誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    精神疾患

精神疾患

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「精神疾患」のブログを一覧表示!「精神疾患」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「精神疾患」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「精神疾患」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

5/1〜5/14(約4500)5/15〜5/19(約1100)カッコ内は1日の平均摂取カロリーです。15日の朝に88.7キロになり、人生初の90キロ台突入必至の状態でしたが、なぜか突然ダイエットモードにスイッチが入りました。 ... » more

精神疾患の診断・統計マニュアル第五版(DSM-5)ではよく使われるカテゴリー診断とは異なる第V部がおもしろい。個人的には臨床用の文化的定式化面接(CFI)の汎用性にひかれるが、パーソナリティ障害を「性格の主要な5因子(ビッグファイブ)」の病 ... » more

「トオリヌケキンシ」の中の短編「フー・アー・ユー?」から抜粋。『「今も醜形恐怖で辛い思いしているの?」そう尋ねると、黒縁眼鏡が左右に揺れた。「自分なりに考えてね、高校からはなるべく顔を隠すようにしたの。前髪を作って、それからこの眼鏡 ... » more
テーマ 精神疾患

先日、2時間サスペンスドラマの再放送を見ていたら、最近は見掛けない女優が主演でした。当時で20代でしょうから今でも活躍していれば40代でバリバリやっているはずですが・・・名前を調べると若林志穂さん、やはり既に引退していました。寿引退 ... » more
テーマ 精神疾患

『精神分裂病の人たちだけとは限らない、精神科に通院して来る患者たちと長年付き合っていると、面接場面もいつの間にか雑談が多くなってくる。決して安くはない治療費を頂きながら、雑談だけで終わっている診療には内心忸怩たるものがある。外科医のように、 ... » more
テーマ 精神疾患

昨夜寝入ってから深夜まで寝ているような、寝ぼけているような、頭が混乱しているような感覚が続いていましたが・・・おそらく頻繁に目を覚ましていたのだと思います。そして午前2時頃にパッチリ目が覚め、あの何とも言えないような不安感が久々に出ました。 ... » more
テーマ 精神疾患 緘黙症

以前、他の方のブログでHSC(ひと一倍敏感な子)という概念がある事を知り、早速その本を図書館で予約しました。去年の8月の事です。しかし予約人数が多すぎて、いつになる事やら。ところが同じ著者の同じ内容の別の本が予約人数ゼロだったので借 ... » more

『孤独はつらい。孤独は不幸である。しかし孤独は悪であろうか?あなたには親が兄弟が友人が恋人がいる。しかし彼らは本当にあなたの孤独を救ってくれたのだろうか?別離への不安はいつもつきまとい、あなたの自由を束縛する。そして結局、目を逸らし続けても ... » more
テーマ 精神疾患

先日、会社で研修がありました。その中でストレスチェックの話がありました。ストレスチェックは希望者だけが受けられます。うつ病対策だそうです。封をして専門家に見せるという事ですが、キチンとやるでしょうか?開封して中身を確認(情報収集)し ... » more
テーマ 精神疾患 職場

「精神障害と教会」(向谷地生良著・いのちのことば社)を読んで・・・著者は精神科でソーシャルワーカーとして勤めた後、北海道の浦河教会で「べてるの家」を設立し、精神障害者との共同生活を通じてその社会復帰に尽力されています。精神疾患に対する考え方 ... » more
テーマ 精神疾患

脳由来神経成長因子(BDNF)は、脳の神経細胞の成長や損傷の修復などとかかわり、たとえばうつ病では記憶に関係する海馬でBDNFが働きずらくなると、過去のいやな記憶などの亢進が困難になるといったBDNF仮説が提案されています。また運動すると海 ... » more
テーマ 精神疾患 運動 BDNF

摂食障害の本を2冊読みました。以前にも書きましたが26歳の時に約2ヶ月で30キロダイエット(868→56)した経験があります。その時は単なる無理をし過ぎたダイエットという考えだったのですが、多く食べてしまったの時には指を突っ込んで吐 ... » more
テーマ 精神疾患

「性格」にはいろんな分類があるが、もっともポピュラーで、どの民族でも安定してその因子が取り出せることで知られるものにビッグ5がある。神経症傾向、外向性、開放性、誠実さ、協調性がその五つで、人の性格は、この五次元空間に表現されると考えられてい ... » more
テーマ 精神疾患 遺伝子 ビッグ5

私がうつ病を治したのは認知の歪みを是正したからです。もちろん薬(抗不安剤・睡眠導入剤のみ)のアシストと話をよく聞いてくれた4人の精神科医(同じ病院)、特に「怒り」が原因と指摘してくれた医師には感謝です。認知の歪みを是正する過程で念仏 ... » more

私は今、緘黙症でもなければ、うつ病、パニック障害でもありません。既往症というだけです。書き方が悪いのか、私のブログを読まれて勘違いされる方がいるようです。「生き辛さ」を感じていると思われてた事もありました。もちろん、日々小さ ... » more
テーマ 精神疾患 その他 緘黙症

昨晩は色々な事を考えました。過去を振り返りました。特にブログを始めた後からの事を。以前、「筆談もいいけど、そのままでいい訳はない。」といった趣旨の記事を書いた事がありました。筆談がテーマではなく、話の流れでそういう表現になりました。 ... » more
テーマ 精神疾患 緘黙症 ブログ

先般、「感謝」という記事のコメント欄に「私は生まれてこのかた福祉のお世話になった事はありません。」と記載しました。これは相手の方のみならず、心ならずも福祉を受けておられる方に対して不快な思いをさせるばかりか、侮辱する形になってしまい ... » more
テーマ 精神疾患 緘黙症 ブログ  コメント(2)

久々に不安感が出ました。ほんの2、30秒だったと思いますが間違いなく、うつ病時の不安感でした。この不安感を言葉で説明するのはかなり難しいのですが・・・喩えるなら、棺桶に閉じ込められて、必死にもがいたけど出られず、希望が全く見 ... » more
テーマ 精神疾患

『2000年代に入り「うつ病」患者は約3倍に未受診を含めると250万人以上か』ネット波乗りをしていたらこんな見出しがありました。ニュースと思いきや「生命保険の宣伝」でした。うつ病で働けない期間の収入保証らしいです・・・そういう保 ... » more
テーマ 精神疾患

「ギャンブル依存国家・日本」(帚木蓬生著・光文社新書)を読みました。著者の名前は「ははきぎ ほうせい)と読みます。プロフには「作家・精神科医」となってます。奇しくもカジノ法案を今国会で成立させようとする動きなどもあります。この法案は ... » more
テーマ 精神疾患

孤独感やうつ傾向は芸術を生み出す側面もあるが、様々な健康上の不利益とも結びつきやすい。これまでの双子研究から、孤独感の感じやすさには遺伝的な形質の影響があり、その影響は37-55%と、性格の遺伝率に近いものだった。また孤独感とかかわる遺伝子 ... » more

先月初め、2年ぶりに来院された方。更年期?なのか、突然不安になったり動悸がするとの訴え。病院では安定剤を処方されたが数回飲んだだけで止めたとの事。神経系の乱れ、関連関節、筋肉を調整3日後に2回目 ... » more

今日は勤務明けに薬を貰いに胃腸科へ。これが最後かも?医師の言ってる事がコロコロ変わります。投薬を続ける為の方便です。明らかに「お客さん」にされてるのが判ります。既に自己判断で薬は止めてます。再発した時の為に薬を貰いました。市販もしてますが、 ... » more

http://news.livedoor.com/article/detail/11482276/異常が出た13歳の時に「何か」があったのでしょう。その時点で適切な「治療」を受けていれば・・・もっとも薬を処方するだけの精神医療に ... » more
テーマ 精神疾患

先々月あたりから指噛みをしてしまっていました。過去形です。既に止めてます。止めるというより止まりました、の方が正しいですね。今までとは違うのは、寝ている間にしてしまっていた事です。今までも無意識にしてしまう事がありましたが、すぐに気 ... » more
テーマ 精神疾患

仏教の宗派の中に法相宗(本山・興福寺、薬師寺)というのがあります。「あらゆる事象は心が作り出す」という唯識思想を説いています。表層意識である、眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識、深層意識である、未那識(自己中心に考える自我意識、迷い ... » more

木下博勝医師が清原事件について「薬物依存は治らない!」と発言してました。専門は消化器外科、専門外の事を断定的に言ってしまって良いのかな?と心配になりました。ちなみに木下医師はジャガー横田さんのご主人です。薬物依存に限定しているのか、 ... » more
テーマ 精神疾患

ここのところ、読後感というか、本の紹介になってしまってますね(笑)。本ばかりは人それぞれ全く感じ方、捉え方が違うので意味のない事を書いている感もあります。蛭子さん、筧さん、この本も「角川oneテーマ21」という新書版のシリーズの中に ... » more

倉田百三は昭和初期に活躍した劇作家、評論家です。結核などの身体の病気、メニエール病?のような症状の他に強迫性障害を患い、森田正馬博士の治療を受けます。『私は病気を治したとは一度も言わない。病気が治ったのである。というよりも治ったか治 ... » more
テーマ 精神疾患

以前、退職予定だったDが発達障害ではないか?と疑い、本人に伝えるべきか否か、の記事を書きました。その後、会社側の都合で残ってもらい、退職せずに現在に至ってます。先日、そのDがAに「目つきがおかしいよ!うつ病じゃないの?」と言われたと ... » more
テーマ 精神疾患 職場

 

最終更新日: 2017/05/21 14:22

「精神疾患」のブログ関連商品

» 「精神疾患」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る