誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    浅田次郎

浅田次郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「浅田次郎」のブログを一覧表示!「浅田次郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「浅田次郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「浅田次郎」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ふくろうの読書記録新刊書二冊。
図書館で、二冊借りてきました。浅田次郎の「わが心のジェニファー」(2015.10.26発行)と、今野敏の「寮生 1971年、函館」、こっちは(2015.10.31発行)だって。びっくりするやら、うれしくな ... » more

地下鉄(メトロ)に乗って・・・・・・・浅田次郎先生の「メトロに乗って」をようやくレンタルしてみました。原作を読んだのが、随分前なので、どんな映画になったのかな、とワ ... » more
テーマ 浅田次郎 映画

浅田次郎「天国までの100マイル」・・・・・・ようやく、この本を読みました以前から、「読もう!読まなくては!」と、ずっと思っていたのに、なんとなく、先延ばし ... » more
テーマ 浅田次郎 生活

映画 王妃の館 子役が良かったです 先日、浅田次郎先生原作の「王妃の館」を見てきました。実は原作は読んだ事がないんですよね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじで ... » more

今日は、「本」、読書の話。・・・・・・・・・・・・・・・・・・こんなに、デジタルな時代ですが自分は紙の活字が結構好きです。(まあ、電子書籍もいいですが・・)子供の頃から読書好きだっ ... » more
テーマ 浅田次郎 生活

『日本の「運命」について語ろう 』浅田次郎著(幻冬舎 1,296円税込) 『日本の「運命」について語ろう 』浅田次郎著(幻冬舎1,296円税込)幸せも不幸せも個人だけの責任ではない。生活している社会によって、人生は大きく変わる。歴史を学ぶことで、自分の人生の座標を手に入れられる。「歴史 ... » more
テーマ 浅田次郎 歴史 日本の「運命」について語ろう

【著者インタビュー】  「日本の『運命』について語ろう」 浅田次郎氏 著者インタビュー 「日本の『運命』について語ろう」浅田次郎氏日刊ゲンダイ2015年2月19日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/157296 著者の浅田 ... » more
テーマ 浅田次郎 日本の「運命」について語ろう 著者インタビュー

浅田次郎著「五郎治殿御始末」; 明治維新で居場所を失った桑名藩士の身の始末 映画「柘榴坂の仇討」の原作は浅田次郎の短編集「五郎治殿御始末」に収められた同名小説であることを別記事浅田次郎の原作に忠実な映画「柘榴坂の仇討」を観て想うに書きました。幕末・明治維新を舞台にして「五郎治殿御始末」には6つの短編が載せら ... » more
テーマ 浅田次郎 五郎治殿御始末 柘榴坂の仇討

浅田次郎の原作に忠実な映画「柘榴坂の仇討」を観て想う 映画「柘榴坂の仇討」を観ました。安政7年(1860年)桜田門外の変で殺害された主君・井伊直弼(中村吉右衛門)を守れなかった彦根藩士の駕籠回り近習・志村金吾(中井貴一)は切腹を許されず刺客・佐橋十兵衛(阿部寛)の首を挙げるように命じられ時代が ... » more
テーマ 浅田次郎 中井貴一 柘榴坂の仇討

『天切り松読本』浅田次郎 浅田次郎の『天切り松読本』(2014年1月刊)を読みました。BOOKデータによると、<大正・昭和の帝都に名を馳せた義賊「目細の安吉」一家の活躍を描く、『天切り松闇がたり』シリーズ。この大人気作を楽しむための公式読本が ... » more
テーマ 浅田次郎

『天切り松闇がたり 第五巻ライムライト』浅田次郎 浅田次郎の『天切り松闇がたり第五巻ライムライト』(2014年1月刊)を読みました。読書メータの内容紹介によると、<大人気シリーズ、9年ぶりの最新刊! ご存知、目細の安吉一家が昭和初期の東京で大活躍。チャップリン来 ... » more
テーマ 浅田次郎

『見知らぬ妻へ』浅田次郎 浅田次郎の『見知らぬ妻へ』(1998年5月刊)を読みました。BOOKデータによると、<5年前に離婚し、東京のボッタクリバーに客を回す仕事をしている花田は、手配師の土橋に頼まれて、中国人女性と結婚することになるが…。表 ... » more

浅田次郎の著作リストです。シリーズ等で分類して本棚にまとめてあります。(文庫があるものは文庫、無いものは単行本)本棚の画像(画像が表示されないものもあり)をクリックするとAmazon、本棚下の書名をクリックすると、ブ ... » more
テーマ 浅田次郎 著作リスト

『五郎治殿御始末』浅田次郎 浅田次郎の『五郎治殿御始末』(2003年1月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<武士という職業が消えた-。五郎治は始末屋であった。藩の始末をし、家の始末をし、ついにはおのれの身の始末もした。明治維新の大失業 ... » more
テーマ 浅田次郎

『赤猫異聞』浅田次郎 浅田次郎の『赤猫異聞』(2012年8月刊)を読みました。内容紹介によると、<鎮火後、三人共に戻れば無罪、一人でも逃げれば全員死罪。「江戸最後の大火」は天佑か、それとも――。火事と解き放ちは江戸の華! 江戸から明治へ、 ... » more

『歩兵の本領』浅田次郎 浅田次郎の『歩兵の本領』(2001年4月刊)を読みました。MARCのブックデータによると、<世界一奇妙な軍隊-自衛隊。だが、この心地よさは、一体なんなのだろう。1970年代、自衛隊員にとってすこぶる肩身の狭い時代だっ ... » more

蒼穹の昴についで 中原の虹を。清王朝の初期と末期が描写されていて勉強になりました。興味深深!! 蒼穹の昴についで中原の虹を読みました。清王朝の初期と末期が描写されていてとても勉強になりました。この時代の栄枯盛衰に興味深深度大アップ。特に浅かった人物達がより深く感じられるようになりました。他の作品や映画な ... » more
テーマ 浅田次郎 中原の虹 清王朝

今日のオススメ本 : 『一路(上・下)』 浅田次郎 時は幕末。父の急死により、突然参勤交代の行列の差配役を命じられた19歳の小野寺一路。お役目の知識を何ら持たない一路であったが、家伝の「行軍録」を頼りに、西美濃から江戸までの行列を見事仕切ってみせようと奮闘する…というお話。 ... » more
テーマ 浅田次郎 小説

『一路 上・下』浅田次郎著(中央公論新社 各1680円)…古式を頼りに挑む、初めての参勤道中 古式を頼りに挑む、初めての参勤道中『一路上・下』浅田次郎著(中央公論新社各1680円) 評者中江 有里 週刊文春2013.04.15 07:00 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/257 ... » more

『壬生義士伝 下』浅田次郎 浅田次郎の『壬生義士伝下』(2002年1月3刷)を読みました。BOOKデータによると、<吉村貫一郎が生涯かけて貫き通した「義」とはいったい何なのか。切腹を命じた大野次郎右衛門の真意とは…。感動の結末へと物語は進む。非 ... » more

『壬生義士伝 上』浅田次郎 浅田次郎の『壬生義士伝上』(2002年8月6刷)を読みました。BOOKデータによると、<旧幕府軍の敗退がほぼ決した鳥羽伏見の戦。大坂城からはすでに火の手が上がっていた。そんな夜更けに、満身創痍の侍、吉村貫一郎が北浜の ... » more

今日のオススメ本 : 『赤猫異聞』 浅田次郎 これはなかなかに凄い本です。大作家の筆力に「ムムム」とうならされました。時は明治元年の暮れ。火の手が迫る小伝馬町牢屋敷から、3人の罪人が解き放たれます。はたして、3人は鎮火後に約束の場所に戻ってくるの ... » more

日刊ゲンダイ 10月6日  HOT Interview…最新刊「赤猫異聞」が話題 浅田次郎氏に聞く 【HOT Interview】最新刊「赤猫異聞」が話題浅田次郎氏に聞く【書籍・書評】日刊ゲンダイ2012年10月6日 掲載「恩は受け止める方もつらいこと。恩の重さの目方の分だけ責任がありますからね」「赤猫異聞」浅 ... » more
テーマ 浅田次郎 書籍・書評 日刊ゲンダイ

北海道犬 久蔵見つめなおさなきゃ
見つめなおさなきゃ 今日ランダムに送られてくる迷惑メールを整理していたら思わぬメールが・・・。『同じような生活していて変われる訳無いじゃないか!』これ先日の宮里美香選手の”ルーティーンを変える”と一緒ですネ。また昨日お話しした『赤猫異聞 ... » more

北海道犬 久蔵やる事が沢山ありすぎて
やる事が沢山ありすぎて やらなくてはならない事が休日なのに沢山あります。なのに・・・逆に全く何も出来ない事ってありませんか?どれもこれも中途半端でガックリです(;一_一)個人的にも社会的にも不機嫌になる事ばかりです。最近『もう絶対に付き合わない ... » more

『お腹召しませ』浅田次郎 浅田次郎の『お腹召しませ』(2006年2月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<入婿が藩の公金に手を付けた上、新吉原の女郎を身請けして逐電。お家を保つために御留守居役が出した名案は「腹を切れ」-。二百六十余年 ... » more

『天切り松闇がたり 第4巻 昭和?盗伝』浅田次郎 浅田次郎の『天切り松闇がたり第4巻昭和?盗伝』(2005年6月2刷)を読みました。図書館の内容紹介によると、<あの天切り松が帰ってきた! 時は昭和、戦争への道をひた走る日本。世の中自体がおかしくなりつつある時に、 ... » more

『天切り松闇語り 第三巻 初湯千両』浅田次郎 浅田次郎の『天切り松闇語り第三巻初湯千両』(2002年2月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<「江戸っ子の初湯は千両。ブタバコの湯にゃせめて値千金の初語り」 天切り松が今宵語るは、軍人嫌いな説教寅の知られざ ... » more

『天切り松闇がたり 第二巻 残侠』浅田次郎 浅田次郎の『天切り松闇がたり第二巻残侠』(2002年9月2刷)を読みました。図書館の内容紹介によると、<男てぇのは理屈じゃあねえ。大正13年の正月、天切り松らの前に現れた垢ぬけた仁義を切る老人の正体は…。表題作ほか、 ... » more

『天切り松闇がたり 第一巻 闇の花道』浅田次郎 浅田次郎の『天切り松闇がたり第一巻闇の花道』(2005年8月3刷)を読みました。図書館の内容紹介によると、<盗っ人てえもんは職人仕事。目細の安に弟子入りした「天切り松」の修業の日々がはじまる。古き良き時代、裏稼業の世 ... » more

 

最終更新日: 2017/12/17 14:41

「浅田次郎」のブログ関連商品

» 「浅田次郎」のブログレビュー をもっと探す

「浅田次郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る