日の本です。このところ浅田次郎作品が続いております。珍妃の井戸浅田次郎(著)、講談社文庫内容(「BOOK」データベースより)列強諸国に蹂躙され荒廃した清朝最末期の北京。その混乱のさなか、紫禁城の奥深くでひとりの妃が無残 ... » more
テーマ 浅田次郎 小説

今日の本です。映画化される小説です。地下鉄(メトロ)に乗って浅田次郎(著)、講談社文庫内容(「BOOK」データベースより)永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは30年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さ ... » more
テーマ 浅田次郎 小説

今日の本です。最近、浅田次郎作品に凝っています。日輪の遺産浅田次郎(著)、講談社文庫内容(「BOOK」データベースより)帝国陸軍がマッカーサーより奪い、終戦直前に隠したという時価200億円の財宝。老人がの遺した手帳に隠さ ... » more
テーマ 浅田次郎 小説

Love in solitudeGet on the metro..
Get on the metro.. I read an another book, which was “Getting on the metro (subway)” by Jiro Asada.This novel has people feel a something ... » more

天切り松 この不思議な老人が、留置場で夜盗の声音で遥かな昔の <語り> を始めると、留置場の住人、看守、署長までもがその <語り> に引きずり込まれていく。帝都の義賊 目細の安吉一家。金持ちだけを狙い、その金を貧しい人々の救いの手として ... » more
テーマ 浅田次郎 読書 天切り松 闇がたり  コメント(2)

風のない場所プリズンホテル 1 夏
プリズンホテル 1 夏 著:浅田次郎出版:集英社文庫初版:2001/06/25本体価格:552P315ISBN:4-08-747329-5□あらすじ□極道小説で売れっ子になった作家・木戸孝之介は、唯一の身内でやくざの大親分でもあ ... » more
テーマ 浅田次郎 読書

my favorite stories浅田次郎はいい
7,8年前の職場の喫煙室。私が「・・・最近は芥川賞も、直木賞もあまり注目作品はありませんねぇ」と今まで話題になっていた話の続きを言うと「あれ読みました・・・えー・・・浅田次郎の<蒼穹の昴>。主人公の生き方。迫力ありましたね。自分で浄 ... » more

いつもの通り、笑いあり涙ありの展開で、このあたりは読んでくださいとしか言いようがありませんが、今回の目玉はやはり、富江さんを求める作家、彼でしょうね。最初はなんていやなやつ、ひどいやつを思っていた彼が、こんな気持ち、愛情を隠し持っている ... » more
テーマ 浅田次郎

様々なドラマが心に染みる癒しのドラマ、シリーズ第三弾。相変わらず、それぞれの人生の錯綜、それによって起こる出来事が絶妙に噛み合って、ホテルに集まる人たちのそれぞれの役目や理由が明確です。今回は、仲蔵親分が己の身体を病気と思い込み、い ... » more
テーマ 浅田次郎

またひと波乱の予感。このシリーズの魅力は様々なドラマがホテルの至るところで展開することですが、そのため登場人物が多いので、全体を見渡すのがちょっと大変です。一気に読む場合はいいですが、少しずつ進めたら誰が誰だったのかわからなくなりそう。しか ... » more
テーマ 浅田次郎

これを読んでいると、ヤクザさんがすごくいい人に思えてきます(笑)。なんだ、みんなあったかいいい人ばっかりじゃん!って。このホテルに集まるのは、「わけあり」の人ばかりなのですが、何故かおそろしげな従業員ばかりのそこで、いつの間にか癒されてしま ... » more

似合わないクツを脱ぎ捨ててviva読書
昨年末から読み始めた山本文緒さんの『恋愛中毒』やっと読み終わったぞぃ!!!で、きょうは仕事帰りにフラフラ〜っと本屋さんへGO。んで、ネットの感想で「すごく良かった!!泣けました!!」っていろんな所に書いてあって、前か ... » more

【読んだ本】珍妃の井戸/浅田次郎 かの名作かつ超大作『蒼穹の昴』の続編。積ン読だった文庫をようやく読みました。思えば『蒼穹の昴』も文庫化するやいなや飛びつくように買ったくせに、一年近く積んどいて、ようやく去年の8月に読んだのでしたっけ。5ヶ月ぶりに『蒼穹 ... » more

PAOの本読み日記椿山課長の七日間
椿山課長の七日間 浅田次郎「椿山課長の七日間」を読みました。浅田次郎さんの小説はどれも大好きです。男にしろ女にしろ、ものすごくかっこいい人間が出てくるので、感情移入しやすいPAOは、登場人物に惚れてしまいます。椿山課長にも、ステキな人がたくさ ... » more

【読んだ本】沙高樓綺譚/浅田次郎 私は明らかに浅田次郎のファンであり、ハルキストではないのですが、それはさておいたとして、最近読んだ本の素直な感想として言わせてもらえば、正直、『東京奇譚集』より面白かった!もちろん『東京奇譚集』も自ら書いているとおり、と ... » more

「椿山課長の七日間」 浅田次郎 小説ミニレビュー。「椿山課長の七日間」浅田次郎朝日文庫点数:魚魚魚(感想)コメディタッチで書かれている、軽いタッチの感動作、かな。テーマが死で浅田作品だし。椿山課長のほか、やくざの親分とお金持ちの少年もそれぞれ現世に ... » more
テーマ 浅田次郎 読書 3点

【読んだ本】憑神/浅田次郎 せっかくのブログを放置しておくのもなんなので、読んだ本について書いていこうかなと。で、第一弾が、浅田次郎の新刊『憑神(つきがみ)』。一言でいって、落語。古典落語の新作とでも言うべきか。“笑いと涙の浅田ワール ... » more

ご無沙汰してます。古本屋達磨の居場所の、転がる達磨です。随分、久しぶりにブログします。さて、タイトルの映画、2・3年前の日本映画なのですが、気になっていて、ようやく、見ました・・・。ホント言うと、原作者の浅田次郎 ... » more
テーマ 浅田次郎 壬生義士伝 映画  トラックバック(2)

久しぶりに浅田次郎氏の本を読んだ。氏の本は「鉄道屋(ぽっぽや)」「天国までの100マイル」等で注目を集めたときに読みあさった。それ以来しばらく氏の本からは遠ざかっていた。というのも、氏の本のテーマは大抵「家族愛」。しかも ... » more

「浅田次郎」について私も浅田次郎を最初に読んだのが『蒼穹の昴』でした。清朝末期の複雑で国際的な政治情勢と主人公の印象的な生き方がしっかりと重なり合って、しかも西太后の人物評価に独自の史観で光を当てたところが傑作でした。これまでの ... » more

2001年12月25日 浅田次郎『壬生義士伝』 正月2日に12チャンネルが12時間ドラマを放映する。おせち料理をつつきうとうとしながらわかりやすい時代劇を楽しむにもってこいの番組であるが今回は「壬生義士伝」がドラマ化された。新撰組を扱った映画、テレビドラマは久しく途絶えている ... » more

壬生義士伝やっと読み終わりました。大作でした。それも時間の経過をそのまま追うわけではなく、上巻の感想でも書いたとおり、吉村貫一郎の関係者が色々な立場から、貫一郎の、あるいは息子の嘉一郎の思い出を語る。最後には次男の貫一郎の話で終 ... » more
テーマ 浅田次郎 壬生義士伝 読書

 

最終更新日: 2016/12/07 10:21

「浅田次郎」のブログ関連商品

» 「浅田次郎」のブログレビュー をもっと探す

「浅田次郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る