誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    浅田次郎

浅田次郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「浅田次郎」のブログを一覧表示!「浅田次郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「浅田次郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「浅田次郎」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

「君は嘘つきだから、小説家にでもなればいい」 浅田次郎著(文藝春秋 1,470円) 「君は嘘つきだから、小説家にでもなればいい」 浅田次郎著(文藝春秋1,470円)君は嘘つきだから、小説家にでもなればいい文藝春秋 浅田 次郎 Amazonアソシエイト by 軽妙にして洒脱、重厚にして深遠 ... » more

『夕映え天使』浅田次郎 浅田次郎の『夕映え天使』(2008年12月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<父と息子2人だけの小さな中華料理店。味気ない日々を過ごす俺たちの前に現れた天使のような女・純子。あいつは儚い思い出を俺たちに残し ... » more

いや〜、なかなか仕事が忙しくて更新する時間がねえなてゆーか、本読む時間が少ないプリズンホテル1夏読み終わりました〜こいつは面白い{%び ... » more

「プリズンホテル1夏」を読む 「プリズンホテル1夏」浅田次郎著集英社文庫を読みました。なんかよくわかりませんでした。主人公が誰だかわからなくなってしまって。。薬の飲み過ぎで頭がらりってるから仕方がない。。。 ... » more

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜夕映え天使〜 〜新潮文庫背表紙より転載〜東京の片隅で、中年店主が老いた父親を抱えながらほそぼそとやっている中華料理屋「昭和軒」。そこへ、住み込みで働きたいと、わけありげな女性があらわれ・・・・・「夕映え天使」。定年を目前に控え、漁師町で寒さし ... » more
テーマ 浅田次郎 日記

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜月島慕情〜 〜文春文庫背表紙より転載〜恋する男に身請けされることが決まった吉原の女が、真実を知って選んだ道とは・・・・・。表題作ほか、ワンマン社長とガード下の靴磨きの老人の生き様を描いた傑作「シューシャインボーイ」など、市井に生きる人々 ... » more
テーマ 浅田次郎 日記

しろやま日記絶世の・・  -966-
絶世の・・  -966- ・・と、くれば「美女」ですね。テレビドラマ「蒼穹の昴」での、この女優さん、キレイでした。ブログには、このところ「震災」関連の記事を書き連ねてきました。筋肉が固くなってきています・・、少し力を抜いて、こんな記事でも・・。 ... » more

ストーリーは破綻しているのに、ひたすら泣いてしまう。 〜 「日輪の遺産」浅田次郎 著 読書感想文 本棚にあった本を、久しぶりに読み直してみたのでした。http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E8%BC%AA%E3%81%AE%E9%81%BA%E7%94%A3-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E ... » more

「十代のための新名作」と銘打たれたシリーズ第2弾である本作には、浅田次郎さん、石田衣良さん、橋本紡さん、星新一さん、宮部みゆきさんの短編が収録されています。浅田氏の『雛の花』は、昭和30年代の西麻布に住む主人公と祖母の物 ... » more

納得できない。満足はしたけど。 〜「珍妃の井戸」 浅田次郎 著 読書感想文 中国最後の王朝である清王朝について、菅総理が「蒙古族の王朝」と発言したことが報じられたちょうどその日、たまたまこの本を読み始めていたのでした。(念のため。清朝は満洲(現在の東北地方)出身の女真族が立てた王朝です。)本書は清朝末期の北 ... » more

浅田次郎地著「蒼穹の昴」に登場する主人公・梁文秀のモデルは亡命先の日本でその思想を一変した梁啓超 浅田次郎地著「蒼穹の昴」を読了しました。浅田次郎の書いたシリーズ「蒼穹の昴」「珍姫の井戸」「中原の虹」「マンチュリアン・リポート」は発刊されたこの順で読むのが正当でしょうが私は「中原の虹」→「珍姫の井戸」→「マンチュリアン・リポート」→「蒼 ... » more
テーマ 浅田次郎 梁文秀 蒼穹の昴

浅田次郎著「マンチュリアン・リポート」を読み日本陸軍が張作霖を謀殺した理由を知る 一馬賊にしか過ぎなかった張作霖が1919年には満州全域の支配権を獲得し 満洲の覇者」として「満洲王」と呼ばれるほどの威勢を誇るに至るまでを描いた浅田次郎の「中原の虹」に続き「マンチュリアン・リポート」を読みました。「中原の虹」を読ん ... » more
テーマ 浅田次郎 マンチュリアン・リポート 張作霖  コメント(2)

張作霖が満州王となるまでを書いた浅田次郎著「中原の虹」(講談社文庫全4巻)を読む 浅田次郎著「中原の虹」(講談社文庫全4巻)は 浅田次郎の書いた一連のシリーズ「蒼穹の昴」「珍姫の井戸」「中原の虹」「マンチュリアン・リポート」の一部でシリーズ全体で既に450万部も売れたそうです。この本では清朝を滅亡させた辛亥革命( ... » more
テーマ 浅田次郎 張作霖 中原の虹

清朝皇帝・光緒帝の籠妃を殺したのは西太后という通説の真偽を問う浅田次郎著「珍妃の井戸」を読む 友人から面白いと薦められたので浅田次郎著「珍妃の井戸」を読みました。NHKテレビで放送された「蒼穹の昴」を私は見ていませんが浅田次郎の書いたシリーズ「蒼穹の昴」「珍姫の井戸」「中原の虹」「マンチュリアン・リポート」は既に450万部も売れたそ ... » more
テーマ 浅田次郎 中国の歴史 珍姫の井戸

「終わらざる夏」  -853- あの「戦い」がテーマで、しかも浅田次郎ということなので、早速、購入して読みました。終戦の玉音放送があった日の数日後、ソ連軍は千島列島最北端の「占守島(シュムシュ島) 」に、突然、進攻してきます。この島には日本軍が駐屯していました ... » more
テーマ 浅田次郎 終わらざる夏  コメント(2)

My sweet memories蒼穹の昴…楽しみなドラマ
浅田次郎の小説にはまるきっかけになったのが「蒼穹の昴」もちろんタイトル買いでした。きっかけはこちら→「浅田次郎との出会い」多くの著作が映画化、ドラマ化されていますが、この作品は無理かなあ、と思っていました。 ... » more

映画 憑神 原作浅田次郎 どうりで話は面白かった 映画としてはちんけだけど、、 主演妻夫木聡以下、キャストは超豪華。話は面白い。でもなんだか映画、映像、演技としてどうもしっくり来ない。だけどやっぱり話が面白い。友人榎本武揚が向島にある「三囲り(みめぐり)稲荷」に手を合わせて出世したのをうらやんで、たまたま目にした三 ... » more

「読書こそ最高のエンターテイメント〜天国までの百マイル〜」についてずっと気になってる本だけど、まだ読んでない。【壬生義士伝】とか【メトロに乗って】とか浅田先生には泣かされっぱなし。面白そうなので今後読んでみる ... » more

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜天国までの百マイル〜 〜朝日文庫版背表紙より転載〜バブル崩壊で会社も金も失い、妻子とも別れたろくでなしの中年男城所安男。心臓病を患う母の命を救うため、天才的な心臓外科医がいるというサン・マルコ病院をめざし、奇跡を信じて百マイルをひたすらに駆ける― ... » more

〜中公文庫版背表紙より転載〜男の始末とは、そういうものでなければならなぬ。決して逃げず、後戻りもせず、能う限りの最善の方法で、すべての始末をつけねばならぬ。幕末維新の激動期、自らの誇りをかけ、千年続いた武士の時代の幕を引いた、侍 ... » more

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜珍妃の井戸〜 〜講談社文庫版背表紙より転載〜列強諸国に蹂躙され荒廃した清朝最末期の北京。その混乱のさなか、紫禁城の奥深くでひとりの妃が無残に命を奪われた。皇帝の寵愛を一身に受けた美しい妃は、何故、誰に殺されたのか!?犯人探しに乗り出した日 ... » more
テーマ 浅田次郎 日記

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜初湯千両〜 〜集英社文庫版背表紙より転載〜「武勇伝なんぞするやつァ、戦をしたうちにへえるものか」二百三高地の激戦を生きのびた男はそうつぶやいた・・・・・・。シベリア出兵で戦死した兵士の遺族を助ける説教寅の男気を描く表題作「初湯千両」など、 ... » more

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜憑神〜 〜新潮文庫版背表紙より転載〜時は幕末、処は江戸。貧乏御家人の別所彦四郎は、文武に秀でながら出世の道をしくじり、夜鳴き蕎麦一杯の小遣いもままならない。ある夜、酔いにまかせて小さな祠に神頼みをしてみると、霊験あらたかにも神様があ ... » more

「浅田 次郎・「薔薇盗人」! 」について ... » more
テーマ 浅田次郎 日記

奥湯元あじさいホテル予約 笑いました。泣きました。いろんなこと、思い出しました。一気に読んでしまったけれど、読みながら、笑いながら、泣きながら、自分の今まであったこと、思い起 ... » more

中央区民カレッジ始まる 生涯教育一環の区民カレッジ、3年で卒業の今年は2年生。入学式と記念講演があった。新入生ではないので入学式は関係ないが、作家の浅田次郎さんの講演があったので行ってきた。浅田さんの著書は「地下鉄(メトロ)に乗って」「鉄道員(ぽっ ... » more
テーマ 浅田次郎 市民カレッジ 生涯教育

夕映え天使を読んで 浅田次郎の短編小説集です。最初の夕映え天使と最後のストーリーを読みました。読んでいると「生きていることは素晴らしい」と思えてきました。何事にも真剣に取り組んでいこうと思う私でしたp(^^)q ... » more
テーマ 浅田次郎 小説

浅田次郎さんの原作はすごく面白かったけど映画は、、?プリズンホテル かなり前に浅田次郎さんの著作を読んで、その面白さに驚いた覚えがありますが、その映画版は、、、なんだか中途半端。一家心中家族のいきさつがわかりにくいし、ホテルがやくざだらけってのもわかるようでわからないし、、。繰り返しの音楽だけが耳に残っ ... » more
テーマ 浅田次郎 プリズンホテル 映画

My sweet memories椿山課長の七日間
この本を読み終えるのに5年くらいかかってしまいました。出だしの何ページかを読んだところでつらくなっちゃったので。家族を愛し、毎日一生懸命仕事をしている中年の男性が、取引先接待の場で突然倒れて…過労?幸せな生活を送 ... » more

Mostly Flowersつばさ 篇
つばさ 篇 2009年2月8日梅の花の白とみかんの黄と空の青の取り合わせが清々しい。2月4日が立春ということで、暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続いていて、早春賦(の歌詞の1番と3番)が似合う時期ですね。春は名の ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 10:21

「浅田次郎」のブログ関連商品

» 「浅田次郎」のブログレビュー をもっと探す

「浅田次郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る